鼻毛脱毛ゴッソって痛い?安全?

みなさん、鼻毛の処理はどうしていますか?鼻毛カッターなどで処理している人が
多いのではないのでしょうか?身だしなみとして鼻毛の処理はかかせませんよね。
今、鼻毛用のブラジリアンワックス「ゴッソ」というものがあるのを知っていますか?

テレビのバラエティー番組でもよく使われているのを見かけます。でも、使ってみたいけど見るからに痛そうで怖いですよね。

そこで今日は、「ゴッソはどれぐらい痛いのか?」「ゴッソの使用方法」など、ゴッソに関するあらゆる疑問についてお話していきたいと思います。

 

ゴッソとは?

ゴッソ

ゴッソとは、女性がビキニラインの脱毛などに使う、ブラジリアンワックスを鼻毛用に改良したものです。ドラッグストアーや通販でも変えるので手軽に自宅でできます。

脱毛クリームを塗布してクリームが固まったら、一気に剥がすことで鼻毛を毛根から抜いてしまうという商品です。クリニックなどで脱毛するよりは安く仕上がり、コスパも優秀。やりたいときに好きな時間にできるのが便利です。

ただ、痛みが強いという口コミが多いので痛みに耐えられるかは個人差があります。

ゴッソの痛みはどのくらい?

ゴッソは、自宅でも手軽にできるものですが、「痛い!」という口コミが圧倒的に多いのが特徴です。その多くがワックスを引き抜くときに、鼻毛以外にも鼻の皮膚も一緒に剥がれてしまい出血をすることがあるということです。

もちろん、個人差があるので、なかには出血もせずに使えている人もいますが、鼻のなかに炎症を起こしてしまうこともあります。使用するときは必ず説明書を読んで使用上の注意を良く守ってからにしてください。

ゴッソの使用方法

使い方はとても簡単で、電子レンジがあれば手軽にできます。

  1. ①中に入っているワックスを電子レンジで溶かす(このときワックスが充分に溶けるまで加熱)
  2. ②ワックスを付属されているスティックに巻き取る
  3. ③ワックスをつけたスティックを鼻孔に差し込み鼻毛にも絡むように軽く回転させる
  4. ④小鼻周辺を軽く押さえ数分待つ(説明書に沿って)
  5. ⑤ワックスが完全に固まったと感じたら一気に引き抜く(小鼻周辺を軽く上に持ち上げるようにつまんで)

ゴッソを使うメリット

GOSSO

ここではゴッソを使うメリットについて説明していきます。

一瞬で脱毛が終わる

痛みに個人差はありますが、一気に引き抜くので一瞬で終わります。長々と痛みに耐える必要がないのがメリットです。痛みに強い人であれば、これほど簡単に脱毛できて時間もかからないゴッソは優れものです。怖がってゆっくり引き抜くと痛みが増してしまいます。

一気に引き抜く勇気が必要ですので、思いきって抜いてしまいましょう。

自宅でできる

やりたいと思ったときに自宅ですぐ脱毛できる手軽さがメリットです。処理の時間もかからずに電子レンジで数分待って引き抜くだけなので両側を脱毛しても10分もかからずできます。思い立ったらすぐできるところは最大のメリットといえます。

価格が手ごろ

ゴッソは低コストで脱毛ができることがメリットです。通販やドラッグストアーでも600円~2000円以内と安く購入できます。効果は違いますが、専門機関で行う鼻毛脱毛にくらべるとかなり低コストでの脱毛ができます。

鼻毛を気にする頻度が減る

ゴッソでの鼻毛脱毛は毛根から一気に引き抜くので次に生えてくるまでに時間がかかります。個人差はありますが、3週間~1か月前後ぐらいは効果が持続するといわれています。

毎日鼻毛をハサミでカットしたり、鼻毛シェ―バーで処理したりしても1~2週間するとすぐに鼻毛が伸びてきてしまいます。人前に出る仕事をしている人は特に、鼻毛を気にする頻度が減るのが大きなメリットといえます。

鼻毛すべてを脱毛するわけではないので安全

ゴッソは安心設計のもとにできています。なぜならば、鼻毛にはもともと、ウイルスやホコリや細菌を体内に入れないための重要な役割があります。すべての鼻毛を抜いてしまうとフィルターとしての機能を果たすことができなくなります。

このことを防ぐためにもゴッソは、毛を抜きすぎないように見える部分の毛だけを抜くことができるようになっており、必要以上、鼻の奥まで入り込まないように安全ストッパーがついています。初心者でも安心して使用できるよう設計されているのです。

鼻毛がなくなると起こるデメリットとは?

ここでは、鼻毛がなくなると起こるデメリットについて説明していきます。

炎症を起こす危険性がある

鼻の粘膜はとってもデリケートにできています。ゴッソによる脱毛は、鼻毛を一気に引き抜くので一緒に、鼻の粘膜も剥がしてしまうことがあるので、皮膚にはとてもダメージがある行為なのです。

毛を抜く行為は皮膚の一部を壊すという意味でもあり、その部分に雑菌などがつくと炎症を起こし、毛嚢炎(皮膚表面や内部に膿ができる)や鼻せつ(鼻孔の内側にできるおでき)になる可能性があります。

花粉症の悪化

鼻毛は鼻の内部の湿度を保って、乾燥を防ぐという働きもありますので、鼻毛を抜くと鼻内部の湿度が保てなくなってしまい、鼻の粘膜が正しく機能しなくなります。そうなると、鼻水が多くなり花粉症の悪化につながる可能性があります。

病気になりやすくなる

先にも述べましたが、鼻毛をはウイルスや細菌を体内に入れないためのフィルターのような役割があるので、そのフィルターを除去すると異物などが入りやすくなりますし、ウイルスも鼻の粘膜に付着しやすくなるので、風邪を引きやすくなってしまいます。

特に鼻に何らかの持病をもっている場合は悪化する恐れもあります。また、異物が入り込むとのどや気管支、肺などの他の病気の原因になる可能性もありますので注意が必要です。

鼻毛脱毛ならゴッソがおすすめ

鼻毛脱毛をするなら、とても手軽にできるゴッソはおすすめです。コスパも優秀で低コストでできます。しかし、メリットとデメリットがあります。あまり頻繁に使用すると鼻に炎症を起こしたり、花粉症が悪化したり、風邪を引きやすくなります。

使用上の注意を良く守りこういったリスクがあることを理解して納得したうえで使用することをおすすめします。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中