部位別脱毛での要注意!やったところとやってないところでこんなに差が出る  

体の隅々まで、全身にわたってムダ毛のないきれいな体になりたいと思うのは、多くの女性に共通する願いでしょう。

だからこそ全身脱毛の人気は高く、脱毛業界の価格競争による低料金も、その人気に拍車をかけています。

 

ですが、時間や予算的に全身脱毛がかなわなかったり、部分的な脱毛だけで充分だと考える人もたくさんいますよね。

脱毛サロンやクリニックでは、体のほとんどの部位において「部位別脱毛」が可能となっており、いくつかの脱毛部位を組み合わせたプランなども豊富に準備されています。

 

そんな部位別脱毛の効果や意外な注意点などを、これから詳しく解説していきましょう。

 

部位別脱毛とは?

脱毛

部位別脱毛とは文字通り、体の部位別に脱毛していくという脱毛方法です。

全身脱毛とは異なり、自分の気になる部位だけ脱毛できるという点が、大きなメリットでもありますよね。

施術を受ける部位によって、脱毛までに必要な施術回数や費用、注意点などには違いがあります。

 

自分の体に生えているムダ毛をよくよく見ると、生えている部位によって、面積も違えば生えてくるムダ毛の毛質や毛量にも違いがあることに気づくでしょう。

だからこそ、部位別に脱毛の施術をする際には、施術時間や回数、費用や注意点に違いが出てくるのです。

 

脱毛できない部位

スタッフ

ほとんどの部位が脱毛可能ですが、中にはどうしても施術できない部位もあります。

それは色素が濃い部位や、粘膜部分に近い部位などです。

脱毛の施術では、毛の黒い組織に反応する特殊な光を使用します。

 

色素が濃い部分に光を照射してしまうと、過剰に反応してしまい、火傷を負う可能性が高くなり、とても危険です。

また顔やVIOラインのIライン周辺など、粘膜が存在する部位の脱毛も、薄くてデリケートな皮膚を傷つける可能性があるため、脱毛は難しくなります。

 

脱毛が不可とされている部位を詳しくみていきましょう。

 

色素が濃い部位

・乳輪内部

・唇近く

 

粘膜

・VIOラインのIラインの粘膜近く

・瞼を含む目の周り

・唇

 

これらの部位は、ほとんどの脱毛サロンにおいて施術不可とされていますが、医療クリニックや美容皮膚科では施術できる部位もあります。

これらの部位の施術を検討する場合、事前にカウンセリングなどで確認することを忘れないようにしましょう。

 

部位脱毛のメリット

ポイント女性

部位脱毛をすると、どんなメリットがあるでしょうか。

全身脱毛にはない部位脱毛のメリットを見てみましょう。

 

費用と期間

全身ではなく部分的な脱毛は、当然ながら費用を安く抑えることができます。

希望した部位だけの脱毛となるため、1回の施術にかかる時間も短く、脱毛完了までにかかる期間も短くなります。

 

キャンペーン

ワキやヒジ下などの人気が高い脱毛部位は、キャンペーンを実施するサロンやクリニックが多く、初めての脱毛経験者などが利用しやすくなるようなサービスを数多く展開しています。

部位脱毛ならば脱毛未経験者でもチャレンジしやすく、キャンペーンを利用すれば、安い料金で脱毛を体験することが可能です。

 

部位脱毛の注意点

部位脱毛なら費用も安く、脱毛にかかる期間も短く済むというメリットがありますが、注意すべき点やデメリットもあります。

 

意外とかかるもの

・費用

部位脱毛なら、自分の気になるところだけを脱毛するのだから、費用を抑えることができると思う人も多いことでしょう。

確かに全身脱毛と比較しても、費用が安くなることは言うまでもありません。

 

ですが、脱毛が完了した肌をひとたび見れば、他の部位も脱毛したいという感情が生まれ、別の部位を追加で脱毛していうということもよくある話です。

1つの部位だけなら安く済むところを、後からいくつも部位脱毛を追加していくことにより、結果的に総費用が高くなってしまうこともあります。

 

・時間

部位脱毛をする部位が1箇所や2箇所程度ならば、全身脱毛よりも部位脱毛の方が、脱毛完了までにかかる期間は短くなります。

ですが、後あと部位脱毛をいくつも追加してしまうと、結果的に脱毛完了までにかかる期間は長くなってしまいます。

 

やっていないところとの差

・光脱毛の場合

部位脱毛の最大のデメリットともいえるのが、脱毛していない部位との「差」です。

光脱毛は医療脱毛とは違い、完全に脱毛することはできません。

施術によって毛根組織にダメージを受けたムダ毛は、次第に毛周期のリズムが崩れ、徐々に毛が生えなくなっていくという仕組みです。

 

施術を受けたところと、そうでないところに毛周期の差が生まれ、同じ体の部位なのに、ムダ毛の生え方にムラができてしまいます。

 

・医療脱毛の場合

医療脱毛で部位脱毛をすれば、施術した部位にはほとんどムダ毛が生えてこなくなります。

となれば、施術した部位はほとんどムダ毛がないのに対し、そうでない部位にはムダ毛が生えていることになり、その差は光脱毛以上のものです。

 

足や腕など、上下で脱毛施術が分かれている部位の片方だけを部位脱毛すると、この差がとても露わになり、せっかくの脱毛効果も台無しになってしまいます。

脱毛してきれいな肌になるはずが、かえって見苦しい肌となる可能性も出てきてしまうのです。

 

・毛質毛量の差

人間の体毛には個人差があり、同じ人間の体でも、部位によってその生え方には差があるものです。

元々毛深い部位もあれば、ほとんどムダ毛が生えてこない部位もあり、その差も人によって違いがあります。

 

特に毛深い人が部位脱毛をしてしまうと、施術した部位とそうでない部位のムダ毛の差が、激しくなってしまうことは、想像に難くありません。

毛深い人ほど、部位脱毛より全身脱毛がオススメです。

 

まとめ

部位脱毛は、初めて脱毛を経験する人にとってはチャレンジしやすく、特に気になる部位だけを脱毛したいと考える人には、とてもありがたい脱毛プランです。

ですが、脱毛してムダ毛のなくなったきれいな肌を1度見てしまえば、他の部位も同じような肌にしたいという欲求が生まれる可能性は充分にあります。

 

それは、脱毛する女性に共通して生まれる、当たり前の感情ともいえるものです。

費用面や時間的なことで考えれば、部位別脱毛の方が優位なこともたくさんありますが、総合的な費用対効果で考えると、全身脱毛の方が結果的にいい場合もあります。

 

体の一部分を脱毛すれば、必ず脱毛していない部分との差が生まれることを忘れずに、部位別脱毛を選択するかどうかを、慎重に決めることが大事です。

 

ビー・エスコートでは、お顔以外の全身をパーツごとに施術させていただいております。業界初の全てのパーツが均一価格で、ローン契約が高くないため、多くの学生さんからも支持をいただいているサロンです。

脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。