10代で脱毛する時の注意とは?

10代での脱毛の人気が高くなっているのを知っていますか?

自分の身体に生えているムダ毛が、気になり始めた時期を覚えていますか?

早い人だと、小学生の低学年から自分のムダ毛が気になり始めたという人もいます。

 

ムダ毛を恥ずかしいと思う気持ちに、大人も子供もないということがよくわかりますよね。

また、子供の頃から毛深いことがコンプレックスだったという人もいれば、年頃になってからムダ毛が気になり始めたという人もいます。

 

体毛の質や量には個人差があり、ムダ毛を気にし始める時期も人それぞれですが、10代に突入すると、年齢が進むごとにムダ毛が気になり始める人も増えていきます。

10代でも、ムダ毛を嫌だと感じれば多くの女性が脱毛したいと思うものですよね。

ですが、10代という年代で脱毛をしても問題ないのか、とても気になるところです。

 

現在、10代の脱毛事情とは、いったいどのようになっているのでしょうか。

 

10代にムダ毛が一番気になる理由とは

美脚

女性にとって10代という年代は、大人の女性になるべく、その階段の1歩を踏み出す大事な時期でもあります。

特に10代前半は、より女性らしい体へと成長が始まる時であり、第二次性徴期とも呼ばれ、さまざまな体の変化が現れる時です。

 

成長ホルモンが活発になることで、これまで何も生えていなかった部位に体毛が生え始め、それらの体毛を、なんとなく恥ずかしいと認識し始める時期でもあります。

10代も後半に突入すると、おしゃれにも敏感になるため自分の見た目がさらに気になり、ムダ毛への嫌悪感も強くなっていきます。

 

10代前半よりもはるかにムダ毛を嫌だと感じる人が増え、大人と同じように脱毛することを考える女子が出てくる時期でもあります。

多くの女性が、初めてムダ毛の存在を疎ましく感じる時期が10代なのです。

 

【大人とは少し違う10代の体毛】

10代の体は、まだまだ発達途上にあり、大人と同じ体として完成されたものではありません。

発毛の元となる毛母細胞の働きが活発化する時期でもあり、体毛の数が決定し始める経過段階にあります。

 

毛穴の数は、母親のお腹の中にいるころからほぼ決定しており、成長後も大きく変化するものではありません。

その毛の本数については、誕生後の生活によって変化が現れ、体毛が生えそろう頃に、毛深い人と薄い人といった差が明確になってきます。

 

毛深い体質だと、自分の身体に生えてくるムダ毛がとても気になりますよね。

自分の身体に生えているムダ毛が、人からどのように見られているのか、人目を気にしてしまうようになります。

そんな時にとりあえずの対処法として思いつくことが、ムダ毛の自己処理でしょう。

 

ですがムダ毛の自己処理にかかる肌の負担は、まだまだ発達途上にある未完成の肌や毛穴にとってとても大きなものであり、早いうちから、これらのダメージを受けることはいいことではありません。

 

10代でも脱毛できる?

10代少女

10代でも脱毛できる脱毛サロンや、医療クリニックがあります。

以前は、脱毛の施術による肌への刺激が強かったため、10代の肌への脱毛は避けられてきました。

ですが、美容業界の目覚ましい発展とともに脱毛機器の研究や開発も進み、10代でも脱毛の施術を受けることが可能となったのです。

 

とはいえ、それぞれの脱毛サロンや医療クリニックごとに年齢制限が設けられていたりするため、同じ10代でも施術を受けられる年齢とそうでない年齢があります。

施術を受けたいと思うサロンに、10代でも施術可能かどうかの事前確認が必要です。

 

10代という肌がデリケートな時期からムダ毛の自己処理を繰り返すことで受ける負担は、とても大きなものです。

それくらいなら少しでも早いうちから、これらの肌にかかる負担から解放してあげた方がいいでしょう。

 

また、毛深いことを気にしてコンプレックスとなってしまうよりは、思い切って早い段階で脱毛してあげる方が、本人にとってプラスとなることもあります。

 

