除毛クリームの拭き取り方は?正しい使用方法と合わせて解説

除毛クリームはカミソリなどに比べて非常に使い勝手が良いムダ毛処理方法ですが、正しく使わないと綺麗に処理できないこともあるので、正しい使い方をすることが重要です。

この記事では、除毛クリームの拭き取り方や正しい使用方法、除毛クリームのメリットデメリットなどを解説していきます。除毛クリームでムダ毛を綺麗に処理したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

除毛クリームの正しい使い方と拭き取り方は?

まずは、除毛クリームの正しい使い方と拭き取り方を見ていきましょう。除毛クリームを使用する流れは下記のようになります。

  • パッチテストをする
  • 脱毛部位を洗ってから水分を落とす
  • クリームをムラなく塗布して放置
  • クリームを拭き取る
  • 洗い流したらアフターケア

ステップごとに詳しく解説していきます。

パッチテストをする

除毛クリームを利用する前には、パッチテストを行います。除毛クリームはさまざまな成分を含んでいるので、人によっては選んだ除毛クリームが合わない可能性もあるでしょう。肌との相性を確認しないまま使用してしまうと、赤みやかゆみなどの肌トラブルにつながる可能性があるので注意してください。

パッチテストのやり方としては、除毛クリームをつけたい場所に10円玉程度の大きさで除毛クリームを塗布して、商品に記載されている時間の通りに放置して洗い流します。そこから2日ほど様子を見て、肌にかゆみやその他の異常が起きていないのかを確認するという流れです。

商品によって利用できる部位が限定されている場合もあるため、商品の詳細情報はしっかりと確認するようにしてください。

脱毛部位を洗ってから水分を落とす

脱毛したいと思う部位が不衛生な状態だと、十分な効果が出ない可能性があります。使用する際には、しっかりと流水で洗い乾かして綺麗な状態にしてから脱毛クリームを塗布しましょう。

クリームをムラなく塗布して放置

クリームをムラなく塗布するにはヘラなどを利用するのがおすすめです。ヘラを用いると簡単に均等にクリームを塗ることができます。

クリームを塗布した後は、商品に記載されている時間の通りに放置しましょう。商品によって放置時間は異なりますが、大体5〜10分ほどです。高い効果を得たいからといって、長時間クリームを塗ったままだと肌にダメージを与えかねません。長時間利用は控えて、必ず使用方法を守るようにしてください。

放置する際にクリームの浮き上がりを防ぐために、上からラップなどをかぶせておくと高い効果が期待できるので、より効果を実感したいという方はそういった方法を実行してみてください。

クリームを拭き取る

除毛クリームを拭き取る際にはティッシュ、除毛クリーム拭き取り専用のスポンジの利用がおすすめです。タオルで拭いてしまうと、除毛クリームで処理した毛が大量にタオルに付いてしまうため、タオルはあまりおすすめできません。タオルに付着した毛を取ろうとしてもしつこく引っ付いてしまい、結局新しいものを買わなければいけないという人もいるので、拭き取る際には注意してください。

そうなると出費がさらにかさんでしまうため、ティッシュや除毛クリーム拭き取り専用のスポンジといったものを使うようにしましょう。

洗い流したらアフターケア

流水で丁寧にクリームを洗い落としたら、必ず保湿ケアをしましょう。除毛クリームは、意外と肌を外的要因から守ってくれる角質層にダメージを与えてしまいます。適切なケアを行うことで肌を守ってくれる機能が正常に働くので、肌のトラブルの悩みが大幅に改善する可能性が高いです。

保湿ケアとしては、化粧水などの水分で肌に潤いを与えて、乳液やクリームといった油分で蓋をするようにしましょう。

除毛クリームで自己処理をするメリット

除毛クリームの正しい使用方法について紹介しましたが、そもそも除毛クリームを使用することでどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、除毛クリームで自己処理をするメリットを3つ紹介していきます。

  • クリームを塗るだけなので簡単
  • 生えてくる毛がチクチクしない
  • カミソリよりも自己処理の頻度が少なくて済む

それぞれ見ていきましょう。

クリームを塗るだけなので簡単

除毛クリームは脱毛したいと思う部分にクリームを塗って、5~10分ほど放置するだけなので、非常に簡単にムダ毛を処理できます。カミソリなどでは処理をしにくい背中などの目に見えにくい部位も処理しやすいというのも大きなメリットです。

