効果的に足痩せできる方法は?太くなる原因と合わせて解説!

「足痩せしたい」「どうしたら足痩せができるのか」などと考えたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

この記事では、なぜ足が太くなってしまうのか、その原因や効果的に足痩せができる方法、足を太くしないための方法などを紹介しますので、本記事を参考にして理想の綺麗な足を目指していきましょう。

足が太くなる原因は?

足痩せをする前に、そもそもなぜ足が太くなるのか、その原因について見ていきましょう。足が太くなる原因は主に下記の4つです。

  • 冷え・むくみ
  • 脂肪
  • 筋肉
  • 骨盤のゆがみ

それぞれの原因について見ていきましょう。

冷え

足が冷えてしまうと脂肪が燃焼しにくく、肉が付きやすくなってしまいます。さらに、冷え性などで体温が低い状態が続くと代謝が悪くなってしまい、体に脂肪が付きやすい体質になるのです。また、体が冷えているとむくみなども起こりやすくなります。

脂肪

運動不足や食べ過ぎで付いてしまった脂肪が、そのまま足が太くなる原因となります。女性は男性と比べると、体が冷えやすくセルライトや皮下脂肪が付きやすく、太るときには下半身から脂肪が付いていくことも多いようです。ですので、脂肪がそのまま足に太さに影響してしまいます。

筋肉

筋肉質な足は、太く見えてしまいがちです。特に、運動経験者などは筋肉が付きやすい傾向にあります。さほど運動をしたことがないのに足が固くゴツゴツとしてしまっている方は、筋肉が凝り固まっているのかもしれません。また、仕事などで立ちっぱなしの時間が長かったり、ヒールを履く機会が多い方も長時間の筋肉の使用や筋肉のバランスが崩れて筋肉がより発達してしまう可能性が高いです。

骨盤のゆがみ

骨盤がゆがみ、正しい位置にないと血液やリンパの流れが悪くなり脂肪が付きやすくなります。骨盤のゆがみの原因として挙げられるのは、ヒールの高い靴をよく履く、重心を左右どちらかにかけることが多い、座るときに足を組んだり、あぐらをかく、うつ伏せの状態で寝ることなどです。これらに当てはまる方は、普段から気を付けるようにしましょう。

どうやったら足痩せができる?

足が太くなる原因を知ることができましたが、ではどうすれば足痩せができるのでしょうか。ここでは、効果的な主な方法を4つ紹介します。

  • ストレッチ
  • マッサージ
  • 有酸素運動
  • 筋トレ

足痩せの方法を詳しく見ていきましょう。

ストレッチ

足がパンパンになってしまっているといった場合には、正しいストレッチを取り入れることによって効果的にスッキリとした足を目指せます。

足が太くなってしまう原因として、足のリンパ液の流れが悪くなってしまっていることが考えられるので、前もも・内もも・足首周り・お尻・ひざ裏の5つの部位のストレッチが効果的です。ストレッチの中には寝ながらや立ちながらできるストレッチもあります。

そのため、毎日長時間かけてストレッチをするのは面倒という方でも、朝起きた後や寝る前にベッドで寝ながら行ったりと、家にいるスキマ時間にささっと行うことも可能です。

足痩せに効果的なストレッチの例としては、ひざ関節の屈曲に伴う大腿四頭筋伸張ストレッチやひざにバスタオルやボールなどを挟んで負荷をかける運動、足の指をグー・チョキ・パーの形にして動かして足首周りを伸ばすなどの方法が有効です。

マッサージ

マッサージには、足の血流を促進して老廃物を流す効果があります。毛細血管やリンパ節が集中しているふくらはぎやひざの裏をマッサージすることで、血液やリンパの流れが良くなり、むくみや冷えの解消にもつながります。お風呂上がりに体が温まった状態で行うとより効果的でしょう。

マッサージを行う際には、一箇所だけでなく全体的に行うことが大切です。まずは足裏や足首周りのツボ押しなどのマッサージからスタートして、ふくらはぎ、ひざの裏、太もも、そけい部といったように順番にマッサージしてあげると良いです。

その際に、ただ手で擦ったり押したりすると摩擦で痛みや熱さを感じたり、その摩擦によって肌が黒ずんでしまう原因となってしまうこともありますので、ボディクリームやボディオイル、マッサージジェルなどを使用し、滑りを良くしてから行ってください。また、痛すぎても体を痛めるだけになってしまいますので、痛気持ち良いくらいの強さで行うことも大切です。

有酸素運動

有酸素運動は、脂肪を燃焼させる効果が期待できます。しかし、いきなり負荷の高い運動を始めてしまうと体を痛めたり、長続きしなかったりするので、初めは軽い運動から始めることをおすすめします。では、有酸素運動とは具体的にどのようなものがあるのかというと、ウォーキングやランニング等が当てはまります。

ウォーキング

ウォーキングは費用がかからないので、ジムに通ったりするよりも簡単に始められます。普段から近場の移動にも車を使ってしまっている方などは、まずは徒歩で移動することを意識してみましょう。10分〜15分程度の移動距離は歩いてみたりするのが簡単で良いと思います。余裕がある方や歩くのが好きな方は、30分から1時間ゆっくり歩くのも良いですね。

