体の黒ずみが起こる原因と改善方法を分かりやすく解説!

体の黒ずみにお悩みの方も少なくないでしょう。この記事では、体の黒ずみがなぜできるのか、改善するためにはどういう方法があるのかなど、ご自身の体のことでお悩みの方のために、体の黒ずみに関する内容を紹介していきます。

黒ずみが起こる原因や黒ずみが起こりやすい部位、黒ずみを改善する方法などを解説していくので、参考にしてみてください。

そもそも黒ずみって?

体や顔の黒ずみに悩んでいる方も少なくないでしょう。しかし、そもそも黒ずみとは何なのか、詳しく理解できていない人もいるはずです。ここでは、黒ずみとは何か、黒ずみの種類などを紹介していきます。

黒ずみとは

黒ずみとは色素沈着により体が黒ずむ現象で、皮膚が黒っぽくなってしまうことや、シミができることにより肌の色が変わってしまうことをいいます。そもそも色素沈着とは、メラニン色素が皮膚に沈着してしまう状態で、皮膚を強く擦ったり、衣類が擦れて強い刺激が長い期間加わったりするのが原因となりやすいです。

黒ずみの種類

黒ずみには一般的に下記の2種類のタイプがあります。

  • 摩擦性黒皮症
  • 炎症性色素沈着

種類ごとにどのようなものなのか、どうしてできてしまうのかを以下でご説明します。

摩擦性黒皮症

黒皮症(こくひしょう)とは、皮膚組織にメラニン色素やその他の物質が沈着することで、黒褐色に変化した状態になったものをいいます。

主にお腹や背中にできることが多く、皮膚が強い摩擦刺激を繰り返し受け続けることでできます。摩擦刺激の多くは、体を洗う際にナイロンタオルやブラシなどで強く擦りすぎることや合成繊維の下着で強く締め付けられることによる摩擦などが原因となりやすいです。

炎症性色素沈着

ニキビや傷、虫刺され、かぶれなどによる炎症が起きた後にその箇所が色素沈着し、灰褐色、茶褐色、紫褐色のシミになったものが炎症性色素沈着です。

肌の炎症が原因で、皮膚の内側にあるメラニンを生み出すメラノサイトを刺激して、肌の黒ずみとなる色素であるメラニンを多く作り出してしまいます。そのメラニンの生産量が、肌の細胞が一定の周期で生まれ変わるターンオーバーで体外へ排出できる量を超えると、メラニンが皮膚内に溜まって黒くなるのです。

黒ずみが起こる原因

黒ずみが起こる原因としては、下記の3点が主な理由として挙げられます。

  • 自己処理
  • 毛穴汚れ
  • 色素沈着

3つの原因を1つずつ詳しく説明していきます。

自己処理

ムダ毛の自己処理で、特に黒ずみを悪化させてしまうのは、毛抜き・カミソリを使用したムダ毛処理です。

毛抜きは毛を抜くときに毛根や毛穴周辺の皮膚を傷つけてしまい、カミソリの使用はムダ毛だけでなく肌の表面も一緒に刃で傷つけてしまいます。このように、皮膚に強い刺激や摩擦を与えてしまうと、皮膚の色素が落ちにくくなり黒ずんでいってしまいます。

どうしても自己処理をしなくてはならないときには、電気シェーバーを使用すると肌への負担を軽減できるのでおすすめです。 

毛穴汚れ

毛穴に皮脂、古い角質、クレンジングで落ち切らなかったメイク汚れなどが毛穴に詰まり、酸化することで黒ずみが生じます。特に鼻にできることが多く、悩んでいる方も少なくないでしょう。

これは、乾燥によって皮膚の保護機能が働くことで起こる皮脂の過剰分泌や、洗顔時のクレンジングや洗顔料の洗い残しなどが原因として考えられます。肌を清潔に保ち、しっかりとした保湿ケアをしてうるおいを保つことが大切です。

色素沈着

色素沈着は上記の黒ずみの種類の説明でも軽く触れましたが、入浴時にナイロンのタオルなどで強く擦りすぎて強い摩擦を起こしてしまうこと、合成繊維の下着で締め付けられることなどが原因となりやすいです。ニキビや傷、虫刺され、かぶれなどの炎症により、肌にダメージを受けることなども主な原因となります。

その他にも、ターンオーバーが乱れることでシミになってしまうことも原因の1つです。

黒ずみが起こりやすい部位

特に黒ずみが起こりやすい部位としてはワキ、ひじ・ひざ、デリケートゾーン、顔などが挙げられます。下記にて、部位ごとに理由をご説明します。

ワキ

汗をかきやすいワキは、皮脂や古い角質などの汚れが詰まりやすく、酸化すると黒ずみになります。また、腕を動かすことによって摩擦が起きやすい、自己処理で強い刺激を受けやすいなども原因の1つです。

さらには、自己処理後にワキの保湿を忘れる方も少なくないと思いますが、乾燥により肌荒れや炎症が起きやすくなってしまうため、自己処理後は保湿を忘れないようにしましょう。

