脱毛は何歳から始められる?脱毛の年齢制限や平均年齢を解説

ムダ毛のコンプレックスは、年齢や性別を問わず持つものです。特に、思春期は身だしなみに非常に敏感な時期でもあるので、なるべく早めに脱毛をしたいと考える人も多いでしょう。しかし、年齢を理由に脱毛を断られてしまうのではという不安もありますよね。

この記事では、脱毛は何歳から始められるのか、脱毛を始める人の平均年齢、若いうちに脱毛の施術を受けるメリットデメリットなどを解説していきます。脱毛ができる上限の年齢なども解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛は何歳から始められる?

 脱毛クリニックやサロンでは、基本的に年齢制限は設けられていません。そのため、極端にいえば小学生からでも脱毛の施術を受けることが可能です。 

しかし、多くのクリニック・サロンでは、16歳からの施術が推奨されています。なぜ16歳からが多いのでしょうか。ここでは、脱毛と年齢の関係を詳しく解説していきます。

高校生から始められるサロンが多い

毛の濃さや生え始めの時期を含め、毛の成長は個人差が非常に大きく、中には小学生からムダ毛に悩んでいる人もいます。

「この年齢では絶対に脱毛してはいけない」という明確なルールはありません。何歳から受け入れて貰えるかというのは、サロンの判断で異なります。

多くの脱毛サロンでは、ある程度ムダ毛が生えそろう、ホルモンバランスが安定してくるなどの理由から16歳を目安にしていることが多く、高校生から受け入れを開始しているようです。

 子どもも受け入れてくれる脱毛サロンもある

 近年では、小学生・中学生といった子どもでも対応してくれるサロンが増えました。小学生の女の子が、サロンのキャンペーンガールを務めることもあるほどです。 

そのため、子どもでも脱毛がしたいときは、小学生でも対応をしているサロンを探すと良いでしょう。子ども向けのサロンであれば、成長期の肌を気遣いながら施術をしてくれる傾向にあります。幼い頃からの自己処理で却って肌を傷つけてしまうよりは、専門家のもと然るべき施術を受けた方が肌への負担を軽減できます。

子どもに脱毛をさせるのが不安という方は、まずはカウンセリングでスタッフに相談してみると良いでしょう。

脱毛を始めるのにおすすめの年齢

 特にはっきりとした年齢制限がない脱毛ですが、やはりおすすめは16歳前後です。この頃は、ムダ毛が生えそろって、毛のある部分が定まった時期になります。女性の場合は、「生理が始まった頃」にホルモンバランスも安定して、体毛がある程度生えそろう人が多いです。

それよりも前に施術を開始してしまうと、生理が始まったタイミングでホルモンバランスが乱れてまた生えてきてしまう可能性があります。脱毛が完了したのに新たに毛が生えてきてしまうと、また通いなおさなければいけなくなってしまうので、脱毛の開始時期には気をつけましょう。

脱毛を始める人の平均年齢 

脱毛を始める平均年齢で最も多いのは23歳~27歳です。ひと昔よりも低価格になったとはいえ、それなりの費用がかかる脱毛は、社会人として経済的に自立し始める年齢層が割合として大きくなります。

 次いで多いのが18歳~20歳です。学生でアルバイトをしながら貯めたお金で脱毛を始めるという人が多い傾向にあります。また、18歳~20歳というと美意識に目覚めたり、私服でいる時間が多くなる時期でもあるので、脱毛に踏み切るきっかけが生まれやすいというのも理由として大きいでしょう。

若いうちに脱毛を行うメリット

 若いうちから脱毛を始めることで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、若いうちに脱毛を行うメリットについて紹介していきます。

  • 自己処理による肌トラブルを軽減できる
  • 学校のイベントごとなどもムダ毛の心配をする必要がない
  • 学割が利用できるサロンもある

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

自己処理による肌トラブルを軽減できる

カミソリ等で自己処理を繰り返すと、さまざまな肌トラブルが起きやすくなります。肌の乾燥やカミソリ負けであれば後々のケアで対処することも可能ですが、自己処理が引き起こす可能性がある肌トラブルはそれだけではありません。