生えてくる毛がチクチクしない

除毛クリームでは、カミソリなどで毛を処理した際に起こるチクチク感がありません。肌触りが滑らかなので、処理した後のムダ毛が気になりにくいです。脇や膝下などの毛が濃い傾向にある部位では、特にそのメリットが実感できるでしょう。

カミソリよりも自己処理の頻度が少なくて済む

カミソリはどうしても表面上の毛しか処理できないため、自己処理の頻度が増えてしまいがちです。しかし、脱毛クリームはある程度奥深くまで浸透するので、カミソリに比べて定期的なケアが少ないのも魅力といえます。

除毛クリームで自己処理をするデメリット

ここまで聞くと、除毛クリームが完全に他の製品より優れているような印象を与えますが、もちろんデメリットも存在します。ここからは除毛クリームで自己処理をするデメリットを見ていきましょう。

  • 肌トラブルのリスクがある
  • 長期間使用するとコストが高い
  • 除毛なので脱毛はできない

それぞれ詳しく解説していきます。

肌のトラブルリスクがある

除毛クリームは、ムダ毛の主成分であるタンパク質を溶かすことで除毛効果を得ています。この毛を溶かす成分が肌にダメージを与えて、肌トラブルにつながってしまうリスクがあるというのがデメリットの1つです。特に敏感肌の人は肌トラブルが起こりやすいので、使用する際は注意しましょう。

長期間利用するとコストが高い

除毛クリームはカミソリなどと比較すると1回あたりのコストが高いです。特に、肌に優しい成分などが含まれている製品は値段設定が高めなことが多い傾向にあります。継続的に使用するとなるとコストがかさんで、金銭的に負担がかかってしまうため、あまり長期的な使用はおすすめできません。

除毛なので脱毛はできない

除毛クリームを使用し続ければ脱毛効果が得られる、しばらく使用すればもうムダ毛が生えてこなくなると思われている方がいるかもしれませんが、除毛クリームには脱毛効果はありません。脱毛効果を得たい方には、除毛クリームは向いていないでしょう。

除毛クリームのデメリットを解消するならサロン脱毛

除毛クリームを利用するデメリットを紹介しましたが、除毛クリームのデメリットを解消するならサロン脱毛がおすすめです。なぜおすすめなのか、主な理由としては下記の3つが挙げられます。

  • 脱毛効果が得られる
  • 自己処理による肌トラブルのリスクを軽減できる
  • 長期的に見るとコストが安い

現在除毛クリームに不満や不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛効果が得られる

サロンは自分で行う処理とは異なり、脱毛効果が得られます。1回で脱毛を行うのは不可能ですが、何回か通うことによってだんだんとムダ毛が生えてこなくなるのです。自己処理が面倒、自己処理をする時間を他に回したいといった方は、脱毛を検討してみると良いでしょう。

自己処理による肌のトラブルのリスクを軽減できる

サロン脱毛に通って脱毛が進んでいけば、自己処理を行う必要がなくなっていきます。そのため、自己処理が原因で起こる肌トラブルのリスクを最小限に抑えることができるのです。現在、自己処理が原因による肌トラブルに悩んでいる方は、ぜひ脱毛を検討してみてください。

また、自己処理の必要がなくなれば、露出が多いファッションをした際に剃り残しを心配する必要もなくなるため、よりファッションが楽しめるようになるでしょう。

長期的に見るとコストが安い

除毛クリームで1回ムダ毛を処理するコストと脱毛サロンで1回施術するコストで比較すると、除毛クリームのほうがお得になりがちですが、長期的に見ると脱毛サロンのほうがお得になりやすいです。

除毛クリームは脱毛効果がないので一生使い続けなければいけませんが、脱毛サロンは脱毛が完了すればもうムダ毛処理にお金を払う必要がなくなります。脱毛サロンやキャンペーンで安いプランも展開しているので、そういったキャンペーンも活用すればより安い料金で脱毛を終わらせられるでしょう。

サロン脱毛の脱毛方法

サロンの光脱毛がおすすめと紹介しましたが、光脱毛には主に下記の3つの方法があります。それぞれどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