ひじ・ひざ

ひじ・ひざは机や床、地面にあたることが多く、皮膚への圧迫・摩擦などにより炎症が生じ、メラニン形成と過剰角化が進んで黒っぽく分厚い皮膚となります。

頬杖をついたり、ひじを机についたり、ひざ立ちの姿勢を取ることが多い方、ひざの上でよく足を組む方、マットを敷かずにヨガやエクササイズをする方などは注意が必要です。

デリケートゾーン

デリケートゾーンは皮膚が薄く敏感なので、黒ずみが起こりやすいです。下着による締め付けや肌に合わない生理用ナプキンやおりものシートの使用、蒸れ、自己処理での肌への負担、入浴時にゴシゴシ洗いすぎることなどが主な原因と考えられます。

洗顔時にゴシゴシ洗ったり洗顔後に不完全なケアをしてしまったりすると肌が乾燥して、肌トラブルへとつながります。その結果、炎症が起きてしまうのです。さらに、常に露出していることから、紫外線ダメージにより色素沈着が起きやすいことも理由として挙げられます。

体の黒ずみを改善する方法は?

ここまで、体の黒ずみの原因や黒ずみが起こりやすい部位について解説しました。ここからは、黒ずみを改善する方法について4つ解説していきます。

  • ピーリングで古い角質を取り除く
  • 保湿・紫外線対策をする
  • 生活習慣を改善する
  • 自己処理の頻度を減らす

それぞれの方法について見ていきましょう。

ピーリングで古い角質を取り除く

ピーリングジェルは洗顔の後に水気を拭き取り、肌にのせ優しくマッサージするようにくるくるすると、古い角質や汚れをジェルが絡みとって肌を綺麗にしてくれます。

他にも、毛穴を引き締める効果があるものもあるため、そういった商品を選ぶと毛穴を小さくして汚れが入りにくくしてくれます。

ひじやひざなどの硬くなった皮膚に使用するボディ用のタイプもあるので、角質を取り除いて体の黒ずみの対策をすることも可能です。その他、ウォーターピーリングというものもあります。ウォーターピーリングは、超音波の振動で水を動かして霧状にし、毛穴の汚れや古い角質を落とすことができる美顔器です。

保湿・紫外線対策をする

保湿不足が原因で肌がくすんで見えることもあるので、保湿は大切です。また、前項で説明したピーリングをした後は、特に乾燥しやすくなっていたり、毛穴が開いた状態になっていたりするため、保湿ケアを忘れずに行いましょう。

保湿ケアをすることによって、肌のバリア機能を高められますし、ターンオーバーが正常に行われるため、黒ずみが起こりやすいです。

さらに、紫外線は毛穴の開きや黒ずみを引き起こす原因になります。紫外線が肌のバリア機能を壊して、通常よりも肌が乾燥することで皮脂が過剰分泌されて、毛穴が開いてしまうのです。さらに、乾燥によってターンオーバーが正常に行われず、メラニン色素が毛穴周りに沈着して黒くなります。それを防ぐためには、日常の生活の中で紫外線対策をしっかりと行うのが大切です。

紫外線対策として手軽にできて有効なのは、日焼け止めクリームやスプレーなどでしょう。その他、日差しが強い時には帽子や日傘などを使用するのも有効です。

生活習慣を改善する

お肌と健康は密接な関係にあります。そのため、肌の黒ずみにお悩みの方は、睡眠・運動・食事などの生活習慣を見直して改善してみましょう。睡眠時間が短い方は短くてもぐっすりと深く眠ることが大切なので、寝る前にはリラックスし、心地よく眠るために寝具に留意し、睡眠環境を整えましょう。

また、適度な運動も大切です。運動不足や冷えなどで血流不良になってしまうと、ターンオーバーの乱れにつながります。寝る前に軽くストレッチをしたり、階段を上り下りしたり、簡単にできることから始めて見ると良いでしょう。

食事はターンオーバーを整えるビタミンA、皮脂の分泌を調整するビタミンB6を積極的に摂取すると良いです。その他、タンパク質は肌をつくる材料となっており、不足すると健康な細胞がつくられず、乾燥や肌荒れを引き起こすこともあります。肉や魚、乳製品などもバランス良く摂取するようにしてください。

自己処理の頻度を減らす

黒ずみは肌への摩擦などによる刺激が原因と説明しました。毛抜きやカミソリで処理するのはもちろん、電気シェーバーで処理することも肌への負担は少なからずあります。なるべく肌へ負担を掛けないためには、自己処理の頻度を減らすのが改善への近道となります。

それでも露出が増える季節などはどうしてもムダ毛が気になり、処理の頻度が増える方も多いでしょう。自己処理の頻度を減らすためは、脱毛が有効です。脱毛をして毛が少なくなれば、自己処理を行う必要がなくなります。

黒ずみに悩んでいるならサロン脱毛がおすすめ

黒ずみを改善するにはさまざまな方法があります。しかし、露出が増える夏などは自己処理を減らすのが難しいでしょう。自己処理が原因の黒ずみにお悩みの方は、サロンでの脱毛がおすすめです。ここでは、サロン脱毛のメリットについて解説していきます。

