脱毛をすると黒ずみが改善されるって本当?脱毛と黒ずみの関係性とは

黒ずみがあると脱毛ができないのではないか、脱毛を行うと黒ずみになってしまうのではないかと不安になる方も多いでしょう。しかし、実は脱毛は黒ずみが気になる方にこそ取り入れてほしいのです。

 

この記事では、黒ずみがあっても脱毛はできるのか、脱毛によって黒ずみが改善されるのは本当なのかを解説していきます。

 

黒ずみやムダ毛にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも黒ずみの原因とは

黒ずみに悩む人は多いですが、そもそも黒ずみはなぜ起こるのでしょうか。ここでは、黒ずみの原因を大きく分けて2つ紹介していきます。

 

  • 自己処理による肌への摩擦や刺激
  • 日焼けなどの外部刺激

 

それぞれの原因について、詳しく解説していきます。

自己処理による肌への摩擦や刺激

1つ目の原因は、「カミソリやピンセットによる自己処理で肌に摩擦や刺激を与え続けてしまうこと」です。

 

カミソリやピンセットでの自己処理は手軽に行えますが、肌に大きな刺激と負担を与えてしまいます。自己処理で肌に刺激を与え続けると摩擦が発生し、炎症を引き起こして黒ずみの原因になる可能性が高いです。

 

また、自己処理を続けると毛穴が広がりやすくなります。毛穴が広がると、皮脂の詰まりによる炎症から、黒ずみや色素沈着につながりやすいです。カミソリやピンセットで自己処理をしている方は注意しましょう。

日焼けなどの外部刺激

2つ目の原因は、「日焼けなどの外部刺激によってメラニン色素が作られること」です。

 

日焼けなどで外からの刺激が肌に加わると、メラニン色素が作られます。日焼けによって肌の色が黒くなるのもメラニン色素が原因です。

メラニン色素自体は悪いものではないのである程度の量は肌に必要ですが、日焼けはメラニン色素が過剰に作られすぎてしまいます。作られすぎてしまった分がシミを引き起こし、悪化すると黒ずみの原因となるのです。

 

黒ずみがあっても脱毛できる?

黒ずみの原因について解説しましたが、黒ずみがある人は脱毛ができないというのは本当なのでしょうか。

 

ここでは、黒ずみがあっても脱毛はできるのか、黒ずみがあっても脱毛できる方法などを解説していきます。肌の黒ずみにお悩みの方は、ぜひご覧ください。

脱毛はできるが痛みや肌トラブルのリスクがある

黒ずみがあると脱毛できないのではと思われがちですが、黒ずみがあるからといって脱毛できないことはありません。

 

ただし、光脱毛やレーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応する性質を持つため、黒ずみのある部位に痛みを感じる可能性があります。

 

また、黒ずみや色素沈着がひどい場合は火傷のリスクが高くなってしまうため、心配な方はカウンセリングで相談しましょう。

黒ずみの痛みを軽減するなら電気シェーバー

黒ずみや色素沈着がひどい場合は、ある程度黒ずみを薄くしてから脱毛することをおすすめします。自己処理はカミソリやピンセットの使用をやめて、電気シェーバーを使うようにしてください。

 

脱毛クリームや脱毛ワックスなどの自己処理方法も肌への負担が大きいため、できるだけ避けた方が良いです。

 

黒ずみや色素沈着をしずめてから脱毛を行えばより肌に負担をかけずに脱毛ができるので、まずは肌への負担を減らすことを重視しましょう。黒ずみ解消のクリームなども活用してみると、より黒ずみの解消につながりやすいでしょう。

SHR方式なら黒ずみでも問題なく脱毛可能

黒ずみはあるけど今すぐ脱毛をしたいという場合は、「SHR方式」を取り入れているサロンがおすすめです。

 

一般的な脱毛方法は、毛のメラニン色素に反応して毛根を破壊することで脱毛します。しかし、SHR方式は毛を作りだす部分にアプローチして毛が生える勢いを弱める脱毛方法なので、メラニン色素に関係がありません。

 

黒ずみや色素沈着の度合いに関係なく行えて、痛みも火傷のリスクもないため、安心して脱毛が可能です。

 

脱毛で黒ずみが改善するって本当?