10代で脱毛をする場合の注意点

注意点

10代の肌でも脱毛してもらえるとわかっても、果たしてその効果がちゃんとあるものなのか、とても気になるところですよね。

 

≪10代で脱毛をした場合の効果≫

10代の肌への脱毛の施術も一定の効果があるものですが、大人の肌に比べると、効果がない部位が発生したり、1度施術したのにまたムダ毛が生えてきたりする可能性が高くなってしまいます。

脱毛の仕組みは、毛の黒い組織であるメラニン色素に反応する特殊な光を、毛穴に施術することで、毛根部の組織にダメージを与えて脱毛するというものです。

 

毛根部の組織とは、主に発毛の元ともなる毛乳頭や毛母細胞です。

成人になると、毛母細胞の誕生も落ち着きますが、10代のうちではまだまだ発毛のサイクルも発達段階にあるため、新しい毛母細胞が活発に誕生する時期でもあります。

 

そのためせっかく脱毛の施術をしても、新しい毛母細胞が誕生してしまえばそこからまた発毛してしまい、脱毛の効果がなくってしまうのです。

脱毛完了の数年後に再びムダ毛が生えてくる可能性があり、1度施術したはずの部位に、再度施術が必要となってしまうかもしれないというリスクを、把握しておく必要があります。

 

≪10代は肌がとてもデリケート≫

10代の体は、月経が始まったばかりの時期などの大人になっている段階なので、ホルモンバランスがまだ安定していません。

脱毛の施術は、ホルモンバランスにも大きく影響され、安定していない状態で施術しても効果が得られないこともあります。

 

そのため、月経が安定していることを脱毛の施術の条件にしているサロンもあるほどです。

ホルモンバランスの安定していない肌に脱毛の施術をすることは、与える刺:激も大きく、肌トラブルのリスクも高くなってしまいます。

 

また、デリケートな肌に対する脱毛の施術の刺激はとても強いため、火傷などを起こす可能性があり、特に強い光を使用するレーザー脱毛の場合だと、さらにそのリスクは高くなってしまいます。

 

≪保護者同意書が必要≫

10代で脱毛の施術を受ける時は、できるだけ親に知られたくないという脱毛初心者もたくさんいますよね。

ですが、10代で脱毛の施術を受けるには、ほとんどのサロンやクリニックにおいて、保護者の同意書が必要となってきます。

 

そのため、内緒で脱毛の施術を受けることは難しく、保護者の理解を得てからでなければ脱毛の施術を受けることはできません。

また、同じ10代でも年齢によっては、契約の際に保護者の同席が必要だったり、男性の入店が許可されなかったりと、サロンやクリニックによって制限されることも多々あります。

 

今では親子で脱毛をする方も増えていますので、親子で脱毛をするのもおすすめです。

 

まとめ

脱毛は、残念ながら1度や2度の施術で完了するものではありません。

毛周期と呼ばれる毛の生まれ変わりのサイクルに合わせながら、何度も施術を受けることでようやく脱毛が完了するものです。

 

そのため、総合的にかかる費用も大きくなります。

10代という年代には学生も多く、本業が学生であるため、脱毛にかかる費用を捻出することがとても困難な人もたくさんいます。

 

だからこそ保護者の同伴や同意書を求めるものであり、費用面に関するトラブルを避ける目的もあるのです。

学生割引という学生のための割引サービスを設けているところもあり、それらのキャンペーンを上手に利用すると、10代でも低価格で脱毛をすることができます。

 

また、親子割を行っているところもありますので、うまく利用していくのがおすすめです。

 

ビー・エスコートでは、無料カウンセリングを実施しております。少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、ぜひお気軽にビー・エスコートまでお問い合わせくだい。ビー・エスコートでは、ローン契約が高くないため、多くの学生さんからも支持されております。

また、国内最新型の光脱毛を使用しているため、お痛みもほぼなく、安全に安心して施術を受けていただけます。