脱毛すると埋没毛ができる?!その原因や解決法を紹介!

女性にとってムダ毛処理は大変ですよね。カミソリやシェーバー、毛抜きといったもので脱毛している人が多いでしょう。しかし、自分でムダ毛処理したら黒いボツボツができていたという経験はありませんか?それは埋没毛ができてしまっているかもしれません。

 

どうして埋没毛ができてしまうのか、埋没毛を治すためにはどうしたら良いのかと気になる人もいるでしょう。そこで今回は埋没毛について紹介します!

 

埋没毛になる原因

脱毛

埋没毛とは文字通り、「毛が埋まっている状態」のことをいいます。

毛というのは本来、埋もれているものですがそれは毛根だけが埋もれています。

しかし、埋没毛になると毛先までが埋もれてしまっているのです。

埋没毛になってしまう原因はいくつかあります。

 

一番の原因とされているのが、「間違った自己処理」です。

カミソリや毛抜きなどは手軽に手に入るので、それらを使ってムダ毛処理する人がほとんどでしょう。

 

しかし、間違った方法の処理を行うと肌や毛穴が傷ついたり、炎症を起こしてしまいます。

そうなると埋没毛になる可能性が高くなってしまうのです。

特にカミソリは注意が必要でカミソリは肌の表面を削ってしまうリスクがあり、毛の流れに逆らって剃ってしまうと肌の表面にダメージを与えてしまいます。

 

毛抜きにも注意が必要で、毛を引き抜く際毛穴を引っ張ってしまい毛根や毛穴周辺にダメージを与えます。

 

毛抜きは繰り返し使うことは避けたほうが良いでしょう。

また、それ以外の原因として挙げられるのが乾燥や肌荒れにより角質が分厚くなってしまうことです。

 

乾燥などが原因で肌荒れをしている状態のときは角質がボロボロの状態になっています。

肌はこれ以上ダメージが大きくならないようにとターンオーバーを遅くして古い角質を溜め込んで分厚く固くしてしまいます。

 

そのせいで毛は角質が原因で外に出ることができず皮膚のなかで成長して埋没毛になってしまうのです。

どちらにしてもダメージによる肌トラブルが埋没毛に繋がってしまうので、肌へのダメージはできるだけ抑えるほうが良いでしょう。

 

埋没毛になりやすい部位

脇

埋没毛はなりやすい部位があります。

一番埋没毛になりやすいといわれているのが、ワキや太もも、お尻、Vラインです。

この4箇所は最も埋没毛ができやすいとされているので特に注意が必要です。

 

それ以外にも肘や膝、手首や足首などは骨に近く自己処理の頻度が多いので注意したほうが良いでしょう。

ほかのところも決してできないわけではありません。

 

自己処理するときはできるだけ優しく処理して皮膚にダメージを与えないように気をつけましょう。

 

埋没毛を治す方法

埋没毛ができてしまったときに一番有効なのが、スクラブやピーリング剤で角質ケアをしてあげることです。

そうすることで皮膚のターンオーバーが促されて毛が表に出てくるスピードを速めてくれて埋没毛が改善されていきます。

 

スクラブなどは毎日やるのではなく、1週間に1~2回程度すれば十分効果があります。

やりすぎは逆に肌の乾燥を招いてしまうことがあるので注意してしてください。

また保湿クリームやローションなどのケアも有効です。

 

しかしながら、健康な肌の状態であれば埋没毛は放置していても治ります。

基本的には肌のターンオーバーとともに皮膚表面に押し出されるので、何もしなくても大丈夫です。

 

皮膚は1~2か月でターンオーバーを繰り返していて、新しい皮膚になると同時に埋没毛も皮膚の表面に自然と出てきて勝手に抜け落ちます。

時間はかかってしまいますが、放置していても治るのでそこまで気にしなくても良いかもしれません。早く治したいという人は角質ケアをしましょう。

 

埋没毛できてほしくない!そんな人は

×

埋没毛になりたくないという思う人は少なくないのではないでしょうか。

しかし、根本的に埋没毛を防ぐとなるとカミソリや毛抜きを使った処理をやめるしかありません。

 

そんなときは脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛すると良いでしょう。

光脱毛やレーザー脱毛は生えている毛の芯の部分にある色素に直接ダメージを与え、毛を生えないようにします。

 

料金はそれなりにかかってしまいますが、部分脱毛やVIO、全身脱毛などすることができるのでキレイな肌を手に入れることができます。

また、自己処理する必要がなくなり永久脱毛も可能、脱毛のプロに施術してもらえば埋没毛の心配もなくなります。

 

スタッフさんが丁寧に無料カウンセリングしてくれて、その人の肌や悩みに合った施術をしてくれるので毛穴を塞ぐこともなく埋没毛が生まれません。

また、レーザー脱毛ならすでに埋もれてしまっている毛に対しても効果があるため、埋没毛に悩んでいる人におすすめです。

 

さらにレーザー脱毛は出力が強いので多少痛みは伴いますが、永久脱毛が期待でき、万が一、肌トラブルが起きても医師がいるのですぐに対処してもらえます。

光脱毛やレーザー脱毛がどうしても受けることができないという人はたっぷり保湿して状態で電気シェーバーを使うと良いでしょう。

 

シェービング後は再びしっかりと保湿して肌荒れが起きないようにしてください。

 

まとめ

ムダ毛を自己処理しているとできてしまう可能性がある埋没毛。

間違った自己処理をしていると埋没毛ができやすくなってしまいます。

自己処理するときは保湿してから電気シェーバーを使い、自己処理後も保湿するのを忘れないようにしましょう。

 

また、脱毛サロンや医療脱毛クリニックなら埋没毛になる心配もなく、永久脱毛も可能なのでおすすめです。

自己処理するときは気をつけてくださいね!

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む