脱毛サロンにコロナのリスクはある?行っていい?注意点

コロナウイルスの感染拡大の影響は脱毛サロンにも影響を与えており、営業自粛や各種制限をするサロンがほとんどです。それと同時に、「このタイミングで脱毛を済ませてしまいたい」と考えている人が多いのも事実です。

そこで今回は、コロナウイルスが脱毛サロンに与えた影響について紹介するとともに、利用する場合に私たちが注意するポイントについても説明したいと思います。

 

脱毛サロンのコロナの影響は?

脱毛

昨今のコロナウイルス感染拡大の影響は、さまざまな業界に大きな影響を及ぼしています。
脱毛サロンも論外ではなく、コロナウイルスが落ち着くまでは営業を中止したり、脱毛する部位を制限していたりするところも、少なくないようです。

ここからは脱毛サロンがコロナウイルスで受けている影響について見ていきたいと思います。また脱毛サロンがコロナウイルス感染拡大防止のために行っている取り組みについても紹介します。

顔などの部位は中止しているサロンも

緊急事態宣言が、解除ことにより、営業を再開するサロンも増えてきていますが、顔などの部位の脱毛は中止しているサロンもあります。

マスクはコロナウイルスの感染予防に効果的と、いわれていますが、顔を脱毛する場合にはどうしてもマスクを外してもらわなければいけないシチュエーションが多いからです。

また施術するときに施術する人とお客さんの顔が近くなってしまうことも、顔の脱毛を中止しているサロンが多い理由だと考えられます。

脱毛サロンで感染者は発生した?

脱毛サロンはコロナウイルス感染リスクが高い職業の一つにカウントされていますが、クラスターが発生したという報道も今のところはありません。

京都の脱毛サロンでスタッフがPCR陽性になってしまった事例はありましたが、そのスタッフがサロン内で感染したという事実も確認されていません。

ただ、先ほども説明したように、人と人の距離が近くなってしまうということで、どうしても警戒されてしまう傾向にあります。万が一発生してからでは完全にダメージを受けてしまうから、というのがその理由です。

サロンの感染予防対策は?

脱毛サロンでは、コロナウイルス感染拡大を起こさないためにさまざまな対策を行っています。
例えば

  • ・1日に施術する人の数を限定し、新規の患者さんを受け入れないこと
  • ・スタッフ全員の体調管理を徹底して、マスク着用を義務付けること
  • ・サロン内の空気洗浄や次亜塩素酸を使用した除菌脱臭機の利用
  • ・こまめに換気する
  • ・消毒用エタノールを使用して、触れる可能性のある物品を定期的に清拭する

コロナ禍の中脱毛サロンに行くときに気を付けること

ウイルス

脱毛サロンではコロナウイルスの感染をこれ以上広げないために、あらゆる手段を駆使して感染対策を行っています。お客さんとして、サロンに行く私たちも感染を広げないため、できる限りの努力を行わなくてはいけません。

ここからは、私たちが脱毛サロンに行くときに気を付けることについて詳しく見ていきたいと思います。

検温を行ってから行くこと

脱毛サロンで施術してもらう場合には、少なくとも直前に検温を行って熱がないことを確認してから出かけるようにしましょう。

新型コロナウイルスは、熱がないからといって、絶対に感染してないという保証はありませんが、発熱しているということはコロナウイルスに感染している可能性が否定できないからです。必ず検温を行ってから行くようにしましょう。

マスクを着用すること

マスクを着用していると、コロナウイルスに感染しないというわけでは、ありませんが、もし自分が感染していた場合に、それ以上広げないという意味でもマスクは有効です。
特に、今回の新型コロナウイルスは、若者は無症状であることが多いといわれています。

もしかしたら、自分も感染しているかもしれません。

そのことを踏まえ、脱毛サロンを利用する場合には必ず、マスクを着用してから行くようにしましょう。また、店内に入って「マスクを外してください」といわれるまではマスクを外さないほうが良いでしょう。

アルコール消毒をする

新型コロナウイルスは接触によって広がることがわかってきました。
ウイルスに感染している患者さんが触った机や椅子、ドアノブなどを触り、その手で口や鼻を触ることで自分が感染してしまうのです。

ただ幸いなことに、新型コロナウイルスはアルコール消毒が有効であることがわかってきているので、こまめにアルコール消毒を心がけることで、感染拡大を防ぐことができるのです。

現在ビー・エスコートで行っている感染予防対策

マスク 感染症

アルコール消毒の徹底

大手脱毛サロンビー・エスコートでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにさまざまな取り組みをしています。スタッフの手指消毒や店内消毒を徹底し、掃除をこまめに実施しています。

また、来店したお客さんがアルコール消毒をできるように、無料でアルコール消毒液を提供しています。さらにシーツやガウンなどのリネンの衛生管理も徹底しています。

スタッフの手洗いうがいを徹底

スタッフに手袋の着用を義務付けると同時に、手洗いとうがいを徹底しています。
手袋をしているからといって絶対に安全と思わず、にこまめな手洗いをしっかりと行うことが大事です。

万が一、ウイルスが手に付着していたとしても、洗い流すことで感染拡大を予防する効果があります。アルコールによる消毒だけでなく、しっかり手洗いをしていることは安心材料の1つです。

喚起の徹底

お店の公式ホームページに「お客様へのお願い」と注意すべきポイントの一覧を掲載しています。

  • ・風邪症状のある方や発熱がある方
  • ・強いだるさや息苦しさがある方
  • ・咳や痰、胸部に不快感がある方
  • ・同居する家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
  • ・過去14日以内に渡航歴がある、もしくは渡航者との濃厚接触がある方

この項目に、1つでも当てはまる場合は、一時的に来店を控えるように注意喚起しています。このような、取り組みはきちんとした感染対策意識の表れといっても良いでしょう。

検温の実施

ビー・エスコートでは全国で働いている全てのスタッフに対して、定期的な検温を実施し、発熱によりコロナウイルスへの感染が否定できない場合には、当分の間、自宅待機にさせる処置をとっています。

発熱しないなど無症状の場合は、防ぐことができませんが、少なくとも熱がある場合には、コロナウイルスに感染している可能性も考慮して、感染拡大のリスクを最小限に抑える努力をしているのです。

マスク着用の徹底

脱毛サロンでは体に触れないと施術することができませんから、施術者とお客さんの距離はどうしても近くなってしまいます。

そこでスタッフのマスク着用を徹底し、万が一、スタッフが感染していたとしてもそれ以上に感染を広げることがないように最大限の考慮をしています。

マスクは、新型コロナウイルスの感染拡大を抑える効果があることが証明されていますから、マスクを着用して施術してくれるというのは安心ですね。

まとめ

今回の新型コロナウイルス感染拡大により脱毛サロンも影響を受けており、営業自粛や営業制限が行われました。

その後、緊急事態宣言が解除されたことにより、多くのサロンでは営業を再開しましたが、それでも感染拡大を防止するために、お店側は最大限の努力をしています。

安心、安全に利用するためにも、しばらくの間は、この運用方法が続くことが予想されており、お客さんとして、訪問する私たちも最低限の努力が求められます。

脱毛サロンがコロナウイルス感染拡大の、ホットスポットにならないためにも、双方の注意が必要といえるでしょう。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中