脱毛前日に気をつけること7選!剃るべき?飲酒・運動は大丈夫?

クリニックでのカウンセリングも終わって、いざ明日は脱毛に行く日。でも、前日って何をしたらいいの?とお思いではないでしょうか。

処置してもらう場所の自己処理はどうしたらいいの?お酒は飲んでもいいの?運動はしてもいいの?など、初めてで分からないことばかりの脱毛。

痛い思いをしたり、当日になって処置出来なくなってしまってはとても残念な思いをしますので、こちらの記事を読んで少しでも不安要素を取り除いて万全な状態で脱毛に臨んで頂きたいと思います。

 

脱毛前日までに必ずやるべき2つのポイント

シェービング 脱毛

自己処理

カウンセリングの時にも事前に説明されたかとは思いますが、脱毛をする時はその部位のムダ毛を必ず綺麗に自己処理して行かなければなりません。その理由は大きく分けて2つあり、まず1つ目はやけどや炎症などを引き起こすリスクを減らすためです。

ムダ毛が伸びたままだとレーザーやフラッシュが過剰反応してしまい、やけどをしてしまったり、とても痛い思いをすることになってしまいます。2つ目は脱毛効果を最大限発揮するためです。

ムダ毛が伸びていると、しっかり毛根まで熱が伝わらずにせっかくの脱毛効果が半減してしまう可能性があります。痛い思いをしたのにも関わらず、しっかりとした脱毛効果を得られなければガッカリしてしまいますよね。

ムダ毛の処理の方法はカミソリや電気シェーバーや毛抜き、ワックスを用いるなど様々ですが脱毛の事前処理として最も適しているのは電気シェーバーでの処理です。

クリニックでの脱毛では毛根にダメージを与えるため、毛根から丸ごと引き抜いてしまう毛抜きやワックスは絶対にNG。

また、お肌を傷つけやすいカミソリは脱毛効果を落とすだけではなく、特にVIOなど万が一ケガをしてしまった部分の脱毛が受けらえなくなる可能性もあります。

したがって、出来るだけお肌にダメージを与えず優しくムダ毛を処理出来る電気シェーバーを使用するのがベストな方法と言えるでしょう。

 

保湿

自己処理と並行して行ってほしいのが保湿。お肌内部の水分量を増やすことで脱毛時のやけどや痛み、脱毛後の炎症などを抑える効果があります。

お肌は乾燥しているとトラブルが起きやすいので、レーザーで更に熱を加えられると通常時よりもダメージがかかるのが想像出来るのではないでしょうか。また、やけどなどのリスクを減らすために脱毛機の出力を下げて照射するサロンもあります。

出力を下げるということはその分、脱毛効果が落ちてしまうということ。なので水分量を増やしてあげれば痛みを軽減出来ると共に、照射レベルを下げることなく処置してもらえるのです。

全身脱毛する際は、お手持ちのボディークリームなどでしっかり保湿しましょう。お風呂上りの柔らかいお肌に馴染ませることで高い保湿効果を得ることが出来ます。

また、脱毛は骨に近い部分の痛みが増すと言われているので足首や膝など、細かい部分もしっかり保湿してあげることが大切です。また、お顔の脱毛も行う方は普段よりも念入りにスキンケアをしてあげて下さい。

もちろん痛みを半減させるという意味合いもありますが、特に人から見える部分に関しては脱毛後の赤みや炎症なども気になると思いますので、お風呂上りや洗顔後などこまめに保湿してあげて下さいね。

 

脱毛前日に気を付けたい5つのポイント

ダメ 女性

飲酒、激しい運動

アルコールというのは自分が思っているよりも長時間、体に残留するものです。例えばお酒を飲むと血行が良くなるので、その状態で施術をすると必要以上に痛みを感じてしまったりお肌に負担をかけやすくなってしまいます。

また、せっかく保湿を心がけるようにしていたとしても、お酒を飲んで体温が上昇することによってお肌の水分が蒸発し乾燥したお肌になりやすいのです。こちらも施術時の痛みを感じやすくなる原因になりますね。

同じように血行を良くする激しい運動も控えた方がいいでしょう。普段ランニングが習慣という方は、軽いウォーキングに変えるなど負荷を減らすことが大切です。

 

予防接種

こちらは前日に限らず、出来れば施術から前後1週間ほどは避けて頂きたい事項です。予防接種を受けた際、個人差にもよりますがお肌が敏感になってしまったり、体調が悪くなってしまったり、場合によってはアレルギー反応が出てしまう方もいらっしゃいます。

注射を打った箇所が赤く腫れてしまったことがあるという方も中にはいるのではないでしょうか。最近は予防接種に関してホームページなどで細かく記載されている脱毛サロンも多いですから、もし不安な方は直接サロンへ確認してみるのがベストです。

予防接種と脱毛が被ってしまっている方は、サロンに確認してしっかり予約日をずらすことも大切ですね。確認せずに当日行って、施術不可能と言われたら残念な思いをしてしまいます。

 

日焼け

日焼けをしたお肌は紫外線によるダメージで、まるで軽いやけどをしたような状態になっていると言っても過言ではありません。そんなお肌にレーザーを当てると、痛みや炎症などのリスクが上がることは容易に想像出来るはずです。

また、脱毛機にもよりますが黒い毛に反応して照射を行うものもあります。色に反応して照射を行うので、日焼けをしている肌自体に反応してしまう可能性もあり、必要以上の痛みを伴うことになってしまいます。

そういったリスクを回避するためにも、過度な日焼け状態では処置をしてくれないサロンも多く、時間がかかって目標としているシーズンまでに脱毛を完了出来なくなる可能性も出てきます。

 

毛抜きやブラジリアンワックス

毛抜き

一番最初の自己処理の事項でも説明しましたが、脱毛機というのはほとんどが毛根に直接作用するように照射を行います。毛抜きやワックスで抜いてしまった毛根には残念ながら反応せず、脱毛効果が得られません。

その時だけは生えてこなくなるのでいいかもしれませんが、毛の生え変わりの周期を過ぎればまたムダ毛が生えてくるので実質、脱毛を受けていないのと同じ結果になってしまいます。

また、時にブラジリアンワックスではお肌そのものに掛かるダメージが大きいたため、施術時の痛みや炎症を助長させる可能性がありますので、どちらにせよ使用しないようにしましょう。

 

薬の服用

薬を飲むことによって起きる副作用に光線過敏症というものがあります。聞き馴染みのない言葉だと思いますが、文字通りお肌が光を敏感に感じ取り、痛みや赤みなどの炎症を引き起こしてしまうものです。

一概にこの症状が出るわけではありませんが、薬が引き起こす副作用については必ずサロンや医師への相談が必要です。特にステロイドや抗生物質、抗うつ剤などは服用している最中の施術は難しいサロンも多いです。

こういったことに関しては前日だけではなく数日間空けてほしいという規定もある可能性が高いので、なるべく早めにサロンに確認した方がいいでしょう。薬は体に少なからず影響を与えるものなので、必ず自己判断せずサロンや医師へ指示を仰ぐようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。脱毛前日までに気をつけること7選をお伝えしてきましたが、これから脱毛を考えているという方。まずは無料のカウンセリングを行っているサロンに行ってみましょう。

詳しい料金体系などの情報を聞くことが出来ますし、友達の紹介で割引を行っている所などもあります。夢のツルスベ肌を目指して頑張りましょうね。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中