人気のVIO脱毛とは|メリットデメリットや人気のデザインを解説

デリケートな部分の脱毛をするVIO脱毛は、自己処理が不要になることをはじめ、さまざまなメリットがあります。

本記事では、VIO脱毛とは何か、VIO脱毛のメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。VIO脱毛で人気のデザインや施術の流れ、よくある質問なども合わせて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

人気のVIO脱毛とは 

VIO脱毛はアンダーヘアの脱毛のことをいいます。Vラインは、ショーツやビキニを履いたときにはみ出るビキニラインや、おへその下の逆三角形に毛が生える部分です。Iラインはよりデリケートな部分で、陰部の左右にあるムダ毛を脱毛します。また、Oラインは肛門部分を指す名称です。

VIO脱毛とはいっても必ずすべてをセットで行うわけではなく、好みや希望によって「ビキニラインだけ」などの選択が可能です。また、VIO脱毛はムダ毛の量を全体的に減らす方法と、すべてのムダ毛をなくす「ハイジニーナ」という方法があります。

Vラインの脱毛の場合は、形やデザインを決めることができて、ファッションとしても楽しめるという特徴があります。

VIO脱毛のメリット

VIOの脱毛をする際に、「恥ずかしい」「痛そう」と不安に思ってしまう方も少なくないと思いますが、VIO脱毛にはメリットもたくさんあります。

  • 自己処理が不要になる
  • 生理時のムレや不快感を軽減できる
  • 急なイベントの際にも心配がいらない
  • 将来介護をしてもらう際の負担を減らせる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自己処理が不要になる

VIO脱毛を行うことで、自己処理が不要になるというメリットがあります。ショーツやビキニを履いたときにアンダーヘア―がはみ出るのは避けたいものです。そのため、自己処理をする方も少なくありません。

しかし、自己処理は肌に負担がかかり、、肌トラブルを起こすリスクがあります。頻繁な自己処理は、さらにリスクを高めることになりかねません。自己処理によってチクチクする感覚や黒ずみが気になる方もいるでしょう。

デリケートな部分だからこそ、肌トラブルのリスクはなおさら避けたいものです。自己処理の手間だけでなく肌トラブルのリスクを軽減できることは、長い目でみてもメリットといえます。

生理時のムレや不快感を軽減できる

生理時のムレや不快感を軽減できるのも、VIO脱毛のメリットの1つです。アンダーヘアはムレやすく、ムレが原因で臭いや痒みなどのトラブルが起こることも珍しくありません。

生理中は、特に経血がアンダーヘアに付着してムレるという人は多いでしょう。脱毛をしてVIO毛の量を減らしておけば、生理中の悩みの種を減らせます。

全処理をするハイジニーナであれば、ムダ毛の心配をする必要もありません。生理中もデリケートゾーンの清潔を保てるのはメリットといえます。

急なイベントの際にも心配がいらない

急に旅行や海などの予定が入った場合に、慌ててアンダーヘアの手入れや自己処理を行う方も多いのではないでしょうか。事前に予定が入っていれば準備ができますが、急な予定では十分な準備ができず、心配になることもあるでしょう。

VIO脱毛をしておけば、急なイベントの際に急いで自己処理をしたり剃り残しの心配をしたりする必要がありません。いつ予定が入っても自信を持って出かけられるでしょう。

将来介護をしてもらう際の負担を減らせる

VIOのムダ毛を脱毛しておくと、将来介護が必要になったときに介護者の負担を減らせるというメリットもあります。また、介護者にムダ毛を見られるという恥ずかしさも軽減できるでしょう。

介護者の負担はもちろんのこと、自分自身にとってもムレや痒みを軽減できるなどのメリットがあります。「介護脱毛」と呼ばれることもあり、男女問わず将来を見越してVIO脱毛をする方が増えている傾向です。

VIO脱毛のデメリット

人気のVIO脱毛ですが、メリットだけでなくデメリットがあることも抑えておく必要があります。ここでは、そんなVIO脱毛のデメリットを3つ紹介します。

  • 施術時にスタッフに見られるのが恥ずかしい
  • 施術中の痛みが強い
  • 脱毛後に形を変更したくなることも

デメリットを知った上で、VIO脱毛をするかどうかを選択することが重要です。

施術時にスタッフに見られるのが恥ずかしい

VIO脱毛のデメリットとして、施術時にスタッフに見られるという点が挙げられます。デリケートな部分を人に見せることに抵抗を覚える方もいるでしょう。そのため、興味があってもなかなか踏み出せないという方もいます。

しかし、最初は恥ずかしくて抵抗感があるかもしれませんが、何度か施術を受けるうちに慣れてくる方も多いです。スタッフは多くの人にVIO脱毛を行っているため、あまり気にしていませんし、照射時に恥ずかしくないように気を配ってくれるサロンも多いので、不安に思うことはないでしょう。

