脱毛の前日に飲酒をしていてはいけない理由は?

社会人として働いていると、どうしても断れない飲み会のお誘いを受けることがありますが、そんなと

きに脱毛の予約が入っていたら困ってしまいますよね。

脱毛サロンの利用規約にもありますが、脱毛の前後にお酒を飲むことは禁止されています。

もしもお酒のお誘いが来たら、予約日を変更できないかサロンやクリニックに早めに相談しましょう。

 

脱毛の前日に飲酒をしていてはいけない理由は?

飲酒

お酒を飲むと、顔が赤くなったり、体が熱くなったりしますよね。

飲酒は、血管を拡張させ、血液の流れをスムーズにし、血行を良くする効果があります。

それだけではありません。

血行が良くなったことにより、体温が上がります。

 

すると肌の水分が蒸発して、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

血行が良くなること自体は悪いことではないのですが、普段よりも体温が高くなっていたり、肌が乾燥

しやすくなっていたりする状態で脱毛をすると、痛みを感じやすくなってしまいます。

その結果、いつもなら我慢できる程度の痛みが耐えられないほど強く感じることがあります。

 

また施術後は、赤みやかゆみなどの、炎症が起きるリスクが上がり、肌に負担がかかる可能性が高くな

ってしまうのです。

 

レーザーの出力レベルを下げれば、問題ないとお考えの方もいるかもしれません。

しかし、レーザーの出力レベルを下げたからといって、肌への負担を軽減できるわけではありません。

レーザーの出力レベルを下げると脱毛効果が落ちてしまい、期待していた脱毛効果を得ることが難しく

なる場合もあります。

 

アルコールの作用で肌が痛みに対して敏感になっている状態では、レーザーの出力を通常より下げても

痛みに耐えきれず、やむなく施術を中止しなければならなくなる可能性もあります。

 

アルコールは人によって強い弱いはありますが、酔いが体に残っていないように感じていても、体内に

はアルコールが残っている可能性があります。

そのため、施術の予約が入っている日の前後はお酒を飲まないことが大切です。

 

脱毛後も飲酒をしてはいけなかった!

脱毛後の肌は少なからずダメージを受けており、水分量も減って、とてもデリケートな状態

にあります。

 

それだけではなく、レーザーの熱に刺激されたため、軽くほてりが残っている場合もあります。

このような状態の肌にアルコールの力が加わると、すでに出ていたほてりや赤み等の炎症がより強く出

るだけでなく、長引いてしまったりします。

 

さらには、それまで表に出ていなかったほてりや赤みまで出てきたり、思わぬ事態を誘発したり可能性

があります。

 

アルコールで炎症が悪化してしまう理由は血行

首

なぜアルコールの力が加わると、炎症が長引いたり、ひどくなったりしてしまうのでしょうか。

その理由は血行にあります。

お酒を飲むと、アルコールが血液に溶け込み、アセトアルデヒドという物質が血液中に増えて、血管を

拡げます。

 

その結果、血行が良くなるのです。

もちろん血行が良くなること自体に害はありません。

しかし、脱毛後となると話は別です。

 

サロンやクリニックで脱毛した後の肌は、ダメージを受けて敏感な状態なので、血の巡りが良くなった

ことにより、赤みやかゆみ等の炎症が誘発されたり、ひどくなったりしてしまうのです。

レーザーの熱に刺激されて、ほてりが残っている肌は、温めすぎないようにしなければなりません。

そのため、お酒を飲むと体温が上がり、ほてりがひどくなってしまう可能性があります。

 

血の巡りが良くなると発汗が促進されるため、汗が毛穴に入って、それまで目立ったトラブルのなかっ

た肌まで炎症を起こしてしまうおそれもあります。

「脱毛をしたけれど、目立った炎症はないから大丈夫」「私はアルコールに強いから大丈夫」と自分を

過信してはいけません。

 

脱毛サロンの利用規約にもあるとおり、脱毛前後の飲酒は禁止されています。

脱毛をした後は、どのくらい時間をあければ飲酒をしてもいいのか、クリニックやサロンのスタッフに

確認するようにしましょう。

 

ほてりや赤みなどの肌トラブルが起こっている場合は、落ち着くまで待つことが必要です。

肌の保湿をしっかり行うことでトラブルのリスクを軽減できる

脱毛後の赤みやかゆみ等の炎症は、乾燥した肌に起きやすいといわれています。

脱毛期間中は、乾燥しないようにしっかり保湿することが大切です。

 

そうすれば、このような症状が起きるリスクを軽減させることができます。

特別な化粧品を使用する必要はありません。

普段使っている化粧水やクリームを、普段よりも丁寧に脱毛部位に塗って、保湿成分を肌に浸透させる

ことが大切です。

 

万が一飲酒してしまった場合は脱毛サロンに連絡を

飲酒

脱毛前後での飲酒は禁止されていますが、それでも施術を受けてしまった場合はどうしたらよいのでし

ょうか。

まず、脱毛サロンに相談し指示を仰ぎましょう。

脱毛サロンによっては、アフターケア用の軟膏を出してくれるところもあります。

 

全ての脱毛サロンがそうではないので、必ず炎症が強く出た場合は電話か窓口で相談してください。

応急処置としては、火傷の手当てと同じように冷やしましょう。

冷たい水で冷やしたタオルや、市販の保冷剤等を使用して、炎症が出ている部位を冷やしてください。

早めに対処することで、症状の進行を抑えることができます。

 

しかし、あくまでも応急処置なので必ず脱毛サロンに相談してください。

 

まとめ

健康な肌は、痛みに強くなるだけではなく、より高い脱毛効果を期待することができます。

このように、脱毛をして綺麗な肌を目指すためには、普段からのケアを丁寧にすることが大切です。

脱毛において施術後の肌トラブルは誰もが経験しうることです。

 

繰り返しになりますが、肌トラブルのリスクを軽減するためにも、脱毛前後の飲酒は絶対にやめてくだ

さい。

施術日前後にお酒を飲む予定が入ってしまいそうな時は、早めに通っているクリニックやサロンに相談

してくださいね。