脱毛はなぜ激痛!?痛みの原因と、痛みを抑える方法まとめ

脱毛を考えていても、ネックになるのが痛みですよね。中には激痛で耐えられず途中で諦めた……という方も多いようです。

 

脱毛はなぜ痛みを感じてしまうのでしょうか?この記事では激痛になってしまう方法や、痛みの原因、痛みを抑える方法をまとめました!

 

脱毛を始めたいけど痛いのは怖いし不安がある……という方、必見です!

 

脱毛方法によって痛みが違う

脱毛 激痛

脱毛にも種類があり、痛くなりやすい脱毛方法や痛みの強い部位があります。

現在日本で行われている主な脱毛方法を、痛みが強い順に紹介します。

 

ニードル脱毛は激痛!

現在、一部のクリニックや一部のエステサロンで行われているニードル脱毛。ニードル脱毛は、毛穴の一つ一つに針を刺し、針に電流などを流して毛根を破壊する方法です。

 

毛穴に針を刺しますので、かなりの激痛が走る脱毛方法です。

 

ですが、昔から行われている脱毛方法ですので、唯一永久脱毛ができる方法であるとされていて、一度施術した毛穴からはもう毛が生えてこないのがメリットです。

 

痛みが強くて費用も比較的に高く、時間がかかってしまいますが効果が絶大ですので、ヒゲ脱毛や脇脱毛などの限られた部位に絞って施術することが多いです。

 

レーザー脱毛も部位によっては痛い

次に痛いのが、クリニックで行われているレーザー脱毛です。

黒い色素に反応するレーザーのような強い光を照射して、毛根を破壊する方法です。

サロンで行われている光脱毛と仕組みは同じですが、医療用のレーザーを使用しているため、威力が強く、部位によっては激痛となる可能性があります。

 

脇やVIOなど、濃い毛が密集している部位は痛みが強くなりやすいため、注意が必要です。特にOラインの脱毛は激痛で諦めてしまう人も……。

 

最も痛みの少ない光脱毛

最も痛みが少ないのが光脱毛です。

光脱毛は医療脱毛と仕組みは同じですが、サロンでも使えるように低出力となっているため、医療脱毛よりも痛みは少ないです。

 

また、毛根に作用するのではなく、発毛因子に作用するものがあり、そちらはほとんど痛みがないため、人気です。

 

ですが、ニードル脱毛や医療脱毛よりも効果が出るのは遅く、回数もかかってしまうのがデメリットです。

 

なぜ脱毛は痛い?

脱毛

では、なぜ脱毛は痛いのでしょうか?ニードル脱毛は毛穴に針を通すため痛いのは容易に想像できますが、光を当てているだけなのになぜ痛くなるんだろう?と不思議に思う方も多いと思います。

 

なぜ脱毛が痛いのか、脱毛の仕組みから解説していきます。

 

脱毛の仕組み

一般的な光脱毛や医療脱毛は、前述したように、黒い色素に反応する光を当てることで毛根を破壊します。

 

サロンやクリニックによって、毛根を破壊するのではなく、バルジ領域と呼ばれる発毛を指令する部位を破壊して脱毛を行うという方法も近年出始めて来ています。こちらの方が痛みが少ないのですが、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットもあります。

 

脱毛で痛みが出る原因

痛みが出る原因は、人それぞれ違いますが、主に光が毛根に反応し、高温を発することにあります。

毛根が高温になるため、火傷のような状態になり、痛みが生じるのです。

 

そのため、黒っぽく色素沈着を起こしている肌や、黒の色素が強い濃い毛が密集している部位は痛みを感じやすいのです。

 

また、乾燥している肌も、肌のバリア機能が低下しているため、痛みを感じやすくなっています。生理中もホルモンバランスの乱れにより肌が弱くなっている状態のため、痛みを感じやすいです。

 

脱毛の痛みを抑える方法

脱毛

脱毛の痛みは、日頃のケアや少しの注意で抑えることができます。方法をいくつか紹介します。

 

  • 保湿ケアをしっかりする
  • 日焼けをしない
  • 麻酔を使う

 

1つずつ解説していきます。

 

保湿ケアをしっかりする

前述したように、乾燥していると肌のバリア機能が低下してしまい、痛みを感じやすくなってしまいます。

そのため、脱毛を受ける前や後にはしっかりと化粧水やクリームで保湿をしておくのが大切です。

 

痛みだけでなく、赤みなどの肌トラブルも軽減させるため、しっかりとした保湿ケアが重要になってきます。

 

日焼けをしない

日焼けをした肌は、乾燥肌と同じような状態になります。また、肌が黒くなっているとレーザーや光が反応しやすくなり、痛みが生じやすくなります。

直近で日焼けをしてしまったり、過度な日焼け肌には施術ができない場合もありますので、脱毛を受ける前や受けた後には日焼けをしないように気を付けましょう。

 

麻酔を使う

痛みを抑える最終手段として、麻酔の使用があります。

麻酔は医療機関のみ使えるものなので、医療脱毛の時には麻酔を使うのも1つの手です。

 

主に使われる麻酔は口や鼻から吸う笑気麻酔と、直接肌に塗る麻酔クリームの2種類があります。注射などの麻酔はありませんので、麻酔の痛みはありません。

どうしても痛みに耐えられない場合には、スタッフさんに麻酔を使いたいと相談してみましょう。

 

しかし、クリニックによっては使いたい麻酔の種類が用意されていない場合もあるので、通う前に一度サイトを確認してから通うようにすると良いかもしれません。

 

まとめ

脱毛は痛みが伴いますが、激痛と言われるのはニードル脱毛か医療脱毛です。

サロン脱毛は光が少し熱いかな?と感じる程度で、痛くないことが多いようです。

 

痛みに弱い方は、サロン脱毛を検討する、保湿をしっかりとする、日焼けをしないということを注意しておけば、痛みも少なく、脱毛を受けることができます。

 

痛みに弱いと感じている方は、ぜひサロン脱毛を検討してみてください!