脱毛はなぜ痛い?痛くない脱毛方法や痛みを軽減するための対処法を紹介

脱毛に興味はあるけど痛みが不安、脱毛の痛みを軽減する方法を知りたいと思っている方は少なくないでしょう。

 

そんな悩みを抱えている人のために、この記事では脱毛が痛い理由、痛くない脱毛方法、痛みを軽減するための対処方法などを解説していきます。

 

少しでも脱毛の痛みを軽減してムダ毛ゼロの快適な生活を送りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

脱毛方法によって痛みが違う

脱毛と一言でいっても、脱毛にはいくつかの種類があります。それぞれで脱毛の仕方や痛み、効果などが変わるので、これから脱毛を行いたいという人はどの方法が自分にあっているのかを検討しなければいけません。

 

ここでは、日本で主に行われている3つの脱毛方法について解説していきます。

 

名前 痛み 方法 施術場所
光脱毛(フラッシュ脱毛) 少ない サロン
レーザー脱毛(医療脱毛) 強い レーザー クリニック
ニードル脱毛(電気脱毛) 強力 サロンやクリニック

 

もっとも痛みが少ない光脱毛

脱毛サロンで行われている主な方法が光脱毛です。

 

毛乳頭に光を与えて発育を抑制する施術方法で、脱毛とはいうものの正確には滅毛や抑毛がメインとなっています。仕組みとしては医療脱毛と同じですが、医療従事者でない人でも扱えるように低出力となっており、他の脱毛方法よりも痛みが少ないです。

 

永久脱毛は難しいといわれていますが、肌を傷つけるリスクが低いので皮膚の弱い人に向いています。しかし、ニードル脱毛や医療脱毛よりも効果が出るのは遅く、回数もかかってしまうのがデメリットです。

 

レーザー脱毛は少し痛みが強い

レーザー脱毛は、光脱毛と同様に脱毛器で毛乳頭にダメージを与えます。しかし、医療用のレーザーを使用しているので光脱毛よりも威力が強く、出力の高い脱毛器で照射して毛乳頭を破壊する、永久的な脱毛が可能な方法です。

 

毛根に直接ダメージを与えているので光脱毛より効果が高いですが、皮膚にレーザーが当たることから、刺激を受けて痛みがある場合があります。

 

特に、脇やVIOなどの濃い毛が密集している部位は痛みが強くなりやすいため、注意が必要です。VIOは痛みが強くて施術を諦めてしまうケースもあるので、脱毛方法をよく検討してください。

ニードル脱毛は激痛

ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに細かい針(ニードル)を刺して微弱な電硫を流すことで毛乳頭を破壊して、新しい毛を二度と生えないようにする脱毛方法です。ニードル脱毛は数回施術をすればその毛穴からの発毛を完全に止められるため、本当の意味での永久脱毛といわれています。

 

しかし、毛穴に針を刺すので他の脱毛方法と比べるとかなりの痛みがあり、部位によってはとてつもない激痛です。

 

また、毛穴一つ一つにニードルを刺していかなければいけないという手間からかなりの時間がかかり、広範囲で脱毛する場合は完了までにとても長い期間を要します。ニードル脱毛は費用も高く、広範囲の脱毛には向きません。ヒゲ脱毛や脇脱毛などの、限られた部位に絞って施術することが多い傾向です。

 

脱毛サロンで一番痛いといわれる部位は?

光脱毛やレーザー脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応して効果を発揮する脱毛方法です。そのため、脇やVIOなどの毛が濃い部位が特に痛みが強いとされています。さらに、脇やVIOは皮膚が薄く敏感という点で、よけいに痛みを感じやすい部位です。

 

脇やVIOの脱毛を考えている人は、痛みが少ない方法を選んだほうが脱毛を続けやすいでしょう。

 

また、意外かもしれませんが、脚も痛みを感じやすい部位です。脚は骨が近いので、刺激が骨に伝わって痛みを感じやすくなってしまいます。脇やVIOほどではありませんが、痛みが気になる人は注意しておきましょう。

脱毛のとき痛みを感じやすい肌状態

脱毛の痛みは肌の状態によっても左右します。脱毛の痛みを少しでも軽減したい場合には、肌の状態を健康に保っておかなければいけません。

 

ここではまず、どんな肌が脱毛の痛みを感じやすいのかを紹介します。以下の3つに当てはまる人は、脱毛の際には気を付けましょう。

 

  • 敏感肌
  • 日焼け肌
  • ホルモンバランスが崩れている状態

 

それぞれ解説していくので、ぜひご覧ください。

敏感肌

敏感肌の人は、脱毛の際に痛みを感じやすいです。肌が刺激に弱い敏感肌では、脱毛による刺激が肌へ直接ダメージを与えて痛みが出てしまいます

 

敏感肌の人が脱毛する際は、刺激が少ない光脱毛を検討するか、クリニックなどで医師に相談してから施術を受けたほうが良いでしょう。敏感肌だからといって脱毛ができないわけではないので、自分の肌に合った脱毛方法を選んでください。

 

しかし、脱毛の施術を受ける際にすでに肌荒れを起こしてしまっていると、施術を受けられない可能性があります。 肌荒れの具合や程度にもよりますが、肌の状態がベストコンディションでないときは、できるだけ脱毛の施術は避けたほうが賢明です。