歩く際には、背筋を伸ばして肘を曲げ、大きく腕を振りながら歩きましょう。ウォーキングは簡単で体にかかる負担が少ない分、効果が出るまでに多少時間がかかります。無理をせずになるべく毎日継続して行い、2〜3ヶ月様子を見てみると良いでしょう。

ランニング

ウォーキングに慣れてきたら、ランニングにも挑戦してみると良いです。ランニングはウォーキングよりも消費カロリーが多いので、短期間での脂肪燃焼が期待できます。

ランニングをする際には、走る前にしっかりとストレッチや準備運動をしておきましょう。また、いきなり速いペースで走ったり長距離を走ろうとすると続かなくなってしまうため、まずは無理はせず自分のペースを保ちながら20〜30分ほどを目安に走るようにしてください。運動後には水分補給も忘れずに行うようにしましょう。

筋トレ

筋トレには、筋肉を増やして基礎代謝を高める効果があります。基礎代謝を上げることによって、脂肪を燃焼しやすくなり、足痩せにつなげることが期待できます。メリットとしては他にも、引き締まった体を作れる、太りにくい体作りができる、脳内ホルモンの分泌によって脳の働きを活発にしてメンタルに良い影響をもたらすことなども挙げられます。

しかし、メリットが豊富だからといって、いきなり闇雲に筋トレをしてもあまり効果は得られません。事前にしっかりと正しい知識を身につけてから取り組むことをおすすめします。

簡単な筋トレとしては、スクワットで太ももの裏やお尻に刺激を与える、仰向けになり両足を上げるレッグライズで足痩せだけではなく腹筋も鍛える、同じく寝ながら行うヒップリフトでお尻や太ももの裏を鍛えるなどが、挑戦しやすいメニューといえるでしょう。これらの筋トレによって、スッキリとした綺麗な足を目指すことができます。

足を太くしないための方法は?

これまで足が太くなる原因や足痩せをするにはどのような方法が効果的なのかをご紹介してきましたが、せっかく努力して痩せることができても、また太くなってしまっては同じことの繰り返しになります。足を太くしないためにはどうすれば良いのか、ここでは足を太くしないための方法について見ていきましょう。

  • 足を冷やさない
  • 歩き方や立ち方に注意する
  • 食生活に気を付ける

それぞれの方法を説明していきます。

足を冷やさない

湯船に浸かって体をしっかりと温めることで、血行促進効果が得られます。湯船に浸かれない場合は、足元にお湯をためて足湯をするのも効果的です。

また、体を温める効果がある食材や飲み物を摂るのも良い方法でしょう。例としては、ショウガ・人参・カボチャ・ごぼう・じゃがいも・玄米・納豆・キムチ・白湯・ショウガ湯・ココア・プーアール茶・赤ワイン・日本酒などがあります。

その他にも、マッサージやトレーニングをして体の代謝や血行を良くして体を温める方法や、履くだけで美容健康効果が得られる着圧スパッツなども良いです。リンパや老廃物の流れがスムーズになって代謝アップにつながり、結果的に体が温まって脂肪燃焼がしやすくなります。

歩き方や立ち方に注意する

普段の姿勢や歩き方の影響で骨盤がゆがんでしまうこともあるので、普段から歩き方や立ち方には注意するようにしましょう。

姿勢

まっすぐに立ったときの姿勢は、横から見た際に、頭頂部・みみ・肩・大転子・くるぶしが一直線になるようにします。あごは引いて、視線はまっすぐより少し上を向くことを意識してください。

歩き方

つま先で着地するのはあまり良くないので、基本はかかとから接地しましょう。ひざ裏を伸ばすようにしてかかとから着地し、着地した足のかかとからつま先へ重心を移動させ親指の付け根と小指の付け根で強く地面を押して蹴り出すイメージです。

歩幅は少し広めにすると、運動強度のアップにつながります。また、肩甲骨を寄せるように腕を振ると自然と胸が張って正しい姿勢を維持しやすくなり、腕を後ろに振り上げることを意識すると二の腕の引き締めにも効果が期待できます。猫背やすり足、内股やガニ股などは良くない歩き方なので、自覚のある方はすぐにでも治す努力をしましょう。

食生活に気を付ける

運動やマッサージなどをいくら頑張っていても、何も気にせずに好きなものを好きなだけ食べるような食生活をしていると、なかなか痩せることができません。先ほど解説したような体を温める食べ物を摂取する、塩分を控えてむくみを防ぐ、食べる順番に気を付けるなどの点に注意しましょう。

また、食生活に気を付けるという場合にカロリーの数値を気にする方が多いと思いますが、カロリーだけではなく血糖値コントロールにも目を向けるようにしてください。血糖値が上がると、インスリンが血糖値を下げようと働きます。このインスリンは糖をエネルギーとして脂肪を溜め込む働きがあるので、過剰分泌してしまうと太ってしまいます。

血糖値を下げるためには、白米を玄米に変えてみるなどの方法が良いです。玄米は白米に比べて食物繊維が豊富で血糖値も上がりにくいので、脂肪になりにくいです。できることから少しずつ改善してみてください。

