VIO脱毛の事前準備として必要な全剃りとその方法

VIO脱毛の自己処理を済ませた女性

デリケートゾーンの脱毛は「VIO脱毛」といい、特にVIOラインを全て脱毛することを「ハイジニーナ脱毛」と呼ぶこともあります。かつては美容関係者の間で用いられる用語でしたが、海外セレブや日本においても女優やモデルなどがハイジニーナ脱毛の施術に触れることが多くなると、一般的にも認知されるようになりました。

また、デリケートゾーンは蒸れやすく不衛生になりがちな部位でもあり、いまや脇や脚などと同様に、お手入れが欠かせない部位になっています。

VIO脱毛は事前準備に全剃りが必要

脱毛サロンあるいは脱毛クリニックで光やレーザーなどのハイジニーナ脱毛の施術を受ける際には、事前にデリケートゾーンの全剃りが必要です。IラインやOラインの事前処理で剃り残しがあるとサロンやクリニックによっては脱毛の施術が行えない場合や、別料金を請求されることもあります。

そこでVIO部分の剃毛は原則自己処理で行いますが、慣れていない人が多く、実際の処理の際にはみえにくいこともあり、剃りにくいのも事実です。

そこで、VIO部位の剃毛の方法や悩みについてはサロンやクリニックの事前のカウンセリングの際に相談しておくと安心です。

脱毛前の全剃りのために準備するもの

剃刀とクリーム

自己処理でVIO部分を全剃りするには電気シェーバーがおすすめです。中でもVIOライン専用か、あるいは顔用の電気シェーバーならよりよいでしょう。電気シェーバーも肌を刺激しないわけではありませんが、通常のカミソリを使うよりは安全です。

また電気シェーバーのほかには眉ハサミ、鏡、ビニール袋やバスタオルなどを用意しておきます。

 

脱毛前の全剃り自己処理のやり方

ハイジニーナ脱毛の際の自己処理は当日に行うとカミソリ負けや肌に赤みが出てしまうなど、肌の状態によっては施術ができないことがあります。これは、剃毛したばかりの肌は刺激を受けた直後で不安定な状態だからです。特にVIO部分はデリケートなため、前日の夜に自己処理を行い、半日程度は肌を休めなければなりません。

また自己処理は次のような手順で行うとよいでしょう。

あらかじめ保湿をしておく

カミソリ負けを防ぐために、自己処理の前には剃毛部分の保湿を行います。このとき保湿に使うのは普段から使い慣れているスキンケアアイテムや自分の肌に合うボディクリームなどがよいでしょう。

長い毛を眉ハサミを使ってカットする

全剃りする場合には、はじめから電気シェーバーを使うのではなく、長い毛をあらかじめカットします。これは毛が長いと電気シェーバーの刃に絡まるなどしスムーズに剃毛ができないからです。またカットには眉ハサミを利用するとよいでしょう。

電気シェーバーで剃毛する

長い毛をカットし終わったら電気シェーバーを使って剃毛をはじめます。このとき、電気シェーバーは必ず毛の生えている方向に沿って使いましょう。逆方向に使用すると、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

剃毛したVIO部分をケアする

剃毛が終わったら処理の前同様保湿を行います。電気シェーバーを使用したとしても肌への負担が全くないわけではないため、処理後のケアは大切です。

自己処理の際の注意点とコツ

コツを紹介する女性

VIO部分は特に自分ではみえにくい部分です。このため、自己処理の際には十分注意し慎重に剃毛しなければなりません。

剃毛を行う体勢

Vラインであれば立ったままの状態やしゃがんだ状態、座った状態のいずれでも自己処理することができますが、IラインやOラインはそうではありません。

このため全剃りするためにまずIラインは鏡を前方に置き、これに向かって開脚し、鏡をみたり直接見下ろしたりしながら粘膜の部分に電気シェーバーの刃が触れないように注意しながら丁寧に剃毛を進めていきます。

またOラインの剃毛は鏡は床に置き、またがるようにして鏡をのぞきながら行います。このときも肛門周りは粘膜に触れないよう特に慎重に剃毛しなければなりません。

剃毛は入浴直後に行う

肌への負担を考慮して、全剃りするのは脱毛の施術前日の夜ですが、なかでも入浴直後が剃毛のタイミングとしてはベストです。これは、入浴後の肌はしっとりし、やわらかくなっていて剃毛がしやすいからです。

また、入浴直後であれば肌が清潔な状態のため、衛生面でもメリットがあります。

また、剃毛を行う際には皮膚にたるみが出ている状態だと電気シェーバーをうまく使うことができません。そこで軽く皮膚を引っ張りながら電気シェーバーを使うと、よりスムーズに剃毛を行うことができます。

剃毛は丁寧に

ハイジニーナ脱毛は事前準備としての剃毛は毛を指で触ってもチクチクしない程度まで短くします。

また剃毛の際にはクリームやワセリンを使いながら小さなストロークで、かつ短い毛の1本1本を剃っていくような意識で進めましょう。これによりケガのリスクを軽減し、肌へのダメージを最小限に留めることができます。

まとめ

ハイジニーナ脱毛の際の全剃りは施術の事前準備として必要ですが、間違った方法で行うと脱毛の施術を行うことができなくなってしまいます。そこで、サロンやクリニックの説明や注意点をしっかり理解し、正しい自己処理を行いましょう。

 

キャンペーン