脱毛サロンでしつこい勧誘をされた時の対処法・断り方まとめ

脱毛サロンの体験に行ってみたいと思っても、「勧誘されたらどうしよう?」「断るのが苦手……」と思って足が遠のいてしまう……なんてご経験、あるのではないでしょうか。

脱毛サロンは即決できるほどの安い金額ではないですし、じっくり選びたいですよね。

 

今回は、脱毛サロンでしつこく勧誘されてしまった時の、有効な断り方と対処法を紹介します!

 

そもそも、脱毛サロンでしつこい勧誘ってあるの?

×

脱毛サロンは、お客さんに契約をしてもらい、お金を貰う事で成り立っています。お店によっては、厳しいノルマがあって、達成できないとお給料に影響が出てしまうため、従業員は一生懸命契約をしてもらおうと強引な勧誘をします。

 

ですが、行き過ぎた勧誘はお客さんにとっても嫌な思いをさせますし、逆効果ですよね。

 

脱毛サロンでの勧誘は、少し前ですとあったようです。

「契約しないと帰れないようにされた」「時間がないのに、強引に聞かれて嫌だった」などの口コミは、どのサロンでもあるようです。

 

しかし、最近はすぐにSNSや口コミに情報をかかれてしまうためしつこい勧誘をしてくるサロンは少なくなりました。

 

大手サロンではしつこい勧誘をしないように徹底されていますが、小さいサロンや個人経営のサロンではまだ勧誘はあるかもしれません。

 

もし、勧誘にあった時のために断り方や対処法を確認しておく必要があります。

 

脱毛サロンで勧誘された時の対処法

ごみ

脱毛サロンで勧誘された時の対処法をいくつか紹介します!

 

  • きっぱりと意思表示をする
  • 先に勧誘をしないように言っておく
  • クーリングオフをする

 

きっぱりと意思表示をする

勧誘を断るには、「今はちょっと……」「お金がなくて……」など、曖昧な態度でいると、「今しかないですよ!」「月額なら負担がないですよ!」などと言われてしまい、逃げ道をどんどんなくされてしまいます。

 

もしすぐに決める事はしない、または体験だけで終わらせたいのであれば、

「両親(主人)に相談したいので、今日は契約できません」

「今日の体験の経過をみたいので、今日は契約しません」

「他のサロンとも比べたいので、こちらからまた連絡します」

などと、はっきりと言いましょう。

 

先に勧誘をしないように言っておく

勧誘が嫌な場合は、電話予約などの時やカウンセリングシートなどに、勧誘をされたくないと書いておきましょう。

 

「とてもいいサロンがあったけど、勧誘が酷くて辞めたんです」

「勧誘があるサロンには行かないようにしてるんですが、そちらは大丈夫ですか?」

など、先に言ってしまうと、お店側も勧誘がしづらくなります。

 

しかし、体験の後に料金体系などの説明を受けることが多いので、そこはしっかりと話を聞いて、判断しましょう。

 

クーリングオフをする

どうしても断り切れずに契約してしまった場合、最後の手段としてクーリングオフが利用できます。

 

クーリングオフをするには、いくつかの条件が必要です。

 

  • 契約日から8日以内
  • 契約金額が5万円以上
  • 契約期間が1ヶ月以上

 

この3つを満たしていないと、クーリングオフはできません。

 

クーリングオフの方法は、

 

ハガキの裏面に、

「契約の解除通知」と書く

「契約した日付」「契約したコース名や商品名」「販売会社名」を書く

「右契約を解除します。契約金額〇円を下記銀行口座へ振込みをお願いいたします」と書く

「振り込みしてほしい銀行名・支店名・口座番号」を書く

「記入した日付・自分の住所・自分の名前」を書く

 

これを、契約した会社宛てに送れば完了です。

 

切手代はかかってしまいますが、ハガキや、書面1つで契約をキャンセルすることができますので、断り切れずに契約をしてしまった場合にはクーリングオフを利用しましょう。

 

契約を決めた後も、勧誘がある!?

悩む 女性

契約を決めて、通い始めてからの勧誘も少なくありません。

 

脱毛が終わりかけの時に、「あともう○回やってみませんか?」や、

カウンセリングや契約した時に、「この美容液が脱毛後のお肌にとても良くて~」と化粧品の勧誘があります。

 

もちろん、良いものだと思った場合には購入すれば良いですが、追加でお金をかける予定がない場合にはそちらもきっぱりと断るようにしましょう。

 

「大丈夫です!」「やりません!」「いりません!」としっかりというのがコツですよ。

 

まとめ

しつこい勧誘は少なくなったとはいえ、曖昧な態度でいると、どんどん追加料金を取られてしまうことがあるかもしれません。

 

はっきりと明確に断りをいれることと、「おかしいな?」と感じたらすぐに確認をするようにしましょう。

 

勧誘がしつこいサロンは、売れていない、またはお客さんが少なくて、焦っているためにしつこい勧誘になってしまっているはずです。

そういうサロンは、技術面や接客にも現れてくるはずですので、勧誘がしつこいサロンは「良くないサロンである」と断言しても良いでしょう。

 

プランの説明はされても、しつこい勧誘はしないサロンの方が、納得もできますよね。

勧誘の少ないサロンで、納得した内容で脱毛を始めましょう。