脱毛をすると自己処理による肌への負担や刺激が減るので、黒ずみ改善につながります

 

特に、光脱毛の場合は肌への負担も少なく、脱毛による肌トラブルのリスクも軽減できるため、黒ずみでお悩みの方も安心です。光脱毛の中には美白効果があるタイプも増えているので、脱毛するたびに黒ずみをキレイにしてくれます。

 

また、サロンは脱毛前にジェルを塗りますが、このジェルに美肌や美白成分が使われていることが多いです。ジェルに含まれている有効成分が黒ずみに働きかけて、脱毛前よりもキレイな肌にしてくれるでしょう。

 

ジェルを使わない脱毛サロンでも、美白や色素沈着に効果的な成分を含むローションを施術後に塗ってくれる場合も多いため、黒ずみ改善に効果が期待できます。

毛穴の黒ずみになりにくい簡単ケア3つ!

脱毛した肌をさらにキレイにするためには、黒ずみになりにくい状態にするために普段から肌のケアに気を付けておく必要があります。

 

ここでは、毛穴の黒ずみの原因となる皮脂詰まりや角栓の対策ができる、簡単ケアを3つ紹介していくので見ていきましょう。

 

  • 正しいケアを行う
  • 毛穴をきちんと開いてからケアをする
  • 保湿をしっかりとする

 

それぞれのケアについて、詳しく解説していきます。

正しいケアを行う

毛穴の黒ずみを根こそぎ取ってくれるといわれるシールやパックタイプの角栓汚れ落としは、無理やり引っ張って汚れを落とすので、肌への負担がとても強いです。また、根本的な毛穴の黒ずみの原因が取れるわけではありません。

 

さらに、汚れが早く取れてほしいからと、ゴシゴシと強くこするのも厳禁です。こすっても汚れは取れませんし、肌が荒れやすくなってしまいます。毛穴の黒ずみには逆効果なので、無理やり角栓や黒ずみを解消する方法はやめましょう。

毛穴をきちんと開いてからケアをする

毛穴を開ける方法としては、蒸すのが効果的です。蒸しタオルを作って毛穴を広げたいところに3分ほど当てるだけで毛穴が開きます。お風呂に入りながらラップを使ってパックをするのも効果が高いです。

 

毛穴は自然に開かせることで、固まってしまった毛穴自体を柔らかくして汚れを外に出すための働きを強めます。

 

毛穴に入り込んだ黒ずみは皮脂汚れや角質であることが多いので、対策をするには、その成分に近いオレイン酸を含むエキストラバージンオイルが一番効果的です。温めたオリーブオイルを、黒ずみが気になる部分の上でくるくると円を描くように優しくなでます。

 

そのあとは洗顔フォームをきっちり角が立つくらいまで泡立てて、優しく泡で洗顔をしてください。きちんとした対策をすることで、毛穴の角栓や黒ずみの解消につながります。

保湿をしっかりとする

乾燥している肌は、毛穴に汚れがたまりやすいです。きちんと保湿をして、肌のターンオーバーやバリア機能を正常に働かせてあげましょう。

 

化粧水だけ、クリームだけを付けるのはバランスが崩れてしまい、乾燥肌や脂性肌を作ってしまいます。化粧水をたっぷりと塗り、その上から乳液、クリームを塗って水分を閉じ込めてあげてください。

 

保湿をしっかりとすることで肌が正常に働き、ターンオーバーも正常に行われるようになります。ターンオーバーが正常になれば、黒ずみの予防になるだけでなく今お悩みの黒ずみも解消できるので、保湿は特に重要視してください。

まとめ

皮膚の黒ずみは、自己処理による肌への摩擦や刺激、日焼けなどの外部刺激による影響が大きいです。

 

黒ずみがあっても脱毛は可能ですが、痛みや肌トラブルのリスクが高いという点には注意しなければいけません。痛みや肌トラブルが不安な方は、SHR方式を採用しているサロンを利用してみてください。

 

脱毛をすることによって黒ずみが改善する可能性も高いため、黒ずみにお悩みの人はサロンでの脱毛を検討してみると良いでしょう。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中