施術中の痛みが強い

VIO脱毛はデリケートな部分に照射するため、他の部位の脱毛と比べても痛みが強いと感じる方が多いです。施術中の痛みが強いと、脱毛自体が辛いと感じてしまう可能性も少なくありません。

しかし、施術中の痛みが強く辛い場合はスタッフに相談して、照射のパワーを抑えてもらうこともできます。痛みに弱いという方は最初に伝えておくと良いでしょう。また、サロンで導入している脱毛機の種類によっても、痛みの強さは異なります。痛みに弱い方は、痛みが少ない脱毛機を導入しているサロンを選ぶのがおすすめです。痛みが少ない脱毛機については、後ほど紹介します。

脱毛後に形を変更したくなることも

Vラインの脱毛は形を決められますが、脱毛後に形を変更したくなったという人も少なくありません。Vラインの形は、ある程度の回数までは変更できるケースもありますが、1度減らしたムダ毛を増やすのは難しいです。

そのため、すべてのムダ毛を脱毛するハイジニーナにしてしまうと、脱毛後に他の形に変更するのが難しくなります。ハイジニーナにして後悔したという人もいるので、事前に形をイメージしておくことが大切です。

VIO脱毛で人気の形・デザイン

VIO脱毛では、いくつかの形・デザインがあるため、どれが良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは、人気の形の特徴やメリットを紹介します。

ムダ毛をすべて脱毛する「ハイジニーナ」は、人気のデザインの1つです。通気性が良くなり、ムダ毛の煩わしさなどのさまざまなトラブルから解放され、ムレや汚れの付着を抑えられるため、常に清潔に保てるのがメリットといえます。

すべて処理するため、後悔しないように事前にイメージしながらしっかり検討する必要があるでしょう。事前に全部剃ってみて、自分に合っているか確認すると良いです。

もっともシンプルなデザインである「逆三角形」も人気が高い形・デザインとなっています。ムダ毛の量を減らし、ショーツからはみ出さないように整えるため、ナチュラルな印象に仕上がるのがメリットです。

逆三角形はサイズを選ぶことができ、小さめの逆三角形に整えることもできます。普段着用する下着のサイズなどにも合わせて検討してみると良いでしょう。

その他、「スクエア」「Iライン」「オーバル」などもあります。「スクエア」はムダ毛を四角にした状態で、シンプルな見た目かつ通気性が良いのがメリットです。Iラインはハイジニーナに近い印象のデザインで、陰部の両サイドのムダ毛を整えます。小さいショーツやビキニを着たいという方に人気のデザインです。オーバルは、アンダーヘアを楕円形にしたデザインで、可愛らしい印象になり、女性らしさを表せます。

VIO脱毛の流れ

VIO脱毛に興味があっても、実際にどのように施術を受けるのか分からなくて不安という方もいるでしょう。ここでは、VIO脱毛の流れを順を追って紹介します。事前準備から当日の施術の流れを知っておけば、脱毛時のイメージがしやすくなります。

前日までにシェービングをする

施術を受ける前日までに、脱毛する部分のムダ毛のシェービングを行います。肌への負担をなるべく減らすためには、電気シェーバーを利用するのがおすすめです。シェービングの際には、肌を傷つけないように注意しましょう。肌に傷があると、VIO脱毛ができなくなる可能性があります。

また、VIO脱毛で施術する部分は自分では見えにくいです。うまく処理できない場合や剃り残しがある場合は、シェービングを行ってくれるサロンもあります。ただし、追加料金がかかることがあるので事前に確認しておきましょう。

施術前に用意された服に着替える

当日は、サロンで用意された施術着やショーツに着替えます。着替える服はサロンによって異なりますが、一般的には紙ショーツに着替える形です。施術前に着替えをするため、当日は着替えやすい服装でいくと良いでしょう。

施術をしてもらう

着替えが終わったら、施術台に横になって施術をしてもらいます。VIO脱毛では脱毛部位によって姿勢が異なるため、サロンスタッフの指示に従って姿勢を変えましょう。

ガウンなどの施術着を着ていますが、上からタオルをかけてくれるサロンもあります。また、照射をする部分だけ肌が見えるようにショーツをずらしていくなど、羞恥心への配慮もあって安心です。

照射する際には、弱いパワーから始めることが多いです。慣れてきたらパワーを強くしますが、もし痛みが強いときはスタッフに相談しましょう。パワーを抑えるなどの対策をしてくれます。

クーリング・アフターケアをしてもらう

照射が終わったら、脱毛した部位のクーリングとアフターケアを行います。照射をすると軽い火傷のような状態になるため、冷却材などを用いてクーリングしなければなりません。

肌を冷却したら、保湿クリームなどを塗ってアフターケアをします。デリケートな部分のため、クリームを塗ってもらうのに抵抗がある方もいるでしょう。最初は恥ずかしくて嫌と思うかもしれませんが、回数を重ねるうちに慣れてくる方が多いです。

VIO脱毛に関するよくある質問

ここまでは、VIO脱毛のメリット・デメリットや施術の流れなどの基本的な情報をお伝えしてきました。しかし、VIO脱毛をするにあたって、事前に知っておきたいことや気になることがまだあるという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、VIO脱毛に関するよくある質問を6つ紹介するので、ぜひご覧ください。

脱毛が完了するまでの回数・期間は?

