黒ずみが酷いとVIO脱毛は断られる?黒ずみがあっても脱毛できる方法

VIO脱毛を行う際、「VIOに黒ずみがあったら断られるのでは?」「VIO脱毛がしたいけど、黒ずみがひどいとできないと聞いた」という悩みがある方も多いのではないでしょうか。

光脱毛(サロン脱毛)や医療脱毛では、毛の黒い部分に照射をするため、濃い肌の色には照射できない場合もあります。ですが、ほとんどの場合は照射ができることの方が多いのです。

今回は、VIOの黒ずみの原因や対処法、VIOに黒ずみがあっても脱毛ができる方法について紹介いたします。

黒ずみがあってもVIO脱毛を断られる可能性は低い

結論からいうと、黒ずみがあってもVIO脱毛を断られる可能性は低いです。個人差はありますが、ほとんどの方は、デリケートゾーンに多少の黒ずみを起こしています。そのため、そこまで心配することはありません。仮に、黒ずみが濃かった場合でも、脱毛を加減して行ったり、ケアを行ってから実施することで対応ができる場合がほとんどです。

諦めずにまずは相談してからどんな対応ができるのかを確認していただくことが大切です。

 

黒ずみがあるからと諦めずに、まずは検討中の脱毛サロンやクリニックに相談することをおすすめします。

家庭用脱毛器で照射をする場合は注意が必要

ほとんどの場合VIO脱毛が可能と紹介しましたが、家庭用脱毛器で照射をする場合は注意が必要です。家庭用の脱毛器具は、基本的にサロンやクリニックで使われるものよりも少し弱めに設定されていることがほとんどなのですが、その使い方が問題になります。

サロンやクリニックでは、一人一人の肌色や肌の乾燥具合などを確認し、正しい強さで照射をしますが、素人では正しい強度を知ることができません。

肌に合わない強度で照射してしまうと、強い傷みを伴ったり、やけどなどのトラブルの原因となりますので、まずは弱い出力から照射していくことが必要です。

また、家庭用脱毛器によってはVIOへの照射は推奨されていない場合もあります。このような点から、家庭用脱毛器での黒ずみ部分への仕様は注意が必要なのです。

そもそもVIOの黒ずみが起こる原因

肌の黒ずみは肌のメラニン色素が増えてしまうことで起こるものです。一般的に、メラニン色素は肌への刺激や紫外線などによって増えてしまいますが、もともと日本人はメラニン色素が多いため、黒ずみを起こしやすいのです。

VIOの黒ずみが起こってしまう原因は以下の通りです。

  • 自己処理による肌への負担
  • 下着などの摩擦
  • 生理用品による刺激
  • ホルモンバランスの変化
  • 加齢やストレス
  • 保湿不足

それぞれ詳しく解説いたします。

自己処理による肌への負担

VIOに黒ずみができる原因の1つとして、カミソリなどを使ったムダ毛の自己処理による肌への負担です。

VIOをはじめとしたデリケートゾーンは皮膚が薄く、黒ずみや肌トラブルが起きやすくなっています。カミソリを使った脱毛クリームやブラジリアンワックスなどの自己処理は肌の刺激となってしまい、メラニン色素を増やしてしまう原因になります。

下着などの摩擦

下着などの摩擦も、VIOの黒ずみの原因の1つです。下着の締め付けが強かったり、歩く・走るなどの日常動作に加えて、排泄時や入浴時の刺激も、VIOの黒ずみの原因になります。

日常動作の刺激は完全には避けることができませんが、できるだけ触れるときの力を弱めるなどの対策をしてみてください。さらに、なるべくサイズに余裕のある、締め付けの緩い下着を身につけるなど、日常の生活の中で過度な摩擦を軽減していくことが大切です。

入浴時にごしごし洗ってしまう

また、入浴時にごしごしと洗ってしまうのも摩擦による刺激につながります。VIOも、顔の肌と同じくらいデリケートです。顔をタオルなどでごしごしと洗う女性は少ないのではないでしょうか?洗顔の時と同じように、ネットなどで泡立てた泡で、優しく洗うようにしましょう。

膣には本来自浄作用があるため、洗浄力の強いソープで洗うと肌トラブルの原因となってしまいます。必要以上に洗いすぎないことも大切です。

 

生理用品による刺激

生理用品による刺激によっても、色素沈着が起こる場合があります。

生理用品は、肌に直接触れますし、長時間密着した状態が続くものです。生理中は蒸れたり被れたりすることが多く、肌に強い刺激を与えてしまいます。

最近では、肌に優しい素材の生理用品や、月経カップ、タンポンなどの直接肌に触れないタイプのものがありますので、ご自身の肌の様子を見ながら試してみると良いでしょう。

脱毛でデリケートゾーンの毛量が少なくなれば、VIOの肌トラブルも少なくなります。

ホルモンバランスの変化

VIOの黒ずみはホルモンバランスの変化が原因の場合があります。プロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの増加により、メラニン色素が増えやすくなってしまい、特にVIOはメラニン色素が多くあるため、黒ずみやすいのです。

