脱毛を受ける際の事前処理は必要?

近年、価格の安さや店舗の増加によって、脱毛サロンで施術を受ける人が多くなっています。

せっかく脱毛の施術を受けるならば、しっかりとした効果が現れるように準備もきちんと行いたいですよね。

しかし、初めて脱毛の施術を受ける場合など、事前に自分で処理をしておいたほうがいいのかなどわからないことも多くあるでしょう。

ここでは、脱毛の施術を受ける場合に事前処理はしたほうがいいのか、またその方法や注意点などについて紹介していきます。

 

脱毛前の事前処理は必要?

脱毛

脱毛の施術を受ける際に気になるのが、事前処理が必要なのかどうかです。

ここでは、必要な場合と不要な場合について解説します。

 

必要な場合

脱毛サロンでは主にフラッシュ脱毛という、光を毛根に照射することでメラニン色素と反応させて毛根にダメージを与え、少しずつ毛を薄くしていく方法がとられています。

 

この場合には、事前処理が必要になります。

脱毛の施術の前に処理をしておかず、毛が長く残っていると毛根まで光がうまく届かずに、脱毛の効果が得られない場合があります。

 

また、毛が多く残っていたり長く残っていると、皮膚がただれてしまったり赤くなってしまうこともあるため必ず事前処理を行いましょう。

事前処理は脱毛を受ける2~3日前までに行っておきましょう。

 

また、事前処理を行っていない場合には脱毛の施術を断るサロンや、サロンでの処理に別料金がかかってしまう場合があるため注意が必要です。

 

不要な場合

フラッシュ脱毛を受けるときには、事前処理をしておくことが大前提となります。

しかし、事前処理を行わなくてもよい場合があります。

それは、Oラインを脱毛する場合です。Oラインはデリケートな部分だけではなく、鏡越しに事前処理をする場合にかみそりなどで傷をつけてしまう場合があります。

 

そのため、サロンによっては、Oラインは処理しなくともよいということになっています。しかし、VIOといったセットでの脱毛の場合には、Oライン以外の部分は事前処理が必要となるため注意が必要です。

 

脱毛前に行う部位ごとの事前処理方法

美脚

脱毛の施術を受ける場合には事前処理が必要です。ここでは、事前処理をする部位ごとに、どのように処理をすればよいのかについて紹介します。

 

腕・脇・脚

腕や脇、脚の毛の事前処理はかみそりや電気シェーバーなどで行います。毛が散らないように新聞紙などを敷いておきましょう。

毛を剃る前には、剃る部分を蒸しタオルなどで温めておくと肌が傷つきにくくなります。

電気シェーバーは、肌に対して垂直にあて毛の流れに沿って動かします。

 

逆剃りをすると肌を痛める場合がありますので避けてください。

毛を剃った後は、保湿クリームをしっかりと塗り、肌のアフターケアを怠らないようにしましょう。

 

VIO

VIOはデリケートな部分ですので、自己で処理する場合には慎重に行いましょう。

VIOは自分では見ることが難しい部分のため、鏡などを用意して自分でもしっかり剃れているか確認しましょう。

 

毛が長い場合には、ハサミでしっかりと毛を短くしてから行うと毛が剃りやすくなります。

Vラインを剃る前にはしっかりと形を決め、水性ペンやVラインプレートなどで印をつけましょう。

Iラインを処理するときには下着などを身に着けて、はみ出している毛をハサミなどで切るようにしましょう。

 

Oラインはサロンでシェービングを行ってくれる場合が多いので、無理して自分で行わないようにしましょう。

事前処理を行う場合には、家族などに手伝ってもらい電気シェーバーなどで慎重に剃るようにしましょう。

 

脱毛前に事前処理するときの注意点

ポイント女性

事前処理をする場合には、電気シェーバーなどを使用することが望ましく、毛抜きを使用した処理はやめましょう。

脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛は、光が毛の色素であるメラニンに反応することで毛根にダメージを与え、毛を少なくしていく方法です。

 

毛抜きを使用して完全に毛を抜いてしまうと、メラニンに反応しないため、脱毛の効果が現れません。

これは除毛クリームなどでも一緒です。

また、毛抜きを使用した事前処理は肌を痛めてしまう場合があります。

 

肌を痛めたままフラッシュ脱毛の施術を受けると、肌にダメージを与え、トラブルの原因になってしまう場合があります。

また、毛抜きを使用した脱毛は、毛穴から菌が入ってしまい炎症を起こしてしまうこともあります。

 

さらには毛が肌の中に埋もれてしまったり、色素沈着を起こしたりする場合もあるので、事前処理を行う場合には電気シェーバーを使用して行うようにしましょう。

また、かみそりなどを使用するときには肌を傷つけないようにしましょう。

 

肌を傷つけたまま脱毛の施術を受けると肌トラブルの原因になることがあります。

さらに、電気シェーバーやかみそりなどで事前処理を行う場合には、完全に毛を剃ってしまうのではなく、2~3日前に処理をし、メラニン色素とフラッシュ脱毛の光が反応し、効果が出るくらいの毛の生え具合にしておきましょう。

 

前日などに完全に毛を処理してしまうと、脱毛の効果が失われたり、肌にトラブルが出てしまったりする場合があり注意が必要です。

 

まとめ

脱毛前の事前処理には、かみそりや毛抜きの使用は避け電気シェーバーを利用しましょう。

電気シェーバーであれば、毛が肌の中に埋もれてしまったり、色素沈着を起こしたりするリスクが低いため安心です。

 

満足のいく脱毛結果を出すためには、事前処理を丁寧に行うことが大切です。

事前処理は脱毛を受ける2~3日前までに行っておきましょう。

事前処理を行っていない場合には、脱毛の施術を断るサロンや、別料金が必要な場合があるため注意が必要です。

 

ビー・エスコートでは、剃り残しを無料でシェーバーさせていただきます。また、国内最新機器の光脱毛を使用しているため、お痛みもほぼなく、安心して安全に施術を受けていただけます。

少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。