脱毛の効果を実感できるまでの回数・期間は、脱毛サロンかクリニックによって異なります。脱毛サロンの場合は、自己処理が楽になったと感じるまでに4~6回の施術が目安です。脱毛は毛周期に合わせて行うため、約1年かかることになります。

ムダ毛が薄くなってきたと感じるまでは、7~11回の施術が目安で期間は約2年です。また、ほとんどムダ毛がない状態にするには12回以上の施術が目安です。12回以上の施術にかかる期間の目安は約3年で、ハイジニーナを希望する場合は数年かかると考えておく必要があります。

医療脱毛の場合はレーザーを用いるためサロン脱毛より効果が出るのが早く、3回くらいの施術で自己処理が楽になると感じる方もいます。

ここでご紹介した脱毛回数・期間はあくまでも目安です。もともとの毛量やムダ毛の濃さによって個人差があります。初回のカウンセリングの際に希望の毛量やデザインなどを相談しましょう。施術前のムダ毛の量や濃さなどから、必要な回数・期間を教えてもらえます。

VIO脱毛の施術時間はどのくらい?

脱毛の時間は照射する範囲によって異なりますが、VIO脱毛の場合は照射範囲が他の脱毛よりも狭いため、比較的短い時間で終了します。

Vラインのみの場合は約10〜15分、IラインやOラインはそれよりも照射部位が狭いため約5〜10分です。VIOのすべてを脱毛する場合は、約30分ほどの時間を要します。

シェービングをサロンスタッフに行ってもらう場合や、痛みがあって調整しながら施術を受ける場合は、これよりも時間がかかることがあります。着替えやアフターケアの時間なども合わせて、トータル1時間くらいと考えておくと良いでしょう。

VIO脱毛の痛みを抑えるには?

VIOのムダ毛は、他の部位のムダ毛よりも濃くて太いことが多いです。そのため、痛みを強く感じやすい傾向にあります。

VIO脱毛で痛みを抑えるためには、肌を保湿しておくことが大切です。事前準備でシェービングをしたら、肌を労わるためにしっかりと保湿しましょう。

また、光脱毛の中にも痛みを感じやすい方法と痛みが少ない方法があります。SHR脱毛やハイパースキン脱毛は痛みが少ないため、痛み刺激が苦手という方はこちらの脱毛方法を検討するのも良いです。SHR脱毛やハイパースキン脱毛を希望する方は、取り扱いがあるかどうか確認しましょう。

照射時の姿勢は?

照射時の姿勢は、Vライン・Iライン・Oラインによって異なります

Vラインに照射する際には、仰向けで少し足を開いた状態で横になります。足を開くとはいっても、肩幅くらいで大丈夫です。照射する部分に合わせてショーツをずらして施術が行われます。

Iラインは、片方の足を曲げて横に倒した姿勢になります。Vラインと同じく仰向けに寝た状態で、片足立ちをしているような姿勢のイメージです。Iラインは陰部の左右の部分で、粘膜を避けて照射します。

照射するときはショーツをずらすか、一時的にショーツを脱ぐ場合があります。また、左右の照射が必要なため、曲げる足もサロンスタッフの指示に従って入れ替えます。

Oラインの照射は、2パターンあります。1つ目は、うつ伏せになって足を肩幅に開く方法です。照射しやすいように、足を曲げることもあります。もう1つは、横向きに寝て上側にある足の膝を曲げる方法です。

照射をする際の服装は?

照射をする際の服装は、前述したように施術着と紙ショーツです。施術着はサロンによってガウンやワンピースなど形が異なります。

紙ショーツを履いたまま施術することもあれば、部位によっては一旦脱ぐこともあります。寒さや羞恥心への配慮のために、上半身や下半身の一部にタオルをかけてくれるサロンも多いです。

生理中でも脱毛はできる?

生理中の脱毛はサロンによって対応が異なりますが、VIO脱毛の場合はお断りをしているサロンが多いです。サロンによってはタンポンを入れれば脱毛可能としているところもありますが、生理中はホルモンの変化により肌が敏感になりやすいので、脱毛による肌トラブルを避けるために、生理中の脱毛は避けたほうが良いでしょう。

まとめ

今回は、人気が高まっているVIO脱毛について紹介しました。アンダーヘア―の脱毛は、自己処理の手間や肌トラブルなどから解放されるだけでなく、急なイベントにも慌てず自信を持って臨むことができます。

VIO脱毛は、痛みが強い点やスタッフに見られるのが恥ずかしいといった点から、脱毛を悩んでしまう人もいるでしょう。しかし、痛みが弱い脱毛方法などもありますし、スタッフもできるだけ恥ずかしくないように気を使ってくれます。

VIO脱毛を検討している方は、ぜひサロンに相談してみてください。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中