光脱毛でシミは取れる?その理由と仕組みとは

光脱毛に通っている人や、通うことを検討している人にとって不安なのが、「脱毛をすることによってシミができるのではないか?」ということです。

光脱毛をしてシミが消えると嬉しいですが、逆にシミができたら嫌ですよね。

そこで今回は、脱毛とシミについてお話していきたいと思います。

脱毛でシミができるって本当?

脱毛の種類によってシミができてしまうことがあります。ここでは、どんな脱毛法がシミになってしまうのかをお話していきます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、ムダ毛の中のメラニン色素(紫外線を浴びたときに、刺激から肌を守ろうとする細胞)に反応し、脱毛効果を発揮し、レーザーの熱によって毛根の細胞を焼きます。

この脱毛法は、レーザーの光が強いため、早くムダ毛を減らすことはできますが、肌に刺激を与えすぎて毛根が火傷をおこしてしまうことがあります。その火傷が原因で、シミになってしまいます。

色素沈着はシミではなく、レーザー照射をしたときの火傷のケアをきちんとしていなかったことが原因でおこるものです。

また、皮膚は高刺激をうけると、皮膚を生成している真皮層(皮膚の本体ともいえる部分)を守るために、メラニンを生成することがあります。

このメラニンの生成量によってはお肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)で排出できないものがシミとなってしまう可能性もあります。

肌にシミができても脱毛は続けられる?

肌にシミがある人が脱毛をする場合、リスクがあるのを知っていますか?実際、シミがある人でも脱毛したいと思っている人もいますよね。ここではどうして、肌にシミがあるときに脱毛しては、いけないかについてお話していきたいと思います。

シミがあるとレーザーが反応しやすい

肌の中で、メラニン色素の濃い部分であるのがシミです。シミというのはお肌の奥にあるメラニン色素が透けている部分です。

脱毛に使われるレーザーは黒色のメラニン色素に反応して熱を発生させる仕組みになっています。そのため、メラニン色素が濃くなっている部分のシミに照射してしまうと、大きな熱が発生してしまい火傷や炎症の原因になってしまうのです。

どのレベルだと照射できるか、照射できないのかは、クリニックや担当する医師によっても違います。カウンセリングでシミの程度を診察してもらい脱毛できるか確認してください。

シミが濃くなってしまう

前にも述べたようにメラニン色素が多いシミの部分は、レーザーが反応しやすく、脱毛処理をした部位のシミが更に濃くなってしまう可能性があります。

お肌に刺激を与えることによって、お肌の奥にある、メラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)が活発になってしまうからです。

このようなリスクがあることから、シミのある人は脱毛をうけるべきかをカウンセリングで相談する必要があります。

シミができない脱毛もある?光脱毛について

レーザー脱毛はシミができる可能性があることは、前にも述べましたが、光脱毛はどうなのでしょうか?実は、光脱毛はシミがあっても脱毛できますし、シミもできないのです。

ここでは、「どうして光脱毛は、シミができないのか?」「どうして、光脱毛はシミがあってもできるのか?」についてお話していきたいと思います。

光脱毛は肌に刺激が少ない

光脱毛によってシミができることはありません。光脱毛の光は、医療レーザー脱毛よりもかなり弱い力で照射しますので肌への刺激が少ないのです。

そのため、施術によって肌に火傷を、おこすような刺激が加えられることがないので、肌が敏感な人でも安心してうけることができます。

そのため小さなサイズのシミや薄い色のシミであれば、そのまま光を照射して脱毛処理をすることができます。

大きいシミや、濃い色の、シミの場合は、直接光を当てないよう白いシールを貼って保護することで、光脱毛をうけることができますので、光脱毛であれば、シミがあっても施術を安全にうけることができます。

なぜシミが消えるの?光脱毛とシミの関係性

光脱毛によってシミが消えるということもあります。ここでは、「なぜそのようなことが、おきるのか?」その仕組みについてお話していきます。

美肌効果がある

光脱毛とは、フラッシュ光と呼ばれる光を照射することによって、ムダ毛を除毛するという脱毛法です。ここで光脱毛のために用いられているフラッシュ光というのは、黒いものにしか反応しません。

光脱毛にはIPL脱毛とSSC脱毛があります。

IPL脱毛は、「インテンス・パルス・ライト」と呼ばれる特殊な光を毛根のメラニン色素に反応させることで脱毛効果を発揮します。

レーザー脱毛など、強いエネルギーを持つライトに比べれば、かなり安全に脱毛を行うことができます。

1回の発光でライトを照射している時間はほんの一瞬であり、その間に皮膚が温度上昇するリスクは、ほぼ少なく、火傷などのリスクも最小限にとどめることができます。

SSC脱毛は毛穴に落としこむ特殊な専用ジェルを利用します。このジェルは、次のムダ毛の発毛を抑制するという効果もありますが、最近では、美肌、美白効果のあるジェルも、開発されています。

また、光脱毛で照射される光には、美肌や美白効果があるからです。

肌に優しい光を照射することによって、肌の内部で生成コラーゲンの量が多くなり、肌の内側の、水分の量が増えることで保湿する力が高まります。

その結果、うるおいとハリのある肌になることで、シミを解消できる美肌効果が得られるのです。

ターンオーバーの促進

光を照射されることで新しい肌を作っている細胞が活性化して、肌が新しいものに生まれ変わるターンオーバーが促進されるようになります。

肌の表面に見えている、古くなった肌の層が剥がれ落ちるペースが速くなり、なかなか、剥がれ落ちずに肌の下の層に溜まっていた、シミの原因となるメラニン色素を排出することができるようになります。

小さいシミや色の薄いシミであれば1週間から2週間程度ですぐに肌の層と一緒に剥がれ落ちてくれるようになるのです。

まとめ

脱毛の種類によっては、シミができることもありますが、光脱毛の特殊な光には、美肌効果があり、シミを解消することもできます。

光脱毛は、肌に刺激が少ないので、肌にシミがある場合でも脱毛を、うけることができます。

またターンオーバーの促進の手助けをしていますのでシミの原因となるメラニン色素を素早く排出してくれます。

脱毛したあとは、肌のケアをしていないと、色素沈着の原因にもなりますので、肌の保湿は十分に行ってくださいね。