  • IPL脱毛
  • SHR脱毛
  • SSC脱毛

これらの脱毛方法について解説していきます。

IPL脱毛

IPL脱毛は、毛の黒いメラニン色素に光を照射することでダメージを与えて脱毛する方法です。IPL脱毛は非常に即効性が高く、3〜4日後には毛が抜け始めるので、早く脱毛の効果を感じたい方におすすめできます。

あざやほくろなどのメラニン色素が多い部分に照射してしまうと、光が皮膚にダイレクトにあたって火傷をしてしまうリスクがあるという点には注意が必要です。また、日焼け肌や色黒肌の方への効果が薄くなりがちなので、そういった方は他の光脱毛の方法を検討してみてください。

IPL脱毛を受けるメリット

IPL脱毛のメリットは主に3つあります。それぞれ見ていきましょう。

  • 大部分の範囲の施術が短時間でできる

IPL脱毛は広範囲に光を照射することが可能なので、比較的短時間で照射が完了します。背中などの広い部位を脱毛したい、全身の脱毛をしたいといった方におすすめです。

  • 脱毛効果を早期に感じられる

先ほども少し解説しましたが、IPL脱毛は脱毛後3〜4日程度で無駄毛が抜け落ちていくので、効果を実感するまでが早いです。効果を早く実感したい方は、IPL脱毛を選ぶと良いでしょう。

3.美肌効果がある

IPL脱毛は黒ずみを消すときに使われるほどの美容効果があります。その理由としては、IPL脱毛の効果としてメラニンという黒ずみ物質にダメージを与えつつ、コラーゲンを活性化するからです。そのため、自己処理が原因で肌が黒ずんでしまっている人は、ムダ毛がなくなるのと同時に美しい肌も手に入るでしょう。

IPL脱毛のデメリット

IPL脱毛のデメリットは下記の3つです。

  • 産毛などの薄い毛には効果を実感しにくい

IPL脱毛は毛が濃い部分に対して効果を発揮するので、産毛などの薄い毛で効果を実感するまでには時間がかかります。自己処理が必要なくなるレベルまで脱毛できたら良いという人には良いですが、ムダ毛まで完璧になくしてツルツルにしたいという方は注意が必要です。

  • 毛周期に合わせるので施術完了までが長い

毛の生えるサイクルである毛周期に合わせて施術を行う必要があるIPL脱毛では、1回施術を行ったら2~3ヶ月の間隔を開ける必要があります。そのため、施術完了までの目安として2~3年程かかってしまうのがデメリットです。

  • そもそも施術を断られる場合がある

黒色の物質であるメラニン色素に対してダメージを与えるため、色黒の方や日焼けをしている方は断られてしまう可能性がございます。黒いあざ、ほくろなどの部分への施術も断られてしまう場合もあるので、気を付けてください。

SHR脱毛

SHR脱毛は、毛の発達を促進するバジル領域にダメージを与える脱毛方法です。IPL脱毛とは違って産毛といった薄い毛にも効果が高く、日焼け肌や色黒肌への照射ができるという点が魅力といえます。

光脱毛の中でも特に痛みが少ないため、痛みに弱いという人にもおすすめできます。VIOなどの照射の痛みが強くなりやすい部位の施術を行いたい場合でも、SHR脱毛なら痛みを心配することなく施術を進められるでしょう。

SHR脱毛のメリット

SHR脱毛のメリットは以下の3つです。

  • 産毛もしっかり脱毛できる

SHR脱毛は脱毛効果が毛のメラニン色素に左右されないため、メラニン色素が少ない産毛にもしっかり効果を発揮します。完璧にツルツルにしたい人はSHR脱毛を検討してみてください。

  • 日焼け肌や色黒肌でも施術できる

メラニン色素に影響をされないということは、日焼け肌や色黒肌でも照射ができるということです。皮膚を火傷してしまうリスクが少なく、安全に施術ができるでしょう。また、シミやほくろ部分にも照射可能です。

