脱毛前後に飲酒はNG!

今の時代脱毛サロンに行く女性は珍しくありません。脱毛サロンでは、施術前後に飲酒を控えるよう記載があります。「ちょっとくらいのお酒は良いのでは?」、「飲みすぎなければバレないだろう」、「お酒を毎日飲まないとやってられない・・・」さまざまな理由で「どうして施術前後の飲酒はダメなの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

光脱毛も医療レーザー脱毛も同じで、脱毛前後の飲酒は控えたほうが良いとされています。これはお客様ご自身のためです。一度の飲酒で皮膚科にお世話になると、馬鹿らしいですよね。ここでは脱毛前後にお酒を飲んではいけない理由と、どうしても飲まないといけない事情がある方に向けてお伝えしていこうと思います。

脱毛前の飲酒は避けて!

飲酒

脱毛前の飲酒は、脱毛効果には直接的な関係はありませんが、間接的に大きな影響を及ぼす場合があります。以下で見てみましょう。

血行が良くなってかゆみや赤みが出る

お酒を摂取すると、血行が良くなります。そして肌の表面も火照ってきますよね。そもそも脱毛器は毛根に熱ダメージを与えるものなので、飲酒状態ではないときでも痛い(熱い)のです。火照った状態で施術を受けると、より痛み(熱さ)を感じてしまうかもしれません。その熱さによって激しいかゆみを感じる場合もあります。

 

さらにその際患部をかいてしまうと、肌が乾燥してダメージを受けてしまいます。そうすると次回の脱毛器の出力を下げなければいけないため、結果として脱毛効果が薄れることに繋がるのです。肌の乾燥は脱毛効果に影響を及ぼします。肌は常に保湿されている状態が望ましいですし、脱毛効果も高くなります。

 

それでは具体的に脱毛前というのは、どれくらい前のことを指すのでしょうか?以下で見てみましょう。

 

具体的に「脱毛前」っていつのことを指すの?

お酒の弱さ・強さ、分解の速さは個人差があるため、一概に「脱毛前は何時間前のこと!」というのはお伝えできませんが、基本的に施術の前日なら飲んでいただいて構いません。しかし、二日酔いになる状態まで飲むことはやめましょう。二日酔いの状態では頭痛・吐き気・めまい・血圧が高くなる・身体の火照りを感じることがあります。

 

二日酔いはホルモンバランス、自律神経にも影響を及ぼす場合があるため、脱毛効果にも影響する場合があります。また、アルコールを分解するために多くのビタミンが失われてしまいます。その中にはお肌をケアしている大切なビタミンも含まれています。

 

さらに飲みすぎは脱水症状を引き起こす可能性もあるため、代謝が落ちて身体は冷え、乾燥肌になってしまう場合があります。乾燥肌は脱毛効果に悪影響を及ぼしますよね。前日であろうと、お酒の飲みすぎには注意してくださいね。

 

脱毛後の飲酒は避けて!

飲酒

脱毛前よりも「脱毛後の飲酒の方が控えてください」と言われがちです。脱毛後の飲酒は以下の症状が出る場合があります。

 

血行が良くなってかゆみや赤みが出る

脱毛後の飲酒も脱毛前と同様で、血行の良さから身体が火照り、かゆみや赤みが出てしまいます。そのような症状が出ていなければ、お昼に脱毛をして夜は飲酒というのは問題ないと思います。施術当日の夜に飲み会がある場合は、早い時間に脱毛を済ませておくことをおすすめします。

 

まだそのような症状が落ち着かないというのであれば、飲酒は控えるようにしてください。かゆいからといってかいてしまうと、肌がぼろぼろになって乾燥してしまいます。乾燥は脱毛効果を薄れさせてしまいますよね。万が一かゆみが出た場合は、「軟膏」を患部に塗布してあげてください。軟膏が無い場合は、保湿クリームなどで乾燥を防いであげてください。また、保冷剤や氷水を使ってアイシングしてあげることも効果的です。

 

ビー・エスコートでは化粧品販売などの無理な勧誘はしないので、ご自身でお持ちの上記で保湿をしてあげてください。

 

具体的に「脱毛後」っていつのことを指すの?

脱毛直後から大体12時間以内のことを脱毛後といいます。約半日ですね。しかしこれはあくまでも基準なので、お酒の反応が出やすい、出にくいは個人差があるものなので、判断はご自身にお任せします。

 

できることならば、脱毛日の翌日以降からの飲酒をおすすめしています。

 

どうしても飲みたいなら脱毛部位を選ぼう!

まるとばつ

飲酒を控えてくださいと言われても、どうしても飲まなければいけない予定があるかもしれません。その際には、脱毛部位を選んで照射する必要があります。

 

ご自宅で赤みが出る分には問題はないと思いますが、外出先で赤みが顔や脚、腕に出てしまうと嫌ですよね。一番気を付けてほしい部分は「顔」です。飲酒で赤みが一番身体に現れる部位は「顔」ですよね。脱毛をした上、飲酒までするとより赤みが目立ってしまいます。

 

仮に顔の一部だけが赤くなってしまうと、笑い者になってしまうかもしれません。

 

ワキはほとんど人目に触れないため、あまり問題が無さそうです。腕や脚も露出をしないのであればあまり問題は無いと思いますが、服の繊維が患部に触れてよりかゆみを増してしまうこともあります。刺激の少ない服を着用することをおすすめします。

 

VIOも人目につかない部分ですが、かゆみが我慢できなくて掻くとなると、恥ずかしい部位でもあります。夏場だと蒸れてよりかゆみが増してしまいます。

 

飲酒をする際に避けるべき部位として、「顔」「VIO」に注意してください。

 

まとめ

普段お酒を飲む習慣がある方は、無理に禁酒をするとストレスになってしまいます。ですから飲む量を減らすなどして、心に負担をかけないよう心がけてみてください。

万が一、「照射前に急にお酒を飲む予定ができた」や、「脱毛のことを忘れていて飲酒をしてしまった」という場合は、当サロンまでご連絡ください。予約のキャンセル、延期のご対応をさせていただきます。せっかく費用をかけて通う脱毛は、効率良くきちんと効果を表したいですよね。肌が弱い人方だと脱毛前後の飲酒ですぐに乾燥してしまったり赤みが出てしまったりします。理想をお伝えすると、照射前後の飲酒は控えてくださいね。