脱毛前や後にお風呂はなぜだめ?対処法とやってはいけないこと

脱毛をすると「お風呂には入らないでくださいね」と必ず言われてしまいます。でも間違って入ってしまうことだってありますよね。そんなとき後から気が付いてしまうものです。脱毛後にお風呂に入ってしまったときの対処法はあるのでしょうか。

また、気になる脱毛前のお手入れの仕方や、脱毛前でもお風呂に入っていけないのかも不安ですよね。

今回は、脱毛後に間違ってお風呂に入っちゃった場合の対処方法や、脱毛後にお風呂に入っていけない理由など、脱毛とお風呂についての関係性についてお伝えしていきます。

 

脱毛後にお風呂に入っちゃダメって言われたけど理由は?

お風呂

どこの脱毛店でも、脱毛後にお風呂に入らないでくださいといわれるはずです。それはサロンでも、医療脱毛でも同じです。

お風呂と同じで、温泉もプールも入らないでくださいと言われます。もちろん、岩盤浴や、日焼け、マッサージも脱毛後は控えるように言われ、意外と脱毛後の行動は制限されてしまいます。どうして脱毛後の行動は制限されてしまうのでしょうか。

 

脱毛は肌への負担がとても大きく、いつもしていることでも刺激になってしまって、肌を傷める原因になってしまうからです。

脱毛は特殊な光が毛穴の奥まで届いて熱を持ち、毛根を破壊させるようになっています。黒いものに反応する特殊な光なので、肌にはあまり負担がかからないようになっていますが、それでも毛穴や肌にダメージは残ります。脱毛サロンで脱毛をすると、ほとんど痛みがなく脱毛が出来ますが、強い光なので脱毛後の肌は敏感になっています。

あまり痛みがなかったから大丈夫だろうと安心していると、日がたってから炎症がおきたり、湿疹が出たり、赤みが出てしまったりすることがあるのです。

 

それは肌が軽いやけどを負った状態に近くなるからです。肌を日焼けしたときに似ています。日焼けをした後お風呂に入って湯船につかったら、真っ赤になった何てことありませんでしたか?それは日焼けで肌が炎症して熱を持ってしまい、入浴して体が温まってまた熱が出てしまったからです。

 

湯船につかると、血行が良くなって熱が出ます。また、施術後は脱毛によって毛穴が開いている状態ですので、毛穴に湯船の雑菌が入り込んでしまう可能性があります。

腫れや赤みが出ていないのであれば、翌日から入浴は可能です。お風呂の温度はぬるめにして、長湯をしないようにしましょう。しかし翌日とはいえまだまだ肌は敏感になっています。出来れば脱毛後、一週間は湯船に入らないようにしましょう。

 

お風呂に入るのは、脱毛した敏感な肌にとってとても刺激が大きいことなのですね。

 

脱毛の後お風呂に入っちゃった!どんな風になる?対処法は?

お風呂上り

脱毛後に湯船につかっちゃいけないって言われていたのに、お風呂に入ってしまったらどんな状態になってしまうのでしょうか。

 

先ほどお伝えした通り、湯船につかると熱を持ちます。

赤み、湿疹、かゆみ、痛み、など起きてしまいます。

また、開いた毛穴に細菌が入り込んでしまうことで、毛嚢炎などの毛穴の炎症が出てしまいます。

この炎症などを放置してしまうと、炎症から肌が荒れてしまうこともあり、トラブルが重なってしまうこともあります。また、赤くなったその部分がシミになってしまう可能性もあります。

 

脱毛後に湯船に入ってしまって一番多い症状は、かゆみです。かゆみは痛みと同じ神経で、痛みの一歩手前の症状です。かゆみから痛みに変わることも十分にあり得ます。

 

脱毛後に湯船につかってしまった場合、お風呂から出るときにシャワーで流します。その時できれば冷たいシャワーで脱毛した部分を流すようにしてください。

そしてタオルで体を拭くときはゴシゴシとこすらず、優しく叩くように水を吸い取ります。その後、脱毛した部分を冷やします。冷たいタオルや、保冷剤をタオルで包んだもので脱毛した部位を冷やすようにしましょう。

 

もし冷やしても痛みが強く出たり、赤みが全く引かなかったりした場合は施術したサロンに相談してください。

一日で収まるならよいのですが、何日も続くようなら、病院に行ってみてください。

 

 

お風呂だけじゃない?脱毛前後にやってはいけないもの

運動

しかし、脱毛した肌の後にしてはいけないことは多いのですが、その日や次の日に脱毛する場合にしてはいけないことはあるのでしょうか。

脱毛前はお風呂に入っても大丈夫です。ただ、脱毛にいく寸前は湯船に入って体を温めないようにしてくださいね。

 

体を温めるのは、基本的にしないようにしてください。ジムに行って運動するのも当日は控えます。

飲酒や日焼けも厳禁です。飲酒や日焼けがひどい場合は施術が出来ないこともあるので、注意してください。

 

そして意外ですが、脱毛前は保湿剤を塗らないようにしましょう。保湿剤などのクリームは、毛穴に入り込んでしまう恐れがあります。保湿剤と同じように、日焼け止めクリームなどや、制汗剤も脱毛当日はつけていかないようにしてください。

 

また、サロンによっては、毛を自己処理してきてくださいといわれます。その場合は脱毛を行う前日までに毛を処理しておきます。しかし、毛を抜いての自己処理は厳禁です!脱毛の効果がなくなってしまいます。

毛を自分で処理するときは、電気シェーバーのような肌を保護しながら毛の処理が出来るものを選んでくださいね。

 

脱毛前や後にお風呂はだめ?お風呂に入ってしまったときの対処法のまとめ

脱毛後のお肌は、すくなからず影響を受けていて敏感になっています。普段平気だったものが肌の刺激になってしまうことがあります。

肌の刺激になってしまいやすいのが、脱毛後のお風呂での入浴です。体が温まることやお風呂の細菌が毛穴に入り込んでしまって炎症がおきてしまいます。

 

脱毛後のお肌には刺激が強いので、シャワーで軽く流す程度にしてくださいね。

シャワーもぬるめのお湯を使い、特に脱毛をした部分は優しく洗うようにしてください。意外と見落としがちなのが、体を拭くときです。優しくぽんぽんとたたくように水分を取るようにしましょう。

脱毛後はお風呂に入らず、肌に負担をかけないように、安静にして肌の調子を整えてあげてくださいね。

 

ビー・エスコートでは、肌トラブルを避けるために、無料テスト脱毛を実施しております。機械で肌の水分量を計測し、基準値に満たなかった場合、施術をお断りしております。

また、国内最新型の光脱毛を使用しているため、肌へのダメージも少なく、痛みもほぼなく、安心して安全に脱毛することが可能です。

脱毛に関してお悩み・ご相談などがございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。