自己処理ややりすぎは危険!デリケートゾーン脱毛の注意

デリケートゾーンに生えているアンダーヘアの脱毛は、少し前まではモデルさんや女優さんなどといった芸能関係の仕事をしている人がするだけのものでした。

最近では多くのサロンやクリニックのメニューに取り入れられるようになったので、デリケートゾーンの脱毛を検討する女性が増えてきたようです。脱毛をするにあたって、注意したいポイントがいくつかあるので、ここでご紹介していきたいと思います。

 

デリケートゾーンの脱毛「VIO脱毛」と「ハイジニーナ脱毛」は何が違う?

ビキニ

デリケートゾーンの脱毛は、脱毛サロンやクリニック毎で呼び方が違っていて、「VIO脱毛」「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれています。

 

「VIO脱毛」はデリケートゾーンのビキニライン(Vライン)と女性器の周り(Iライン)と肛門周辺(Oライン)の3つの部位をまとめた呼び方です。

VIO脱毛の場合は、Vラインで残せる形が固定のサロンやクリニックと、デザインの相談に乗ってくれるサロンやクリニックがあるので、特別な形にしたい人は相談してみるといいですね。

 

「ハイジニーナ脱毛」は衛生という意味のハイジーン(hygiene)をもとに作られた造語で、ムダ毛によるデリケートゾーンのムレやかぶれなどといった肌トラブルを防ぐために本来はおこなわれていた施術です。

生理の時にアンダーヘアに経血が付いてしまって困った…。という経験は女性なら誰でもあることだと思います。

そんな時にきちんとハイジニーナ脱毛がしてあると、下着や服を汚してしまうリスクを抑えることができて便利です。

 

注意しなければいけないのは、本来の意味での「ハイジニーナ脱毛」というのは、アンダーヘアのすべてを脱毛することなので、基本的にはムダ毛すべてをつるつるに脱毛してしまうことを目的にしているということです。

 

最近では「ハイジニーナ脱毛」とメニューに書いてあっても、Vラインの一部を残すように施術してくれるサロンもあるので、説明をしっかり聞いてサロンと自分との間に意見の相違がないように気を付けましょう。

 

 

自己処理をする時の注意点

デリケートゾーンをサロンやクリニックで脱毛する女性ははとても増えているのですが、やはり他人に見られるのが恥ずかしい部位だからと脱毛に抵抗がある人も多いのが現実です。

もちろんそういう場合は自分でお手入れをすることになるのですが、肌が薄くてデリケートな部位だけに、お手入れ方法によっては肌トラブルを起こしやすいので気を付ける必要があります。

 

デリケートゾーンは形が複雑で、自分の目で確認することが難しい部位でもあるので、無理をして自己処理をしてケガをしないように気を付けてください。

肌が薄くてやわらかい部位なので、色素沈着などのトラブルも起きやすくなってしまいます。

またカミソリを使って処理をすると、切ってケガをしてしまったり、無理な体勢での自己処理で首や背中や腰を痛めてしまったりするので注意が必要です。

 

デリケートゾーンの自己処理は、カミソリやシェーバー、脱毛クリームなどを使って無理にするのではなく、毛先が丸く切れるヒートカッターなどを使って毛を短く切り揃える程度にしておきましょう。

 

もしあなたがデリケートゾーンをしっかり処理したいと思ったら、思い切ってプロに任せてしまうことをおすすめします。

 

 

脱毛のし過ぎは男性にひかれる?

デリケートゾーンの脱毛で気になるのは、パートナーの反応ですよね。例えば今お付き合いしている彼が望むからと、個性的な脱毛をしてしまった場合、パートナーが変わってしまうと次のパートナーに引かれてしまうということにもなりかねません。

 

男性はデリケートゾーンを個性的に処理してある女性や、スッキリと処理しすぎている女性は「遊んでそうだな」と思う傾向にあるようです。

水着や下着からはみ出ない程度の脱毛であれば、お手入れが行き届いているなという好印象ですみます。

 

すべてをつるつるに脱毛するときや、Vゾーンの部分を個性的なデザインにする時は今後のことも考えてからするようにしましょう。

一度脱毛処理してしまうと次には生えて来ない事も考えて、ノリでデザインを決めるのは控えたほうが無難です。

 

Vラインはともかくとして、Iラインの脱毛をやりすぎと思ってしまう男性は多いので、自然に近い状態で毛量を減らす程度の脱毛のしかたも検討するといいですね。

 

 

デリケートゾーンの脱毛はプロにおまかせ!

脱毛サロン

デリケートゾーンの脱毛は、女性同士であってもあまり話題にすることがない部位なので、他の人がどんな形にしているのかなど、サロンやクリニックで相談して決めるようにすることもおすすめです。

 

肌がとても敏感で、粘膜にとても近いところに生えているムダ毛なので、脱毛の施術にはかなりの痛みも伴います。

サロンでの光脱毛や、クリニックでの麻酔を使用した脱毛の施術など、痛みを抑えながらきれいにする方法を探して、プロの手できちんと脱毛処理してもらっておけばいざという時に恥ずかしい思いをしなくてすみます。

 

脱毛サロンやクリニックを選ぶ時には、事前処理をどこまでする必要があるのかということをきちんと確認してから契約するようにしましょう。

シェービングしていないと施術を受けることができないサロンもありますし、有料でもサロンでシェービングしてくれるところもあります。

 

まとめ

 

デリケートゾーンの脱毛は、その部位の特性上なかなか他人に相談することもできないので、ひとりで悩んでしまう人も多いです。

悩んだらまず、近くのサロンやクリニックの無料カウンセリングなどに出向いて相談してみることからはじめてみましょう。

若い今のことだけでなく、先のことを考えてデザインを決めて、自分の納得いく脱毛ができるといいですね。

ビー・エスコートでは、一部分ごとの照射範囲が広いため、効率的に確実に脱毛することができます。お客様もスタッフも女性専用なので、ご安心して通っていただけます。料金は各パーツ全て均一価格で低価格でご案内しております。

脱毛に興味がある方、お悩みの方はぜひお気軽にビー・エスコートまでお問合せください。