脱毛中にくすぐったいときの対処法

脱毛に関する悩みや不安の1つに、施術時の痛みがあります。

施術方法や部位によっても感じる痛みには差があり、またその痛みの感じ方は、人によって違うものです。

人によって感じ方が違うという観点で言うと、痛みとは別に気になる不安材料がもう1つあることをご存知でしょうか。

 

それは脱毛時に感じる「くすぐったさ」です。

施術時に感じるのは痛みだけではないの?と経験したことがない人は思うかもしれませんが、この「くすぐったい」という感覚も、施術を受ける人を意外と悩ませるものだったりするのです。

では、施術時にくすぐったさを感じてしまう時には、どのように対処するといいでしょうか。

 

なんで脱毛中にくすぐったくなるの?

笑顔女性

そもそもくすぐったいという感覚は、どういったものをいうのでしょうか。

あまり深く考える機会もないかもしれませんが、実はくすぐったいという感覚はとても興味深く、奥深い感覚でもあるのです。

人に触られるとくすぐったく感じる部位でも、自分で触ると何ともなかったりしますよね。

 

たとえば足の裏や脇の下といった、人からくすぐられたりする定番の部位でも、自分で触ると、さほど何も感じなかったりするものです。

ではなぜ、自分以外の人間が触れるとくすぐったさを感じてしまうのでしょうか。

 

くすぐったさを感じてしまう理由には諸説ありますが、その理由の1つとして、人間が持ち合わせた「防衛本能」と呼ばれる本能が関わっていると言われています。

自分の身を、外部による危険から守るための本能です。

 

触ってくる相手から、自分を守るための防衛本能としてくすぐったいという感覚が生まれます。

自分を触ってくる相手が、親しい人や身近な人でない時、または触る目的が明確でない時などに不安を抱くことで、くすぐったさを感じるのです。

だからこそ、脱毛の経験が無い人は特に、施術されるとくすぐったさを強く感じてしまいます。

 

脱毛しているときはどのタイミングでくすぐったさを感じる

爆笑女性

≪脱毛初心者≫

脱毛の施術時に、このくすぐったさを感じてしまう人は意外と多いものです。

特に脱毛の経験がない人の中には、その感覚に耐えられるかどうか、強い不安を抱いてしまう人もいます。

くすぐったさが心配で、脱毛にチャレンジできない人もいるほど、くすぐったいという感覚は想像以上に脱毛へのハードルを高くしてしまいます。

 

≪感受性≫

外部からの事象の変化を、刺激として受け入れる力を感受性といいますが、感受性が強い人ほど肌からの刺激にも反応しやすく、くすぐったいと感じてしまいがちです。

人が自分の肌に触れることを察知すると過剰に反応してしまい、くすぐったいという感覚として強く意識してしまいます。

 

触れてくる相手に不安を抱いていなくとも、ただ第3者に触られるだけでくすぐったく感じてしまいます。

 

くすぐったい部位

人に触れられるだけで、全身どこであってもくすぐったいという人も多くいますが、特にくすぐったさを強く感じる部位としてあげられるのが、ワキやお腹です。

ワキやお腹は、日常的には隠れている部分であるため、外部からの刺激に弱く、とても敏感です。

 

ほとんど人に触れられることがない部位を人に触れられることで、くすぐったさを強く感じやすくなっているようです。

また、背中もくすぐったさを強く感じる部位です。

施術する範囲が広いことから施術時間も長くなりがちで、なおさらくすぐったさを感じてしまいます。

 

くすぐったいタイミング

くすぐったさを感じてしまうタイミングは、施術時だけに限りません。

施術前には前処理として、自分でシェービングをしてくる必要がありますが、剃り残しがあった際、ほとんどの場合スタッフの方にシェービングしてもらうことになります。

 

そのため、電動シェーバーやカミソリなどの動きに、くすぐったさを感じやすくなってしまいます。

また、実際に施術する前には肌に冷却ジェルを塗ったりしますが、その冷たいジェルにもくすぐったさを感じる人も多くいます。

 

脱毛の施術をする際には、ほとんどの人が多少なりとも痛みを感じるものですが、反対に、施術の光による刺激さえも、痛みではなくくすぐったいと感じてしまう人もいます。

 

脱毛しているときにくすぐったい時の対処法

ヨガ

施術してくれる側のスタッフの方々は、数多くの施術を経験している人ばかりです。

施術を受ける側の私たちが、どんなところにくすぐったさを感じやすいのかを把握し、施術時にくすぐったさを感じる人たちの姿も、見慣れているものです。

 

とはいえ、できればくすぐったさを封印し、施術してくれる人の迷惑にならないようにしたい、と誰もが思うことでしょう。

では、くすぐったさを改善する対策法にはどんな方法があるでしょうか。

 

①前処理を怠らない

施術に臨む前に、ムダ毛の前処理をしていく必要がありますが、この処理を怠らずにしっかりしていきましょう。

きちんと処理していくことでシェービングしてもらう手間を省き、くすぐったさを感じる機会も軽減することができます。

 

②リラックスする

くすぐったさを我慢しなくてはいけないと思うことで緊張してしまい、さらにくすぐったさに対して敏感になってしまいます。

できるだけリラックスすることで、精神的にも余裕をもって施術に臨むことができ、想像以上にくすぐったさを感じにくくする効果が期待できます。

 

③ジェル不要店

施術前には冷却ジェルを肌に塗布するところがほとんどですが、このジェルをせずに、施術する脱毛サロンもあります。

情報をしっかり収集し、自分が求めている脱毛に影響ないと判断できれば、このようなサロンを利用することも1つの方法です。

 

④無料体験

施術の経験がないがゆえに、くすぐったさを強く感じてしまうものです。

脱毛未経験でくすぐったさが心配な人は、契約する前に、無料体験などで実際の施術を体験することで、くすぐったさを感じるタイミングやレベルなどを知ることができます。

どの程度のものなのかを事前に知るだけでも、くすぐったさを軽減するポイントとなります。

 

まとめ

脱毛の施術中に、「くすぐったい」という感覚を人一倍感じてしまう人にとって、この問題は想像以上に深刻な問題だったりするものです。

くすぐったさのせいで、施術の邪魔になるのではないかと思えば思うほど不安になり、何とかしなくてはと、焦りを感じたりする人もいます。

 

ですが、人に触れられることで感じるくすぐったさとは、ある意味当たり前の感覚でもあり、決しておかしいことではありません。

施術してくれるスタッフの方も、どこがくすぐったいと感じやすい部位なのか、すべてを把握している人たちばかりです。

 

大事なことは過剰に心配せず、できるだけリラックスした気持ちで施術を受けることです。

くすぐったいのは当たり前だと開き直るほどの気持ちも大事です。

自分でやれるだけの対処法を実践したら、あとは深く考えず、できるだけリラックスした状態で施術を受けるように心がけましょう。

 

ビー・エスコートでは、国内最新機器の光脱毛を使用しております。お痛みもほぼなく、一部分ごとの照射範囲が広いため、より効率的に脱毛することができます。また、ローン契約が高くないため、多くの学生さんからも愛されている脱毛サロンです。

脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。