脱毛中に気になること。脱毛中にしていいこと悪いこととは

脱毛中に気になることってたくさんありますよね。

脱毛に通っているときにやってはいけないことや、脱毛の施術の前や最中に気になることなど出てきてもあまり相談することができないこともあるかと思います。

そんな気になる脱毛中に気になることを、ひとつずつ見ていきたいと思います。

 

脱毛中にして悪いことってあるの?

日焼け

脱毛はサロンやクリニックでの医療脱毛とありますが、どちらも光を使ったフラッシュ脱毛が主流です。たくさんの種類がありますが、脱毛に通っている方には共通してしてはいけないことがあります。

それは、「日焼け」です。これはカウンセリングの時などにも案内されるかと思いますが、日焼けをしてしまうと脱毛の効果が半減してしまいます。そればかりでなく日焼けの具合によっては施術を断ることもあります。

これはフラッシュ脱毛の機械の仕組みにあります。光で反射したところが白いと光が分散されて、黒いと吸収して熱を発するようにできています。肌は毛よりも色がないので肌には反応せずに毛にだけ効果的に広範囲で施術することができます。日焼けしてしまうと肌の色が濃くなってしまうので、肌に反応してしまいます。肌に反応してしまうと、火傷のような症状が起こってしまいます。

 

折角効果が出てきたのに脱毛ができないのは困りますよね。

日焼けしても施術してくれるのはニードル脱毛です。しかし毛穴一つ一つに針を刺しこんで熱を加えていくので痛みが強く出てしまいます。しかし一番効果が高いのがこのニードル脱毛です。

 

脱毛中にしてはいけないこと二つ目は、自己処理です。

脱毛中の自己処理はなるべく行わないようにします。

脱毛中は2~3ヶ月に一度の施術になるので、どうしても次のムダ毛が生えてきます。その際に自己処理を行ってしまうと脱毛のサイクルが狂ってしまいます。サイクルが狂ってしまうと脱毛の時期が長くなってしまう可能性がありますのでできればサイクルが狂うような自己処理は行わないほうが良いです。

毛の周期が変わってしまう、毛を抜く自己処理は脱毛期間中はやめておきましょう。

毛抜きやワックス脱毛、除毛クリームなどはしないようにして、カミソリで表面に出ている毛を処理するようにしましょう。

 

脱毛の施術前に気をつけておくこと

乾燥

脱毛をする前にも気を付けておくことはあるのでしょうか。

先ほど言った、日焼けなど以外にも気を付けておくことがあります。

 

それは「乾燥」です。

 

乾燥してしまうと、脱毛をすることができなくなってしまうことがあります。というのも、肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能が弱っている状態になっています。脱毛は肌に刺激が少なからずあります。サロンで行われている脱毛は医療脱毛より刺激は少ないものの、それでも刺激があるのでなにかの反応が出てしまうことがあります。

それは生理中でも一緒です。いつもよりも肌が弱いときに脱毛の施術をすると反応が出てしまうことがありますので心配でしたら相談をしたり、カウンセリングの時に聞いてみたりするようにしましょう。

 

乾燥の対策として保湿が効果的です。しかし、クリームだけ塗ると中に水分がない状態になってしまいます。体の部分には水分が多い全身用ローションを塗ってから、クリームで蓋をするようにすると肌の水分量を増やすことができます。

脱毛後は乾燥しやすいので、家に帰ってからも保湿を心がけてくださいね。

 

脱毛前に気を付けておいてほしいのがお手洗いです。

 

VIOなどをするときはいつもよりもしっかりと拭いておくようにしてくださいね。

サロンによってはウォシュレットがあるのでVIOを始める前にお手洗いに行っておくとよいかもしれません。

 

また、施術中は30分や場所によって1時間ほどかかってしまうことがあります。

途中でお手洗いに行きたくなっても行きにくくなってしまいます。

また施術し終わって冷やす時間を設けているところがあります。そのときに施術したところを冷やすので、体が冷えてしまう可能性がってトイレが近くなってしまいます。

 

施術中にお手洗いに行ってしまうと施術の時間がその分短くなってしまうので最初にすましておくと安心です。

 

脱毛中に気になったらどうすればいいの?

我慢

脱毛中に気になることがあると思います。

「痛みが強い」「かゆいところがある」「トイレに行きたい」となるとスタッフに声をかけていいのか悩んでしまいますよね。

 

そんな時はどの場合でも、スタッフに声をかけて下さい。

 

痛みが強い

痛みが強い場合は、機械の出力が強い場合もありますし、何かの理由があって肌にやけどを負ってしまっている可能性もあります。

なにかトラブルが起きている可能性も高いので、痛みがある場合はスタッフに伝えて下さい。

 

脱毛はある程度痛みは伴います。よく言われるのがゴムをバチンとはじいたときの痛みに近いともいわれています。しかし施術し終わったところがひりひり痛んだり、じんじんするような痛みがあったりするときはスタッフにしっかりと伝えてくださいね。

 

かゆい

またかゆいところがある場合、そのままかいてしまうと脱毛器に当たって毛がしてしまう可能性があります。

その場合は、かゆいところがあるんですがかいていいですか?と伝えてください。

 

トイレに行きたい

施術中にお手洗いに行きたくなった場合も連れて行ってくれますので安心してスタッフに伝えてください。しかしジェルなどを付けて脱毛をする場合、ジェルを拭わなければいけないので少し時間がかかります。

余裕をもって伝えるようにしてください。全身脱毛の施術だと上半身裸や下半身裸などになる可能性があります。

その場合はガウンを貸してくれます。

 

しかし、できることならお手洗いは施術を行う前に一度言っておくと安心です。

先ほどもお伝えした通り、施術中にお手洗いに行く場合は時間がかかってしまうことが多いです。脱毛の時間は決まっていますので、すると施術の時間が短くなってしまいますので注意が必要です。

 

まとめ

脱毛中ってたくさん気になることが出てきてしまいますよね。

脱毛期間中や脱毛の施術中で気になることがあったら、カウンセリングの時に聞いてみたり、施術するときにスタッフに気軽に声をかけてみてくださいね。

 

ビー・エスコートでは、無料カウンセリングを実施しております。全国に70店舗ある脱毛サロンなので、脱毛に関してお悩み・ご相談などありましたら、ぜひお近くのビー・エスコートまでお問い合わせください。

また、ビー・エスコートでは国内最新機器の光脱毛を使用しております。ですからお痛みもほぼなく、幅広い年齢の方に支持されております。

初めての脱毛で、分からないことがたくさんあるのは皆さん同じです。お気軽にお問合せいただければと思います。