足脱毛はめっちゃ痛い!?痛い理由や少しでも軽減できる5つのテクニック

美脚

脱毛の施術は痛いと聞いたことがありませんか?なかでもムダ毛の多い足は、痛いと感じる人が多いようです。そもそもなぜ脱毛は痛みが強いのでしょうか。今回は、足脱毛の痛みを感じるメカニズムや、痛みを少しでも軽減する技を紹介します。

足(すね)脱毛の痛みを例えるなら?

足脱毛は痛い!そういわれてしまうと、どんな痛みなのか気になって施術に踏み込みずらいですよね。長時間痛みが継続するわけではないですが、痛いのはなるべく避けたいものです。

脱毛の痛みはサロン脱毛と医療脱毛で異なるため、具体的にどんな痛みなのか紹介します。

脱毛サロンならピリッとする程度

脱毛サロンで足の施術を行った場合、ピリッとした痛みを感じることが多いです。
特にすね毛は痛みを感じる人が多いですが、我慢できなかったり通えなくなるほどの痛みが出るわけではありません。

また、脱毛サロンで使用している光は弱いので、痛みを全く感じなかったという人もいます。そのため、痛みに弱い人でも怖がらずに施術が受けられるでしょう。

医療脱毛ならビクッとする程度

医療脱毛で足の施術を行った場合、ビクッとした痛みを感じる人が多いです。
よく「輪ゴムで弾かれたときの痛み」と例えられています。脱毛サロンよりは痛みを感じますが、こちらも通えない程ではないと答える人が多いです。

ただ、輪ゴムで弾かれるような痛みを連続で受けなければいけないので、痛みに弱い人には少し辛いかもしれませんね。でも安心してください。医療脱毛には麻酔を使用することができます。あまりに痛い場合は、麻酔をお願いしたり光の強さを変えてもらいましょう。

足脱毛は回数を重ねるほど痛みが減る!?

ゴムパッチン

足脱毛に限らず、脱毛は回数を重ねるごとに痛みが減ります。

そもそも、脱毛の痛みはメラニン色素を多く含んでいる毛根に直接光を当てることで、光と熱を吸収して痛みが発生する仕組みです。初回は毛根がすべて残っている状態なので、光や熱を吸収しやすく照射時に痛みを強く感します。

回数を重ねると「メラニン色素」が減っていくため、痛みが弱くなったと感じるようです。
痛みを感じることが少ないサロン脱毛では、効果を実感すると痛みもほどんど感じなくなるかもしれません。

とはいえ、ムダ毛がある限り痛みが0になることはないので、覚えておきましょう。

足脱毛がめっちゃ痛い理由とは?

疑問 女性

足脱毛のなかでも、特に痛みを感じやすいといわれているのが「足の甲」「太もも」「ひざ」の3か所です。

足の甲は、ほかの部位に比べると皮膚が薄く血管に近い部位です。そのため非常に痛みを強く感じます。

太ももは内側になればなるほど痛みを強く感じやすい部位です。足の甲同様で、内側の皮膚は薄くなっているため、ほかの部位に比べて痛みを強く感じます。逆に外側は、ムダ毛が細く少ないのに加えて皮膚が強いので痛みを感じにくいです。

ひざやすねは、皮膚は強いですが骨が近くにあるため痛みを感じやすい傾向にあります。
痛みの感じ方は人によってこのなりますが、毛量の多い場所や皮膚が薄い場所、骨に近い場所が多くある足は、ほかの部位に比べて痛みを強く感じるようです。

足脱毛の痛みを少しでも軽減するには?

足脱毛は痛みが出ますが、痛みを軽減するように努力することで、少しでも痛みを減らすことが可能な部位です。具体的にどんな方法があるのか紹介します。

生理中はサロン・クリニックに行かない

生理中はホルモンバランスの変化の影響で、全身の肌が敏感になっています。そのため、通常時よりも痛みを強く感じやすかったり、肌トラブルが置きやすい状況です。

痛みに敏感な人はなるべく生理が来そうな時期の予約を避けることをおすすめします。また、予約後に生理になってしまったら予約がキャンセルできるのかなどを事前に聞いておくと安心です。

光の強さを弱くしてもらう

あまりにも痛いと感じたら、当てられている光が強すぎる可能性があります。
この状態を我慢していると、肌トラブルに発展するリスクが高まるので、弱くしてもらえるようにお願いしましょう。

ただし、弱くするともちろん効果は落ちます。効果が落ちると通う回数が多くなってしまい追加料金がかかることも考えられるでしょう。
耐えられるのであれば弱くしてもらう必要はありません。

体調不良のときは施術を避ける

生理に限らず風邪や寝不足、二日酔いなどの体調不良のときも施術を避けましょう。

身体が弱っている時期は、肌も敏感になっています。普段であれば痛みをさほど感じないという人でも強い痛みを感じる場合があるので、体調が良くなったら通うようにするのがおすすめです。

日焼けをできるだけしない

脱毛で使用する光は黒いものに反応するため、日焼けした肌にも反応してしまいます。
日焼けした肌にまで反応をしてしまうと、痛みが強く出てしまうことだけではなく、光が分散されてしまうため効果が薄くなってしまいます。

また、日焼けをすることでダメージをおっている肌に、脱毛の光でダメージを加えると「肌の赤み」「肌荒れ」の可能性がより高くなるのです。

痛みをなるべく最小限に抑えたいのであれば、脱毛の2週間前は日焼けに気を付けて生活をすると良いでしょう。

保湿をする

保湿を充分にしてない状態で施術を受けると、より痛みを強く感じることがあります。
肌のうるおいは、レーザーの刺激から肌を守る役割をしているため、うるおいが少ないと痛みが強くなりやすいです。

脱毛を始めたら毎日保湿してあげることで、肌にうるおいのバリアを張ることができ痛みを軽減してくれます。また水分が充分な肌への照射は、レベルをあげて施術することもできるため、効果が高くなるメリットもあります。

サロンによっては高い保湿剤を勧められることもあるかもしれませんが、市販のものでも問題ないので保湿をしましょう。

まとめ

足脱毛の痛みはそんなに強いものではないことがわかりました。
ただし、皮膚の薄い「足の甲」「太もも」、骨が近い「すね」「ひざ」は痛みを強く感じる場合があるので注意しましょう。

足脱毛の痛みは自分自身である程度抑えることができます。特に保湿や日焼けは自分の意識で気を付けることができるので、痛みが心配な方はこまめに気を付けるようにしましょう。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中