また、ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーも崩れてしまい、メラニンの排出がスムーズに行われなくなり、黒ずみができやすくなってしまいます。

食事のバランスに気を付けたり、ストレスをためないなど、ホルモンバランスを整えることが大切です。

加齢やストレス

ただ、こうしたホルモンの変化は生活状況などのストレスや加齢などが原因でも起こります。

女性は加齢やストレスなどによるホルモンの変化によっていつも以上に肌が敏感に反応してしまったり、ターンオーバーが乱れたりすることがあります。これにより、メラニン色素が蓄積し、黒ずみにつながるのです。

単なる不調をそのままにせずに、しっかりと睡眠を取る、適度に運動をすることでストレスも軽減されます。特にVIOに限らず、「最近なんだか肌のトラブルが増えたかも」と思われる方は、生活習慣をこの機会に見直してみましょう。睡眠、食事、運動等の基本に立ち返ることが大切です。

保湿不足

VIOへの保湿不足も黒ずみにつながります。肌が乾燥していると、肌の正常なターンオーバーが乱れてしまい、黒ずみとなってしまうためです。

VIOの保湿不足には気づきにくいかもしれませんが、乾燥肌は脱毛の際の痛みを引き起こす原因にもつながりますので、ご自身の肌に合わせた保湿を行いましょう。ボディケア用の化粧水や保湿クリームをお風呂上がりに使用して肌の様子を気にするだけでも大きな違いになるはずです。

VIOの黒ずみを解消する方法

ここまでVIOの黒ずみの原因について解説してきましたが、ここからはより詳しい黒ずみの改善方法について解説していきます。

ここで紹介する方法は、どれも日常的に行えるものですので、黒ずみが発生しないよう、そしてこれ以上悪化しないように対策をしていくことが大切です。

自分にとって適切な対処方法がどれかよく肌の様子や日頃の生活習慣を見直して、正しい対処を行い、綺麗な肌を手に入れましょう。

自己処理は電気シェーバーで行う

まず、自己処理により肌と毛穴を痛めている可能性が考えられる場合には、その方法を見直しましょう。

VIOのムダ毛はお手入れがしづらく、お手入れが難しいこともあり、誤った自己処理をすると肌が被れたり、傷ついたりしてしまいがちです。毛抜きで抜いたり無理にカミソリで剃ったりすると、黒ずみの原因となってしまいます。

電気シェーバーは、刃が直接肌にあたらないようになっているものが多いため、肌への負担を少なくすることができます。

締め付けない下着を選ぶ

先程もご紹介しましたが、締め付けない下着・衣類を選ぶことが大切です。

サイズにゆとりのない衣類や下着は蒸れる原因となりますので、圧迫感や摩擦が少ないものを選びましょう。

綿やシルクなどの天然素材で作られた下着は摩擦が起きづらく、通気性にも優れているためおすすめです。自分の好みではない……と思われるかもしれませんが、就寝時は締め付けのない下着にする、スキニーなどのタイトな服はなるべく着ないようにするといった小さな工夫で、黒ずみを改善できることはありますので、実践してみましょう。

ゴシゴシ洗わないようにする

お風呂でむやみにゴシゴシ洗わないようにすることも大切です。

ボディーソープや石鹸は、汚れ以上に肌に必要な皮脂まで奪ってしまったり、洗う時の強い刺激で細胞を傷つけてしまいます。洗顔のように、泡立てた泡で身体を滑らせるように優しく洗うことが大切です。

極端な話ですが、洗剤を使って洗わなくても、水のみの洗浄でデリケートゾーンは清潔に保たれるようになっています。しっかりと汚れを落としたいからと、過度にゴシゴシ洗うのは逆効果になりかねません。優しく自分の肌を大切に扱う意味でも、洗い方も見直してみましょう。

気になる方はデリケートゾーン用のボディーソープを使用することもおすすめです。

洗い流した後のタオルも、肌をこすらずに軽くたたいて水分をふき取るようにするとなおいいです。

しっかりと保湿をする

前述したように、しっかりと保湿することが大切です。メラニンの生成を抑えるものや、ターンオーバーを正常にするデリケートゾーン用の化粧水も近年増えてきています。お風呂上がりの肌のケアのついでに、気になるデリケートゾーンの保湿も取り入れてみましょう。

近年では、デリケートゾーン用の保湿クリームなどが販売されています。普段デリケートゾーンには何も塗っていないという方も多いかと思いますが、自己処理などをする際や脱毛時にはぜひ利用してみましょう。

