脱毛中に毛が生えてくる理由。気にならなくなる期間とは

脱毛初心者や脱毛経験が浅い人は、「脱毛は、施術さえ受ければすぐに完了することができる」と勘違いしてしまいがちです。

1回の施術では完了しないことを理解していたとしても、その原因や理由がどういったものなのかということを理解していなければ、完全に脱毛できないことに焦りや苛立ちを感じてしまいます。

 

脱毛の施術を受けている途中なのに、ムダ毛が生えてきて驚いてしまったり、完全に施術が終わったはずなのに、数年後また毛が生えてきてショックを受けたりします。

脱毛の施術を受けている期間であるにもかかわらず、ムダ毛が生えてくることはよくあることですが、ではなぜ、脱毛期間の途中でムダ毛が生えてきてしまうのでしょうか。

 

また、ムダ毛が気にならなくなるまでの期間とは、どれくらい必要なのでしょうか。

 

脱毛中に毛が生えてくるのは毛周期が関係するから

毛周期

できるだけ脱毛を完璧に完了させたいと思うならば、毛周期のことを理解せずして脱毛を成功させることは不可能でしょう。

それだけ、脱毛の行く末は毛周期によって支配されているといっても過言ではないのです。

 

毛周期とは言わずと知れた、毛が1度抜け落ちて、また新しい毛が生えるまでのサイクルのことですが、このリズムをしっかり把握していなければ効率よく脱毛することはできません。

成長期、退行期、休止期の3つの期間からなる毛周期ですが、しっかりと脱毛の効果があるのは、成長期に入っているムダ毛だけです。

 

照射された光の熱をしっかり毛乳頭や毛母細胞まで届け、ダメージを与えることができるのが、成長期のムダ毛だけなのです。

毛と毛乳頭がしっかりと結ばれた状態にある成長期でなくては、施術で使用される光の熱がしっかりと伝わらないため、脱毛することができなくなってしまいます。

 

退行期と休止期に入っているムダ毛は、毛と毛母細胞がしっかり結びついていないため、いくら光を照射しても効果はほとんどありません。

 

毛一本一本違う、脱毛効果がないムダ毛とは

女性

脱毛の効果が成長期のムダ毛にしかないとわかれば、気になる部位のムダ毛が成長期に入った時に、一網打尽で施術をすれば、あっという間に脱毛が完了しそうですよね。

ですが、そうはいかないのが脱毛の悩ましいところでもあるのです。

 

皮膚表皮に見えて生えているムダ毛は、ほとんどが成長期か退行期に入っている毛ですが、実際見た目には区別がつかないため、目に見えて生えているすべてのムダ毛に対して照射することになります。

成長期のムダ毛には脱毛の効果があるとしても、施術時に退行期だったムダ毛はどうなるの?と疑問に思いますよね。

 

退行期だったムダ毛の中には、毛と毛乳頭との結びつき具合によっては多少効果のあるムダ毛もあれば、ほとんど効果がないムダ毛もあります。

1度の施術で脱毛の効果が得られなかったムダ毛には、改めて成長期に入る頃に、再び施術をする必要があるのです。

 

また、施術時に休止期だったムダ毛は、メラニン色素そのものが存在しないため施術の効果は全くなく、きちんと成長期に入るタイミングを待って、再度施術しなくてはいけません。

このように、毛1本1本の毛周期が異なることが、脱毛の施術が1回で完了しない理由です。

そしてそのことが原因となり、脱毛に関する勘違いが生じてしまうことになるのです。

 

脱毛が完全に終わるのはいつ?