足をスッキリさせたら脱毛でさらに綺麗に

ここまで紹介した方法で足痩せに成功してスッキリとした足になったら、さらに綺麗な足にするために脱毛を検討してみてください。ここでは、脱毛をすることでどのようなメリットが得られるのか、紹介していきます。

足を見せるファッションも楽しめる

足を脱毛すれば、ムダ毛がなくなってツルツルになって剃り残しの心配も必要なくなるため、ショートパンツやミニスカートなどのファッションも気兼ねなく楽しめるようになるでしょう。

足が痩せたら足見せコーデを楽しみたいという方もいますよね。しかし、その際にムダ毛が生えているとせっかくの努力が無駄になってしまうでしょう。自信を持って足を見せるファッションも楽しみたいという方は、ぜひ脱毛にも挑戦してみてください。

肌が綺麗になる

脱毛をすれば自己処理の必要がなくなるため、自己処理の影響で起こる肌トラブルのリスクを軽減できます。肌の黒ずみや埋没気、カミソリ負けなどのトラブルがあるままだと、せっかく痩せた足にも自信が持てませんよね。しかし、脱毛をして自己処理の必要がなくなって肌トラブルのない綺麗な足になれば、自分の足に自信が持てるでしょう。

サロンの足脱毛にかかる回数や期間

では、実際にサロン脱毛を行なうとなったら、どのくらいの回数や期間がかかるのでしょうか。ここでは、効果が出るまでの回数や期間、脱毛完了までの回数や期間について解説していきます。

効果が出るまでの回数や期間

脱毛の効果に関しては個人差はありますが、大体3〜5回目くらいから効果を感じる方が多く、毛が細く薄くなってきた、生えにくくなってきたなどと感じる方が多いようです。

初めの1、2回目からでも、施術から1〜2週間後に処理した毛がスルッと抜けるのを実感できるでしょう。

サロンや個人の都合によって通えるペースが異なるので、効果を感じるまでの期間も一概にはいえませんが、基本的には半年〜1年程度が目安となります。サロンの脱毛は基本的に2〜3ヶ月ほどの間隔を開けて行う必要がありますが、サロンで採用している脱毛機の種類によって通う間隔などが異なるので、早めに効果を得たい人はサロン選びの際に脱毛機の種類にも注目してみてください。

脱毛完了までの回数や期間

足脱毛が完了するまでは平均的に12〜18回ほどといわれており、毛量が多い方や太い方だと、さらに回数が必要になるケースもあります。期間でいうと2〜3年ほどを目安と考えておくと良いでしょう。ムダ毛が全くない状態を目指したいのか、産毛程度になれば良いという認識なのかによっても回数や期間が変わるため、気になる方はカウンセリングでスタッフに確認してみてください。

足脱毛に関する疑問を解決!

ここまで足脱毛について解説していきましたが、まだ足脱毛について疑問があるという方もいますよね。ここでは、足脱毛に関するよくある質問を紹介していきます。

  • 足脱毛のお手入れの流れは?
  • 脱毛前の自己処理の方法は?
  • 脱毛前後に注意すべき点は?

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

足脱毛のお手入れの流れは?

足脱毛では、まず専用のガウンなどに着替えてからスタッフが肌の状況をチェックします。剃り残しがないか確認をしたり、ほくろや傷、ケガなどがある部分を専用のシールなどで保護したりといった事前の準備を行います。

サロンで採用している脱毛方法によっては、ジェルを塗布するケースもあります。準備が完了したら、施術開始です。ライトを照射してムダ毛にダメージを与えていきます。ライトの照射が終わったら、冷たいタオルやシートをのせて肌をクールダウンさせる工程です。その後、アフターケアとして、サロン独自の美肌成分配合のローションやクリームなどを塗布したら、背術は終わりです。

脱毛前の自己処理の方法は?

脱毛前の自己処理の方法としては、電気シェーバーがおすすめです。カミソリは肌が傷付いてしまう可能性が高く、毛抜きや除毛クリームを使用すると脱毛効果が得られなくなってしまうリスクがあるので推奨されていません。

脱毛前後に注意すべき点は?

お手入れの当日は激しい運動・飲酒は控えましょう。また湯船には浸からず、ぬるめのシャワーで済まし、脱毛箇所をゴシゴシ強く擦って洗うのはやめてください。代謝が良くなって体温が上がると、赤みや痛みが出てしまうことがあります。

また、乾燥していると脱毛効果があまり出なかったり痛みを強く感じたりするため、普段以上に肌の保湿には気を付けましょう。

まとめ

足が太くなる原因としては、冷えや骨盤のゆがみ、脂肪、筋肉などが挙げられます。これらを解消するには、ストレッチやマッサージ、有酸素運動、筋トレなどが有効です。

しかし、これらの方法で足痩せに成功しても、足が汚かったりムダ毛が生えていたりすると、足に自信が持てないままになってしまうことも考えられます。足痩せに成功してスッキリした足をさらに綺麗にするために、ぜひ脱毛も検討してみてください。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中