脱毛には皮膚がんのリスクがある?副作用の心配は?

脱毛の癌リスクに悩む女性

脱毛に伴う副作用やリスクは口コミなどにあふれていますが、皮膚がんになる可能性があるなら、脱毛に対する考え方が大きく変わってしまうことになるといえます。

果たして脱毛とがんのリスクはどの程度の関係あるのでしょうか。

今回は脱毛とガンの関係性や副作用についてご紹介していきます。

脱毛にはがんのリスクがあるという噂の真相は…

皮膚がんの原因で最も多いのは紫外線によるものですが、脱毛サロンやクリニックで使われているレーザーは可視光線と赤外線ですから、波長の短い紫外線ほどのパワーはなく、脱毛が皮膚がんの原因になることはほとんどありません。

目で見ることができる可視光線のうち最も波長が短い紫の外側にあるさらに波長が短く強いエネルギーを持つ紫外線、可視光線の中で最も波長が長い赤の外側にある赤外線、この両者の波長の違いはエネルギーの強さの違いとなります。

波長が長くエネルギーの弱い赤外線と一部の可視光線を使っている脱毛のレーザーは、皮膚がんの原因になるほどの強いパワーをもともと持ち合わせていないのです。

正常な細胞の遺伝子に傷がつくことによりがん細胞になります。脱毛に使われているレーザーには紫外線のような遺伝子に傷をつけてしまうほどのエネルギーがないことは、科学的に明らかになっている事実なのです。
脱毛レーザーのせいで皮膚がんになったと主張して損害賠償請求の訴訟を起こした例もありますが、脱毛レーザーによる施術が皮膚がんの因果関係が認められないとされて敗訴しています。

脱毛による火傷からがんになる可能性は?

脱毛を疑問視する女性

レーザーそのものによるがんの可能性は皆無に等しいといっていいものですが、脱毛のリスクの一つに不適切な施術などによるやけどというものがあります。

ひどいやけどや外傷から皮膚がんが生じることがあり、施術の失敗によるひどいやけどを悪化させてしまうという最悪のケースになれば、数年後に皮膚がんを生じてしまう可能性が全くないとは言い切れません。
実際に効果を上げようとし出力あげて施術したことが原因でやけどを負わせてしまい、脱毛サロンの経営者とスタッフが逮捕されたというケースもあります。
このようなケースは例外的で稀なものですが、脱毛サロンやクリニックを安さだけで選んでしまうと脱毛のリスクが現実のものとなってしまうかもしれません。

基本的には脱毛は安心して受けることができるものですから、やけどのリスクは低いものでたいていは副作用があったとしても「赤みがさす」や「むくむ」といった程度のもので、数時間から数日の間に解消されるものです。

最終的に皮膚がんを発症することもあり得るというのはあくまで可能性の話であり、現実的にはやけどのトラブルが起きて長期間解消されずに悪化させてしまうという、最悪のケースは起こりえないといってもいいでしょう。

がんの心配はなくても脱毛サロン選ぶときは慎重に

フラッシュ脱毛すると乳がんになるリスクが高くなる・VIO脱毛すると子宮がんになるという噂を耳にしたことがあり脱毛に対してマイナスイメージを持ってしまっている人もいるかもしれません。

しかし、乳がんになる原因の主なものとして挙げられるのは女性ホルモンのエストロゲンですが脱毛でエストロゲンの分泌が盛んになることはありませんし、子宮頸がんはヒトパピローマウィルスの感染が原因ですから脱毛の施術は全く関係ありません。

脱毛が原因となるがんの発症はほとんどあり得ない話といえますから安心して脱毛にトライする事をおすすめできますが、肌トラブルを起こしてしまったという人がいるという事実はサロンやクリニック選びには慎重さが必要になります。

安さだけでなく万が一の肌トラブルの時のケアはどうなっているのか、施術するスタッフのトレーニングはきちんと行われているのかなどの確認をしっかり行うことは必須であるといえるでしょう。

忘れてならないのは施術をしてくれるお店やスタッフがパーフェクトでも施術を受ける本人がルールを守らなければ、納得のいく脱毛にはならないばかりか肌トラブルを招いてしまう可能性もあるということです。

脱毛期間中は日焼けをしない・脱毛当日はお酒を飲まないなどのカウンセリング時に伝えられるルールにはすべて理由があり、それらを守ることによって安心で納得できる効果の高い脱毛を実現が可能になります。

まとめ

脱毛に満足する女性

脱毛をしてもがんになることはありません。このような根拠のない噂の背景には脱毛には一定のリスクが伴うということがあるためと考えられ、皮膚の赤みや毛嚢炎、汗が増えるなどの副作用が出る人もいるためいいことばかりじゃないという話が伝わっていく中で膨らんでいった結果、脱毛でがんになるという話になったと考えられます。

脱毛はがんのリスクのない安全安心なものとはいえいくつかのリスクがありますから、その他のリスクを避けるためにもサロンやクリニック選びをしっかりとすることが必要になるといえるでしょう。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む