家庭用脱毛器はホクロ部分も照射できる?照射の注意点を解説

家庭用の脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式があり、光やレーザーを照射することで毛根にダメージを与える仕組みです。脱毛器の光やレーザーは毛の黒いメラニン色素に反応するため、メラニン色素が原因でできるホクロやシミに過剰反応してしまいます。

こういった事情で、脱毛ではホクロやシミ部分に照射ができないといわれることが多いのです。では、家庭用脱毛器はどうなのでしょうか。この記事では、家庭用脱毛器の仕組みやホクロ部分にも照射できるのかなどについて解説していきます。家庭用脱毛器の使用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器の仕組み

家庭用脱毛器は、自宅で簡単に脱毛が行える美容家電です。脱毛サロンや美容クリニックで使われているものと同じ仕組みで、フラッシュ式やレーザー式といった種類があります。サロンやクリニックほどの効果は得られないものの、毛を生えにくくする効果が期待できます。ここでは、家庭用脱毛器のフラッシュ式とレーザー式について解説していきます。

フラッシュ式

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、脱毛サロンやエステサロンで使われている脱毛マシンと同じ仕組みで、IPL(インテンスパルスライト)という特殊な光を脱毛したい部位に照射することで毛根にダメージを与えます。それを繰り返し行うことで、毛を生えにくくする効果が期待できるのです。ただし、家庭用なので実際にサロンで使われているものよりも効果が低いという点に注意してください。

フラッシュ式の家庭用脱毛器は照射口が大きく、幅広く照射できるので、広範囲をケアしたいときに向いています。腕や足などをまとめて脱毛したい方は、フラッシュ式を選ぶと良いでしょう。

レーザー式

レーザー式の家庭用脱毛器は、美容クリニックなど医療機関で使われている脱毛器と同じ仕組みが採用されています。フラッシュ式のIPLの代わりにレーザーを照射する脱毛器です。レーザーは照射パワーが強いので、毛根にかなり強いダメージを与えることができます。家庭用脱毛器の中でも特に脱毛効果が高いといわれていますが、レーザーを照射したときに痛みを感じる方も多いです。

レーザー式の家庭用脱毛器は照射範囲が狭いので、ピンポイントで脱毛を行いたいときに向いています。レーザー式も家庭用なので、実際のクリニックで受ける施術よりは効果は低いです。

家庭用脱毛器はホクロにも照射できる?

家庭用脱毛器はフラッシュ式でもレーザー式でも、ホクロ部分への照射はおすすめできません。では、があっても照射することはできます。ただし、ホクロに照射するのはあまりおすすめできません。

照射はできるがやけどのリスクが高まる

冒頭で解説した通り、家庭用脱毛器から照射される光やレーザーは、メラニン色素の黒色に反応します。毛根だけに反応するというわけではなないため、メラニン色素が原因でできているホクロにも反応してしまうのです。

そのため、照射の光がホクロに過剰反応して、肌をやけどしてしまうリスクが高まってしまいます。やけどのリスクを回避するためには、フラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器を使用するときにホクロへの照射は避けることが大切です。

照射するときはシールやコンシーラーで隠す

フラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器で照射をする場合には、ホクロの部分にシールを貼るかコンシーラーなどで黒い色を隠しておくのがおすすめです。ホクロを避けて照射すれば良いと思っていても、間違ってホクロに照射してしまうこともあります。

肌に貼れるシールやシートが販売されているので、そういったものを活用すると安心して照射ができるでしょう。シールやシートはインターネットショッピングなどでも購入できます。また、メイクで使用するコンシーラーなどもホクロ隠しには有効です。普段からメイクでコンシーラーを使用している方は、こちらのほうが簡単に利用できるでしょう。

ホクロがある部位への照射が不安ならサロン脱毛がおすすめ

家庭用脱毛器を使ってホクロがある部位へ照射するのが不安という人もいるでしょう。ホクロは全身の至るところにあるため、自分一人で全てのホクロの位置を確認しながら照射を行うのは大変です。特に、目に見えにくい部位の脱毛をしたい方は、見落としてしまう可能性が高いでしょう。

サロンでの脱毛なら、シェービングや照射の際にスタッフが確認しながらホクロにシールを貼ってくれるため、見落としの心配がなく、やけどのリスクを軽減できます。スタッフが肌の調子などに合わせて照射パワーの調整も行ってくれるため、家庭用脱毛器で照射をするよりも肌トラブルが起こる可能性が低いです。

サロン脱毛の種類

サロンの脱毛がおすすめと紹介しましたが、サロン脱毛には「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」の3種類があります。それぞれ脱毛のメカニズムや特徴が異なるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

IPL脱毛

IPL脱毛は、脱毛サロンで用いられる脱毛方法の中でもっとも定番とされる脱毛方法です。IPLはIntense Pulsed Light(インテンス・パルス・ライト)の略で、カメラのフラッシュのように光ることからフラッシュ脱毛と呼ばれることもあります。