  • 肌への負担が少ない
  • 光脱毛のライトで美肌効果も期待できる
  • アフターケアが充実している
  • 顔脱毛をすれば化粧ノリが良くなる

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

肌への負担が少ない

サロンの脱毛は自己処理とは違って、肌への負担が少ないです。ほとんどのサロンでは、肌へのダメージが少ないライトを使用しています。また、お手入れをする部分に専用のジェルやローションを塗るサロンや、冷却しながら脱毛をするサロンもあり、肌への負担が軽減されます。

そのため、敏感肌やアトピーをお持ちの方も、肌の状態が安定していれば問題なく施術を受けられるのです。また、症状が出てしまった部分だけ避けて、他の部位だけを脱毛することが可能な場合もあります。肌の状態が不安な方は、カウンセリングでスタッフに相談してみてください。

光脱毛のライトで美肌効果も期待できる

光脱毛はIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛と大きく分けて3つの方式があります。

IPL脱毛はIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を用いて脱毛していきます。これは、メラニン色素に反応して毛根にダメージを与える脱毛方法です。フォトフェイシャルを元にして作られており、細胞レベルで肌を活性化してくれるので、シミや黒ずみの改善もできてキメ細かい肌を目指せます。

SSC脱毛(スムース・スキン・コントロール)は、施術の前に塗る専用のジェルを塗り、その上から光を照射してジェルと光の相乗効果で抑毛するものです。ジェルには美肌効果のある植物成分が含まれています。光の照射と同時にこの成分が肌に浸透することにより、抑毛効果の他に美肌効果が期待できるのです。

SHR脱毛(スーパー・ヘアー・リムーバル)は、毛根全体を包み込む毛包に対し弱い光で広範囲に照射し熱を与え、毛を作る指令を出しているバルジ領域にダメージを与える脱毛方式です。ライト自体には美肌効果はありませんが、産毛などの細い毛にも効果があるので、ツルスベ肌へ近づくことができます。

アフターケアが充実している

サロンでの脱毛では、施術後にスタッフがローションやクリームなどを塗布してくれます。そのため、脱毛後の肌をより綺麗にできるのです。脱毛後の肌は乾燥しやすいですが、サロンの脱毛はアフターケアが充実しているため、肌の乾燥に悩む心配は少ないです。

顔脱毛をすれば化粧ノリが良くなる

顔に産毛があると顔に凹凸ができてしまい、ムラになりやすくなるのです。さらに、化粧が浮いてしまう、化粧崩れしやすくなってしまう、肌がくすんで見えてしまうなんてこともあります。また、スキンケアの時点で産毛が濃いと水分を弾いたり、化粧水や美容液などが浸透しづらいこともあるのです。

改善するためには産毛をしっかりと処理した方が良いのですが、自己処理だと剃ってもジョリジョリしてしまったり、すぐにまた生えてきてしまったりと、完璧に処理するのは難しいでしょう。しかし、毛抜きで抜くと痛みを感じたり、肌を傷つけて炎症が起きてしまうこともあります。

これらの悩みは顔脱毛をすることによって解決できます。サロンで脱毛すれば自分の顔を傷つける心配から解放され、自己処理をする回数を減らし、化粧ノリなども良くなるでしょう。

脱毛に関するQ&A

脱毛をすることによって、美肌効果や体の黒ずみを改善できるなどのメリットがあることはお分かりいただけたと思います。しかし、まだサロンの脱毛の痛みや施術の期間などが気になる人も少なくないでしょう。下記では、よくある質問と回答をご紹介します。

  • 施術の痛みはある?
  • 施術の回数や期間は?

気になる質問がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

施術の痛みはある?

脱毛の施術に感じる痛みには個人差がありますが、サロンの脱毛は痛みが少ないとされています。一瞬だけ少し痛みを感じる、じんわりとした熱さを感じるなど、人によってさまざまです。サロンの脱毛はクリニックの脱毛よりも痛みが少ないのが特徴なので、痛みに弱い方にも安心できるでしょう。

また、脱毛の種類や脱毛箇所によっても痛みの感じ方は多少異なります。皮膚の薄い部分や、骨が近い部分、毛が濃く太い部分は痛みが強くなる傾向があります。肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下し、肌への負担が増え痛みが強くなるということもあるので、痛みが気になる方は普段から保湿には気を付けるようにしましょう。 

施術の回数や期間は?

毛の濃さや毛量によって個人差はありますが、一般的な平均回数は12〜18回で、平均期間は2年程度といわれています。通うのが面倒という人もいるかと思いますが、脱毛が完了すれば自己処理の手間が少なくなりますし、黒ずみの悩みも軽減できるので、肌やムダ毛に関する悩みを抱えている人は、サロンの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事では、黒ずみとは何なのか、黒ずみの種類や黒ずみの起きやすい部位などを解説しました。黒ずみは、自己処理や毛穴汚れ、色素沈着などが原因とされています。自己処理による黒ずみにお悩みの方は、ぜひサロンでの脱毛をご検討ください。サロンの脱毛は、肌への負担が少なく、美肌効果も期待できます。肌トラブルのリスクも軽減できるでしょう。

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中