  • 脱毛完了までがとにかく早い

SHR脱毛は毛周期に影響されずに脱毛ができるため、2〜3ヶ月ほど期間を開けなければいけない通常の光脱毛と違って、2週間〜1ヶ月に1回ほどの頻度で施術を行えます。

SHR脱毛のデメリット

SHR脱毛のデメリットは下記の2つです。

  • 脱毛に関するデータが少ない

SHR脱毛は最新の脱毛なので、あまり大規模に普及していないです。そのため、脱毛完了した後にどのくらい無毛期間が続くのかに関するデータが少ない傾向にあります。

  • 実際に施術しているサロンが多くない

先ほども述べた通り、SHR脱毛は最新の脱毛なので実際に施術しているサロンが少ないです。家の近くに取り扱っている店舗がない、引越しなどをする際に近くに通っていたサロンの系列店がない、といった方もいるので、SHR脱毛を行っているサロンを探す際には注意してください。

SSC脱毛

SSC脱毛は、肌に専用のジェルを塗って、その上から弱めの光をあてる方法です。発毛抑制効果があるジェルと合わせて使うことで、より脱毛効果を高めています。サロンによってはジェルにコラーゲンが含まれているといった、美容効果のあるジェルを採用していることもあるため、脱毛をしながら綺麗な肌を手に入れられる可能性があります。

SSC脱毛のメリット

SSC脱毛のメリットは下記の通りです。

  • 美肌効果が期待できる

先ほども解説したように、脱毛で使用されるジェルには美容効果のある成分が含まれていることが多いです。そのため、脱毛と同時に肌が綺麗になる可能性があります。黒ずみを改善してくれる効果も期待できるでしょう。

  • 肌への負担が少ない

ジェルを塗布してから照射を行うSSC脱毛では、直接肌に光があたりません。また、ジェルの抑毛効果と組み合わせているため、弱いパワーでも効果が現れやすいです。こういった背景から、SSC脱毛は肌への負担が少ないというメリットがあります。

  • 産毛にも効果を発揮しやすい

照射前にジェルを塗布することで、ジェルの抑毛成分が毛穴に浸透し、毛の再生能力を低下させる効果が期待できます。そのため、照射の光の影響を受けにくい産毛や細い毛も脱毛可能とされています。

SSC脱毛のデメリット

SSC脱毛のデメリットは下記の通りです。

  • 1回の施術に時間がかかる

SSC脱毛は他の脱毛方法とは異なり、事前にジェルを塗布する必要があります。他の方法よりも1ステップ多いことから、施術に時間がかかる可能性が高いです。特に、脱毛範囲が広いほど、時間が長くなりやすいでしょう。

  • 肌に塗るジェルがひんやりとする

実際にSSC脱毛を行った人の中には「ジェルが冷たかった」という意見を持っている人もいるようです。すぐに体温で温まって人肌程度になりますが、冬などの寒い時期には少し気になるという人もいるでしょう。

サロン脱毛の基本情報

ここからは、サロン脱毛について知りたいという方のために、サロン脱毛の基本情報を紹介していきます。脱毛完了までにかかる回数・期間など、施術にかかる時間などを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛完了までの回数・期間

サロンで脱毛完了するまでの大体の期間は10〜18回ほどです。ムダ毛が気にならなくなるくらいで良いという方は10〜12回ほどで満足できる人も多いですが、完璧にツルツルにしたい場合には18回ほど通う必要があるでしょう。

また、完了するまでの期間としては、大体2〜3年ほどです。毛周期に影響されないSHR脱毛の場合は1年ほどで脱毛が完了する可能性もあります。

施術にかかる時間

部位によって施術にかかる時間は大きく変わりますが、基本的には全身脱毛で60~90分程度と考えておくと良いでしょう。事前の自己処理が不十分でシェービングが必要という場合は、これよりさらに時間がかかる可能性もあります。

施術の流れ

光脱毛では、主に下記のような流れで施術を行います。施術日の前日までに施術部位を自分で処理しておく必要があるので、忘れないようにしてください。

  • スタッフによる剃り残しの確認
  • 必要であればシェービング
  • (SSC脱毛の場合はジェルを塗布)
  • 施術部位に光を照射
  • (SSC脱毛の場合はジェルの拭き取り)
  • アフターケア

サロンによって多少違いますが、大体の流れはこのようになっています。

まとめ

この記事では、除毛クリームの拭き取り方や使用方法、除毛クリームのデメリットを解消する方法について紹介していきました。除毛クリームでは脱毛の効果は得られないため、ムダ毛をなくしたい方はサロンの脱毛を検討してみてください。また、その際には自分の肌質なども考慮しながら脱毛方法を選ぶと良いでしょう。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中