季節ごとに最適なスキンケアを使い分ける方法を詳しく解説

季節ごとの肌の変化によって、トラブルが起こるという方は少なくありません。夏のベタつきや冬の乾燥など、季節によってさまざまな肌の悩みがあります。本記事では、これらの悩みを解消して肌トラブルを回避するために、季節ごとにスキンケアを使い分ける方法を紹介します。肌タイプ別の使い分けやサロン脱毛によるメリットも合わせて見ていきましょう。

季節ごとにスキンケアを使い分ける理由は?

肌タイプごとにスキンケアを使い分ける必要があるように、季節ごとにも使い分けが必要であることをご存じでしょうか。使い分ける必要があることは知っているけれど、その理由までは知らないという方もいるでしょう。

夏は肌がベタつくけれど、冬はカサカサと乾燥が気になるという方は少なくありません。このように、季節ごとに肌の感じ方は異なるものです。

季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすいという方は、季節ごとのスキンケアの使い分けが原因ということもあり得ます。季節に合ったスキンケアをすることで、トラブルを回避して健やかな肌を保てるのです。

季節ごとの肌の変化

季節ごとのスキンケアが必要な理由には、季節によって肌が変化することが挙げられます。それでは、春・夏・秋・冬のそれぞれの季節で肌がどのように変化するのかチェックしていきましょう。季節ごとの肌の変化を知ることこそ、スキンケアの使い分けのポイントにつながります。

春はダメージを受けやすい

春は肌がダメージを受けやすい季節です。寒さと乾燥に悩む冬が終わるころには、風に乗って花粉が飛んできます。強風によって花粉だけでなくホコリが飛んでくることもあり、肌にとっては負担が大きい季節です。

また、新生活によるストレスや心配事などが肌に出るケースも珍しくありません。冬の乾燥によるダメージを受けたままの肌の場合、肌トラブルが長引くこともあります。

紫外線が強くなり始めるのも春であり、ダメージを受ける要因がたくさんある季節といえます。肌の汚れをしっかりと落とし、入念にスキンケアを行うことが大切です。また、ストレスを感じている方は休めるときはしっかり休むなど、自分自身を労わることも忘れないようにしましょう。

夏は汗や紫外線に注意

暑さが厳しい夏は、汗や紫外線に注意が必要です。汗をかくと肌の乾燥が気にならなくなってきて、ベタつきの方が気になるため保湿を意識しないことも少なくありません。

しかし、夏はクーラーを使用するため、室内は乾燥しがちです。もちろん、室内の乾燥は肌の乾燥にもつながり、保湿をしないでいると肌トラブルを起こすリスクがあります。

汗でベタついた肌はごわつくこともあるため、その日の汚れはその日のうちに落とすのが大切です。また、皮脂が溜まったままにすると毛穴汚れや角栓の原因になることがあります。

紫外線対策が強いこの季節は、UVケアも大切です。紫外線対策を怠ると、日焼けだけでなくシミ・そばかすの原因になりかねません。日焼け止めを使ったり帽子やUVカットの衣類を着用したりして、しっかりと紫外線対策をしましょう。

秋はカサつき始める

暑さが落ち着きベタつきが気にならなくなってくる秋は、カサつきに注意が必要です。冬に向けてだんだん空気が乾燥し始め、肌の乾燥も気になってきます。

また、夏に受けた紫外線の影響にも注意し、美白ケアを取り入れることも大切です。夏ほど紫外線が気にならなくなりますが、紫外線は出ています。秋になっても紫外線対策を行いましょう。

冬は乾燥対策が重要

空気が乾燥する冬は、肌の乾燥に要注意の季節です。夏はベタつきが気になっていたけれど、冬になると乾燥が気になるという方は少なくありません。肌が乾燥した状態が続くと、肌のバリア機能が低下してトラブルを起こしやすくなってしまいます。

洗顔はやさしく行い、保湿を念入りに行うことが大切です。ツッパリ感やガサガサ感がなくても、実は乾燥しているという場合もあります。年齢とともに肌の水分量は減ってきてしまうため、大丈夫と過信せずに保湿を行うのが肌トラブル回避の近道です。

季節ごとのスキンケアを使い分ける方法は?

ここまでは、季節ごとの肌の変化について紹介しました。季節によって起こりやすい肌トラブルや注意したい点が異なるため、スキンケアを使い分けることが大切です。

しかし、使い分けが必要だと分かっていても、どのように使い分ければ良いか迷うという方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな季節ごとのスキンケアの使い分け方法について、それぞれの季節ごとに見ていきましょう。

春のスキンケア

冬の乾燥をまだ引きずりやすい春は、乾燥対策として保湿をしっかりと行うことが大切です。また、花粉やホコリなどの刺激から肌を守るためにも、しっかりと顔を洗う必要もあります。

そんな春のスキンケアは、洗顔後に化粧水や乳液で肌を労わりましょう。スペシャルケアとして、保湿クリーム・美容液・シートパックでケアをすることもおすすめです。

また、春はまだ寒さが残っているものの、紫外線が気になり始める時期でもあります。春は紫外線量が増える時期のため、早めに紫外線対策を開始しましょう。早めの対策が後々の肌トラブルを回避することがあります。

