毛穴の黒ずみを解消できるケア方法を分かりやすく解説

黒ずんだ毛穴がコンプレックスで、解消したいと思っている人は少なくないでしょう。黒ずみは普段何気なく行っているケアが原因になっている可能性もあるため、解消のためには正しいケア方法を知ることが大切です。この記事では、毛穴に黒ずみができる原因ややってはいけないケア、解消方法に至るまで詳しく解説していきます。

毛穴に黒ずみができる原因は?

毛穴の黒ずみを解消したいのであれば、まずは原因を知っておくことが大切です。ここでは、毛穴に黒ずみができる原因を3つご紹介します。

  • 角栓のつまり
  • 色素沈着
  • 産毛

それぞれ見ていきましょう。

角栓のつまり

毛穴のに黒ずみができる原因として多いのが、角栓のつまりです。角栓は角質と皮脂が混ざり合ったもので、毛穴に栓をしてしまうことから「角栓」といわれます。

肌は一定の周期で生まれ変わっていくターンオーバーによって、どんどん新しい肌に生まれ変わっていきます。しかし、お手入れ不足や強い刺激、ストレスなどが原因でターンオーバーが乱れてしまうことがあるのです。

このターンオーバーの乱れによって汚れが溜まって、角栓の原因になります。肌を触ったときに「ざらざらする」ものの正体は、角栓であることが多いです。角栓を放置していると酸化して黒ずんで、黒ずみの原因になります。

色素沈着

メラニン色素が肌に沈着することで起こる色素沈着も、毛穴に黒ずみができる原因になります。日焼けやシミなど、メラニン色素が肌に与える影響はとても大きいですが、黒ずみもその1つです。

自己処理やお手入れのしすぎなど、肌にダメージを与えすぎるとメラニン色素が過剰に分泌されて黒ずみの原因となってしまうのです。「ムダ毛を綺麗に処理したい」「黒ずみを自分で解消したい」など、肌や美容のために行った行動によって色素沈着のリスクを高めることもあるという点に注意しましょう。

産毛

産毛が原因で毛穴の黒ずみを引き起こすこともあります。古くなった産毛は押し出されるように自然と抜け落ちていきます。

しかし、毛穴に汚れが溜まり詰まってしまうと産毛が抜け落ちず留まってしまうのです。日本人の産毛は髪の毛と同じく黒色のことが多く、そんな産毛が毛穴に留まると黒ずんで見えてしまいます。

さらに、産毛の周りに角栓がつまり、酸化することで余計に黒ずむこともあるので注意しましょう。

毛穴の黒ずみ解消のためにしてはいけないケアは?

毛穴の黒ずみを解消するために毛穴ケアをしたいという人は多いでしょう。しかし、解消どころか逆効果になってしまうケア方法もたくさんあるので、自分でケアをする際には注意が必要です。

ここでは、毛穴の黒ずみ解消のためにしてはいけないケアを3つ紹介します。

  • 角栓を無理やり押し出す
  • 洗顔やクレンジングでゴシゴシ擦る
  • 毛穴パックを高頻度で行う

やってはいけないケアを知っておけば、自分の肌を守ることにもつながるでしょう。

角栓を無理やり押し出す

角栓をなくしたいからといって無理やり押し出すのは、毛穴の黒ずみのためにやってはいけません。

「黒ずみの原因が角栓なら出せば良いのではないか」と思われがちですが、無理やり押し出すと肌に負担をかけてしまいます。角栓を押し出すために、以下の方法を試したことがある人も多いのではないでしょうか。

  • 爪や指で押し出す
  • 角栓取りなどの器具使う
  • ピンセットで取り出す

この方法で角栓が目に見えて取れることもあります。しかし、角栓が取れた毛穴は開いたままになり、そこにまた新たな角栓がつまってしまうのです。

また、無理やり押し出すと毛穴の周りの皮膚にダメージを与えかねません。角栓を押し出そうと爪を立てれば皮膚に傷ができ、ターンオーバーの乱れにつながる可能性もあるので、絶対にやらないようにしましょう。