毛穴が広がったり肌表面にダメージが加わることによって、シミや黒ずみ、くすみが起きやすくなります。そういった取り返しがつきにくいトラブルを起こす前に脱毛をすることで、肌への負担を排除できるのが大きなメリットです。

学校のイベントごとなどもムダ毛の心配をする必要がない

 学校に通っているうちは、体操服や水着をはじめ、服装規定によってどうしても肌を露出する機会が多いです。 そんな中、自分のムダ毛が気になってしまうと、せっかくの学校生活を心置きなく満喫することができなくなってしまいます。

 同級生からコンプレックスを指摘されて、余計にムダ毛が気になるというケースもあるでしょう。そういった思いから解放されるためにも、若いうちに脱毛を行うことは良い決断だといえます。 

学割が利用できるサロンもある

 現在、脱毛業界に参入するサロンの数はどんどん増えています。その中には、学割を設けているところがあり、まだ収入の安定していない学生でも、比較的軽い負担で施術を受けることが可能です。

 脱毛をしたいけれど費用面が心配という学生の方は、学割のあるサロンを選ぶと良いでしょう。早く脱毛が完了すれば、その後の自己処理にかかる費用も削減できるので、将来的な目で見ればお得になる可能性も高いです。

若いうちに脱毛を行うデメリット

若いうちに脱毛を行うメリットを挙げてきましたが、反対にデメリットも存在します。デメリットを知らないまま脱毛を始めると、後悔するような事態に直面するかもしれません。ここでは、若いうちに脱毛を行うデメリットを4つ紹介していきます。

  • 施術時に痛みを感じやすい
  • ホルモンバランスの影響でまた生えてくる可能性も
  • 保護者の同意が必要
  • 日焼け対策や運動に注意しなければいけない

未成年の脱毛を考えている人は、以下のようなデメリットの存在も念頭に置きながら、自分が脱毛を始めるベストなタイミングを判断しましょう。

施術時に痛みを感じやすい

 個人差はありますが、未成年は基本的に身体の機能が未成熟で、肌のバリア機能も完全であるとはいえません。そのため、未成年のうちに脱毛を行うと、痛みを伴いやすく、肌トラブルも起きやすいという傾向にあるようです。

子ども向けのサロンでは、そういった痛みや肌トラブルに備えて、マシンの出力や前後の肌ケアに関して配慮して貰えるので、なるべく子ども向け・未成年向けのサロンを選ぶのが良いでしょう。

また、最近はレーザー脱毛以外にもさまざまな脱毛方法が導入されているので、なるべく肌に優しいメニューを選ぶという方法もあります。

ホルモンバランスの影響でまた生えてくる可能性も

先ほども少し解説しましたが、ホルモンバランスが安定していない時期に通うと、ホルモンバランス変化によって、さらにムダ毛が生えてくる可能性があります。

せっかく早いうちに脱毛を済ませたのに、再度サロンに通わなければいけないとなると二度手間です。お金と時間をかける時間が増えるかもしれないと考えると、早すぎる脱毛には注意する必要があるといえるでしょう。 

保護者の同意が必要

サロンに通う場合は単発の施術もできますが、予め何回分かの契約を結ぶことがほとんどです。自分が何回施術を受けるのか、脱毛のリスクを理解をしているのかを明らかにするために書面を交わします。

その際、未成年の場合は必ず保護者の同意書が必要です。自分のアルバイト代で費用を工面していて、保護者が支払いに関与しないという場合であってもこの同意書は必要なので、未成年で脱毛を検討している人は、事前に両親に確認をとるようにしましょう。

日焼け対策や運動に注意しなければいけない

施術の前後は脱毛による肌トラブルを避けるためにも、紫外線対策が非常に重要です。しかし、学生の場合は体育の授業や部活動などで、どうしても外で身体を動かす必要があったりするので、施術後の肌にはかなりの負担になります。

なるべく露出の高くなる時期を避けたり、日焼け止めなどを使用するなど、施術期間は工夫をしながら過ごす必要があるでしょう。 

脱毛は年齢制限に上限はある?