IPLはメラニン色素の黒い色に反応して、毛根や毛包、毛乳頭といった毛が生えてくる部分にダメージを与えます。IPLの光には幅広い波長が含まれているので、太い毛にも高い効果を発揮する方法です。

ムダ毛は成長期・退行期・休止期という3つの周期を繰り返す毛周期と呼ばれるサイクルがありますが、退行期や休止期の毛にはメラニン色素がほとんどありません。そのため、メラニン色素が多い成長期に施術を行う必要があり、1回施術を行ったら2〜3ヶ月ほどの期間を開けてから次の施術を行います。

SSC脱毛

SSC脱毛は世界的な医療メーカーが日本向けに開発したもので、SSCはSmooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)の略です。その名前の通り、肌の状態をコントロールすることで効果を高める脱毛方法になります。

脱毛の施術には、ビーンズジェルと呼ばれる特殊なジェルとクリプトンライトを併用しながら行う方法です。ビーンズジェルには、肌に浸透することで抑毛効果を発揮するフィニリーブという成分が含まれています。毛穴から浸透して毛母細胞に作用し、毛の元になる毛母細胞にフィニリーブがアプローチすることで、毛が生えにくくするのです。その後、クリプトンライトを照射することで、フィニリーブが浸透しやすくなります。

クリプトンライトもメラニン色素に反応するので、ホクロがある場合にはシールなどで隠さなければいけません。痛みがほとんどないというのも特徴で、痛いのが苦手という人にも最適です。肌への刺激が弱く、敏感肌の人など刺激を受けやすい人にも向いています。

SSC脱毛は美容効果も期待できるため、施術を受けることで肌がきれいになるといわれています。フェイシャルケアにも利用されている方法で、脱毛と同時にきれいになりたいという人にもおすすめです。

SHR脱毛

SHR脱毛とは、毛根ではなく毛包という部分にダメージを与える方法です。SHRはSuper Hair Removal(スーパー・ヘア・リムーバル)の略で、光エネルギーを広範囲に照射する脱毛方法をいいます。

SHR脱毛では60℃から70℃の熱が毛包に伝わり、熱エネルギーが蓄積されることでバルジ領域という発毛を促す指令を出す部位にダメージを与えることができるのです。そのため、蓄熱式脱毛方法と呼ばれることもあります。

毛包は毛根よりも低めの温度でダメージを与えられるので、肌への負担を軽減できることでも注目されている方法です。毛根にダメージを与える脱毛方法とは全く違うメカニズムになっているため、弱い光でも脱毛効果が劣るわけではありません。従来のメラニン色素に反応する脱毛方法とは異なり、ホクロがある部位にも照射することが可能です。

SHR脱毛はメラニン色素が薄い産毛や金髪などにも効果があるのが大きな特徴で、肌が日焼けしている人でも脱毛できます。毛の周期に関係なく施術が受けられるのもメリットの一つといえるでしょう。2週間〜3週間に1回という頻度で照射することも可能で、短期間で終わらせられます。

光脱毛で脱毛完了するまでの回数・期間

光脱毛で脱毛が完了するまでの期間には個人差がありますが、ここでは大体の目安となる回数や期間を紹介します。

回数

脱毛の施術を受けて効果を実感するまでには、大体3回から6回程度かかるといわれています。ムダ毛が気にならなくなるまでには、12回から15回程度かかることが多いです。産毛まで全部なくしてツルツルの状態にしたいという場合には、それ以上の回数が必要になるでしょう。

もちろん、元々の毛の量などによっても必要な回数は変わってきます。元から毛が薄めの人は10回未満でもほとんど気にならなくなるというケースもありますし、反対に毛深い人はムダ毛が気にならなくなるまで20回程度施術を受ける必要があるというケースもあるでしょう。

また、どういった状態を目指すのかによっても、必要な回数は異なります。ちょっとセルフケアを楽にしたいという程度であれば数回程度の施術で十分なことも多いですし、ほとんど気にならなくなるくらいまでしたい、産毛も完全になくしてツルツルスベスベの状態を手に入れたいという人は回数を多めに契約すると良いです。

脱毛サロンでプランを選ぶときには、自分の毛質や体質を考慮して自分の理想に合ったプランを選ぶ必要があります。どのくらいの回数で契約すれば良いのか分からないという方は、カウンセリングでスタッフに相談してみてください。

期間

脱毛にかかる期間も回数と同様で、実現したい状態や元々の毛の量などで変わってきます。IPL脱毛の場合、2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで通うのが一般的です。1年で4回から6回通うとすると、ムダ毛が気にならなくなるまでには大体2年から3年程度かかります。毛周期に合わせて通う必要があるので、期間をそれ以上短縮するのは難しいでしょう。また、仕事などが忙しくてあまり通えないという時期があったりすると、もっと期間が長くなることもあります。