洗顔やクレンジングでゴシゴシ擦る

洗顔やクレンジングの際にゴシゴシと皮膚を擦るのも控えましょう。「汚れをしっかりと落とさなければ」と思うと、しっかり洗うことに意識が向きがちですが、とにかく洗えば良いというものでもありません。ゴシゴシ洗うと皮膚に強い刺激が加わり、ダメージを与えてしまうリスクがあるからです。

また、洗顔やクレンジングに含まれる成分は、汚れだけでなく水分や油分も一緒に洗い流してしまいます。ゴシゴシ擦るように洗うと、本来肌に必要な水分・油分も洗い流してしまうリスクがあるのです。

毛穴パックを高頻度で行う

毛穴パックを頻繁に行うのも、皮膚のためには避けたほうが良いです。つまった毛穴汚れや角栓を取り除くために、毛穴パックを使う人は少なくありません。

貼って剥がすタイプの毛穴パックの場合、剥がしたときに目に見えて汚れが取れたことが分かるため、「角栓が取れた」と嬉しくなるのも当然ですが、開いた毛穴に汚れが溜まるリスクも高くなってしまうのです。

また、毛穴につまった汚れを強制的に取り除くと、皮膚に与えるダメージも大きくなってしまいます。毛穴まわりの皮膚に傷ができて、そこに汚れが溜まるという悪循環になりかねません。

黒ずみ毛穴の正しいケア方法は?

前述したように、黒ずみ毛穴は角栓のつまりや自己処理による色素沈着で起こる可能性があります。そして、自己流でケアをしようとすると、反対にダメージを与えかねないのがやっかいです。

ここでは、そんな黒ずみ毛穴の正しいケア方法を4つ紹介します。

  • 肌への負担をかけないクレンジングをする
  • 洗顔はしっかり泡立てて擦らないようにする
  • 保湿を丁寧に行う
  • 自己処理方法に気を付ける

正しいケア方法を知り、毛穴の黒ずみ解消を目指しましょう。

肌への負担をかけないクレンジングをする

黒ずみ毛穴の正しいケア方法の1つ目は、肌に負担をかけないクレンジングです。前述したように、ゴシゴシと擦るようなクレンジングは肌にダメージを与えてしまいます。

少ない負担で効果的に毛穴汚れを落とすなら、クレンジング前にホットタオルを顔に当てておくという方法がおすすめです。ホットタオルで肌を温めることで毛穴を開き、汚れが落ちやすくなります。

また、クレンジングをする際は、ただ肌につければ良いというものではありません。肌に馴染ませて汚れを浮かせることが大切です。

クレンジングをするときは、肌をなでるようにゆっくりと馴染ませていくようにしましょう。落としきれなかったメイクは、毛穴汚れの原因になってしまうため、優しく丁寧に落とすことを意識してください。

洗顔はしっかり泡立てて擦らないようにする

洗顔はしっかりと泡立てて、擦らないようにします。「泡で洗う」という表現があるように、指でゴシゴシ擦るのではなく泡の力で汚れを落とすのを意識するのが大切です。

しっかりと泡立てていない洗顔は、肌に刺激を与えてしまいます。上手く泡立たたないという人は、泡立てネットを活用するのも良いでしょう。

忙しい朝は時間に追われてしっかり洗顔できないという人も少なくありませんが、その場合は泡で出てくるポンプタイプの洗顔がおすすめです。自分の肌質や生活スタイルなどにあった洗顔を選ぶようにすると良いでしょう。

保湿を丁寧に行う

クレンジングや洗顔の後は、保湿を丁寧に行うことが大切です。クレンジングや洗顔で汚れを落とす際には、肌の水分や油分も洗い流してしまっています。洗顔後に「肌がつっぱる」のは、これが原因です。