日焼け肌

光脱毛やレーザー脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応すると先ほど説明しましたが、日焼け肌は皮膚にメラニン色素がたまっている状態です。そのため、皮膚のメラニンに光やレーザーが反応して毛根まで届かず、肌にばかりダメージを与えてしまいます

 

そのため、通常よりも痛みを感じやすく、乾燥した日焼け肌はやけどなどのリスクも高いです。施術によって炎症や乾燥を助長してしまう可能性もあるので、日焼け肌での施術は避けたほうが良いでしょう。 

 

脱毛に通っている時期は日焼けをしないように注意してください。

ホルモンバランスが崩れている状態

生理中や妊娠中なども、脱毛の施術を受けるのは避けたほうが良いです。生理中や妊娠中はホルモンバランスが崩れることによって肌がとても敏感で、痛みを感じやすくなっています。

 

些細な刺激にも反応して、脱毛による肌トラブルを起こすリスクが高くなる傾向です。痛みや脱毛による肌トラブルのリスクを軽減したい人は、できるだけホルモンバランスが不安定な時期を避けて脱毛すると良いでしょう。

肌荒れ時のサロンやクリニックの対応

上記のような肌コンディションで脱毛の施術を受けると、痛みを感じやすいだけでなく脱毛の効果もしっかり発揮されません。さらに、通常よりも炎症ややけど、かゆみなどの脱毛による肌トラブルのリスクが高くなるため、デメリットしかない状態となっています。

 

そのため、サロンやクリニックによっては、肌荒れを起こしているときは施術を断られる場合もあります。

 

肌荒れが落ち着いている状況ならば施術OK、赤みや湿疹が確認された時点で施術禁止など、サロンやクリニックによって対応はさまざまです。気になる方は、先に確認しておくと良いでしょう。

 

敏感肌やアトピー性皮膚炎といった肌の持病に関しては、悪化した状態でなければ施術受けられるというところがほとんどです。

 

しかし、現在皮膚疾患の治療を受けているという人に関しては、皮膚科医への相談を脱毛の必要条件としているケースが多いため、まずはカウンセリングで条件を確認してみてください。

脱毛の痛みを抑える方法

ここまで、脱毛の痛みや痛みを感じやすい肌状態について解説しましたが、痛みを抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、脱毛の痛みを抑える方法について、3つ解説します。

 

  • 保湿ケアをしっかりする
  • 日焼けをしない
  • 麻酔を使う

 

脱毛の痛みを少しでも軽減させたいという方は、ぜひ参考にしてください。

保湿ケアをしっかりする

脱毛の痛みを軽減するための一番の対策法は、肌の保湿です。肌の水分量が多ければ多いほど、光脱毛やレーザー脱毛は施術がしやすくなり、痛みも少なくなります。

 

保湿をするといっても特別難しいことをする必要はありません。

 

市販の保湿クリームやボディクリームを、お風呂上がりや脱毛を受ける前後に塗るだけで大丈夫です。乳液や化粧水をたくさん使って保湿するのも良いでしょう。

 

特に、施術する部位の保湿は徹底的に行ってください。普段から脇やVIOの保湿まで徹底しているという方は多くありません。脇やVIOも施術する場合には、保湿を忘れないようにしましょう。

 

肌の保湿は痛みだけでなく、赤みなどの肌トラブルも軽減させるため、しっかりとした保湿ケアが重要です。

日焼けをしない

日焼け肌はやけどに近い状態で肌が非常に乾燥していて、痛みを感じやすくなっています。また、先ほども触れましたが、肌が黒くなっているとレーザーや光が反応しやすくなって、痛みが生じやすいです。

 

脱毛の痛みを軽減したい場合には、脱毛前後は日焼け対策を徹底してください。日焼けクリームをこまめに塗る、紫外線(UV)カットの上着を羽織る、日傘をさす、などの対策を行いましょう。

 

過度な日焼け肌は施術ができない場合もあるので、脱毛を受ける前や受けた後には日焼けをしないように気を付けてください。

麻酔を使う

痛みを抑える最終手段として、麻酔の使用があります。麻酔は医療機関のみ使用可能なので、医療脱毛の際には麻酔の使用も検討してみてください。

 

主に使われる麻酔は、口や鼻から吸う笑気麻酔、直接肌に塗る麻酔クリームの2種類です。注射などの麻酔はないため、麻酔による痛みはありません。

 

どうしても痛みに耐えられない場合には、スタッフに相談してみましょう。

 

しかし、クリニックによっては、使いたい麻酔の種類が用意されていない、麻酔は別料金といった場合もあります。痛みが不安な人は、通う前にサイトやカウンセリングで確認しておくと安心です。

まとめ

脱毛は方法によって施術の痛みが大きく変わります。少ない痛みで脱毛をしたい場合には、サロンの光脱毛がおすすめです。脱毛完了までに時間はかかってしまいますが、医療脱毛やニードル脱毛より料金が安いのもメリットの1つとなります。

 

また、脱毛の痛みは肌の状態によっても変わるため、敏感肌や日焼け肌、ホルモンバランスが崩れている状態の人は注意してください。

 

脱毛の痛みを少しでも抑えるためには、保湿ケアをしっかりする、日焼けをしないのが大切です。サロンの光脱毛は痛みが弱いので必要ありませんが、医療脱毛を考えている方は麻酔も検討してみると良いでしょう。

 

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ムダ毛豆知識

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中