脱毛は平気?毛穴に痛みがある理由とは

なんだか肌が痛い時ってありますよね。でも触ってみると表面じゃなくて少し中のほうに痛みがあるときってあると思います。実はそんなときは毛穴が痛がっているのかもしれません。

毛穴が痛いときって何か理由があるのでしょうか。

毛穴が痛くなる原因や対処法、また、脱毛において毛穴が痛くなることがあるのかどうか見ていきたいと思います。

 

毛穴の痛みってどんな理由でなることが多いの?

毛穴悩み

毛穴の痛みを感じる場合、実はたくさんの原因があります。

 

  • 汚れ
  • 皮脂
  • 毛穴の炎症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 血行不良
  • 乾燥

 

例えば、不潔にした場合や汚れなどが取り切れていなかった場合、毛穴に汚れが詰まって痛みを感じます。毛穴は広がったり閉じたりできる伸縮できるので、皮脂や汚れなどで毛穴が固まってしまった場合に、痛みを感じてしまうことがあります。

 

また、汚れや皮脂などが毛穴にたまってしまい、汚れや皮脂が好きな細菌が毛穴に入ってしまうと、そこから炎症を起こす可能性があります。

 

血行不良によって毛穴が痛くなる時は、毛穴のつまりが原因であることが多くなります。特に頭皮のように毛穴が多い場所の場合、一つ一つの毛穴が詰まってしまうと血行が詰まってしまいます。

 

乾燥も同じです。乾燥してしまうと毛穴が伸縮しにくくなって痛みを感じやすくなります。

また、肌が乾燥するとバリア機能が低下して常在菌が毛穴に入りやすくなってしまいます。

 

 

毛穴の痛みといっても、部位別なりやすい毛穴の痛みの理由があるのでしょうか。

 

頭皮

頭皮は毛穴の数が多くなっています。頭皮に痛みを感じる場合は、汚れや皮脂が詰まっているだけでなく、血行不良などの理由が考えられます。

また、シャンプーや整髪剤などが合わないときも痛みを感じます。

 

顔も毛穴が多い場所です。女性は化粧などするため化粧したまま寝てしまうとファンデーションなどの油分が毛穴に入りこむこともあります。

男性はファンデーションなどで顔を覆ってない分皮脂にほこりや排気ガスなど様々な汚れが付いてしまいます。化粧落としなど使うことがないので脂汚れが残りやすくなってしまいます。

 

また、枕カバーの寝具などをかえていないと菌が繁殖してしまいます。その菌が顔につくと毛穴に入り込みやすくなります。

 

皮脂や汚れなどが詰まることや、洋服や下着などによって痛みを感じてしまいやすくなります。

特に陰毛などデリケートな部分に生えている太い毛などは、ホルモンバランスによって肌が弱くなっていたり、デリケートになっていたりすると痛みが感じやすくなってしまいます。

 

 

脱毛をしていて毛穴に痛みを感じるときってある?

毛穴痛い

脱毛している、または脱毛が終わった後に毛穴が痛いと感じるときはあります。

それはほとんどが、毛穴が炎症したことで起こるものです。

 

そもそも光脱毛の仕組みは黒いものに反応して光が熱を発して毛の成長するところに届くことで毛が生えるのを抑制させていきます。

皮膚も少なからずダメージを負っているので、乾燥しやすくなります。

 

するとそこに細菌が入り込みやすくなってしまうため、炎症が起こりやすくなってしまいます。

 

また、単純に出力が高くなってしまったことによる毛穴の火傷も考えられます。

 

 

毛穴が痛いときの対処法とは

洗顔

もし脱毛をして毛穴にトラブルが起きてしまったら怖いですよね。もし毛穴に痛みがあった場合の対処法はあるのでしょうか。

 

毛穴が痛いときの対処法は、その原因によっても変わってきます。

 

皮脂や汚れによる痛み

皮脂や汚れが毛穴に詰まったのが原因でなる毛穴の痛みは、まずその原因となるものを取ってあげることから始めます。

毛穴を開いて、泡を使って汚れを落としてくださいね。

 

血行不良による痛み

まず汚れをしっかりと落としてください。そのあとマッサージをするのも効果的です。

毛穴を柔らかくしてあげることで、痛みも軽減します。

 

脱毛をして痛みを感じたときは

脱毛をした後に毛穴が痛いと感じたときは、まず冷やしてみてください。冷やし方は氷や保冷剤をそのまま使用するのではなく、氷嚢などを使って冷やすことをお勧めします。そのまま冷やしてしまうと肌への刺激が強くなってしまいます。

 

脱毛の後に痛みがある場合、そのあとどのように痛いのかが大切です。

 

毛穴に細菌が入ってしまってできる毛嚢炎は、痛みがない場合は軽度なのですぐに治ることが多いです。しかし、重度になってしまうと何度か繰り返してしまったり、赤みが広がったりするので、その場合は病院に行って薬を処方してもらいます。

 

ひりひりする場合は、火傷である可能性もあります。出力が高かった、冷やす時間が不足していた、ジェルにムラがあった、などの理由が挙げられます。また、脱毛が終わった後に紫外線に当たったり、日焼けをしたりすると火傷のような症状が起こりやすくなるので注意が必要です。

 

乾燥による痛み

ちょっと突っ張ったように痛い場合は、乾燥により皮膚や毛穴が痛くなっている可能性があります。化粧水と乳液やクリームで皮膚を保湿させてあげてください。

 

サロンでの脱毛では症状を聞くことは少なくなっています。

医療脱毛やニードル脱毛では出力も高く起こりやすくなっています。

サロンでのトラブルが全くないわけではないので、毛穴が痛くなってしまったときはすぐに相談するようにしてくださいね。

 

まとめ

毛穴に痛みを感じる理由は様々あることが分かりました。

そのほとんどが、毛穴の本来の働きができなくなってしまうと痛みを感じてしまうようです。

毛穴の痛みの理由を知って症状に合わせてしっかりと対策をして、毛穴に痛みを感じさせない毛穴美人を目指しましょう!

 

ビー・エスコートでは、お顔の脱毛は行っておりません。また、肌トラブルを起こさないために、無料テスト脱毛を実施しております。そこでお客様のお肌と機器との相性を確認した上での施術となるため、お断りする場合もございます。

脱毛に関してお悩み・ご相談などありましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。