光脱毛の仕組みとメリット・デメリットについて

近年美容意識の高まりや脱毛サロンの増加により、脱毛を行う人が増えています。しかし、脱毛の方法はさまざまあり、選ぶほうが難しくなってきてもいます。

そこで今回は、光脱毛の方法とその種類、また、メリット、デメリットについて紹介します。

光脱毛はどんな脱毛法なのか?

近年増えてきている脱毛の方法の中でも、様々な脱毛サロンなどで導入されているのが光脱毛と呼ばれている脱毛方法です。しかし、光脱毛の仕組みについて詳しく知らない人もいるでしょう。

ここでは、光脱毛の仕組みについて紹介します。

光脱毛は、簡単に言えばムダ毛に光を照射して脱毛を行う方法です。光脱毛によって照射される光は、ムダ毛の持つメラニン色素と呼ばれる黒い成分に反応します。

このメラニン色素に光を照射することで、黒い部分のみ、つまりムダ毛だけを焼いて脱毛を行うのです。また、この時には、光によってムダ毛の毛根まで脱毛の効果が作用するため、光脱毛をすることによってその数日後にムダ毛が自然と抜け落ちていきます。

この光脱毛を繰り返すことによって、ムダ毛が映えてくる毛根ごと焼き切っているため、ムダ毛が薄くなり、ムダ毛があまり生えてこなくなります。

最終的には、剃刀などでお手入れをしなくとも、綺麗なムダ毛のない肌にすることができ、近年人気が高まっています。

光脱毛には3つの種類があります。方法の違いにより、痛みやその効果などが異なってきますので、その種類を詳しく知って自分に合う方法を見つけてみましょう。

 

光脱毛の仕組みについて

光脱毛にはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛と3つの種類があり、それぞれの脱毛法は毛が抜ける仕組みが全く異なります。

ここではその種類ごとに仕組みを紹介していきます。

IPL脱毛

IPL脱毛は、光をメラニン色素に照射し、毛根などを焼くごとでダメージを与える方法です。この方法では、輪ゴムを肌に当てられたようなパチンとした痛みを感じる場合があります。この方法は近年脱毛サロンの中で最も行われている一般的な方法です。

SSC脱毛

SSC脱毛は、まず光脱毛を行う前に抑毛成分のあるフィニリーブと呼ばれる成分が含まれているカプセルが入ったジェルを施術箇所に塗っていきます。その後、光を照射します。これにより、毛根に熱によるダメージを与え、数日後に毛が抜け落ちます。また、熱によって割られたカプセルから抑毛成分が出て、その後にムダ毛が生えてくることを抑制します。この方法はIPLと同じような痛みを感じる場合があります。

SHR脱毛

SHR脱毛は、ムダ毛が生えてくる元になる部分に弱い光を何度も連続して照射することで、その後にムダ毛が生えてくる勢いを失わせます。この方法では、ほとんど痛みを感じることがないと言われています。この方法は光脱毛の中でも最も新しい方法です。

 

光脱毛のメリット

光脱毛の種類が3つあり、それぞれのメリットがあると紹介しましたが、光脱毛事態のメリットはどのようなものか知らない人もいるでしょう。ここでは光脱毛のメリットについて紹介します。

安全に脱毛することができる

光脱毛と同じように脱毛方法として広く知られているのがレーザー脱毛です。

レーザー脱毛も光脱毛と同じようにメラニン色素に作用して、ムダ毛が生えてくることを抑制します。しかし、レーザー脱毛は光脱毛と比べて強いという特徴があります。レーザー脱毛は、脱毛効果が高いものの、その強さから痛みを感じやすく、光脱毛より危険性が高いといった面があります。

光脱毛は、レーザー脱毛に比べて有害な光がカットされているため安全であり、痛みもレーザー脱毛程強く感じないといったメリットがあります。

 

効率よく脱毛することができる

光脱毛は一回の施術で広範囲のムダ毛に光を照射することができ、脱毛の効率が良く、更にはその費用もレーザー脱毛よりも抑えることができるため、全身脱毛などにも手を出しやすいといったメリットがあります。

価格が安く脱毛ができる

全身脱毛の他にも、光脱毛は部位ごとにも行うことができ、脱毛サロンによっては非常に安い価格で部位ごとに脱毛を行うことができます。

このように、光脱毛による脱毛には様々なメリットがあります。光脱毛の中の種類や、その費用など、自分に合う方法や脱毛サロンなどを見極めるために、これらのことを知っておくと便利です。

 

光脱毛のデメリット

光脱毛には痛みが少ない、費用が安いなどのメリットがありますが、デメリットも存在します。ここでは、光脱毛のデメリットについて紹介します。

黒いものにしか反応しない

 

光脱毛の仕組みとしてムダ毛の黒い部分であるメラニン色素に反応して光を照射するという特徴があります。光脱毛は、ムダ毛のみに反応することで効率よく脱毛を行うことができますが、黒い毛以外のものには反応しないという面もあります。つまり、光脱毛で反応しにくい黒以外の茶色や金色、白などの毛や、もともと毛が薄い人にとっては効果があまりなかったり、実感がない場合があります。

黒いものに反応してしまう

光脱毛はメラニン色素に反応してしまうため、ほくろやシミがある部分には施術を行うことができません。そのため、ほくろやシミが多い人などには向いておらず、ほくろなどがある部分を避けて施術を行わなければならないなどのデメリットが存在しています。

永久脱毛ではない

光脱毛は医療脱毛とは異なり、光を弱くしているためムダ毛が永久に生えてこなくなるわけではありません。光脱毛を行っていても毛が生えてくることがありますので注意が必要です。しかし、確かにムダ毛は薄くなり、効果が高い人では生えてこなくなる場合もあり、個人差があります。

 

このように光脱毛にはメリット・デメリットが存在しています。光脱毛の特徴をよく理解して、自分にあう方法を見つけましょう。

 

まとめ

 

光脱毛は、生えている毛に光を照射して焼くことによって、脱毛を行う方法です。

光脱毛には、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛の3種類があり、種類によって痛みが発生したり、全く発生しなかったりします。

光脱毛には、安全性の高さ、効率の良さ、価格の安さなど、さまざまなメリットがあります。

ただし、永久脱毛ではないことなどデメリットも確認しておきましょう。

自分に合った脱毛方法を見つけて、ツルツルのお肌を手に入れましょう。