水分や油分が足りないと、肌を乾燥から守るために皮脂をたくさん出そうとします。乾燥予防のために皮脂は大切な存在ですが、過剰に生成されると毛穴のつまりや酸化による黒ずみ毛穴を引き起こす可能性があるのです。

そのため、毛穴ケアには乾燥予防が大切になります。クレンジングや洗顔で肌を綺麗にしたら、化粧水・乳液・保湿クリームなどで肌を整えてあげてください。保湿をする際は、クレンジングや洗顔のときと同じく擦らないように気を付けましょう。

自己処理方法に気を付ける

黒ずみ毛穴の正しいケア方法として、自己処理方法に気を付けることもあげられます。ムダ毛の処理もスキンケアの1つとして大切です。しかし、そのムダ毛の自己処理が黒ずみ毛穴を引き起こしては元も子もありません。

自己処理をする際は、なるべく肌に負担をかけないような方法で処理をするようにしましょう。例えば、カミソリを使うのであれば、なるべく肌に負担をかけないように、シェービングジェルや保湿剤を塗ってからカミソリで処理をする必要があります。また、処理をした後にも丁寧に保湿をしましょう。

しかし、肌に負担をかけにくい方法をとっているからといって、頻繁に処理をしても良いというわけではありません。自己処理のしすぎは肌に負担をかけてしまうため、頻度にも気を付けましょう。

クレンジングや洗顔を選ぶときの注意点

毛穴の黒ずみを予防したり解消したりする際は、クレンジングや洗顔選びが大切です。普段のお手入れに注意することで、毛穴悩みの改善につながるケースも少なくありません。

しかし、どのようなクレンジング・洗顔でも同じように効果があるわけではないので、自分に合ったクレンジングを探すようにしましょう。ここでは、クレンジングや洗顔を選ぶときの注意点をご紹介します。

クレンジングは自分に合ったタイプを使う

クレンジングを選ぶときは、自分の肌に合ったタイプを選ぶことが重要です。肌に合っていないクレンジングを使うと、十分な効果が得られない可能性があります。

ここでは、代表的なクレンジングの種類や特徴を紹介します。

  • オイルタイプ
  • ローションタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ

どのような肌に合っているかも解説するので、クレンジング選びの参考にしてください。また、おすすめのクレンジングとしてホットクレンジングについても解説しているので、見ていきましょう。

オイルタイプ

オイルタイプのクレンジングのメリットは洗浄力の強さです。どんなメイクでもしっかり落とせて、皮脂汚れも浮かせて洗い流すことができます。そのため、オイリー肌の人にはしっかりと皮脂汚れも落とせるオイルタイプがおすすめです。

しかし、その一方で洗浄力の強さが刺激になったり、肌の乾燥につながることも多いです。敏感肌の人やもともと乾燥肌の人は、別のタイプを選ぶか保湿を入念に行いましょう。

ローションタイプ

ローションタイプは、化粧品のローションのようなやさしいテクスチャ―で乾燥肌・敏感肌の人でも安心して使えるクレンジングです。さらっとした使い心地や、洗い流した後のツッパリ感が少ないのがメリットです。オイルのベタつきや洗いあがりのツッパリ感が気になるという方は、ローションタイプをお試しください。

クリームタイプ

クリームタイプは、クレンジングの中でも肌にとても優しいといわれている種類です。やや厚みを感じるテクスチャ―ですが、その分肌をゴシゴシ擦る心配がありません。クリームを肌の上にのせて、やさしくマッサージするように汚れを浮かせていきます。

クリームタイプは比較的洗い残しが多くなりがちです。クリームが毛穴に溜まってしまうと黒ずみにつながることもあるので、肌にクリームが残らないように注意しましょう。

ジェルタイプ

ジェルタイプは、クリームタイプと同様に重みのあるテクスチャ―で、肌を擦るリスクが少ないクレンジングです。メイクや皮脂汚れをしっかりと落としながら、しっとりとした洗い心地になるのがポイントとなります。

