脱毛はどのくらいのペースで通えばいい?早く終わらせるコツをご紹介

脱毛を始めたい方や、すでに始めている方は、どのくらいで脱毛が完了するのか知りたいことも多いのではないでしょうか。今回は、脱毛サロンにはどのくらいのペースで通えばいいかや、早く終わらせるためのコツをご紹介します。

脱毛はどのくらいのペースで通えばいいの?

美脚 脱毛

脱毛のペースは、部位や機械によっても変わります。ここでは、一般的に脱毛に通うペースをご紹介します。

基本は2か月~3か月に1回のペース

一般的に、脱毛に通うペースは2か月~3か月に1回が良いとされています。脱毛は、毛の成長するタイミングに合わせて行うことで効果が高まるといわれています。この毛が成長するタイミングを毛周期といいます。

毛周期は、脱毛する部分や毛の生え方などによって差は出てきます。しかし、2、3か月に1回のペースで脱毛を行うことで効果的に脱毛を行うことができます。

また、脱毛のペースには個人差がありますが、サロンなどのカウンセリングで一人一人の適切な脱毛のタイミングをしっかり見てもらうことができます。

脱毛のペースは部位や使用する機械によって変わる

医療脱毛よりもレーザーの照射力が弱いエステ脱毛では、2~3か月に一度のペースで通うのが望ましいです。

医療脱毛の場合には単発式レーザーや蓄熱式レーザーで毛を生やす組織を破壊するため、エステ脱毛よりも間隔をあけて行っても効果が薄れることはほとんどありません。そのため、2か月~4か月程度の間隔をあけることが多いようです。

また、部位によっても異なり、毛の濃い脇や足は効果が見えやすく2、3か月に1回、VIOは3~5か月、顔は1~2か月のペースなど差があります。

脱毛は速いペースで行っても意味がない!

× 女性

サロンに行っても、「次は6か月後です」といわれて「もっとはやくに終わればいいのに……」と思う方もいるかもしれません。ですが、脱毛は早いペースで行っても効果が薄い、または効果がなくなってしまう場合があります。

なぜ早いペースで行ってはいけないのかをご紹介します。

毛周期の合わせて脱毛すると効果大

毛には、毛周期という毛の生え変わるサイクルがあります。脱毛の場合には、毛のメラニン色素をレーザーによって破壊する方法がとられています。

脱毛の効果は、毛周期の中の成長期にある毛にしか効果がなく、1度脱毛したら毛がある程度生えそろう次の毛周期まで間隔を開けないと、脱毛の効果が薄れてしまいます。

この毛周期は、脱毛する部位などによっても異なりますが、あまり速いペースで行うとレーザーの効果が薄れてしまうため、2~3か月は間隔をあけて行うようにしましょう。

期間が開きすぎるのはOK

脱毛は早いペースで行うと効果が薄れてしまいますが、期間を長く開ける場合には問題はありません。脱毛を行う場合には、毛周期の中の成長期に合わせて行うことが大事です。

間隔を長く開けても、次回の脱毛を毛の成長期に合わせて行えば、脱毛の効果が薄れることはありません。

しかし、毛周期には成長初期、成長期、退行期、休止期があります。脱毛を行う時に成長期以外に当たってしまっていると効果が薄れてしまいますので、自身の毛周期や部位ごとの毛周期に合わせて脱毛を行いましょう。

毛周期の平均は?

毛周期に合わせた脱毛で、効果が出やすいことをご紹介しましたが、部位によって毛周期は変わります。部位ごとの毛周期の平均を見ていきましょう。

VIO

VIOの毛周期の平均は、1年から2年といわれています。その後、脱毛の効果が薄れてしまう休止期は1年から1年半であるとされています。

VIOの脱毛を行う場合には、成長期の期間が長いため、間隔を長く空けて脱毛を行っても脱毛の効果に問題はありません。また、VIOの脱毛を行う場合には、毛周期の期間が長いため、間隔をあけた方が一度に効率的に脱毛を行うことができます。

VIOの脱毛を行う場合には、毛周期に合わせて間隔を空けて脱毛を行いましょう。

脇の毛周期は、脱毛に効果が高いとされる成長期が3~6か月程度といわれています。また、脱毛の効果が薄れてしまう休止期の期間は3か月程度が平均とされています。

そのため、脱毛を効率的に行う場合には、2~3か月程度の間隔を空けて行うのが効果的とされています。

脇の毛周期も3か月~6か月と幅がありますので、効果的に脱毛を行う場合には毛がある程度生えそろうまで間隔を空けて、成長期に合わせて脱毛を行うのが良いでしょう。

足の毛周期は、脱毛の効果が高い成長期が3か月から5か月、脱毛の効果が薄れてしまうといわれている休止期が5か月程度であるとされています。足の脱毛を行う場合にも、脱毛の効果が高く表れるといわれている成長期に行うことが望ましいです。