夏のスキンケア

紫外線が強く日焼けが気になる夏は、特に紫外線対策のスキンケアが必要になります。日焼け止め効果のあるものを積極的に取り入れて対策をしましょう。

また、汗や皮脂が気になるこの時期は、顔をしっかりと洗い清潔にすることも大切です。皮脂をそのままにしてしまうと、毛穴の詰まりや開きの原因になりかねません。しかし、ベタつきが気になるからといって頻繁な洗顔は逆効果です。

洗い過ぎると、皮脂を落とし過ぎて乾燥を引き起こしたり、角質層を剥がしてしまうことがあります。顔を洗うのは1日2回までとし、洗顔後は化粧水や乳液で肌を整えましょう。冷房による乾燥が気になる方は、乾燥対策として保湿クリームで蓋をするのもおすすめです。

秋のスキンケア

秋は夏に受けた紫外線の影響を受ける時期であり、シミ対策ができるスキンケアが必要になります。紫外線の量は減ってきますが、引き続き紫外線対策をしながらシミ対策も行いましょう。シミ・そばかすが肌に出ていないという方も要注意です。まだ大丈夫だと思って放置せず、早めに対策することでシミ・そばかすを予防できる可能性があります。

夏から秋にかけての季節の変化は、肌がゆらぎやすくなることも珍しくありません。不要な角質を除去するためのアイテムも検討してださい。

また、除去するだけでなく冬の乾燥に向けて保湿ケアを始めるのも大切です。洗顔後は早めに化粧水や乳液で肌を整えて乾燥を防ぎましょう。

冬のスキンケア

秋の終わりごろから空気の乾燥が気になり始め、冬になると肌への影響を感じやすくなります。そんな肌の乾燥が気になりやすい冬は、保湿ができるスキンケアを重点的に取り入れましょう。

夏は「さっぱり系」の化粧水を使っていた方も、乾燥が気になるようなら「しっとり系」にするなど、肌の状態に応じて変更してみてください。化粧水・乳液・保湿美容液のほか、スペシャルケアとして高保湿クリームやマッサージクリームもおすすめです。

肌タイプごとに適切なスキンケアも異なる

季節ごとのスキンケアに加えて、肌タイプごとに適切なスキンケアがあります。肌タイプに合っていないスキンケアを続けていると、頑張っているのになかなか効果が出ないということにもなりかねません。

ここでは、脂性肌・混合肌・乾燥肌・普通肌の4つの肌タイプの特徴とスキンケア方法について紹介します。ご自身の肌タイプの特徴を知り、適切なスキンケア方法を取り入れてください。

脂性肌

脂性肌とは、水分・皮脂ともに多い肌タイプのことです。皮脂が多いため、ベタつきやテカリが気になる方も少なくありません。皮脂汚れによってニキビを引き起こしたり、毛穴の詰まりや開きの原因になることがあります。

思春期には脂性肌がコンプレックスとなり、洗顔やピーリングのやり過ぎといった誤ったスキンケアを行ってしまうこともあります。そんな脂性肌に適したスキンケア方法はこちらです。

スキンケア方法

脂性肌は皮脂が多い状態なので、皮脂を抑えるスキンケアが必要になります。丁寧にクレンジングや洗顔を行い、皮脂汚れを溜めないようにしましょう。皮脂汚れをそのままにしないことが大切ですが、洗浄力の高い洗顔を使ったり洗顔回数を増やしたりするのが良いというわけではありません。

過剰な洗顔は必要な皮脂も取り除き、肌のバリア機能を低下させるリスクを高めます。洗顔は朝と夜の2回までを目安とし、化粧水や乳液などで肌を整えることが大切です。また、スペシャルケアとしてピーリングや酵素洗顔などを行った後は、保湿をするようにしましょう。

混合肌

混合肌は、部分的に脂性肌や乾燥肌になっている状態で、頬は乾燥しており、Tゾーンや小鼻はベタつきやテカリが気になるということが多いです。顔の全体が乾燥したりベタついたりするわけではありません。そのため、肌の状態に応じたスキンケアが必要になります。具体的なスキンケア方法はこちらです。

スキンケア方法

乾燥している頬は保湿クリームを使って入念に保湿をしましょう。ベタつきやテカリが気になるTゾーンや小鼻は、保湿クリームや乳液をやめておき化粧水で整えるといったスキンケアをします。

洗顔は部位別に使い分けるのは困難です。しかし、Tゾーンのベタつきが気になるからといって、乾燥部分に洗浄力の高い洗顔を使うのは避けましょう。乾燥している部分の水分・皮脂を取り過ぎてしまい、さらなる乾燥を引き起こしてしまう場合があります。

もしスペシャルケアとして週に数回くらいの頻度で酵素洗顔やピーリングなどを行うようなら、特に乾燥部分は強い刺激を加えないようにし、洗い流した後はしっかりと保湿をすることが大切です。

