肌を綺麗にする方法は?美肌になるためのスキンケアを紹介

綺麗な肌に憧れる方は多いでしょう。しかし同時に、丁寧にスキンケアをしているつもりなのに一向に改善の余地が見られない、肌を綺麗にする方法が分からないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、肌を綺麗にする方法について解説していきます。綺麗な肌の特徴、肌が汚くなる原因から詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

綺麗な肌の特徴

綺麗な肌になりたいといっても、「綺麗な肌」とは具体的にどんな肌のことを指すのでしょうか。ここでは、綺麗な肌の特徴について見ていきます。

水分量が多く潤いがある

美肌であるためには、肌の水分量は重要なポイントです。潤った肌はツヤツヤとしていて、明るい印象を与えます。健康的な肌の水分量は一般的には20~30%といわれていますが、水分量が不足していると肌にツヤがなくなり、乾燥やゴワつきが出てしまう上に、シワなどの原因にもなってしまうのです。悪化するとさらに水分量が低下するという悪循環になります。乾燥すると肌の一番外側にある角質層の表面に凹凸ができて、なめらかな肌とは程遠くなってしまうため、自分の肌の水分量を知り、適切な水分量をキープしていくことが美肌には欠かせません。

血色が良い透明感がある

透明感のある肌は、清潔感があり若々しい印象になります。反対に、肌に透明感がないと疲れているように見えてしまうのです。血行不良で顔色が悪いと不健康な印象で、肌もくすんで見えてしまうため、見た目の印象が大きく変わって実際よりも上の年齢に見えたりしてしまいます。

キメが細かくハリ、弾力がある

キメの整ったハリ・弾力のある肌は、「赤ん坊のような綺麗な肌」という印象を持たれやすいでしょう。肌のハリが不足し、弾力も失われてしまうと、たるんだ肌になって見た目年齢も上がってしまいます。

乾燥によって肌のキメが乱れることで、光を均一に反射できなくなってしまうため、肌の艶も低下してしまいます。

キメの整った滑らかな肌を目指すためには、肌の「バリア機能」がとても重要になります。このバリア機能が低下すると水分量がを保つのが難しくなり、滑らかさとハリが失われてしまうのです。

肌が汚くなってしまう原因

「綺麗な肌を目指していても、なかなか肌状態を改善できない」という人は少なくありません。では、なぜ肌が汚くなってしまうのでしょうか。ここでは、その原因を解説していきます。

乾燥

美肌の1番の敵は乾燥です。肌が乾燥すると、潤いがなくなるだけでなく、肌に透明感がなくなり、キメも荒くなってしまいます。肌を綺麗にするためには、何よりも乾燥は避けなければいけません。

特に、洗顔後に肌が突っ張る人などは、乾燥肌になっているので、普通肌の人よりも重点的に乾燥対策に取り組む必要があるでしょう。

紫外線

紫外線による肌への影響は非常に大きいです。日焼けは肌が火傷している状態で、通常よりも肌が乾燥しやすい傾向にあります。また、日焼け肌はメラニンの過剰な生成によってシミやくすみなどを引き起こし、ダメージの蓄積により肌のたるみが進行してしまうのです。

長期的に見ると、このダメージがどんどん蓄積されて、シワなどの原因になる可能性も高いので、紫外線対策は徹底して行いましょう。

気温

気温の変化も肌の状態に影響を与えます。気温の低下により乾燥や肌荒れが起こりやすくなりますし、冷えると血行が悪くなってしまうため、ターンオーバーが乱れやすくなるのです。また、栄養が行き渡らず肌のトラブルを引き起こすこともあります。

夏は汗をかきやすい、春や秋は気温差で肌の調子が乱れやすいなど、冬は乾燥しやすいなど、季節ごとの悩みに適したスキンケアをすると、気温による影響を受けにくくなるでしょう。

生活習慣

毎日の食事や運動、睡眠などの生活習慣も、肌の状態に大きな影響を与えます。食生活が乱れて暴飲暴食をしたり栄養不足になったりすると、皮脂のバランスが崩れて、さまざまな肌のトラブルを引き起こす可能性が高くなるのです。