ひどい場合はレーザー治療もできる

あまりにも黒ずみがひどく、脱毛を断られてしまった、恥ずかしくて脱毛に行けないとお悩みの方は、皮膚科で塗り薬やレーザーなどで治療をすることも可能です。

レーザーによってメラニン色素を壊すと、色素が体内に吸収され、黒ずみが改善することがあります。ですが、レーザー治療は保険適用外となりますので、高額になってしまいがちです。まずは皮膚科に相談し、どうしても改善しないという場合にはレーザー治療も視野に入れておきましょう。

黒ずみがあっても脱毛できる方法

ここでは、黒ずみが合っても脱毛できる方法について紹介していきます。黒ずみがあっても脱毛ができる脱毛方法は、主に以下の2つです。

  • SHR脱毛
  • ハイパースキン脱毛

こちらの脱毛方法についてご紹介いたします。

SHR脱毛

一つ目はSHR脱毛です。SHR脱毛はレーザーのように毛根を焼く施術とは異なり、細胞に対して発毛する指令を行うバルジ領域に効果がある脱毛方法です。バルジ領域に弱い波長の光を照射し、毛を作るために必要な細胞を作られにくくすることで、徐々に毛を少なくしていきます。

クリニックで行っているレーザー脱毛や、通常の光脱毛に比べて痛みが少なく、黒ずみのある肌でも利用しやすい脱毛方法です。

ハイパースキン脱毛

二つ目はハイパースキン脱毛です。ハイパースキン脱毛もSHR脱毛と同じくバジル領域に熱を与えることで脱毛を行います。ただし、熱といっても36度程度で、肌とほぼ同じ温度の熱なのでほとんど痛みを感じません。子どもでも脱毛できるほど刺激がないとされているので、痛みが弱い人にもおすすめです。

さらに、これまでのレーザーではできなかった、白髪や色の薄い毛にも作用するため、今まで脱毛を諦めていた方でも利用できます。

VIO脱毛に関する悩みや疑問

VIO脱毛の際の黒ずみがある場合に本当に施術できるのか、実際にどうやるのかをご紹介してきました。最後に、VIO脱毛に関するお悩みについて、現場の声を元によくある質問にお答えいたします。

誰しもが思う悩みだと思いますが、中々打ち明けにくい悩みなので、安心してVIO脱毛をすべきか考えるヒントにしてみて下さい。

施術中にVIOの黒ずみは目立つ?

まず第一に、VIOの黒ずみが目立って恥ずかしいという悩みをお抱えの方は多いと思います。結論をお伝えすると、スタッフは大勢の担当をしているので、あまり気にしていません。

先述したように、VIOなどのデリケートゾーンは誰でも少なからず黒ずみはあります。そのため過剰に心配する必要はありません。それでも心配な方は、カウンセリングの際にカウンセラーに相談してみてください。

黒ずみがあると脱毛は痛い?

レーザー脱毛や通常の光脱毛は、メラニン色素に反応するため、黒ずみのある部位への脱毛は痛みを感じやすい場合があります。

痛みが気になる場合はSHR脱毛やハイパースキン脱毛などがおすすめです。SHR脱毛やハイパースキン脱毛ではこうした高い温度の熱を利用しないため、ほぼ痛みを感じることがありません。何度も痛みの不安に襲われるなら、始めから痛みの少ない方法を選択して継続しやすい方が安心して脱毛できるでしょう。

脱毛によって黒ずみの解消はできる?

脱毛は黒ずみへの直接的な解消にはなりません。しかし、脱毛によって黒ずみの解消効果が認められている方法があります。

その一つがIPL脱毛です。IPL脱毛は黒ずみ・シミの改善に効果があるといわれています。IPL脱毛は、もともと美肌効果の高い波長を利用している脱毛なので、脱毛の副次的効果として黒ずみの改善も期待できます。しかし、メラニン色素に反応する脱毛方法なので痛みを感じやすい点には注意が必要です。

また、脱毛をすることで自己処理が減り、黒ずみが軽減することもあります。

脱毛が原因で黒ずみが目立つことはある?

ムダ毛がなくなって黒ずみがよく見えるようになり、目立ってしまう可能性はあります。

しかし、脱毛が原因で黒ずみが進行するということはありません。一時的に赤みが出たり黒ずみが拡がったように思うこともありますが、これは一時的な色素沈着のため、数か月から1年程度で消えることがほとんどです。

むしろ、VIOを脱毛することで自己処理が減り、蒸れにくくなることで肌への負担が軽減され、黒ずみが改善することは考えられます。また、毛が無くなることで毛穴に皮脂や汚れが溜まりづらくなり、毛穴の黒いぶつぶつなども目立ちにくくなります。

まとめ

VIOに黒ずみがある場合の脱毛についてご紹介してきました。黒ずみがあっても、ほとんどの場合は断られることはありません。ですが、それでも黒ずみが気になる、人よりひどい気がする、という方は、この記事でお伝えした黒ずみの原因をなくし、対処していくことで軽減することは可能です。

黒ずみには個人差があるので、サロンやクリニックにまずは相談してみることをおすすめします。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中