脱毛サロンは妊娠中でも通える?脱毛を続けるリスクと赤ちゃんへの影響とは

脱毛サロンやクリニックは、1度通い始めると長い年月をかけて脱毛を完了させていきます。そのため、脱毛期間中に妊娠した人も沢山いることでしょう。

 

そこで問題になるのが、妊娠中に脱毛の施術を受けることができるかどうかです。

今回は、妊娠中に脱毛を続けるリスクと赤ちゃんにどんな影響を与えるかを中心に、妊娠中の脱毛について詳しく紹介します。

 

妊娠中の脱毛はNG!?その理由とは

妊婦

妊娠は女性の身体に大きな変化をもたらします。そのため多くのサロンやクリニックで、妊娠中の施術は中止する決まりになってます。

 

脱毛と妊娠は直接的な関係がないため影響がないのでは?と考える方が多いようですが、妊娠中はトラブルが絶えないのが事実。

ここでは妊娠中の脱毛で考えられるリスクを3つ紹介します。

 

脱毛の効果が出にくい

妊娠中は、通常時に比べてホルモンバランスが大きく変化します。

女性ホルモンの分泌が増えるといわれており、お腹周りの毛が濃くなったりそのほかの場所にあるムダ毛が濃くなることがあります。

 

そんな時期に脱毛を行っても、効果を実感できるどころかさらに濃くなってしまうことも考えられるでしょう。

 

時間やお金をかけて脱毛したのに効果が現れないのは、効率よく脱毛できないということにもなります。

 

ストレスになる

妊娠中は、生理前のようなイライラした感情が続きます。そのためストレスが溜まりやすく、心のバランスを崩しがち。そんな時期に身体へ負担のかかる脱毛を行うと、もっと心のバランスが取れなくなる可能性があります。

 

特に、お腹の大きくなる時期に長時間仰向けになることは、心だけではなく身体へのストレスにも繋がるでしょう。

 

肌トラブルが起きやすい

今まで肌トラブルを起こしていなかった人でも、妊娠中は肌が敏感になったりして肌トラブルが起きる可能性があります。

通常時であれば、肌トラブルがあれば薬を処方しますが、妊娠中は使用してはいけない薬も沢山あるので、普段と同じ治療ができない可能性があります。

 

こういったリスクを避けるために、妊娠中の施術は中止するサロンが多いのです。

 

妊娠中の脱毛は赤ちゃんに影響するの?

子供

妊娠初期はあまり身体に変化がないことから、気づかずに脱毛の施術を受けてしまうことがあります。

でも問題はありません。たとえ妊娠中に脱毛をしても、母体を通してお腹の赤ちゃんに影響を与えることはありません。

 

そもそも脱毛サロンで取り入れている脱毛方法は、光を使用して毛根にアプローチをする方法です。どんなに当てても皮膚から2㎜ほどしか行き届かないので安心してください。

 

赤ちゃんに直接影響はないものの、妊娠がわかってから施術を受けるのは、先ほども紹介した「リスク」を高めることになります。

 

さらに、妊娠を知らずに脱毛をしたことで、肌を痛め薬を使う方がよっぽど怖いですよね。

妊娠初期に薬を服用するのは、赤ちゃんに大きな影響を及ばす可能性があります。

生理が遅れていたり、妊娠の兆候がある場合は脱毛は必ず中止しましょう。

 

脱毛期間中に妊娠がわかったらどうすればいい?

まだコースを消化しきれていない段階で妊娠が発覚した場合、残りのコースはどうすれば良いのか悩みますよね。

 

これはサロンの契約内容によりますが、だいたいのサロンがコースの有効期間を設けています。基本的にその期間内で脱毛を終わらせれば良いのですが、妊娠が理由の場合有効期間を延期してくれることが多いです。回数保証が付いている場合は、その回数までは必ず保証してくれます。

 

妊娠が発覚したらすぐに、有効期間の延期や回数保証をしてもらえるか確認して、脱毛中止の連絡を入れましょう。

キャンセル料が発生するサロンでも、妊娠が理由の場合はペナルティーが発生しないこともあるようなので、契約先のサロンに問い合わせてみましょう。

 

妊娠で中断した脱毛はいつから受けられる?

親子

妊娠で脱毛を中断した場合、次に気になるのが脱毛を再開するタイミングではないでしょうか。脱毛再開のタイミング、脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、だいたい「授乳」が終わったかどうかで脱毛を再開する人が多いようです。

 

なぜなら、授乳が終われば女性ホルモンが安定してくるので、脱毛効果がしっかりと実感できて肌トラブルも少なくなるからです。

 

しかし、全身脱毛が再開されるわけではないようです。ほとんどのサロンが乳腺が通っている「胸・ワキ」は施術を再開することが難しいとされています。

 

胸・ワキの脱毛再開時期が気になる場合は、事前にサロンに聞いておくと良いでしょう。

妊娠前に1度脱毛をした部位が完全に元に戻ることは考えにくいです。

焦りがあると思いますが、リスクを避けるためにも焦らずに脱毛を再開させましょう。

 

まとめ

妊娠中の脱毛は赤ちゃんに影響がありません。万が一妊娠がわからずに施術を受けてしまっても問題はないので安心してくださいね。

しかし、母体にはさまざまなトラブルが起こる確率が高まります。必ず妊娠がわかったら施術を中止しましょう。

 

脱毛コースの有効期間や回数保証が不安な場合は、サロンを決める段階でそこまで聞いて選ぶと、脱毛中でも妊娠に困ることはないかもしれません。

 

ビー・エスコートでは、専用書類を用意・提出することで、妊娠中のコース延長が可能です。

必ず妊娠がわかったら知らせるようにしましょう。