しっかり落としたいけれど乾燥が気になるという方には、ジェルタイプのクレンジングがおすすめです。

ホットクレンジングもおすすめ

肌に馴染ませると温かく感じるクレンジングで、毛穴の黒ずみ解消に人気が高いです。使い心地も良く、温かいジェルが毛穴を開いて汚れを落としやすくしてくれます。ホットタオルを使用するのが面倒という方は、ホットクレンジングを検討してみるのも良いでしょう。

黒ずみ毛穴に効果的な洗顔を使う

黒ずみ毛穴解消のためには、効果的な洗顔を使うことも大切です。ここでは、黒ずみ毛穴を解消したい人におすすめの洗顔を2種類紹介します。

  • 酵素洗顔
  • クレイ洗顔

それぞれの特徴を見ていきましょう。

酵素洗顔

酵素洗顔とは、酵素の力で化学反応を起こして角栓や皮脂汚れを分解する洗顔です。そのため、通常の洗顔よりも洗浄力が高くなっています。古い角質も酵素の力で分解でき、黒ずみ毛穴対策だけでなく肌のごわつき解消としても人気が高いです。

しっかりと泡立てて使うというのは、他の洗顔と変わりありません。ただし、洗浄力が強いため、製品によっては「1週間に1~2回」など使用目安が書かれている場合もあります。使用頻度も確認しながら、使用方法を守って使いましょう。

クレイ洗顔

クレイ洗顔は、その名の通り「泥」の力を活用した洗顔です。黒ずみ毛穴に効果的といわれる理由は、クレイ洗顔の特徴である「豊富なミネラル」と「高い吸着力」にあります。

粘土層から採掘された泥には、天然のミネラルが豊富に含まれています。また、乾燥させた泥の粒子はとても細かく、毛穴の汚れもしっかりと吸着して洗い流してくれるのです。

毎日使えるクレイ洗顔もあれば、週に数回の利用をおすすめしているものもあります。クレイ洗顔は洗浄力が高いため、使用目安が書かれている場合はそれに従いましょう。

また、しっかりと洗った後は入念な保湿が必要です。どのタイプの洗顔にも共通することですが、洗顔後は保湿をするのを忘れないようにしましょう。

黒ずみ毛穴にはサロン脱毛も効果的

ムダ毛の自己処理が原因で、毛穴の黒ずみを引き起こすことがあります。ここまでご紹介してきたクレンジングや洗顔を活用することも黒ずみ毛穴対策としておすすめですが、ムダ毛がある限りムダ毛対策もしなければなりません。

そこで、おすすめなのがサロンでの脱毛です。脱毛サロンは自己処理よりも肌への負担を減らしつつ、ムダ毛の処理ができます。脱毛の効果が得られるため、将来的に自己処理を行う必要もなくなるでしょう。

「なぜサロン脱毛が黒ずみ毛穴対策になるのか」と思う人もいるかと思いますが、その理由は、サロン脱毛でムダ毛をなくすことで毛穴の開きを抑えられるからです。

ムダ毛がなくなることで、毛穴が引き締まり汚れが溜まるのを防ぐ効果が期待できます。また、自己処理をする必要がなくなるので、カミソリや毛抜きで肌を傷付ける心配もなくなります。

「毛穴の黒ずみが気になる」「黒ずみ対策をしたい」という人は、サロンでの脱毛を検討してみてください。

まとめ

今回は、黒ずみ毛穴を解消できるケア方法を解説しました。黒ずみ毛穴の原因には、「毛穴に角栓がつまる」「色素沈着」「産毛」などがあげられます。

何が原因だったとしても、肌に刺激を与えるケアは避けることが大切です。そして、クレンジングや洗顔も、自分の肌に合っていて毛穴対策ができるものを選びましょう。

毛穴に角栓がつまると産毛がそこに留まり、さらに汚れがたまっていくという悪循環を引き起こすことがあります。肌への負担を考慮しつつムダ毛の処理をしたい、ムダ毛処理と同時に黒ずみ毛穴の対策もしたい、という方はサロン脱毛を検討してみてください。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中