脱毛をすると乾燥する?施術が受けられないこともある?乾燥の対策

2017/04/21

冬や夏に関わらず、脱毛にとって乾燥は大敵だって知っていますか?

 

そして脱毛をすると、乾燥をしてしまい美容にとって良くないと思っていませんか?

 

今回は、脱毛をする際に乾燥をさせないことが大切になる理由と、ビーエスコートが保湿に対して行っているケアをお伝えしていきます。

乾燥している肌で脱毛をするとデメリットがある?

脱毛乾燥

 

脱毛をする前に肌の状態を見るって言いますよね。

どういった状態なら脱毛ができて、どういった肌の状態なら脱毛することができないのかって詳しくわからないと思います。

 

実は肌の状態は、とても大切で肌の状態が良くないと脱毛機械の出力を下げざるを得なくなって効果が薄くなることがあります。最悪の場合施術を行えない場合もあります。

 

例えばよく言われるのが「日焼け」です。

 

脱毛の機械は、毛に反応して照射する機械です。なぜ毛に反応できるかと言ったら、黒いものに反応するようになっているからです。

 

日焼けをして肌が黒くなると、肌に脱毛の機械が反応してしまい火傷の状態になってしまいます。すると全身が火傷のようになるので跡になってしまったり、炎症を起こしたりと日常生活が大変になってしまいます。

 

そうならないためにも日焼けをして肌が黒くなった時は、出力を下げて肌に影響が出ない範囲で脱毛を行うようになります。

 

また日焼けをすると乾燥しやすくなります。

乾燥している肌でも脱毛の出力を下げることがあります。

 

肌の表面の潤いは皮脂などが皮膚を守っています。潤いはウイルス、アレルギー物資、紫外線、細菌から身を守るために大切な役目です。

 

肌が乾燥をしている場合、肌に余計なウイルスなどが入り込んでしまい感染症になりやすくなったり、しわやシミができたり、ニキビにもつながってしまいます。

 

乾燥している状態で脱毛の機械を照射してしまうと、肌に影響が出てしまいます。

そのため乾燥肌や、アトピー肌には脱毛の施術をすることができなくなってしまうのです。

 

脱毛をすると乾燥するって本当?乾燥してしまった時の対策

 

脱毛の施術をした後に乾燥する方もいらっしゃいます。

 

脱毛の施術をした際に、毛穴の部分が照射され、軽いやけどのような状態になります。すると肌へ少なからずダメージになり、結果肌の水分が奪われて乾燥してしまいます。

そのため、どうしても脱毛をすると肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

カサカサしたり、かゆかったり、白くなってしまったりすると乾燥している証拠です。

 

そこで脱毛の施術をする前に知っておいてほしいのが、施術をした後のトラブルです。

 

脱毛の考えられるトラブルとして、「乾燥」「炎症」「火傷」「毛嚢炎(もうのうえん)」といったことが起こる可能性があるのです。

 

その中でも乾燥は一番トラブルの原因になりやすいので、季節関係なく乾燥対策する必要があります。

 

脱毛をして乾燥した場合は保湿をします。できるだけ一日に何度も行うのが良いでしょう。

 

肌も顔などに化粧水や保湿液を塗るのと同じで、体も洗った後にきちんと保湿してあげることが大切です。

 

乾燥している肌に化粧水のような水分が多めのものを塗るだけで、乾燥の対策をした気になっていませんか?

 

実は一番やってはいけない乾燥の対策方法です。

 

水分だけを肌の表面に塗ると蒸発しやすくなり一番乾燥しやすくなってしまいます。しかも表面に塗った水分が、角質層にある水分と一緒に蒸発してしまうようになるので、水分を塗った後のほうが乾燥してしまうという本末転倒な結果になってしまいます。

 

化粧水のように水に近いものを肌に入れてあげてから、乳液やクリームを塗ると、水分を保持したままクリームが蒸発させない役目をしてくれるので乾燥しにくい肌になります。

 

また、トラブルを避けるためにも清潔にいるようにしましょう。

 

脱毛が終わった後は肌が敏感な状態なので、お風呂につからずにシャワーで済ますようにしてくださいね。

 

乾燥させないために日々できること

乾燥しないために気を付けること

脱毛をしてから乾燥してしまった時の対策をお伝えしましたが、脱毛を行う前の保湿も大切です。

 

日常的に肌を乾燥させないようにするには日々少しだけ意識していくことが大切です。

 

肌の状態を整える食べ物を食べるとより保湿力が上がりやすくなります。

 

  • ビタミンA 皮膚の潤いを保ち、活性化してくれる
  • ビタミンC コラーゲンの生成、肌の調子を整える働き
  • ビタミンE 血行促進 しわたるみの防止
  • タンパク質 肌を作る材料となる
  • セラミド 角質層の水分を保つ

 

上記のものが含まれる食べ物をバランスよく取るのがよいでしょう。

 

おすすめなのは、アボカドや納豆、レバー、ナッツ類、青魚、大豆、といった食べ物が肌の調子を整えてくれます。

 

また水も多めにとるように心がけます。冬は特に水を取ることを忘れてしまいがちになりますので、意識して取るようにしましょう。

 

肌の表面の乾燥対策として先ほども触れた保湿も大切です。

 

一日できるなら何度でも保湿するようにします。特に水分が失われやすいお風呂上りに保湿するようにしましょう。

 

脱毛に行く前に、カミソリで毛の処理をすると乾燥しやすくなりますし、傷ができたり、細菌が入って炎症したりします。

 

どうしても処理をしないといけない場合は、なるべく電気シェーバーで行い肌に負担をかけないようにします。肌を洗ったきれいな状態で使用し、シェーバーも使い終わったらきちんと消毒しておくようにします。

 

カミソリは清潔な状態で使って脱毛する日の2~3日前に毛の処理を行って、十分保湿してくださいね。

 

毛抜きは、脱毛の効果が現れにくくなってしまうのでお勧めしていません。

また、肌が引っ張られるので負担になり乾燥しやすくなります。

 

そして実は、脱毛の回数を重ねていくと肌の調子が整ってくるようになります。

 

なぜなら脱毛して毛が薄くなるにつれて、毛穴も小さくなっていきますので肌が引き締まっていきます。毛穴が引き締まると、肌の水分も保持しやすくなります。

 

また、ビーエスコートのサロンで行う美容脱毛では、弊社独自で作った保湿液などを使って丁寧に保湿を行っていきます。

是非脱毛後の手入れで保湿されているか不安がある方はスタッフに保湿について聞いてみてくださいね。