これまでは子ども・未成年といった所謂「脱毛の年齢制限の下限」について解説してきましたが、反対に脱毛の年齢制限に上限は存在するか気になりませんか?

脱毛というと、どうしても美容としてのイメージが強いですが、現在は介護を受けるためのエチケットとして高齢者が施術を受けることも増えてきました。ここでは、脱毛ができる年齢制限の上限について解説をします。

脱毛に明確な年齢制限はない

脱毛の年齢制限に明確な下限がなかったように、上限も特にありません。40代50代は勿論、シニア世代でも問題なく施術が可能です。

実際にシニア世代の脱毛人気は高まっており、シニア割を設けているサロンやクリニックも見かけます。

 介護脱毛は必ずしもしなければならないものではないですが、気になった方は検討してみましょう。 

年齢制限はないが白髪には効果が薄い

 脱毛する年齢に上限はないのですが、意外な盲点になってしまうのが「脱毛は白髪に対する効果は薄い」ということです。レーザー式等のメジャーな脱毛方法は、毛のメラニン色素に反応して細胞を破壊するため、白髪にはメラニン色素がほとんどなく、レーザー脱毛の効果が弱くなってしまいます。

 老後の脱毛を検討している場合は、白髪になってしまう前に脱毛する、若しくはメラニン色素の有無に左右されないニードル脱毛といった、脱毛方法を選択することをおすすめします。

初めての脱毛で気になるQ&A

脱毛の年齢制限や平均年齢などについて詳しく解説しました。しかし、まだ疑問が残るという人も多いでしょう。ここでは、脱毛に関する疑問にまとめてお答えしていきます。

脱毛におすすめなのはサロン?クリニック?

 脱毛を検討している人にとって最も迷いやすいのが、サロンに通うのかクリニックに通うのかということです。

 一概にどちらが良いというのは難しく、施術を受ける側が、費用・効果・期間・痛み・肌への負担等何を重要視するかによっておすすめするものが変わってきます。

若い人やシニア世代であれば、痛みや肌への負担を考慮して、基本的にはサロンがおすすめです。サロンは医療脱毛に比べて効果が緩やかで期間が長い傾向にありますが、その分痛みも少なく、肌への負担も少なくなりやすいです。また、サロンの方が費用面でも安くなることがほとんどです。

 痛みが少ない脱毛方法は?

 現在サロンで行う脱毛方法は3つあります。

  •  IPL脱毛
  • SSC脱毛
  • SHR脱毛

 SSC脱毛とSHR脱毛は比較的痛みが少なく、肌をいたわりながら脱毛ができるといわれています。ただし、痛みが少ない分、光の出力も弱く、効果を実感するまでにやや時間がかかるというデメリットもあるので注意しましょう。

反対に、IPL脱毛は他の2つの方法に比べて痛みが強い分、効果を実感するまでの期間が短いという特徴があります。サロンによって取り扱っている方法が異なりますので、通う前にぜひ確認してください。

脱毛の施術前後の注意点は?

脱毛に通っている間はとにかくプロにお任せしていれば良い、という訳ではなく、施術を受ける側にも、以下のような注意点や行動制限が発生します。

  • 日焼けをしないよう紫外線対策をしっかりすること
  • 飲酒を控えること
  • 施術後は入浴をしない(部位や脱毛方法による)
  • 肌の保湿ケアを徹底する 

生活に制限が加わってストレスに感じる人もいるかもしれませんが、なるべく負担を減らして安全に脱毛を行っていくために必要なことです。また、脱毛の方法やマシンの出力によっても若干の相違が生まれますので、詳しくは担当の方の説明に従ってください。 

脱毛の施術前にしておくべきことは? 

