毛穴ケアの効果的なやり方は?黒ずみ毛穴を改善する方法を詳しく解説

黒ずみ毛穴などの毛穴トラブルが気になるという人は多いのではないでしょうか。この記事では、「どのように改善すれば良いのか分からない」「毛穴トラブルを改善するための毛穴ケア方法を知りたい」という方のために、毛穴ケアの方法について解説していきます。黒ずみ毛穴の原因から効果的な改善方法まで詳しく紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

黒ずみ毛穴は角栓の詰まりが原因

ぽつぽつと黒く膨らんだ状態になっている毛穴を「黒ずみ毛穴」といいます。黒ずみ毛穴は角栓の詰まりが原因です。そもそも角栓とは、肌のターンオーバーが乱れることで残った古い角質が毛穴に詰まったタンパク質で、この角栓が空気に触れて酸化すると黒ずみ毛穴になってしまいます。

特に、皮脂の分泌量が多い鼻周りや額、汗をかきやすい背中にできやすい傾向です。黒ずみ毛穴のせいで肌が綺麗に見えなかったり、化粧乗りが悪かったりなど、さまざまな肌に関する悩みにつながってしまいます。

角栓が詰まる原因

角栓が詰まる原因として、以下の5つが挙げられます。

  • 肌の乾燥
  • 洗顔、クレンジング不足
  • ムダ毛の処理
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

肌の乾燥

皮脂や汗が原因で黒ずみ毛穴ができると聞くと、乾燥肌の人は黒ずみ毛穴ができにくいと勘違いしやすいでしょう。しかし、乾燥肌でも皮脂は分泌しています。肌が乾燥していることで皮膚が硬くなり毛穴が大きく開きます。この状態を改善しようと、皮膚が過剰に皮脂を分泌するのです。必要以上の皮脂を分泌したことで、硬く開いた毛穴に皮脂が詰まってしまいます。

洗顔・クレンジング不足

洗顔・クレンジング不足で、落とし切れずに残ったメイクが角栓に詰まり、空気に触れて酸化すると黒ずみ毛穴になります。また、しっかりメイクを落としたいからといって、洗浄力が高いクレンジングを繰り返し使用することも黒ずみ毛穴の原因になるため、注意が必要です。

洗顔やクレンジングで落とさなくても良い皮脂まで落としてしまうと、肌は皮脂を分泌しようとします。それが過剰分泌につながり、しっかりメイクを落としているにも関わらず、黒ずみ毛穴ができてしまうことがあるのです。そして、ゴシゴシと強く肌をこすって洗顔すると角層がめくれ上がり、肌のターンオーバーが乱れる原因になるので注意してください。

ムダ毛の処理

毛穴に詰まった角栓の酸化とは別に、無理なムダ毛処理で毛穴が広がり、黒ずんでしまうことがあります。保湿をしない状態でムダ毛を処理することや、カミソリや毛抜きによる自己処理で肌を傷付けてしまうことによってバリア機能が低下して毛穴のトラブルにつながるのです。

毛穴に細菌が入って、最初は赤くぽつぽつとした毛穴になります。その状態で正しいケアを怠ってしまうと、細菌から肌を守るためにメラニン色素が分泌され、毛穴にシミができて黒ずんで見えることがあるのです。

また、毛抜きなどでムダ毛を無理に抜いて毛穴が傷付くと、かさぶたができて新しい毛が生えてくる出口を失い、埋まった状態になる場合があります。これを埋没毛といい、放っておくとザラザラした黒い毛穴が目立った肌になってしまうのです。こういった毛穴トラブルも黒ずみ毛穴の原因の1つなのです。

生活習慣の乱れ

生活習慣は肌のターンオーバーと関係性が強いです。肌のターンオーバーは睡眠中に活発に起こるといわれており、良質な睡眠をとっている人は健康的な肌を目指せます。夜更かしや徹夜など、睡眠の質を低下させる行動をとった後は肌状態が悪くなってしまう可能性が高いです。

また、偏った食生活でビタミンやタンパク質が不足すると、ホルモンバランスの乱れや細胞活動の低下が起こり、肌荒れにつながります。

ストレス

ストレスは黒ずみ毛穴と一見関係ないように感じますが、実は大きなつながりがあります。皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まって角栓になると説明しましたが、皮脂はストレスによって増加してしまいます。

また、ストレスを抱えた体は交感神経が優位になることで血流が停滞し、この状態が長く続くと肌のバリア機能が落ちて毛穴が開きやすくなってしまうのです。

さらにストレスは、ホルモンバランスを左右します。特に女性の体はホルモンバランスの変化で不調をきたしやすく、肌荒れの原因になりやすいです。このように、ストレスは黒ずみ毛穴のような肌トラブルと大きな関係性があります。

黒ずみ毛穴を解消するケア方法は?