疑問女性

脱毛が完全に終わるのっていつなのでしょうか。

 

≪異なる毛周期≫

脱毛に関する勘違いとしてよくあげられるのが、「脱毛が完了した」と思い込んでしまうことです。

毛の生えかわりのためのサイクルでもある毛周期の長さは、部位によっても異なりますが、ムダ毛1本1本によっても異なるものです。

 

同じ部位の中でもムダ毛1本1本によっても毛周期に違いがあるため、同じ施術を受けても効果のあるムダ毛とないムダ毛が発生することで、私たちに脱毛が完了したと勘違いさせてしまいます。

 

≪退行期と休止期のムダ毛≫

人間の肌には無数の毛穴が存在しますが、そのすべての毛穴から常に毛が生えているわけではありません。

休止期に入っているムダ毛は、皮膚表皮には目に見えて毛が生えていませんが、毛穴の奥で発毛のための準備をしっかり進めています。

 

この、目に見えて生えていないムダ毛こそが勘違いの原因であり、1度の施術が終わった後に成長期、退行期へと進行していくため、遅れて皮膚表皮に顔を出すことになります。

1度の施術で脱毛の効果が発揮された成長期のムダ毛は、やがて2週間前後で毛が抜け始め、目に見えて生えていたムダ毛がほとんど抜け落ちるため、脱毛が完了したと思いがちですよね。

 

その後に、前回の施術で効果がなかった退行期のムダ毛や、休止期のムダ毛が成長を続け、毛周期のサイクルを進め、遅れて成長期に突入することで肌表面に顔を出します。

そのため、成長期として効果のあった毛が一気に抜け落ちてつるつるの肌になり、脱毛が完了したと思い込んでいる時に、遅れて生えてきたムダ毛に驚かされることになるのです。

 

まるでムダ毛が戻ってきたという感覚に陥り、がっくり肩を落とす人もいますが、実は違う毛が新たに活動を始め出しただけのことなのです。

この毛周期のメカニズムこそが、脱毛中に毛が生えてきた!と思ってしまう理由なのです。

 

≪ムダ毛が気にならなくなるまでの期間≫

ムダ毛が気にならなくなるまでの期間は、脱毛する部位によっても違いがあり、さらには受ける脱毛方法によっても違いがあります。

人気の高いワキ脱毛を光脱毛で施術した場合、平均すると約5~6回施術を受けた時点で、ムダ毛が減ったことを実感できる人が多くなります。

 

ムダ毛がだいぶ生えてこなくなったな、と気にならなくなり、自己処理の頻度が大幅に減少するのは10回~12回ほど施術を受けた時です。

期間にすると、1~2年ほどの期間を要することとなります。

 

医療脱毛の場合効果が早く現れるため、光脱毛と比較すると2~3回程少ない施術で、ムダ毛が減ってきた効果を実感できる人が多くなっています。

ムダ毛が減ってきた際に脱毛が完了したと思い込んでしまい、施術へ通うことを中断したりすれば、ムダ毛が気にならなくなるまでの期間は、さらに遠のいてしまうことになります。

 

まとめ

脱毛は思いのほか根気がいる施術です。

ムダ毛が気にならなくなるまでには、数年単位の期間を要することを覚悟し、じっくり向き合いながら根気強く施術を続ける必要があります。

 

体毛の生えかわりのリズムを無視して脱毛を成功させることは難しく、そのまま進めれば効率の悪い脱毛を繰り返すことになるだけです。

詳しいことを知らずして、目先の姿だけに気をとられていると、施術の途中でムダ毛が再度生えてきてしまったと錯覚したり、なかなか脱毛が完了しない、と苛立ちや焦りまで覚えてしまいます。

 

ムダ毛は自分にとって邪魔な体毛かもしれませんが、きちんと意味があって存在するものであり、その仕組みをしっかり把握することで、初めて美を追究することができるものです。

せっかく脱毛するのですから、ムダ毛の存在意義をも考えながら脱毛を進めると、脱毛成功への道のりも近くなります。

 

ビー・エスコートでは、国内最新機器の光脱毛を使用しております。お痛みもほぼなく、安心して脱毛を受けていただけます。また、一か所ごとの照射範囲が広いため、効率よく脱毛することが可能です。

脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。