脱毛効果を高める方法とは

脱毛の効果を高めて早く綺麗になりたいですよね。

実際に脱毛を効率よくする方法なんてあるのでしょうか。

実は毎日のちょっとした習慣を変えるだけで脱毛の効果はぐんと高くなることができます。

 

しかし、悪い習慣になっていると脱毛の効果を感じられないばかりか、脱毛の施術自体も受けられない可能性が出てきてしまいます。

そうなる前に、脱毛の効果を高める方法を知って、施術する前や施術した後、また習慣を変えて美肌への近道を作っちゃいましょう。

 

脱毛の効果を最大限に活かそう!まずは施術前にしておくべきこととは

保湿

脱毛の施術をする前に少し気を付けることで効果が高くなります。

まず脱毛の効果を最大限に活かせる脱毛に行く前一週間のケアをお伝えしていきますね。

 

【肌の保湿力を高める】

脱毛の効果が高くなるのは、肌の保湿力です。

肌が乾燥してしまうと、バリア機能が低下してしまって脱毛の光の刺激で炎症を起こしてしまう可能性があります。

サロンによっては乾燥肌で施術を断ることもあります。

 

気がついたら保湿クリームを塗るのがいいのですが、一番効果を感じられるのはお風呂上がりです。クリームを塗りながらマッサージをするとマッサージと保湿どちらの効果も上がります。

 

【カミソリで剃らない】

どうしても毛を処理しないといけないときって出てきますよね。その場合はあまりカミソリで自己処理をするのではなく、電動シェーバーで毛の表面を処理するようにしてください。カミソリでの処理は乾燥してしまうだけでなく、肌に負担がかかってしまいます。

 

【毛を抜かない】

毛を抜くと毛の周期が乱れてしまいます。毛の周期が乱れてしまうとその毛に効果的な脱毛を行えるまでに半年かかる可能性もあります。すると脱毛する回数が増えてしまいます。毛を抜く処理は脱毛中であっても、脱毛後であっても、絶対に行わないようにしてください。

 

【日焼けをしない】

脱毛の光は黒いものに反応するので、紫外線を浴びてメラニン色素が多く出てしまった肌では出力を弱めないといけないので結果的に脱毛の効果が弱くなります。

出力が弱くなると当然脱毛の効果は半減してしまいます。脱毛は二カ月から三カ月に一回しか受けられない大切なタイミングですので、紫外線に浴びて日に焼けないようにしましょう。

また紫外線は、刺激が強いので肌が弱くなってしまう原因にもなってしまいます。乾燥も引き起こしてしまいますので、なるべく紫外線に当たらない対策をしてくださいね。

 

脱毛の効果を高めるのは施術後も気を付けないといけない?

ばつ

脱毛の効果を高める対策として、施術し終わった後も気を付けないといけません。

というのも、施術が終わった後すぐは肌の状態がとてもデリケートです。

そのデリケートな状態で肌に刺激があることをしてしまうと、炎症を起こしたり、痕に残ってしまったりと肌や毛に影響が出てしまいよくありません。

 

施術し終わってから気を付けることとはいったいどんなことなのでしょうか。

 

  • プールや温泉など施術一週間から二週間ほどは行かない
  • 脱毛後すぐはお風呂には入らない
  • 脱毛後すぐは温めない。気になるようなら冷やす
  • 保湿をたくさんする
  • カミソリなどで処理をしない
  • 毛を処理するときは毛を抜かない
  • 紫外線の対策をする

 

といったことに気を付けてください。

基本的に温めたり雑菌が沢山ある場所へ行ったりするのは、施術後の肌のバリア機能が弱くなってしまっている状態では炎症を起こしやすくなったりと肌トラブルの原因となり注意が必要です。なるべくしないようにしてくださいね。

 

しかし、施術前に気を付けることとほとんど同じですよね。

 

脱毛は特別な光によって抑毛から除毛を行う方法です。

そのため肌や毛穴に刺激がかからないようにするのが一番効果を高める方法なのです。

 

そもそも脱毛はなぜ効果が出るのに時間がかかってしまうのかというと、それは毛の周期に関係してきます。

 

毛の周期や脱毛の仕組みとは?通う頻度や脱毛効果が高まる理由とは

毛周期

脱毛には毛の周期がとても大切です。

毛を抜いた処理をしていけないのもこの毛の周期が関係してきます。

 

効果が高くなる脱毛周期

毛の周期とは、「生えて」「抜けて」「休んでいる」一連の期間を言います。

常に生えているように見える毛ですが、実は今生えている毛って、毛の全体の半分以下しか生えていないのです。

 

半分以下の毛は何をしているのかというと、毛穴を閉じて休んでいる状況です。

 

