足の毛穴が目立つ原因は?毛穴に負担を与えない自己処理方法を紹介

「ミニスカートやショートパンツを穿きたいのに、足の毛穴が気になって好きなファッションが楽しめない」など、足の毛穴にお悩みの方は少なくないでしょう。

足の毛穴にお悩みの方のために、この記事では足の毛穴が目立つ原因や毛穴に負担を与えない自己処理方法などを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

足の毛穴が目立つ原因は?

足の毛穴が目立つ原因はいくつかありますが、ここでは主な理由を5つ解説していきます。

  • 乾燥
  • 毛嚢炎
  • 埋没毛
  • 色素沈着
  • ムダ毛の断面

足の毛穴にお悩みの方の中には、当てはまる内容がある方もいるのではないでしょうか。それぞれの原因について、詳しく解説していきます。

乾燥

肌が乾燥して過剰に皮脂が分泌されると、角栓が毛穴に詰まって押し広げられてしまったり、ターンオーバーの周期によって剥がれ落ちるはずの角質が剥がれ落ちずに厚く硬くなって毛穴が収縮できなくなってしまったりするのです。押し広げられた毛穴や収縮ができなくなった毛穴は広がったままになり、足の毛穴が目立つ原因になります。

また、毛穴に詰まった角栓が酸化して黒くなり、黒ずみ毛穴になってしまう可能性もあるでしょう。黒く詰まった毛穴はポツポツと目立ってしまうため、肌を乾燥させないようにすることが大切です。

毛嚢炎

毛嚢炎は自己処理などが原因で起こりやすいトラブルで、毛包に炎症が起きた状態を指します。黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が毛穴の中に入り込んでしまうと、起こりうるトラブルです。ブドウ球菌は皮膚に常在しているものですが、本来であれば肌のバリア機能が働いて毛穴の中に入り込むことはありません。

しかし、カミソリや毛抜きといった自己処理で皮膚の表面が傷付くと、肌のバリア機能が乱れて毛穴の中に菌が侵入してしまうのです。それによって、毛包に炎症ができて毛穴が目立つ原因となります。

埋没毛

埋没毛は、毛抜きや脱毛ワックスなどで処理をした場合に起こりやすいトラブルで、生えた毛が外に出ることなく皮膚の中に埋もれてしまう状態を指します。無理矢理毛を抜くことによるダメージや肌の乾燥などによって、皮膚の角質層が厚くなって毛穴を塞いでしまうのです。毛穴が塞がれると毛が外に出れなくなって、皮膚の中で伸びていきます。

それによって、皮膚の中に毛が埋まる埋没毛が起こるのです。また、埋没毛を無理矢理処理しようとすると、毛穴が炎症して毛嚢炎になったりなどの二次被害につながる可能性があるので注意してください。

色素沈着

毛抜きなどが原因で毛穴にダメージが蓄積されてしまうと、メラニン色素が溜まって色素沈着につながります。色素沈着によって毛穴が黒くなると、角栓が詰まって酸化していなくても、常に目立った状態になってしまうのです。毛穴が目立つのを避けたいという方は、色素沈着が起こらないように注意する必要があるでしょう。

ムダ毛の断面

毛は本来であれば毛先に行くほど細くなっていきます。しかし、カミソリなどでムダ毛を処理すると、途中で毛が切れた状態になるので、毛が太く見えてしまうのです。自己処理をした後から毛が目立つようになったという人も少なくないのではないでしょうか。

ムダ毛の断面が太く見えてしまうことによって、毛穴そのものが目立ってしまうため、自己処理を行う際には注意しましょう。

間違った自己処理は毛穴の黒ずみや炎症を起こしてしまう

間違った自己処理で黒ずみや炎症を起こすと毛穴が目立ってしまうため、自己処理の際には注意しましょう。ここでは、間違った自己処理の方法を3つ紹介します。

  • 石鹸の泡を使って剃る
  • カミソリを長期間使い回している
  • 埋没毛を無理矢理抜く

それぞれ詳しく見ていきましょう。

石鹸の泡を使って剃る

直接カミソリで剃るより肌へのダメージが少なそうというイメージや、体を洗うついでに処理できるというメリットから石鹸の泡を使って剃る人も少なくないでしょう。しかし、それは逆に肌を傷付ける結果になってしまうのです。

