医療脱毛と脱毛サロンの違いって?脱毛方法の選び方のポイント

脱毛方法には医療脱毛と脱毛サロンの2種類がありますが、その違いを知っていますか?
違いがわからずに、どちらを選べばいいのか悩む人も多いですよね。

今日は、医療脱毛と脱毛サロンの違い、それぞれのメリット、デメリットや脱毛方法の選び方のポイントについてお話していきたいと思います。

 

医療脱毛と脱毛サロンの違い

脱毛 女性

医療脱毛と脱毛サロンは施術方法に違いがあります。レーザー脱毛といわれる脱毛方法で医師や看護師が詐術を行います。施術中にトラブルが発生しても適切な処置を行うことができるのが特徴です。

医師の管理のもと、レーザーの出力を強くできるうえ、短期間で効果を得ることができます。出力が強いぶん痛みを感じやすく肌へのダメージも強いのです。

脱毛サロンは光脱毛といわれる脱毛方法で脱毛技術や知識を持った専門スタッフが行うものです。

光脱毛は医療光脱毛で行う医療レーザーに比べて出力が弱いため、脱毛効果がやや劣り期間もより長くなりますが、肌への負担が少なく、痛みも肌のダメージが少ないのが特徴です。痛みに弱い人や肌のダメージを少なくして施術したい人にはおすすめです。

医療脱毛の施術方法

クリニックで施術を受けられる医療脱毛は、「レーザー脱毛」といわれる脱毛方法と「ニードル脱毛」という脱毛方法があります。ここでは、レーザー脱毛とニードル脱毛について説明していきます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は出力が高いレーザーを照射して、毛根細胞に栄養を送る発毛組織を破壊することができます。毛根や組織を破壊することで個人差もありますが、数回の施術で毛が生えなくなり永久脱毛ができるのが特徴です。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴に針を刺して微弱電流をながすことで、毛乳頭という毛を作る細胞を破壊し、新しい毛を生えさせなくするのです。毛穴1つ、1つに針を刺すため、痛みが強く施術に時間がかかるのが特徴です。

痛みに耐えられない人には痛みを和らげる麻酔もあるのでおすすめです。

脱毛サロンの施術方法

脱毛サロンは、クリニックのレーザー脱毛よりも出力を弱くした光(フラッシュ)脱毛といわれる脱毛方法があります。光脱毛には「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」の3種類があり、サロンによって導入している方式が違います。

ここでは、「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」について説明していきます。

IPL脱毛

IPL脱毛とは(インテンス・パルス・ライト)といわれる、特殊な光の脱毛方法です。この光が毛根のメラニン色素に反応して破壊し、新しい毛が生えてこないようにします。

多くの脱毛サロンで導入されており、メラニン組織に反応するので太い毛にも効果があることが特徴です。IPL脱毛は光を広範囲に照射できるため短い時間で施術できます。フェイシャルの施術にも使われるので美肌効果がある脱毛方法です。

SHR脱毛

SHR(スーパー・ヘア・リムーバル)脱毛とは、毛のもとになる細胞を作る働きをするバルジ領域に光を照射。発毛の司令塔であるバルジ領域にダメージを与えることで、毛が生えてこないようします。

メラニン色素に反応させる方法と違い、毛周期に関係なく施術できます。また、肌へのダメージも少なく痛みがほとんどない脱毛方法です。

SSC脱毛

SSC脱毛(スムース・スキン・コントロール)脱毛とは照射前に塗るジェルと光の相乗効果で脱毛する方法です。IPL脱毛と同じく、多くの脱毛サロンで導入されている光脱毛です。

SSC脱毛の光が、肌や毛穴に作用するのではなくジェル内のビーンズに働きかけることで、ジェルに含まれる抑毛効果が発揮されるのが特徴です。このジェルには冷却と保湿によって肌を守る作用があります。

また、ジェルが毛穴に入り込んでいくので、毛の太さに関係なく脱毛効果を感じることができ、産毛などの細い毛にも脱毛効果を期待できます。肌への負担も少なく、痛みも少ない光脱毛の方法です。

医療脱毛のメリットとデメリット

脱毛

ここでは、医療脱毛のメリットとデメリットについてお話していきます。

メリット

医療脱毛は、基本的に体のどの部位でも施術可能です。粘膜部分の施術はNGなどの細かい規定は病院やクリニックごとに違いはあります。

医療脱毛のメリットは出力の強いレーザーを使っているので脱毛効果が高く短期間で脱毛を終わらせることができることです。数回の施術で、長期な効果が持続するので永久脱毛できることができます。

またレーザー脱毛は、黒く太い毛であるほど脱毛しやすく、細い毛や産毛への効果は薄いといわれていますが、ニードル脱毛では、細い毛も確実に脱毛できます。

デメリット

医療脱毛は、日焼けしている肌やほくろ、あざ、しみ、タトゥーなどのある部位には照射できません。医療レーザーは、ムダ毛の黒い色素に反応するため、色素が濃いほど強い痛みを感じやすいのです。

毛以外にも黒いものがあると光が反応してしまいますので、火傷などのリスクもあります。また、光脱毛に比べると痛みが強く、痛みに耐えられなくて途中でやめてしまう人も多くいます。施術1回の料金が脱毛サロンよりも高いこともデメリットです。

医療脱毛は、保険の対象外なので、全額自己負担になります。

脱毛サロンのメリットとデメリット

お金

ここでは、脱毛サロンのメリットとデメリットについてお話していきます。

メリット

脱毛サロンの光脱毛は、出力が弱いのでレーザー脱毛やニードル脱毛よりも、痛みが少ないことと、1回の施術料金が安いことがメリットです。

また、脱毛サロンに通うことで、毛が薄くなり自己処理の時間が大幅に短縮できます。個人差はありますが、自分でムダ毛処理がする必要がないほど目立たなくなります。

早く脱毛効果を得たい人は、IPL脱毛、痛みに弱い人は、SSC脱毛、肌のダメージを少なくしてゆっくりと脱毛したいならSHR脱毛がいいでしょう。

デメリット

痛みが少ないということは、出力も弱いので肌トラブルが起きにくいのですが、医療脱毛に比べると、あまり脱毛効果を感じることができません。回数も多く施術を行わないといけないため、1回の施術料金は安くても費用がかかる可能性があります。

光脱毛では、永久脱毛ができないので、再度、施術を行う必要があったり、自己処理が減らなかったりする可能性があります。このことから、光脱毛では永久脱毛ができないことがデメリットといえます。

また、施術中に、痛みや肌トラブルが起こった際に、医療脱毛のように、医師や看護師が常駐していないので、適切な処置ができないこともデメリットです。

脱毛方法の選び方のポイント

脱毛方法の選び方のポイントは、安さを重視するなら、サロン脱毛がおすすめです。医療脱毛よりも安く施術することができます。まずは、自分の予算を考えて、サロンのキャンペーンなどを利用し安く済ませる方法も取り入れましょう。

少ない回数で終わらせたい場合や、短期間で終わらせたい人は医療脱毛を選びましょう。医療脱毛は、個人差はありますが、1年半~2年の期間で完了し、光脱毛は2年~3年かかります。回数にすると医療脱毛は5~8回、光脱毛では12~18回が目安になります。

まとめ

医療脱毛と脱毛サロンには施術方法に違いがあり、しっかりとメリットとデメリットを見極めて選ぶ必要があります。脱毛方法を選ぶうえで大切なのは、自分が何を重視するのかがポイントです。自分に合った脱毛方法を選んで、ツルツルお肌を手に入れてくださいね。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む