子供の脱毛は何歳から?悪い影響はある?よくある質問を徹底解説!

いまは子供でも脱毛する時代なのを知っていますか?サロンによっては、3歳から施術可能の所も多いようです。でも、子供の肌はデリケートです、本当に安全なのか親としては不安ですよね。

そこで今日は「子供の脱毛は安全なのか?」「悪い影響はないのか?」など、子供の脱毛についてのよくある質問を徹底解説していきます。

 

子供の脱毛って何歳からできる?

子供 剃刀

脱毛の年齢は規定されてはいませんが、サロンによっては、3歳~OKの所もありますが、子供の脱毛は小学生低学年からしている子が多いのが現状です。

キッズ脱毛はキッズ専用の機械を使用しているので子供でも安心して施術できるようになっていますが、子供の肌は大人に比べて、非常に表面が薄く敏感です。また、黙って座って施術を受けられる年齢であるかが重要になってきます。

子供の脱毛に悪い影響はある?

脱毛時の照射した光が皮膚や体内に影響を及ぼすことはありませんが、子供の成長期は毛の生え方は安定しないので、どのぐらい脱毛効果が出るかはわかりません。サロンでは、子供用に照射出力は弱めていますが、照射することにより、肌荒れや炎症を起こす可能性があります。

また、大人は子供よりも肌の作りも丈夫にできているため、大人にとっては軽い痛みでも、小さな子供の場合は、激痛に感じて痛みに耐えられないこともあります。ここでは子供の脱毛に悪い影響があるのか3つの疑問について解答していきます。

子供の安全性は?リスクは?

子供の脱毛の安全性ですが、キッズ脱毛を行っている所は、大人が通常行う照射出力よりも低く子供向けに合わせているので、痛みと火傷のリスクはほとんどありませんので安心して施術できるようになっています。

なかには施術中、ぐっすりと寝てしまう子供もいるようです。施術後の保湿対策さえしっかり行えば問題ないといえます。

子供でも脱毛効果は出るの?

子供は、ホルモンバランスが安定するまでは、なかなか脱毛効果を感じることは、できないかもしれません。思春期以降のホルモンバランスの変化や成長とともに、すぐに毛が生えてしまったりすることも多いので、施術の回数が増えてしまうこともあります。

ホルモンバランスが安定しだす、7歳ぐらい~16歳頃までは不安定な時期が続きます。
また、女の子は生理が始まり、ホルモンバランスが安定しだした頃に脱毛効果が出るようになるので、生理が始まってから通うのがベストといえます。

子供でも耐えられる痛みなの?

痛みは、先にも述べましたが、大人が施術する照射出力より低かったり、子供専用モード搭載の機械を、導入していたりするサロンもあるので、痛みは、ほとんどありません。

しかし、痛みにも個人差があるため、全員が耐えられる痛みかどうかはわかりません。事前にしっかりカウンセリングしてもらい、麻酔クリームを塗るなど、適切な対応をしてもらいましょう。

子供でも毛で悩んでる子はいるの?

熊 ダメージ

キッズ子役などの影響にもより、子供も美意識が高くなっています。女の子は特におしゃれに関心をもっている子は増えています。

小学生ともなると、習い事を始めたり、プール授業などで肌を露出する機会も多くなったりします。友達に毛の濃さを指摘されたりして、自分の毛が濃いことを悩む子が意外と多かったりします。

また、それが原因でからかわれて「学校に行きたくない」など言い出したり、毛深いのが、コンプレックスになっていたりする子供が多いのです。エスカレートするといじめにも発展したりすることもあるため、親も子供の悩みに寄り添う傾向にあります。

子供は普段はどうやって脱毛しているの?

ここでは、普段、子供が脱毛をどのようにしているのか、その方法を3つお話していきます。

カミソリ

大人でも、自己処理をカミソリで行っている人は多くいます。一番簡単な方法ですが、カミソリでの脱毛は実は、肌をとても傷つけています。また、カミソリは毛だけでなく角質層もそぎ落とすので、肌が乾燥しやすくなるため、子供にとってはおすすめできません。

あとからサロンで脱毛をしようにと思っても、傷のある所には照射できないため、治るまで待たなくてはいけません。どうしても!というときは自己処理したあとはしっかりと、保湿する発必要があります。化粧水や美容液で水分を補給し、乳液やクリームで油分を補うようにしてください。

毛抜き

毛抜きで毛を抜く場合は強い痛みや、抜いた跡がポツポツ赤くなるなどのトラブルのおそれがあります。毛抜きでムダ毛を抜くと、毛穴が閉じて新たに生える毛が埋もれてしまい、埋没毛になる場合があります。

毛穴の炎症も起こしやすくなります。黒いポツポツも目立つのでそれも悩みの原因になるかもしれません。

除毛クリーム

除毛クリームも手軽にできる方法ですが、除毛クリームの成分には、体毛の主成分である「タンパク質」を溶かす作用があります。そのため、タンパク質でできている皮膚にもダメージを与えて肌荒れを起こす可能性があります。

商品によっては成分を控えめに配合したり、保湿成分を多くしてあったり、子供でも使用可能のものもあります。しかし、子供が使用する場合は全くリスクがないわけではないので注意が必要です。

無料カウンセリング~の施術の流れ

①初回カウンセリング

電話やWEBでカウンセリングの予約を行い来店し、悩みや希望などのを伝えプランを提案してもらいます。

②脱毛予約

カウンセリング後、別日で脱毛予約をします。

③肌チェック

当日、施術前の肌の状態チェックを行います。

④残毛処理

残毛処理、殺菌、消毒などを行い、肌を清潔に整えます。

⑤ジェル塗布

潤い成分などが配合されたジェルを塗布します。

⑥施術

肌を確認しながら光を照射していきます

⑦拭き取り

塗布したジェルを丁寧に拭き取ります

⑧ローションアフターケア

脱毛後の肌を冷却し、保湿などの落ち着かせケアをします。

⑨着替え

着替えて帰る準備をします。

子供が脱毛サロンに通うときの注意点

子供 ポイント

ここでは子供が脱毛サロンに通うときの注意点についてお話していきます。

親同伴

中学生以下の子供が脱毛を受ける場合は必ず、親権者がカウンセリングの予約を行い、親権者の同席が必要です。

それ以上の子供の場合(未成年(は、保護者の署名や捺印などをした同意書の提出が必要です。

カウンセリングは、子供だけで受けることが可能ですが、なかには、親の許可を得ずに署名や捺印をしているケースもあるため、確認するために保護者に電話確認が入る場合があります。

子供の脱毛後のアフターケアはしっかりと

子供の肌に影響の少ない出力で施術をしていますが、子供の肌は繊細なので、肌に多少の負担はかかっています。脱毛を受けた肌は敏感になっているため、強い紫外線を受けないようにするなどの注意も必要です。

しっかりと保湿をしてあげて、肌の潤いを逃さないようにアフターケアを行いましょう。

まとめ

子供が脱毛する年齢に規定はありませんが、ホルモンバランスが安定していないと脱毛効果を感じることは、できません。女の子の場合は生理がきてからがいいでしょう。子供の自己処理は簡単ですが、子供の肌はデリケートなのであまりおすすめできません。

脱毛後は肌に負担をかけないように心がけ、アフターケアを行うことが大切です。肌の潤いを保つためにも、しっかりと保湿をしてあげてくださいね。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中