肌がふやけている状態でカミソリを使用すると、肌にダメージを与えやすいです。自己処理を行う際には、肌に水分や汗などがない乾いた状態でクリームなどを塗布してから処理をすると良いでしょう。また、処理をした後に肌を保湿するのも忘れないようにしてください。

カミソリを長期間使い回している

カミソリを長期間使い回していると切れ味が悪くなって、肌を傷付けてしまう可能性が高くなります。肌が傷付けば毛穴が目立つことにつながってしまうため、カミソリは定期的に交換するようにしてください。

また、お風呂場で自己処理をする人の中には、カミソリをお風呂場で使うからそのまま放置しているという人もいるでしょう。しかし、それも肌に悪影響を与える原因になりかねません。カミソリをお風呂場に放置すると、カビや雑菌が繁殖しやすいので気を付けてください。

埋没毛を無理矢理抜く

先ほど埋没毛について解説しましたが、埋没毛を無理矢理抜くとさらなる肌トラブルにつながりかねません。埋没毛になってしまった場合には、肌を保湿して毛穴を柔らかくする、ピーリングジェルやスクラブで不要な角質を落とすといった方法が有効です。

何も手を加えず自然に毛が出てくるのを待つのが一番良いですが、早めに悩みを解消したいという人はこれらの方法を検討してみてください。

毛穴に負担を与えない自己処理方法

間違った自己処理について解説しましたが、では正しい自己処理はどのような方法で行うのでしょうか。ここからは、毛穴に負担を与えない自己処理方法について解説していきます。

肌への負担を軽減するなら電気シェーバー

カミソリや毛抜き、除毛クリーム、脱毛ワックスなどの自己処理方法は、肌への負担が大きいです。

肌への負担を少しでも軽減させるためには、電気シェーバーでの自己処理が良いでしょう。サロンやクリニックで脱毛する際は事前の自己処理が求められますが、そのときにも肌への負担が少ない電気シェーバーでの自己処理が推奨されています。

自己処理による肌トラブルや毛穴トラブルにお悩みの方は、自己処理をシェーバーで行うようにしてみてください。

正しい自己処理の方法

シェーバーでの自己処理は肌への負担が少ないと紹介しましたが、正しい方法で行わなければ意味がありません。ここでは、シェーバーで自己処理を行う際の方法について見ていきましょう。

シェービングを行う際には、肌に押し付けすぎないように気を付けながら、毛の流れに沿って剃るようにしましょう。毛の流れに逆らって沿ると、肌を傷付ける要因になりやすいので注意してください。

シェービングを行った後はしっかりと肌を保湿して、肌への負担や自己処理後の乾燥を軽減すると、肌トラブルの軽減につながります。化粧水やクリーム、肌に優しいワセリンなどを事前に用意しておくと良いでしょう。

自己処理による足の毛穴の負担を減らすなら脱毛!

毛穴に負担を与えない自己処理方法を紹介しましたが、これはできるだけ負担を減らすというだけで、全く負担がないわけではありません。自己処理による毛穴への負担をなくすためには、脱毛がおすすめです。ここでは、なぜ脱毛がおすすめなのかや脱毛の方法について見ていきましょう。

サロンの足脱毛

脱毛はサロンとクリニックで行っていますが、肌への負担が少ない脱毛なら、サロンの足脱毛がおすすめです。サロンの脱毛はクリニックの脱毛と比べると、痛みが少ない傾向にあります。そのため、痛みに弱い方や肌への刺激が少ないほうが良いという方に向いているといえます。