SHR脱毛の場合は毛周期に関係なく通えるので、他の脱毛方法よりも脱毛完了するまでの期間が早い傾向です。短いと1年半で、脱毛が完了することもあります。

光脱毛のメリットデメリット

脱毛サロンで施術を受ける光脱毛には、メリットとデメリットがあります。実際に施術を受けることを検討している場合には、メリットとデメリットをよく吟味してから決断するようにしましょう。

メリット

光脱毛のメリットは、施術を何度か繰り返していくことで着実にムダ毛を減らしていけるという点です。光脱毛は毛根や毛包にダメージを与える脱毛方法なので、施術を受けるごとに確実にムダ毛の量が少なくなっていきます。家庭用脱毛器と比較すると光の照射パワーが強いので、脱毛サロンで施術を受けるほうが脱毛効果は高いといえます。

レーザー脱毛と比較すると脱毛効果は少し劣りますが、料金がリーズナブルで通いやすいです。美容クリニックなどで行われているレーザー脱毛は効果が高いものの、その分費用は高額なので負担が大きくなってしまいます。

大抵のサロンでは研修を受けた専門的な知識を持つスタッフが施術を行うので、トラブルが発生することはほとんどありません。また、事前にカウンセリングを実施しているので、肌質や毛の量、どういう状態にしたいのかなどをしっかりと把握した上で最適な施術を行ってくれます。

ホクロが気になる場合は、カウンセリングの際に相談すればきちんと対応してもらえるでしょう。ホクロにシールを貼るなどして、やけどをしないようにしてくれます。

デメリット

光脱毛のデメリットを挙げると、施術時に痛みを感じる場合があることです。レーザー脱毛に比べると大分痛みは少ないですが、VIOなどの痛みを感じやすい部位を脱毛したいという人は、気になるかもしれません。痛みの感じ方には個人差もあり、全く気にならないという人もいます。

サロンの光脱毛に関するQ&A

ここからは、サロンの光脱毛に関するQ&Aについて紹介するので、見ていきましょう。

  • 脱毛前に準備しておくべきことは?
  • 脱毛前後に注意するポイントは?
  • 1回の施術にかかる時間は?
  • サロン脱毛の施術の流れは?

それぞれ詳しく解説していきます。

脱毛前に準備しておくべきことは?

サロンで光脱毛の施術を受ける際には、事前に自己処理をしておく必要があります。これから脱毛するのにシェービングが必要なのかと疑問に思うかもしれませんが、自己処理をしておかないと毛根まで光が届きにくくなって効果が軽減してしまうというリスクがあるのです。

脱毛前の自己処理には電気シェーバーを使うと良いでしょう。カミソリだと肌を傷つけてしまう恐れがありますし、肌に負担もかかってしまいます。電気シェーバーは肌に大きな負担をかける心配がないため、サロンでも推奨されている方法です。

脱毛前後に注意するポイントは?

脱毛の施術を受ける場合には、肌のコンディションを整えておくことが大切です。スキンケアで肌を保湿するようにし、紫外線を浴びないようにしましょう。

施術の際に光を照射すると、水分が奪われて乾燥した状態になります。肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、肌トラブルが起きやすくなってしまうため、施術の前後にボディローションなどを塗ってケアしておくようにしましょう。しっかりと保湿をすることで、肌トラブルが起きるのを防ぐ効果があります。

紫外線も肌にダメージを与えるものなので、日焼け止めを塗る、日傘をさすなどして対策しておきましょう。

1回の施術にかかる時間は?

サロンによって施術時間は異なりますが、全身脱毛の場合60分から90分程度かかることが多いです。顔やVIOといったデリケートな部分も施術を受ける際には、もう少し長くかかる場合もあります。

部分脱毛の場合は、施術を受けたいパーツによって施術時間は変わってきます。ワキだけ脱毛するのであれば、小さい部位なので10分程度で施術が完了するでしょう。

サロン脱毛の施術の流れは?

サロンに来店したら受付をし、全身脱毛の場合には着替えてから施術を受けるのが一般的な流れです。部分脱毛の場合、脱毛する部位によっては着替えずにそのまま施術を受けるケースもあります。着替えがしやすい服装で行くとスムーズに施術が受けられるでしょう。

事前に自己処理をしていきますが、剃り残しなどがあった場合にはスタッフがシェービングしてくれることもあります。シェービングは無料の場合と有料の場合があるので、事前にサロンのシェービング対応について確認しておくと良いでしょう。

脱毛の施術が終わった後は、アフターケアとして保湿ケアを行います。サロン独自の方法でケアを行ってくれるところも多く、脱毛と同時に美肌も目指せるでしょう。

まとめ

家庭用脱毛器でホクロに照射してしまうと、やけどをする恐れがあります。そのため、シールやコンシーラー等で隠して照射しなければなりません。自分で行うのが不安という場合には、サロン脱毛を利用するのがおすすめです。スタッフがやけどをしないように施術をしてくれますし、ホクロに照射ができるSHR脱毛という方法を採用しているところもあります。ホクロ部分への照射が不安な方は、ぜひサロン脱毛もご検討ください。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中