脱毛の施術前には、ムダ毛を処理しておく必要があります。毛抜きやワックスでは毛根ごと毛をなくしてしまって脱毛の効果をなくしてしまうため、カミソリ、できればシェーバーで処理をしてください。2〜3mm程度生えている状態がベストなので、当日ではなく、1〜2日前に処理を済ませておくのが良いでしょう。

自分でやるのが面倒だという場合は、サロン・クリニックで追加料金を払えばシェービングも同時に行ってくれるところが多いです。特に背中といった自分では処理が難しい部位の脱毛をする場合は、自分で無理に処理をすると肌を傷つける原因になるので、遠慮なくお願いしましょう。

日焼けをしている場合はどうすれば良い?

 クリニックのレーザー脱毛(熱破壊式脱毛)やサロンのIPL脱毛では、毛のメラニン色素に反応することによって脱毛を行っていきます。

そのため、メラニン色素の多い日焼けした肌では脱毛の効果が下がったり、そもそも施術ができない場合があります。

 日焼けをしている場合は、マシンの出力を弱めるか日焼けが落ち着くまで待つという方法もありますが、メラニン色素が関係しないSHR脱毛なら日焼け中でも脱毛をすることが可能です。

 ただし、SHR脱毛はほくろがある部分にも適用がありますが、普及率が低く、取り扱いのあるサロンを見つけるのに手間がかかってしまうかもしれません。

生理中は脱毛できる?

脱毛の予定が入っている時期に生理が来た場合、お尻やVIOの脱毛は原則不可能です。本人に抵抗がなかったとしても、衛生面や感染症の観点から施術は断られてしまいます。

ただし、お尻やVIO以外の部分であれば、生理中であっても脱毛ができるサロンもあります。しかし、生理中の脱毛は通常よりも痛みが強くなりやすく、ホルモンバランスの影響から肌へのダメージも大きくなりやすいので、どの部位であってもあまり推奨はされていません。

施術の予約を取る際は、ある程度生理の周期を考慮しながら予定を組むことをおすすめします。

脱毛は施術代金以外のお金はかかる?

 脱毛サロンやクリニックで見ることができる料金表は、主に施術代金を記載しているものが多いです。基本的に脱毛にかかる費用は施術代金=総額と考えて問題ないですが、以下の項目で追加料金が必要になる場合があるでしょう。

  • キャンセル料
  • 施術前のシェービング料

それぞれサロン・クリニックによって独自に金額を設定していますが、キャンセル料は施術代金の数十パーセント、シェービング料は数千円から、というような値段設定が多いです。

安く脱毛するための方法は?

少しでも安く脱毛の施術を受けたいという方におすすめなのが、割引プランやキャンペーンです。脱毛サロンでは、前述した学割やシニア割だけでなく、ペア割や乗り換え割といったさまざまな割引プランが存在しています。また、定期的にキャンペーンを行っているサロンやお試し価格として安い料金で施術が受けられるサロンもあります。

ただし、安さばかりを意識して通うサロン・クリニックを決めてしまうと、思ったように予約が取れなかったり、家から距離が遠くて通うのが億劫になったりということも考えられるので、あくまで1つの基準として考えてください。

カウンセリングで必要な持ち物は?

ほぼ全てのサロン・クリニックで実施されるカウンセリングですが、何を持って行けばいいのか分からないという方もいると思います。

基本的にカウンセリングの段階では必要な持ち物は特にありません。希望箇所が顔である場合は、ノーメイクで行く又はクレンジングを持参する、ワキや腕を詳しく見てもらいたい場合は袖をまくりやすい服装にするという程度です。

カウンセリングでは主に希望箇所やコース、毛質・肌質・持病の有無の確認を行います。カウンセリングの所要時間としては60分~90分を設定しているところが多いですが、体験脱毛も希望すると2時間になることもあるので、カウンセリングを入れる日は、余裕のあるスケジュールを立てましょう。  

まとめ

脱毛には年齢制限がないため、自分がやりたいと思ったときがチャンスです。 自分の肌は一生付き合っていくものなので、少しでも悩みから解放される期間が長くなるようにまずはカウンセリングだけでも行ってみると良いでしょう。

カウンセリングに行くと必ず契約しなければいけないということは全くないので、気軽に行くだけでも悩みを解消する足がかりになると思います。

 

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ムダ毛豆知識

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中