また、サロンはアフターケアが充実しており、脱毛後にサロン独自のローションやクリームなどで保湿を行ってくれるのです。毛穴のトラブルは乾燥などによっても起こりやすいですから、しっかりと保湿を行ってくれるのは安心できます。ムダ毛がなくなってサロンのアフターケアをしてもらった肌は、脱毛前よりもツルピカになるでしょう。

サロンは料金も安いので、脱毛にあまりお金をかけたくない、できるだけ安い料金で脱毛をしたいという方にもおすすめです。

脱毛の方法

サロンの脱毛は光脱毛、もしくはフラッシュ脱毛と呼ばれています。その名の通り、毛が生える部分に集中的に光を照射して育毛・発毛組織を弱らせる脱毛方法です。クリニックで行っているレーザー脱毛と脱毛方法にほとんど変わりはありませんが、クリニックの脱毛に比べると照射の力が少し弱いのが特徴です。

照射の力が弱いため、脱毛完了までに回数や期間はかかりますが、肌へ負担をかけることなく施術できます。サロンの脱毛で脱毛完了までにかかる回数や期間については、次項で紹介していきます。

脱毛の回数や期間

脱毛完了までにかかる回数や期間といっても、どこまでムダ毛をなくしたいのかは人によって異なります。例えば、全体的に目立たない産毛になれば良い、完璧にムダ毛のないツルツルの肌が良いなどです。求めるレベルによって回数や期間が異なるため、あくまで目安として紹介していきます。

サロンで脱毛完了するまでには、大体12〜18回程度、期間としては2〜3年ほどです。個人差はありますが、足脱毛であれば大体このくらいが目安となります。サロンのカウンセリングで相談すれば、毛質や毛量などを見た上で最適な回数を教えてくれるでしょう。詳しく知りたい方は、サロンでスタッフに相談してみてください。

施術時間

仕事帰りに脱毛に通いたい、出掛けるついでに脱毛したいという人にとって気になるのが、1回の施術時間ですよね。サロンの足脱毛にかかる時間は、大体30〜50分程度です。サロンによって施術時間は多少異なるため、気になる方はカウンセリングで確認しておくと良いでしょう。

少しでも施術時間を短くしたい方は、事前にしっかりと自己処理を行っておくことが大切です。スタッフが剃り残しをシェービングしてくれるサロンの場合、このシェービングに時間がかかって施術時間が長くなっているというケースは少なくありません。スムーズに脱毛を進めたい場合は、剃り残しがないかしっかりと確認しておくようにしましょう。

足脱毛の施術の流れ

サロンの脱毛方法や足脱毛にかかる施術時間などを解説していきましたが、ここからはサロンの足脱毛の施術の流れについて紹介していきます。どのような準備が必要なのか、当日はどんな流れで施術を行うのかなど、足脱毛の施術について知りたい方は、参考にしてみてください。

事前準備

先ほども少し触れましたが、脱毛を行う際には事前に自己処理を行う必要があります。これは光脱毛の照射の光を効率的に届けるためのもので、自己処理が行われていないと施術はキャンセル扱いになるといったサロンもあるほどです。そのため、施術の前日までにシェービングを行うことを忘れないようにしてください。

また、脱毛は肌が乾燥していたり日焼けをしていると施術ができないという場合もあります。乾燥や日焼けによって施術の痛みが強くなりやすいというデメリットもありますので、施術前後や施術期間中はいつも以上に保湿や日焼け対策に力を入れましょう。

当日の流れ

施術を行う際の流れとしては、まずスタッフが剃り残しがないか確認します。剃り残しがあった場合は、スタッフがシェービングを行ってくれます。しかし、サロンによっては有料での対応であったり、剃り残しを避けて施術するといった場合もあるので、気になる方はカウンセリングで剃り残しへの対応についても確認しておきましょう。

シェービングが完了したら、脱毛の施術に入ります。肌の上に脱毛機を滑らせていき、光を照射しながら施術していきます。脱毛機を使用する前にジェルを塗布するサロンもあるため、その場合はジェルを塗布し終わってから脱毛機での施術という流れになります。

