脱毛に副作用ってあるの?

レーザー脱毛、光脱毛が若い人からお年寄りまで支持されていますよね。そんな中、副作用やトラブルはないのでしょうか。何かリスクがあったり、肌を傷つけたりしているのならば懸念してしまいますよね。ここでは脱毛にはどんな副作用があるのか徹底的にご紹介していこうと思います。

以下の副作用はあくまでも「そのような症状が起こる場合がある」というものなので、ほとんどの方は以下のような副作用もなく施術していただけます。しっかりとご安心いただいた上で施術を受けていただきたいので、「こんなこともあるんだな。」と理解した上で、施術に挑んでみてくださいね。

脱毛の副作用①肌トラブル

肌トラブル

肌トラブルに関する副作用は以下の3つがあります。

皮膚の赤み(炎症)

「炎症性浮腫」と呼ばれている施術後の炎症、かゆみに悩む人も多いのではないでしょうか。この症状は、光やレーザーを照射する以上避けられない症状であり、この症状は大半の方に出るものです。

 

脱毛は光やレーザーで毛根を焼いているので、肌の奥は「軽いやけど」をしている状態になります。逆に言うと、皮膚の赤みは、きちんと施術がされた証拠ともいえます。

 

対処法として時間が経つと自然と収まります。しかしVラインやワキなど毛が太く濃い部分には、この症状が強く表れることがあります。かゆみや赤み、むくみが酷い場合は患部を冷やしたりしっかり保湿をしたりしてあげてくださいね。

 

肌荒れ

自己処理でかみそりを用いていて、かみそり負けをする方、敏感肌の方がなりやすい症状です。カミソリは、ムダ毛以外の皮膚にも影響を及ぼします。カミソリの種類にもよりますが、皮膚ががさがさになったり切れたりしてしまうこともあります。

 

脱毛後にかゆみが酷くなる人は、自己処理のカミソリが原因かもしれません。自己処理をする際は電気シェーバーを使用することをおすすめします。

やけど

やけども考えられるリスクです。やけどを防ぐためには、サロンスタッフとお客様の判断が必要です。もともと「乾燥肌」「敏感肌」の方、または「日焼け」をしたなどという場合は、スタッフに伝えてください。またスタッフも、肌の状況やお客様の毛の様子を見て、「一カ所に集中して照射をしない」、「機器の出力を必要以上にあげない」といったことがやけどを防ぐ大切なことになってきます。

 

中には痛みに強くて「やけど」と気づかない方もいらっしゃいます。脱毛後3日以上経っても炎症や赤み、かゆみが治まらない、黒ずみなどの色素沈着が気になる方は「軽度のやけど」状態にある可能性が高いです。

 

万が一「やけどかも?!」と思いましたらサロンスタッフまでご連絡ください。患部を冷やしたり軟膏を塗ったりすると、症状を緩和することができます。

 

脱毛の副作用②毛トラブル

罰女性

毛トラブルに関する副作用は以下の3つがあります。

毛嚢炎(もうのうえん)

脱毛後にニキビのような赤いぶつぶつができることがあります。これが「毛嚢炎」です。赤みやかゆみを伴う症状で、脱毛による刺激で肌のバリア機能が低下してしまって毛穴にブドウ球菌などの雑菌が入り込むことでなります。身体のどこの部位でもなるというわけではなく、背中や顔などの皮脂分泌が多い箇所になりやすいと言われています。

 

比較的なりやすい症状なため、日頃から肌を清潔に保っていることや、脱毛後に余計な刺激を与えないことで毛嚢炎を防ぐことができます。ニキビと同じ感覚で扱っていいため、躍起になることはありません。

 

硬毛化

滅多にないことですが、脱毛後にムダ毛が濃くなったり太くなったりする症状を「硬毛化」といいます。これは背中や顔など産毛のような薄くて細い毛に中途半端な刺激を与えてしまうことが原因と考えられています。

 

レーザー脱毛は強い出力なのでこのようなことは少ないですが、出力の弱い光脱毛は注意が必要です。ほとんどない症状とはいえ、「硬毛化」が心配なようであれば、硬毛化の保証がされているサロンを選ぶようにしましょう。

 

埋もれ毛ができる

ごく稀に埋もれ毛ができてしまう方もいらっしゃいます。原因として肌の状態や体質とも関係のある複合的なものと言われています。埋没毛は時間の経過と共に徐々に無くなっていくため、脱毛自体は続けて問題ありません。

また、脱毛に通っている期間も自己処理はすると思いますが、「毛抜き」「カミソリ」を使用してしまうと埋もれ毛の原因となります。これは皮膚が傷つけられて毛穴が少し広がり、そこを修復しようとする作用によってムダ毛が出きっていない状態で皮膚ができあがってしまうことからなります。

 

自己処理は「電気シェーバー」を使用するようにしてくださいね。

 

脱毛の副作用③その他

ストレス女性

上記以外で考えられる副作用は以下の2つがあります。

汗の量が増える

この症状は大変稀です。通常だと脱毛は汗の臭いも量も軽減する効果があるものです。ですから「汗の量が増えた」というのは誤解であることが多く、汗の量は施術前と変わりません。もともと毛には汗を止める働きがあるため、その毛がなくなったことによって汗を直に感じやすくなったということが考えられます。

 

照射漏れ(失敗)

「一部分だけムダ毛が残る」「1ヶ月ほど経っても毛が自然に抜けない」という場合は照射漏れ(スタッフのミス)が考えられます。ワキや顔、VIOなど凹凸が多い部分では比較的起きやすい症状で、強い痛みの際力んでしまったりして光が毛根にうまく届かない場合も起きてしまいます。

 

「一部分だけ抜けないな」、「以前とあまり変化が見られないな」という場合はお手数ですがスタッフまでご連絡ください。

まとめ

脱毛をするにあたっての副作用をご紹介しましたが、「皮膚の赤み(炎症)」はほとんどの方に見られる症状ですがそれ以外はほぼ稀な症状です。普段から自己処理を電気シェーバーにしていたり、肌を清潔に保っていたりすると(保湿ケア)心配されるような副作用を防ぐことができます。

もちろんご安心・ご満足いただけるよう、どのサロンも副作用のないような施術をしますが、どうしてもお客様ご自身のケアも必要になってくる部分があります。スタッフとお客様とが一丸となって、ムダ毛のない「つるスベな肌」を目指していければと思っております。

ビー・エスコートでは、肌トラブルを避けるために、あらかじめ無料で試し打ちをさせていただきます。また、肌の弱いお顔の照射は行っておりません。脱毛のことでご相談、お悩みなどありましたら、ぜひビー・エスコートまでお越し下さい。