私たちの肌は、毎日の食事から摂る栄養でできています。バランスの良い規則正しい食生活を心掛けると、肌のバリア機能や回復力を高めることが可能です。

健康的な肌のためにはタンパク質、ビタミン、ミネラル類などの栄養素をしっかりとバランス良く摂取しましょう。忙しいとコンビニやファーストフードに頼ってしまいがちですが、脂質や糖質、塩分が多く含まれているので、可能な限り控えるようにしてください。

また、睡眠時間も肌の状態に影響するので注意が必要です。睡眠時間の確保は、毎日の疲れを癒すだけでなく、肌のターンオーバーを整えてくれます。

夜更かしをするなどして睡眠時間が短くなると、疲れを翌日に持ち越してしまうだけでなく、肌にも悪影響です。睡眠不足が習慣になると、健康な肌を保つことができません。寝る前はスマートフォンの使用を控え、睡眠の質を意識しながら、十分な睡眠時間を確保し、肌のターンオーバーを促していきましょう。

ターンオーバーの乱れ

肌は、肌の奥深くにある基底層で角化細胞という肌細胞が生まれます。角化細胞は次々と新しいものが生まれ、肌の表面へと押し上げられ成長し、肌の一番外側にある角質(角質層)に達して、古い肌細胞が剥がれ落ちていきます。

この、角化細胞が生まれて剥がれ落ちるまでの期間がターンオーバーです。美しい肌はターンオーバーが正常で、肌のバリア機能つまり「肌内部の潤いを保ち、外的な刺激から肌を守る機能」がきちんと保たれています。そのため、このターンオーバーで新しい肌細胞に生まれ変わっていけば、バリア機能が整った肌になるのです。

瑞々しくハリがある肌は、肌のトラブルにも強く、比較的短時間で修復されるという特徴を持っています。

しかし、ターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるべきである角質細胞が残ってしまうため、肌の表面に古い角質がたまり、表面が固くなったり、白い粉を吹いたような状態になるのです。古い角質が溜まると、ニキビや吹き出物にもつながりやすくなります。

ターンオーバーがもっとも盛んになる夜22時~深夜2時までの間にしっかりと睡眠時間を確保するなど、ターンオーバーを正常に働かせるための行動を意識するようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合は、女性ホルモンも肌の状態に影響します。女性ホルモンは 「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があり、このバランスの乱れが生理前後に肌が荒れる一因です。

エストロゲンには主に美肌作用があり、分泌量が増えるほど肌の調子が良くなります。しかし、プロゲステロンは男性ホルモンに似た作用があり、皮脂の分泌を促進する働きがあるのです。

生理前になると、プロゲステロンが増加して皮脂の分泌が活発になります。皮脂の分泌が盛んになることで、ニキビや吹き出物ができやすくなる、毛穴の詰まりが気になるなどの肌トラブルにつながります。

また、生理期間中は、エストロゲン、プロゲステロン、どちらの女性ホルモンも分泌量が減少する傾向です。これによって肌のバリア機能が低下し、肌の状態が不安定になってしまいます。

ホルモンバランスは、生理周期だけではなく、ストレスや生活習慣でも乱れやすいので、ストレスを溜めやすい人や生活習慣が乱れている人などは注意してください。

肌を綺麗にするためのスキンケア方法は?

肌が汚くなる原因について理解したところで、いよいよ肌を綺麗にするためのスキンケア方法について見ていきましょう。

クレンジング

当たり前のことですが、メイクをした日は必ずクレンジングを行ってください。肌を綺麗にするためにまず見直したいのがクレンジングです。誤ったクレンジングを続けていると、肌が乾燥したり、荒れたりする原因になります。

クレンジングを選ぶ際のポイントは、界面活性剤です。界面活性剤が水と油を融合させることでメイクを落とすことから、多くの製品に配合されています。しかし、これが綺麗に洗い流されずに肌に残ってしまうと肌内部の水分と油分を奪われ、バリア機能を破壊してしまうのです。

 

特に石油から作られる合成界面活性剤は、肌への負担が大きいので要注意が必要です。「合成界面活性剤フリー」「合成界面活性剤不使用」などの表示があるクレンジングを選ぶと良いでしょう。