施術が完了したら、アフターケアに入ります。ジェルを塗布した場合はジェルの拭き取りを行ってからアフターケアです。スタッフがサロン独自のローションやクリームなどを施術した部位に塗布してくれます。アフターケアまで完了したら、その日の施術は完了です。

サロンの足脱毛に関するQ&A

サロンの足脱毛について解説していきましたが、まだ疑問が残るという方もいるでしょう。ここからは、サロンの足脱毛に関するQ&Aを紹介していきます。

  • クリニックの脱毛との違いは?
  • 施術の痛みはある?
  • 日焼け肌でも脱毛できる?
  • 脱毛サロンを選ぶときのポイントは?

気になる疑問がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

クリニックの脱毛との違いは?

先ほど少し解説しましたが、サロンとクリニックの脱毛方法の大きな違いは照射のパワーです。クリニックは医療従事者が施術を行うため、強いパワーでの施術が可能とされています。サロンの脱毛よりも1回の施術で得られる効果が大きく、早めに脱毛が完了するといったメリットがあります。しかし同時に、痛みが強い、料金が高いなどのデメリットもあるので注意しましょう。

サロンの脱毛は照射のパワーが弱く回数はかかってしまうものの、痛みが少なく料金が安いといったメリットがあります。自分が優先したいのが料金なのか、肌への負担の有無なのか、脱毛完了までの回数なのかなどをしっかりと検討した上で、どの脱毛方法が良いのか選ぶようにしてください。

施術の痛みはある?

上記で解説した通り、クリニックの脱毛は施術の痛みが強い傾向にあります。中には施術の痛みに耐えるために麻酔を使用する人もいるほどです。

しかし、サロンの脱毛は痛みが少なく、施術中に寝てしまった、照射の光が温かいくらいで気持ち良かったという声もあります。もちろん、VIOなどは多少痛みがあるようですが、足の脱毛であればあまり痛みを心配する必要はないでしょう。

施術の痛みが気になる方は、カウンセリングでテスト照射を行ってくれる場合もあるので、スタッフに相談してみてください。

日焼け肌でも脱毛できる?

日焼け肌でも脱毛できるサロンはありますが、多くのサロンでは日焼け肌の施術をお断りしています。すでに日焼けしている、日焼けしやすいから不安という方は、そういったサロンを検討してみると良いでしょう。しかし、日焼けは肌が乾燥しやすいという難点があるので、事前の保湿は十分に行ってください。

日焼け肌でも脱毛をしてくれるサロンはそう多くはありません。通常のサロンで施術を行う場合には、日焼けをしないように注意が必要です。日焼け止めや日傘、UVカットの薄手の上着を羽織るなど、しっかりと対策を行うようにしてください。

脱毛サロンを選ぶときのポイントは?

脱毛サロンを選ぶ際には、下記のポイントに注目すると良いでしょう。

  • 施術料金
  • 追加料金(キャンセル料・シェービング料など)
  • 施術範囲(足の指なども範囲に含まれるかなど)
  • 脱毛方法
  • 脱毛回数
  • アフターケア
  • 店舗の場所
  • 予約の取りやすさ

これらのポイントに注目しながら、自分に合ったサロンを見つけてみてください。特に、追加料金や施術範囲、予約の取りやすさなどを確認し忘れてしまう人は少なくありません。契約をしてから後悔しないように、しっかりと確認しましょう。

まとめ

足の毛穴が目立つことにお悩みの方は多いと思いますが、乾燥や毛嚢炎、埋没毛など、その原因はさまざまです。しかし、そのさまざまなトラブルを起こしやすいのがムダ毛の自己処理です。間違った自己処理を行ってしまうと、肌や毛穴のトラブルを起こしやすくなります。

自己処理を行う際には電気シェーバーを使用する、しっかりと保湿をするなど、正しい方法で行うようにしてください。また、自己処理の頻度を減らすためには、サロンの脱毛もおすすめです。アフターケアによって脱毛前よりも美肌になる可能性もあるので、ぜひ検討してみてください。

 

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中