黒ずみ毛穴の原因を把握したところで、黒ずみ毛穴を解消するケア方法を4つ解説していきます。

  • 自分に合ったクレンジング方法を選ぶ
  • 正しい方法でクレンジングを行う
  • 優しく洗顔する
  • 保湿をしっかりと行う

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自分に合ったクレンジング方法を選ぶ

黒ずみ毛穴につながる角栓ができる原因として、洗顔・クレンジング不足やクレンジングのしすぎなどを挙げました。つまり、自分に合った正しいクレンジングをすることで黒ずみ毛穴を防げる可能性が高いのです。

クレンジングはオイル、クリーム、ミルク、バーム、ジェルなど、さまざまな選択肢があります。それぞれの方法はメイクを落とす力や、洗い上りのツッパリ感・保湿感などの違いがあるため、普段のメイクの濃さや肌状態で使い分けると良いでしょう。

オイルクレンジング

オイルクレンジングは洗浄力が高く、濃いメイクをしている人におすすめです。しかし、洗い上りがさっぱりとしているため、ツッパリ感を感じてしまう人もいるでしょう。また、乾燥肌や敏感肌の人は、肌に刺激を感じる場合もあります。オイルクレンジングの中でも保湿効果があるものなど、肌状態にあわせて選びましょう。

クレンジングクリーム

クレンジングクリームは優しくメイクを落としてくれるため、ニキビや毛穴トラブルがあるなど、肌状態が気になる人におすすめです。しかし、洗浄力がやや低く、濃いメイクをしている場合は、しっかりメイクが落ちない場合があります。また、しっかり落とそうとして、肌を強くこすってしまうと肌表面が傷付く可能性があるので注意しましょう。

ミルククレンジング

ミルククレンジングは肌に優しく、洗い上りがしっとりしているのが特徴です。洗浄力がやや低いですが、ナチュラルメイクであれば問題なく落とせます。乾燥が気になる時期や、保湿を意識したい人におすすめのクレンジングです。

クレンジングバーム

クレンジングバームは、強くこすらなくてもスルスルとメイクが落ちるため、肌への負担を少なくしながらしっかりメイクを落とせるのが特徴です。とろけるような使い心地で、マッサージをしながら洗顔できます。洗い上りはふっくらした潤いのある肌になる新感覚のクレンジングです。

クレンジングジェル

ジェルが毛穴の汚れを吸着してくれるため、毛穴汚れが気になる人におすすめのクレンジングです。オイルクレンジングと同じぐらいの洗浄力を持ちつつ、肌への負担が比較的少ないのが特徴です。洗い上りがさっぱりしているものから潤いを残しているものまで、さまざまな種類が販売されています。

正しい方法でクレンジングを行う

正しい方法でクレンジングを行えばメイクの落とし残しがなくなり、毛穴にメイクが溜まることも防げます。「しっかりクレンジングしているつもりなのに、毛穴トラブルが起きやすい」という人はクレンジング方法を見直してみましょう。

ポイントメイクを先に落とす

まずはメイクが濃い部分をポイント的に落としましょう。特にアイメイクやリップは落ちにくいため、全体的にクレンジング・洗顔する前に、ポイントリムーバーを使って先に落とすことをおすすめします。

クレンジングを丁寧に塗布する

規定量を手にとり、円を描くように顔全体に馴染ませます。このとき、強い力をかけず優しく肌を滑らせるようにすると良いでしょう。鼻周りや額など毛穴が気になる部分は、指の腹を使って丁寧に落としていくことでメイクの落とし残しがなくなります。

ぬるま湯で落とす

クレンジングをスムーズに落とすには、冷たい水よりもぬるめのお湯がおすすめです。熱すぎる温度でクレンジングをすすぐと、肌に負担がかかってしまうため注意しましょう。

優しく洗顔する

クレンジングの後は洗顔を行います。クレンジングはあくまでもメイクを落とすためのものなので、毛穴汚れを落とし切れない可能性があります。ダブル洗顔が不要のクレンジングでなければ、洗顔を行うようにしてください。その際には、シャワーを使わず、お湯を手で掬って洗い流すのがポイントです。シャワーを使うと水圧によって肌への負担が大きくなるため、優しく洗顔することを心掛けましょう。

保湿をしっかりと行う

クレンジング・洗顔を行った後は、しっかりと保湿することが重要です。どんなに丁寧にクレンジング・洗顔を行っても、保湿が不十分だと開いた毛穴が乾燥して黒ずみ毛穴ができやすくなります。できるだけクレンジング・洗顔の直後に保湿し、肌の潤いをキープしましょう。

その他の毛穴ケアに効果的な方法は?

