脱毛は1回目から抜ける?効果や必要回数を紹介

施術ごとの脱毛効果を紹介します。脱毛の経験が無い方にとって初めての脱毛はどの程度痛みがあるか、効果は得られるかなど不安に思うはずです。

脱毛には痛みはつきものですが、日々のムダ毛やヒゲに対する自己処理の手間がなくなるこ
とを考えると自己投資をいえます。

脱毛を完了するには時間がかかります。その理由や各脱毛方法ごともメリットとデメリットなどを紹介します。

 

1回目の脱毛で毛は生えてこない?

美脚
美容に関する興味は男女問わず持っている方が多いです。
脱毛の経験が無い方にとって初めての脱毛はどの程度痛みがあるか、料金は高いかなど不安に感じる事も多いはずです。

また、始めて脱毛をする方にとってはできるだけ早く効果を実感したと考えている方も多いでしょう。

しかし、1回目の脱毛では効果はあまり実感できません。継続的に通うことで効果を実感するのが脱毛なのです。
毛には毛周期という周期があって、目には見あない毛が毛根に存在します。

そのような毛まで脱毛するのには時間がかかるのです。
また、ワキやvioなど、部位によっても毛の太さは異なるため、コースごとによって時間も変わります。

 

脱毛が1回目で毛が抜けない理由とは

脱毛効果の高い医療脱毛でも、4~5回以上の照射が必要になってきます。
上記で説明した「毛周期」が関係してくるのです。休止状態にある目に見えない毛が沢山存在し、何回かに分けて生え変わってきます。

しかし、多くの脱毛方法の場合にはこの休止状態の毛には効果が発揮されません。活動状態にある一部の毛にしか一度に脱毛できないので、1回で効果を実感することが難しいです。つまり、すべての毛をなくすためには、何回かに分けて照射をする必要があるのです。

 

脱毛効果が実感できる回数はどれくらい?

美脚 虫眼鏡

それでは、脱毛の効果が実感できるのは何回目からなのでしょうか。効果が実感できるのは脱毛方法によってことなるので、各脱毛ごとに紹介していきます。

 

脱毛方法によって脱毛効果は異なる

脱毛と一言でいっても方法がいくつかあるのです。下記に光脱毛・医療レーザー脱毛の場合について説明します。

 

光脱毛の場合

医療レーザーに比べて安価に受けられるのが光脱毛です。光脱毛は永久脱毛ではなく、医療レーザー脱毛よりも低い出力で照射します。したがって1回脱毛を受けただけでは十分に濃いかを実感できない可能性が高く何回か通っていくことで効果を実感できます。

この理由として光脱毛は毛根を破壊するのではなく、何度も照射して毛根を弱らせることで脱毛を進めていくからなのです。

光脱毛で完全に脱毛するには10~15回通う必要があると言われています。光脱毛は単発式や蓄熱式と種類があるので紹介します。

 

単発式の場合
単発式の脱毛方法は、一点集中型の脱毛方法です。1ショットのパワーが大きいのが特徴です。単発式の場合、全身脱毛で2時間半とか普通にかかります。だから、お客様は施術ですっごく疲れてしまうのがデメリットと言えます。

単発式の照射熱は、メラニンに反応するため、主に成長期後期の太く濃い毛に反応します。
単発式で脱毛すると一瞬、輪ゴムでパチンと弾かれた痛みを感じるのは、毛のメラニンに反応しているからです。

メラニンに反応し脱毛していくため、一度施術すると、毛が再度成長するまで待たなければいけません。そのため毛周期の流れに合わせて、2~3カ月間隔で施術をすることになります。

サロンによっては、いつでも施術できるところもありますが、毛周期に合わせて脱毛しなければ、効率よく毛は抜けていきません。

 

蓄熱式の場合
次に蓄熱式の脱毛を説明します。蓄熱式は、弱い照射熱で毛包全体を温め、脱毛する方法です。毛が包まれている袋全体を照射熱で温め、毛の濃さに関係なく施術することができます。

そのため従来では脱毛できなかった、「うぶ毛」「日焼け肌」「ほくろ」「色黒」など、どんな肌タイプも脱毛できるという仕組み。

メラニンとバルジ領域の両方に作用するため、「成長期後期の毛」「今から生えてくる毛」の両方に作用するのは蓄熱式タイプのSHR光脱毛だけ。

毛周期に合わせないため、一度施術すると毛が抜ける2~3週間後には施術が可能になり、脱毛完了時間が早い人4カ月で脱毛が完了します。

デメリットとして、新しい脱毛方式のため、単発式に比べ経験者が少なく口コミなどの情報が少ない傾向にあります。

 

医療レーザー脱毛の場合

医療レーザー脱毛について紹介します。この脱毛方法は、クリニックや皮膚科など医療機関でしか受けることができません。

医療レーザー脱毛は、脱毛方法の中で脱毛完了するまでに要する照射回数が最も少ないことから分かるように、1回の照射で得られる効果が光脱毛よりも大きいです。

合計5回程度通うことで、脱毛完了するので、処理した個所は次の毛周期までツルツルの状態を保つことが実感できます。

ある程度の痛みはありますが1回で高い効果を得たい方は、医療レーザー脱毛プランを選択することがおすすめです。

 

1回目の脱毛直後の自己処理などの注意点

足 顔

脱毛後のアフターケアについて気になる方は多いです。赤みが出たらどうしよう、ヒリヒリ痛みがあるのかなどです。簡単にケアの方法を紹介します。

サロンやクリニックでお手入れをした後の肌は、デリケートな状態になっています。まず、お手入れした当日はぬるめのシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないようにしてください。

身体を洗う際は手のひらでやさしく洗うようにしましょう。ボディタオルで肌を強くこするのは、肌トラブルを起こす原因になるので注意が必要です。お風呂上がりもタオルでごしごし拭くのではなく、そっと押し当てて水気を取りましょう。

脱毛した後は、また脱毛で肌に負担がかかっているので、運動やアルコールを控えていた方が良いです。

脱毛後に自己処理したい場合は、肌を傷つけない電気シェーバーで自己処理を行ってください。

ただし、お手入れ後最低3日間は肌を休めるように注意してください。また自己処理は、入浴後などの肌がキレイな状態のときに行いましょう。処理後の保湿も忘れずに行うことが大切です。

毛抜きや毛を抜くタイプの脱毛器、脱色、除毛クリーム、ワックスなどの使用は、肌にダメージを与える可能性があるため、使わないことをおすすめします。

 

まとめ

今回は1回目の脱毛で効果が無い理由や、光脱毛・医療脱毛などの脱毛の種類を紹介してきました。冒頭でも紹介したように人間の毛には毛周期と呼ばれる周期があり、現在目に見える活動中の毛や、目に見えない休止中の毛などがあります。

そのため、完全に脱毛をしようと考えている方は、毛の生え方や毛周期を考慮してある程度通い続ける必用あるのです。

自分に自信が持てたり、毛の処理にかかる時間や手間を他の事に使えるのがメリットですので、脱毛に迷っている方は無料のカウンセリングなどもありますので、一度病院やクリニック、サロンにご相談されることをおすすめします。

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む