脱毛によるアザの噂を徹底検証。トラブルが起きにくいアザの脱毛の仕方

脱毛をするときって、アザがあるから気になっている人もいますよね。

昔の傷跡だったり、毛の処理をするときにできてしまったアザだったり、日焼けだったりシミだったりとアザになってしまうのは様々です。

ぶつけてしまって今だけ黒くなっていることもあると思います。

 

しかし、ほかの部分よりも色が濃くなってしまうアザの部分は脱毛することができるのでしょうか。

 

アザが脱毛できるのか、アザを脱毛したいときにどうすればいいのか、みていきたいと思います。

 

脱毛に行きたいけどアザが気になる。アザがあっても脱毛できるの?

あざ

アザがあるところに脱毛してもよいのでしょうか?実際に脱毛サロンに行ってから、あなたのアザでは脱毛の効果が出ませんよ、なんて言われたらいやですよね。

 

実際はそんなことは言われませんが、脱毛の効果が出にくいのはあります。

それは脱毛の仕組みに関係してきますので、説明しますね。

 

サロンなどで行われている脱毛は、光脱毛といって光りを使って毛に直接働きかけることができます。

白いものには反応せず、黒いものだけを狙うことができるので、毛の黒さにだけ反応することができます。肌にはあまり反応しないので、肌に優しく、毛だけに効果的に光が届くようになっています。

 

毛乳頭という血管から栄養をもらう毛穴の奥の部分まで光が届き、火傷のような状態にしていきます。

毛乳頭が刺激され活力を失うことで毛がどんどん生えなくなっていくのです。

 

基本的には肌には反応しないのですが、光が肌に反応してしまう時があります。

それが、肌の色です。

例えば日焼けなどをして肌が黒く乾燥してしまったときに、光が肌に反応してしまいます。

その肌の色が濃くなればなるほど、光が肌に反応してしまい火傷のような状態になってしまいます。

 

アザはほかの部分より肌の色が濃いので、普通に脱毛をするとアザの部分が火傷を負ってしまう可能性があります。

これは、ほくろも同じです。

 

そのため、ほくろの部分は光が当たらないように施術していきます。

アザの部分も同じですが、なるべく光をあてない、もしくは出力を下げて施術することになります。

 

 

アザがあるところを脱毛したら痛くないの?

発狂

もし、アザの部分を施術することになったらどうなるのでしょうか。

痛みは感じるのでしょうか。

 

痛みが少ないとされるエステの脱毛は、出力が医療脱毛よりは弱めです。

出力が弱いとっても強い出力で脱毛を行えば肌に負担がかかってしまいます。火傷をすることもあるかもしれません。そのため、肌の状態を見極めてから出力を調節します。

 

アザがそこまで濃くない場合は、出力を弱めて施術していきます。

日焼けも同じです。

そのため、効果は感じにくくなるかもしれませんが、脱毛の施術はすることができますし、ゆっくりかもしれませんが脱毛の効果も感じられるようになってきます。

薄いアザの場合ですね。

 

例えば、ケガをして黒くて濃い色のアザができてしまった場合は、ほくろのようにその部分だけさけて施術していきます。

気になるようなら先に施術する人に伝えておいたほうが良いかもしれません。

 

また、施術する側もここは避けて施術しますねと伝えてくれるはずです。

 

濃い色のアザになればなるほど、施術してしまったら痛みはあります。しかしアザの部分は避けてくれるので痛みは感じにくいです。薄い色のアザならそこまで痛みは感じないでしょう。

 

アザの濃さや範囲はそれぞれで、そのアザの施術をするのもまたお店によって違ってきます。ですので、一度お店に来ていただいてからの判断になるかと思われます。

アザがある部分は施術をしない、または出力を弱めで施術していきます。脱毛の効果が薄くなってしまうということもあります。

アザがあることでのデメリットも知っておくとよいと思います。

 

 

脱毛でアザができるって本当?

疑問女性

アザがあるところは脱毛の効果が薄くなることもわかりましたが、脱毛によってアザが濃くなる、またはアザができることはあるのでしょうか。

 

脱毛によってアザが出てしまうことは、ほんの少しの確立ですがあるようです。

しかしサロンで行う光脱毛の場合は、アザが出にくいといわれています。

 

アザが出てしまう確率が高くなってくるのは、医療脱毛の出力が高い脱毛器を使っていたり、強いレーザーを当てられたりするとアザになってしまうことがあります。

 

脱毛の黒いものに反応する性質上、肌の黒いものに反応してアザができてしまったということが起こります。このアザは、火傷と思ってもよいでしょう。

 

サロンで行われる脱毛ではアザが出にくいのですが、アザの部分や日焼けしている部分に光が当たってしまうと火傷をしてしまう可能性があります。

 

また、アザがあるところを脱毛したいなと思うならば、光脱毛ではなくニードル脱毛がお勧めです。

 

ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を刺して毛根を刺激していく脱毛方法です。一つ一つの毛穴に入れていくので時間はかかりますし痛みもかなり伴いますが、効果は高いです。

 

一度やった場所からは二度と生えることはないといわれるほどですし、光脱毛では効果が薄い産毛や色素が薄い毛にも効果があります。

 

アザだけでなくほくろの毛にも効果的です。

 

しかし、痛みが強く時間もかかるので、よほど気になるならニードル脱毛をおすすめしますが、少し気になる程度ならあまりお勧めすることはできません。

 

まとめ

アザの大きさや濃さによって出力を弱めて施術できるのか、違う脱毛方法を進められるのかは変わってきます。

まずサロンで相談をしてみてくださいね。

脱毛に関してお悩み・ご相談などありましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。ビー・エスコートでは国内最新機器の光脱毛を使用しております。また、スタッフも全員JEM認定試験に合格している者のみなので、高品質の脱毛を高度な技術で手軽に受けることができます。