その毛の周期を「成長期」「退行期」「休止期」といいます。

毛の周期は場所や人によってもそれぞれです。一番周期が早いのは眉毛やまつ毛の顔の部分で1~2カ月。一番長いのは4カ月から半年かかる髪の毛やVIOです。

基本的に腕も足もワキも3ヶ月から5カ月となっています。

 

休んでいる状態の毛穴には脱毛の光が届きませんので、成長期である生えてくる毛の時期に合わせていかなければいけません。

また、生えかけている毛にも脱毛の光の効果はあるので、脱毛サロン店では2~3か月後に同じ場所を施術するように言われます。

すると前に施術したときに休止期だった毛が成長しているので、新しい毛に効果的になります。

 

脱毛は一週間に一度とか頻繁に何度も行くよりも、2~3ヶ月開けていく方が効果も高くなります。

 

脱毛をすると1週間や2週間ほどで毛が抜けていきますが、また生えてきてしまいます。

折角脱毛したのに効果がないじゃん!と感じるかもしれませんが、その毛が生えそろってきたら次の脱毛の施術チャンスです。

 

脱毛の仕組みを知っていると効果を感じる施術を受けやすい?

脱毛は一度の施術では効果がありません。

特にサロンでの脱毛ではほとんど光(フラッシュ)脱毛を採用しています。

これは、肌に影響が少なく、広範囲の毛に最も効果的な方法です。

 

この光が特殊で、白いものには反応せずに黒いものに反応するという仕組みになっています。

毛の奥にある毛乳頭を刺激することで、毛が生える仕組みを弱らせていきます。

当然出力が高い医療脱毛などでは、一度で弱ることもできますが、その分肌への影響も強く出たり痛みがとても強く出てしまったりします。

 

しかし、サロンでは痛みもほとんどなく、肌への影響も最低限で、効果がある出力で脱毛することができます。

 

高い出力で行うのが一番効果を高く感じるのですが、肌が乾燥していたり、肌や毛穴が炎症を起こしていたり、日焼けしたりすると当然肌への刺激を考えて出力を弱めないといけません。

効果がある施術を感じるためにも、毛にも肌にも優しい生活をする必要があります。

 

脱毛の効果を活かすための方法いつもの習慣編!

美脚

脱毛の効果を出すために大切なのは何といっても「習慣」です。

いくら外側から保湿しても、カサカサしていることありませんか?

実はそれ、体の中での栄養がない状況かもしれません。

 

いっけん関係ないように見えても、体の中の栄養は直接肌の状態に関係してきます。

 

  • 水を飲んでいない
  • お茶やジュース、コーヒーなど味がついている飲み物しか飲まない
  • 栄養が偏っている
  • コンビニ食やお菓子しか食べていない
  • 野菜を取らない
  • 脂物が多い食事が好き
  • 睡眠不足
  • タバコやお酒が好き
  • ストレスが溜まっている

 

といった生活習慣によって肌の状態が悪化してしまいます。

 

水をよく飲んで、栄養バランスがとれた食事をして、よく眠るようにしてください。

 

ストレスが溜まっていたり、栄養状態や睡眠の質が悪かったりするとホルモンバランスも崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると体に毛が生えやすくなる男性ホルモンが優勢になってしまいます。すると毛が生えやすくなってしまうので、脱毛の効果が半減してしまいます。

 

タンパク質を中心にビタミン、ミネラルをバランスよくとることが大切です。

タンパク質は、動物性タンパク質と植物性タンパク質があるので、植物性タンパク質を多めにとるように心がけてください。

植物性タンパク質は、豆腐、もやし、湯葉、納豆、きな粉に含まれています。また、ピーナッツやソラマメ、ゴマ、アーモンド、など、カロリーは高いですが他の栄養価も高い食べ物もあるのでバランスよく食べていくのもおすすめです。

 

まとめ

脱毛の効果を高めるためには、毎日のスキンケアだけでなく、体の中からの対策も必要です。体の外から内から肌を整えることで、脱毛の効果を高めるのが大切なんですね。

脱毛には毛の周期があって、それに伴って次回の施術の時期が大体決められています。効果が出るタイミングで施術するのが一番です。

自分がどのくらいのタイミングで脱毛に行けば効果が出やすいのかも違いますし、そのサロンによっても間を開ける期間である2~3ヶ月のタイミングは変わってきますので、スタッフに気軽に聞いてみて下さいね。

なんだか脱毛の効果が薄い気がするなと感じた方は、あてはまるものがあったら是非試してみてください。

 

ビー・エスコートでは、国内最新型の光脱毛を使用しているため、ほぼ痛みもなく、安全に安心して施術を受けていただけます。また、ローン契約が高くないため、多くの学生さんからも支持されております。

お手軽なお値段で、確実に脱毛をしたい!という方は、ぜひビー・エスコートまでお問い合わせください。