クレンジング・洗顔の他にも、日常生活の中でできる効果的な毛穴ケアも存在します。今回は、3つの方法をご紹介するので、継続的に取り組んで黒ずみ毛穴改善を目指してみてください。

  • 紫外線対策
  • 生活習慣の改善
  • ムダ毛の脱毛

それぞれの方法を見ていきましょう。

紫外線対策

黒ずみ毛穴には角栓の酸化以外にも、紫外線や炎症によるメラニン色素の増加によってできる「メラニン毛穴」というものがあります。これは、クレンジングや洗顔で毛穴の汚れをしっかり落とす、無理にムダ毛の自己処理をしないなどを徹底することで、炎症によるメラニン色素の増加を防げます。

紫外線を浴びることによるメラニン色素の増加は、紫外線対策を行うのが重要です。日差しが強くないときでも油断しないようにしましょう。紫外線は日差しが多いほど強いと勘違いしている人も多いですが、日差しがなくても私たちの肌に影響を与えているのです。日焼け止めを肌にしっかり塗る、日傘をさすなどの紫外線対策を習慣化しましょう。

生活習慣の改善

「角栓が詰まる原因」で、生活習慣の乱れが毛穴トラブルの原因になることをお伝えしました。偏った食生活や睡眠時間の低下、運動不足を感じた場合はすぐに改善しましょう。また、生活習慣によってストレスが溜まることがあります。ストレスも毛穴トラブルの原因として挙げられるので、できるだけストレスをため込まない生活を心掛けると良いでしょう。

ムダ毛脱毛

無理にムダ毛の自己処理をしたことで、毛穴が広がって炎症を起こすことがあります。自己処理をひんぱんに行っている人は、自己処理の頻度を減らす、もしくは自己処理の方法を見直すと良いです。

自己処理の頻度を減らすのが難しいという人は、脱毛サロンを検討してみましょう。脱毛によって自己処理の回数が減り、黒ずみ毛穴を改善できるはずです。

サロン脱毛によって得られるメリット

自己処理の頻度を減らすにはサロン脱毛がおすすめと紹介しましたが、サロン脱毛に通うことで得られるメリットは他にもあります。サロン脱毛によって、以下の3つのようなメリットを得られるのです。

  • ムダ毛がなくなって毛穴が引き締まる
  • 美肌効果も期待できる
  • 肌のトーンが明るくなる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ムダ毛がなくなって毛穴が引き締まる

ムダ毛が生えていると皮脂や汗などの汚れが溜まりやすくなります。脱毛で自己処理の手間がほとんどなくなるくらいにムダ毛が少なくなれば、必然的に汚れが溜まりにくくなり、毛穴が引き締まります。毛穴が締まれば毛穴のトラブルが起こるリスクも軽減できるでしょう。

美肌効果も期待できる

サロンの光脱毛で使用されている脱毛器には、肌の新陳代謝を良くする効果などが期待できます。そのため、脱毛と同時に綺麗な肌も手に入れられる可能性が高いのです。特に光脱毛の一種であるIPL脱毛は、フォトフェイシャルで使用されている光と根本的に同じものなので、より高い効果が期待できるでしょう。

肌のトーンが明るくなる

顔などのムダ毛が少ない部位でも、全体的に産毛は生えています。産毛が生えていると、ムダ毛自体は目立たなくても、肌がくすんで見えてしまうのです。しかし、サロンで産毛も脱毛できれば、肌がワントーンアップします。特に、顔、背中、腕、脚は露出が多いため、トーンアップを実感しやすいはずです。

まとめ

黒ずみ毛穴の原因としては、肌の乾燥や洗顔・クレンジング不足、ムダ毛の処理などが挙げられます。黒ずみ毛穴を解消するためには、正しい方法で洗顔やクレンジングを行う、保湿をしっかりと行うなどの方法が有効です。また、ムダ毛を脱毛するのも毛穴トラブルの改善や予防につながります。毛穴トラブルを改善したいという方は、ぜひサロンでの脱毛を検討してみてください。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中