脇やVIOと同じように、ある程度毛が生えそろうまで間隔を空けて脱毛を行うことで、より効果的に脱毛をすることができます。

あまり速いペースで脱毛をすると効果が薄れてしまう場合がありますので、毛周期に合わせて間隔を空けて脱毛を行いましょう。

腕の毛周期も、足と同じように脱毛の効果が高いとされる成長期が3か月から5か月程度であるとされています。また、休止期は足よりも少し短い5か月が平均的とされています。
腕は、VIOや脇などと比べて毛が薄く、脱毛の効果が見えにくい場合があります。

しかし、あまり速いペースで脱毛を行うと脱毛を行うレーザーの効果が薄れてしまう場合があります。そのため、成長期に合わせて間隔をある程度空けて脱毛を行いましょう。

顔(ひげ)

顔の毛周期は6か月から3年という長さが平均的な期間とされています。それに比べ、脱毛の効果が薄れるとされている休止期は短く、2か月とされています。

顔の毛周期のペースは、他の部位と比べて休止期が短く、脱毛のペースを速めることができます。そのため、顔を脱毛する場合には、1か月に1度程度のペースでも、脱毛の効果が表れやすいといえます。

脱毛を行った後は休止期を避けて、1か月に1度程度のペースで脱毛を行うと効率的です。

脱毛をできるだけ早いペースで通いたい場合は?

脇 女性

そうはいっても、早いペースで脱毛を終わらせたい……!と思うも多いのではないでしょうか。次は、脱毛をできるだけ早いペースで終わらせるためのコツをご紹介します。

予約の取りやすいサロンを選ぶ

脱毛をするときに気になるのは、何度脱毛サロンに通うか、どのくらいのペースで通うかということです。人気のサロンや季節によっては、脱毛の予約をとるのに4か月以上の間隔を空けないといけない場合があります。

そのため、早いペースで脱毛を終わらせたい場合には、予約の取りやすいサロンを選ぶことが大切になります。

毛周期に合わせて予約を取りたくても、行ける日にちに予約がいっぱい……なんてことにならないように、早めに予約を取っておくのがコツです。

毛抜きでの自己処理を行わない

脱毛を行う時に自己処理で行う人も多いと思いますが、毛抜きでの自己処理を行うのはやめましょう。毛抜きで自己処理を行うと、毛穴へのダメージが大きく、その後の皮膚トラブルの原因となる場合があります。

毛抜きでの自己処理を行ってしまうと、毛周期が乱れてしまうことや、毛根がなくなってしまうことから脱毛の効果を得られなくなってしまう危険性もありますので、脱毛中は電気シェーバーなどでの自己処理にとどめましょう。

蓄熱式脱毛機を使っているサロンを選ぶ

近年、脱毛をする場合に人気が高まっているのが、蓄熱式脱毛機です。蓄熱式脱毛機は従来高出力のレーザー脱毛と比べ、日焼けなどをしている人や、色素沈着がある場合などでも脱毛をすることができます。

更に、蓄熱式脱毛機は産毛にも高い脱毛の効果があるといわれています。
また、従来の脱毛の機械よりも痛みが少ないことも特徴の一つといえます。

脱毛をする場合には、高出力のレーザーと比べると脱毛の効果がすぐに見えにくい場合がありますが、肌に優しく、産毛にも効果が高い蓄熱式脱毛機を使用しているサロンを選びましょう。

生理周期を加味して予約する

脱毛を行う場合には、生理の周期を把握して生理の時に予約が被らないようにしましょう。
生理期間にはホルモンバランスが崩れることで、肌が通常よりも敏感になります。

生理の時に脱毛を行うと、皮膚トラブルの原因になったり、脱毛の効果が表れにくい場合があります。また、脱毛を予約した日に生理になってしまうと、予約を取り直さなければならない場合が出てきます。

特にVIOの脱毛は生理の期間にはできませんので、自分の生理の周期をしっかり加味して脱毛の予約を取るようにしましょう。

脱毛のペースはカウンセリングを受ければわかる!

脱毛を行う場合には、自分の毛周期に合わせて脱毛を行うことが一番効果的になります。毛周期による脱毛のペースは個人差があるため、自分ではわかりづらい場合があります。

脱毛サロンでは、カウンセリングによって一人一人に合わせて脱毛のペースを考えてくれます。脱毛を考えている場合には、まず脱毛サロンのカウンセリングを受けて、自分に合った脱毛の方法やペースで脱毛を行うようにしましょう。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中