合成界面活性剤が含まれていないクレンジングでも、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流すのは忘れないようにしてください。だからといって、時間をかけてクレンジングすれば良いというものでもありません。時間をかけすぎると肌に負担がかかって、乾燥につながります。クレンジングは短く早く、1分以内で済ませましょう。

また、洗い流す際にはお湯の温度も重要です。熱いお湯で洗うと、肌に必要な皮脂まで奪われてしまい、乾燥の原因になります。36~38℃のぬるま湯で洗い流すようにしてください。

スキンケア

洗顔をするときに手のひらや指先でゴシゴシと洗っている人も少なくありませんが、強い摩擦は肌表面のバリア機能を破壊させてしまいます。洗顔料をしっかりと泡立てて、肌の上で泡を転がすようにして擦らないように優しく洗いましょう。

また、スキンケアでは刺激の強い化粧品は避けてください。スキンケアを選ぶ際は成分表示を確認し、添加物にも注意しましょう。乾燥肌の人は、アルコールフリー、エタノールフリーのものを選ぶのがおすすめです。防腐剤は肌への刺激が強いとされているので、防腐剤が配合されていない「保存料不使用」、「保存料フリー」の表示があるものを選んでみてください。

また、肌の乾燥が気になるときにシートパックを使用される方も多いと思いますが、シートパックを長時間つけるのはよくありません。シートパックは時間を置く方が肌が潤うと思われるかもしれませんが、実は乳液やクリームなどの油分で蓋がされていない状態なので、本来の使用時間を超えて使用すると、パックの水分と一緒に肌内部の水分も蒸散しています。シートパックを使うときは、記載されている使用時間を守って使いましょう。

化粧水で水分を補い、乳液やクリームなどの油分を含むアイテムを重ねづけして、肌に水分を閉じ込めることが大事です。

化粧水

洗顔をした後は、すぐに肌の保湿をしてください。スキンケアを行わず放置したままにすると肌はどんどん乾燥していくので、放置するのは絶対にNGです。肌の表面についた水分が蒸発していくときに、肌内部の潤い成分も一緒に蒸発してしまいます。これを防ぐために洗顔の後は5~10分以内にスキンケアを行い、きちんと保湿をしましょう。

また、化粧水をつける際に、パタパタと肌を叩くようにパッティングするのは肌の負担になります。肌を叩くのではなく、手の平で覆うようにして化粧水を肌に浸透させましょう。コットンなどを使う際は、コットンの繊維が肌についたままになることがあるので、化粧水をつけた後に確認しておくようにしてください。

乳液・クリーム

先ほどの繰り返しになりますが、化粧水で水分を補った後は、乳液やクリームで肌に水分を閉じ込めましょう。乳液やクリームのベタつきが苦手という方もいるかもしれませんが、省略するのはおすすめしません。

乳液を塗らないと、せっかく化粧水で水分を補っても蒸発して無駄になってしまいます。特に乾燥が気になる部分は、乳液に加えてクリームも付け足すと、乾燥を防ぎやすいです。クリームには油分が豊富に含まれていて、乳液だけでは補いきれない油分を補えるので、より肌のうるおいを保ちやすくなります。

スキンケア以外で肌を綺麗にするには?

ここまで、スキンケアで肌を綺麗にする方法について解説しましたが、ここからはスキンケア以外の方法で肌を綺麗にするにはどうすれば良いのかを見ていきましょう。

紫外線対策を徹底する

肌を汚くする原因でも解説しましたが、紫外線は肌にダメージを与えます。外出するときは、日焼け止めを忘れずに塗りましょう。

日焼け止めはクリーム、ジェルやスプレーなどのさまざまなタイプがあるので、塗る場所や自分と合っているかなどを考慮した上で選んでみてください。日焼け止めを塗ることによる乾燥が気になる方は、保湿成分が配合されている乳液タイプ、クリームタイプの日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

また、日傘や帽子、アームカバーなどを活用して、できる限り紫外線を浴びない工夫をしましょう。夏は暑いですが、UVカットの薄手の上着を着るのも良いです。

紫外線は窓ガラス越しでも通過するので、室内でも油断してはいけません。車の運転をするときにも日焼け対策を行なっていないと、腕や首周りが気がついたら日焼けをしてしまっていたということもあり得るのです。うっかり日焼けすることがないように、必ず日焼け止めを塗り、紫外線から肌を守りましょう。

