脱毛に行くときに楽な服装の基準

初めての脱毛は不安だらけですよね。

脱毛時の痛み、施術の効果、かかる費用、初めての脱毛ともなれば、脱毛のすべてにおいて不安を感じずにはいられないでしょう。

 

経験がなければ、人はささいなことでも不安に感じるものです。

そんな不安は、当日の服装にさえ感じてしまったりします。

どんな服を着て行くかということは、脱毛に行く際、1番最初に感じる疑問かもしれません。

では、実際に脱毛の施術を受ける時には、どういった服を着ていけばいいでしょうか。

 

脱毛の施術を受ける際に適した服装とはどのような服装なのか。

脱毛時にどんな服装で行くとスムーズに施術に入れるのか、脱毛に適した服装について、これから調べてみましょう。

 

脱毛時に着替えやすい服装とは

女性

初めての脱毛となると、どんな服装で行くといいのか、そんなことさえも気になってしまいますよね。

サロンやクリニックでは、施術する際に、施術を受けやすい服装に着替えます。

そのことを知っていたとしても、できるだけスムーズに施術を受けるには、少しでも脱毛に適した服装を選んで行った方がいいのかなと思ったりしますよね。

 

施術する部位ごとに服装を変えた方がいいのか、どんな服装が適しているのか、迷うところでしょう。

また、全身脱毛となると施術中はいったいどんな服装の状態で施術するのか、など気になることがたくさん出てきます。

まずは、スムーズに脱毛の施術を進めるために適した服装として、共通していることをみてみましょう。

 

≪着替えやすい服装≫

適した服装として共通している点の1つに、ぴったりした服装を避けるという点があります。

脱毛する部位によっては、着替えの必要がないところもありますが、ほとんどの部位の脱毛において、施術する際には施術用の服装に着替えることになります。

 

その際、ピタッとした密着度の高い服装で行ってしまうと、着替えるのにも時間がかかってしまいます。

脱毛する時間は予約ごとに限られているため、貴重な時間を無駄にしないためにも、スムーズに着替えられるような服装を心がけることが大事です。

 

また、体への締め付けが強い服装だと、施術後の敏感な肌までも強く締め付けてしまい、通気性が悪くなってしまいます。

施術後は、肌がまだ火照っているような状態であることを考慮したうえで、服装を選ぶようにしましょう。

 

≪下半身の服装≫

ワキ脱毛や背中脱毛などは、上半身だけ衣類をとればいい脱毛です。

そのため下半身は、着てきた時の服装のままで施術を受けることもあります。

 

施術する際は、できるだけリラックスした方が効果的であることを考えると、下半身のスタイルは、締め付けの少ない、ゆったりとした服装がとても楽でおすすめです。しわになりにくい素材のものもおすすめです。

 

大切なのは素材だった、肌を守るための服とは

白い素材

脱毛後の肌は、とてもデリケートで刺激に弱い状態です。

どのような服装が最適なのでしょうか。

 

≪肌を刺激しない服装≫

あたったり擦れたりと、摩擦が多く生じる衣類は脱毛後の肌に強い刺激を与えてしまうため、NGです。

スタッズやスパンコールなどの装飾物がついている服装も、脱毛後の肌を傷つける可能性があります。

また、ナイロンやアクリルといった化学繊維も肌への刺激が強く、あまりよくありません。

 

衣類の素材にまでこだわると少し大変ですが、できるだけ自然素材の衣類を意識して着用することで、脱毛後の肌トラブルも回避することができます。

 

≪露出が少ない服装≫

暑い季節は露出の多い服装する機会も増えますが、脱毛の施術を受ける時は露出の多い服装は避けなくてはいけません。

脱毛直後の肌はとてもデリケートなため、紫外線による刺激も、肌にとって大きなダメージとなってしまうからです。

 

何より肌が露出することで、施術中は絶対にNGとされている日焼けをしてしまいます。

暑い季節の脱毛でも、紫外線の刺激や日焼けを避けるために、露出が少ない服装を意識しましょう。

 

≪衛生的な服装≫

脱毛直後は、できるだけ肌を清潔に保たなくてはいけません。

汗をかいても放置してしまうと、とても不衛生で肌トラブルの原因となってしまいます。

できるだけ通気性に優れた素材の衣類を着用し、かいてしまった汗を吸い取れるだけの吸収力に優れた素材の服装が理想的です。

 

脱毛部位別の服装

女性

脱毛する際の服装において、上記の共通した以外に、特に服装に注意が必要となる部位を簡単にみてみましょう。

 

≪ワキ脱毛時の服装≫

人気のワキ脱毛は、施術する部位は上半身になるため、衣類をとる必要があるのは、上半身だけということになります。

全身つながった服装で行くより、上下に分かれる服装で行った方が着替えに時間をとられることもありません。

 

上半身だけ衣類をとって、サロンやクリニックが用意しているガウンやキャミソールなどに着替える方が、簡単で楽です。

その際、下着はそのままでいいところがほとんどです。

 

≪VIOライン脱毛時の服装≫

脱毛部位の中でも、特にVIOライン脱毛をする時には、どんな服装で行ったらいいのか悩むところでしょう。

そもそもVIOライン脱毛の施術を受ける時は、いったいどんな服装で施術を受けるのかも気になるところですよね。

 

VIOライン脱毛をする際には、下着をとり、サロンやクリニックで用意された「紙ショーツ」に履き替えて施術します。

紙でできているショーツは、必要に応じてずらしながら施術することを考えて作られているため、当然フィット感などはまったくなく、ゆるゆるしたものです。

 

また、紙ショーツに履き替えることもなく、完全に下半身は裸のままタオルなどで隠しながら施術するところもあります。

いずれにしても、下着は完全にとることになるため、パンツスタイルで行くよりは、スカートの方が抵抗なく履き替えることができます。

 

≪背中脱毛時の服装≫

背中の脱毛をする際は、下半身はそのままでも問題ありませんが、上半身は下着も全部とり、裸になります。

その上からガウンやバスローブに着替えることになりますが、着脱に時間がかからない服装の方が、すぐに準備することができ、手間取ることもありません。

 

まとめ

脱毛をするときの服装は、できるだけ着替えやすく、肌にも刺激が少ないしわになりにくい服がおすすめです。しかし脱毛の施術を受ける際は、基本的にはサロンやクリニックで用意されたものに着替えるところがほとんどです。

私服がジェルなどで汚れてしまうことを避けるためですが、衛生面を考えても、サロンやクリニックで用意された専用の服装に着替えて施術を受ける方が、賢い方法です。

部位によっては、着替えを必要としないサロンやクリニックもあります。

脱毛時に着ていく服装として最適なのは、着脱の融通が利く服装です。

ワンピースなどの上下がつながった服装よりは、上下別々に着脱できる服装の方が簡単で楽です。

また、脱毛時にはスムーズに施術を進めるためにも、より早く脱ぎ着ができる服装がおすすめです。

 

ビー・エスコートでは、無料カウンセリングを実施しております。少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。

またビー・エスコートは、ローン契約が高くないため、幅広い年齢層の方から愛されております。脱毛機器は国内最新型の光脱毛のため、お痛みの心配もございません。