乾燥肌

乾燥肌は、水分と皮脂の両方が少ない状態の肌です。肌がカサカサになり、バリア機能が低下している状態といえます。バリア機能が低下していることにより、何らかの刺激によって肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。そんな乾燥肌に最適なスキンケア方法を見ていきましょう。

スキンケア方法

乾燥肌のスキンケアは、不足している水分や油分を補う必要があります。乾燥しているとはいえ、洗顔でメイクや汚れを落とすことは大切です。洗顔後は肌のツッパリ感を感じる前に化粧水や乳液で肌を整えましょう。保湿クリームや美容液など、肌の状況に合ったものを追加するのもおすすめです。

保湿のためにシートマスクをする方法もありますが、使い方に注意してください。顔にシートマスクをつけたまま放置するとシートマスクが乾燥して、乾燥したシートマスクに肌の水分が奪われてしまうことになりかねません。適切な時間を守り、長時間つけたままにしないようにしましょう。

また、バリア機能が低下している肌への刺激にも注意しなければなりません。スキンケアの際などに肌に過度な刺激をかけないように、擦ったり強い力をかけたりするのは避けてください。ムダ毛を自己処理するときも要注意です。

普通肌

普通肌は、水分・皮脂ともに丁度良くバランスが取れている状態です。肌のバリア機能もしっかりしており、肌トラブルも起こりにくいといえます。しかし、肌トラブルが起こりにくい状態とはいえ、油断は大敵です。健やかな肌を維持するために、普通肌に最適なスキンケア方法をチェックしましょう。

スキンケア方法

肌の状態が安定している普通肌の場合は、水分や皮脂のバランスを保てるようにスキンケアを継続することが大切です。現在の肌の状態が良好でも、季節の変化やストレス・生活習慣によってバランスが崩れてしまう場合があります。

肌の状態を気にしながら、最適なスキンケアを取り入れたり季節によって使い分けたりすることをおすすめします。また、より美肌を目指すために美容機器を使ったりサロン脱毛を検討したりするのも一つの手です。

スキンケアの効果を高めるには脱毛もおすすめ

季節ごとにスキンケアを使い分けることで、肌トラブルを防ぎ健やかな肌を維持できる可能性があります。しかし、ムダ毛の処理によって肌トラブルを引き起こすリスクを忘れてはいけません。

せっかく季節ごとにスキンケアを使い分けるのであれば、効果を高めるためにサロン脱毛を検討することをおすすめします。ここではスキンケアの効果を高めるのにサロン脱毛がおすすめな理由をご紹介します。

肌へのダメージを軽減できる

スキンケアの効果を高めるためにサロン脱毛がおすすめな理由に、肌へのダメージを軽減できることが挙げられます。ムダ毛を放置すると目立ってしまうだけでなく、汚れが溜まることになりかねません。

そのため、定期的にムダ毛の処理をする必要があります。しかし、その処理が肌へのダメージにつながることも少なくありません。特に自己処理の場合は、その方法によって肌を傷つけてしまったり角質層を削り取ってしまったりすることがあります。

自己処理によって肌にダメージを与えてしまうと、肌トラブルを引き起こすリスクを高めます。しかし、サロン脱毛であれば、脱毛のプロであるサロンスタッフが専用のマシンを用いて脱毛をします。

サロン脱毛でムダ毛をなくせば、自己処理を行う必要がなくなります。それだけ肌にダメージを与える頻度やリスクを減らせるのがメリットです。

美容成分が浸透しやすくなる

サロン脱毛をすると、美容成分が浸透しやすくなるというメリットもあります。ムダ毛があると毛穴が詰まり、化粧水が浸透しにくい状態になることも少なくありません。化粧水などが浸透しにくいと、保湿をしたくてもうまく成分が浸透せずに乾燥状態から抜け出せないこともあり得ます。

しかし、サロン脱毛でムダ毛がなくなると、毛穴がキュッとしまり汚れが溜まるリスクを軽減します。化粧水などでスキンケアをする際に浸透しやすく、効果を高めることができるのです。

乾燥しやすい時期も、美容成分が浸透すればしっかりと保湿できます。美容成分が浸透しやすいのは、保湿だけでなくシミ・そばかす対策などさまざまな点でもメリットです。

まとめ

今回は、季節ごとのスキンケアの使い分けについて紹介しました。季節によって空気の乾燥や紫外線の量などが異なり、肌はその影響を受けることも少なくありません。そのため、季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすいという方も多いのです。

春・夏・秋・冬のそれぞれの肌への影響やスキンケアを知っておくことで、事前にスキンケア用品を準備しておくことができます。また、事前に対処できていれば肌トラブルを予防できる可能性もあります。

季節ごとのスキンケアと同じく、肌タイプごとのスキンケアの使い分けも大切です。脂性肌・混合肌・乾燥肌・普通肌の4つのタイプごとに、肌タイプの特徴やスキンケア方法を押さえて、肌トラブルを回避しましょう。

スキンケアの効果を高めるために、サロン脱毛を受けるのも一つの手です。サロン脱毛によって肌への負担を減らすだけでなく、化粧水が浸透しやすくなるといったメリットが期待できます。健やかな肌のためにも、サロン脱毛でムダ毛の処理を検討してみましょう。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中