食生活に気を付ける

美肌のためには、質の良い食事にも心掛けましょう。どれだけスキンケアを見直しても、食生活が乱れていたら美肌をキープするのは難しいです。

特に、ビタミン類(A、B2、C、E)は美肌には欠かせない栄養素で、肌の乾燥対策やターンオーバーの改善におすすめです。タンパク質やカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分などのミネラルも美肌に必要な栄養素なので、満遍なく摂取するようにしてください。

特定の食品を摂ると栄養も偏ってしまうので、バランス良く食事をするのが美肌への一歩です。食事で補うのが難しい場合は、サプリメントも活用しましょう。

しっかりと睡眠を取る

しっかり睡眠を取ることで、肌の新陳代謝であるターンオーバーが整います。睡眠が十分に取れていないとターンオーバーが乱れて、肌トラブルにつながりやすくなるので、注意してください。美肌に必要な成長ホルモンや睡眠ホルモンは睡眠中に分泌されるため、美肌に睡眠は欠かせません。

さらに、ただ睡眠を取るだけでなく質の良い睡眠を取ることが重要です。日中に太陽を浴びる、適度な運動をする、睡眠前の1時間以内はスマホやテレビを観るのを控えるなど、質の良い睡眠を取るための工夫をしてみてください。

サロンで脱毛をする

肌を綺麗にする方法としては、サロン脱毛も挙げられます。肌が綺麗な方の中には、毛穴が引き締まっていて目立たず、キメが細かい滑らかな肌の人が多いです。カミソリなどによるムダ毛の自己処理は肌や毛穴への負担が大きく、毛穴が開いてしまう可能性もあります。

サロン脱毛をしてムダ毛をなくせば、毛穴は自然と引き締まっていき、毛穴の目立たない肌になっていきます。自己処理による肌への負担も減らせるので、自己処理や毛穴に関する肌トラブルにお悩みの方は、サロン脱毛を検討してみると良いでしょう。

サロンでの脱毛が肌に良い理由

ここからは、サロン脱毛が肌に良い理由をさらに詳しく解説していきます。

  • 自己処理の必要がなくなる
  • 美肌効果が期待できる
  • アフターケアが充実している

それぞれの理由を見ていきましょう。

自己処理の必要がなくなる

先ほども少し解説した通り、カミソリは肌の角質ごと剃ってしまったり、毛抜きや脱毛ワックスは毛穴に大きな負担をかけてしまったりと、自己処理は自分で思っている以上に肌に負担をかけている可能性が高いです。

さらに、自己処理には脱毛効果はないので、一生自己処理を続けていかなければいけません。自己処理をするたびに肌への負担がかかってしまうと、肌を綺麗にするどころの話ではなくなってしまいます。肌への負担が少ないままに脱毛をしたいという方は、サロン脱毛を検討してみてください。

美肌効果が期待できる

サロン脱毛の中には、美肌効果が期待できる脱毛方法もあります。サロンで多く採用されているIPL脱毛は、光フェイシャルにも使用されている光を使って脱毛をするので、脱毛と同時にシミや色素沈着の改善などが期待できるのです。脱毛と同時に美肌を目指したいという方は、IPL脱毛を採用しているサロンを選ぶと良いでしょう。

アフターケアが充実している

サロンでは、脱毛の施術後にアフターケアとしてローションやクリームを塗布してくれるところが多いです。施術後の肌は乾燥しやすいですが、アフターケアを丁寧に行ってくれるので、肌トラブルのリスクを軽減できます。

また、コラーゲンやビタミンCなどを多く含んだサロン独自のローションやクリームをアフターケアに使用しているサロンも多く、施術後の肌がツルツルだったという人も少なくありません。

まとめ

肌を綺麗にするためには、日々のスキンケアが欠かせません。クレンジングや洗顔、保湿などをしっかりと意識しながら行うようにしてください。

また、肌を綺麗にする方法としては、スキンケア以外にも、紫外線対策や食生活、睡眠時間の確保やサロン脱毛なども挙げられます。スキンケアをしてもなかなか肌トラブルが改善したいという人は、これらの方法も検討してみてください。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中