脱毛してからチクチクするの?脱毛後に起こる毛の変化

脱毛してムダ毛とサヨナラできれば、あとはきれいな美肌を手に入れるだけ。と、誰でも思いますよね。

脱毛に限らず、ムダ毛を自己処理している人でも、処理直後はそう思うことでしょう。

当たり前かもしれませんが、肌とムダ毛はとても密接な関係にあるものです。

だからこそ、ムダ毛を処理したことによって起こるトラブルも多数あり、こんなはずではなかったのにと、ショックを受けてしまう人もたくさんいます。

 

特に脱毛後や自己処理後に発生する「チクチク感」は、わたしたちを悩ませる不快な症状の1つです。

そんな「チクチク感」が発生してしまうメカニズムと対策を、これから詳しく解説していきましょう。

 

チクチクを感じる時

腕毛

ムダ毛の処理をした後に感じてしまうチクチク感は、必ずどの部位に関しても発生する不快な症状というわけではありません。

当然ながら個人の体質や毛質によって、感じ方に違いが現れますが、多くの人が処理後からほぼ同じくらいの時期に、または同じ部位で、チクチク感を体験しています。

 

①自己処理したあと

ムダ毛は自己処理をしただけでは、何度処理しても繰り返し生えてきてしまいます。

処理してから、また新たに次のムダ毛が顔を出すまでの時間は、部位によっても多少の差がありますが、早い部位ではわずか3日しかかりません。

そんな時にこそ感じてしまうのが、「チクチク感」です。

 

特にヒジから下などは、処理後にチクチク感を感じることが多く、人に触れることも多いため、自分だけでなく他人にも不快感を与えてしまうことがあります。

 

②VIO脱毛したあと

脱毛サロンや医療クリニックで、きちんと脱毛の施術を受けていても、チクチク感を感じることがあります。

近年脱毛部位としての人気が高くなっているVIO脱毛は特に、チクチク感を感じやすい部位です。

 

VIO脱毛の施術を受けた多くの人がこのチクチク感を実感していますが、決して長く続くわけではなく、脱毛が完了するまでの間に感じる不快感となります。

 

チクチクに共通する理由

腕

サロンやクリニックに通わずに、自分でムダ毛を処理する自己処理と、プロの手で施術されるVIO脱毛とのどちらにもある共通点は、「自己処理」です。

自分でやる自己処理はともかく、なぜ脱毛にまで自己処理が関係するのかと、疑問を感じる人もいますよね。

 

VIO脱毛は、施術を受ける前日までに、生えているムダ毛を必ず自己処理していく必要があります。

事前のカウンセリングにおいてもきちんと説明されることですが、施術前にムダ毛が生えすぎていると、施術の光が強く反応してしまい、火傷を起こすリスクが高くなってしまうからです。

 

自己処理でチクチクを感じる理由

チクチクを感じる理由が、「自己処理」にあるとわかれば、当然そのはっきりとした理由も知りたくなりますよね。

自己処理をしてしまうことで、チクチク感を感じてしまうのは、下記のようなことが理由です。

 

自己処理で変化する毛の断面図

体毛は本来、根元から毛先に向かって徐々に細くなって生えています。

となれば、肌表面に近い部分ほど、太くてしっかりしているということです。

ムダ毛の自己処理をする際は、誰でもできるだけムダ毛を根元からなくしたいと考えるため、肌表面ギリギリのところで剃毛しようとしますよね。

 

肌表面に近くて、1番太い部分で剃られたムダ毛の断面図は、とても太く面積も広くなってしまいます。

それだけでなく、カミソリで剃毛されたムダ毛の断面図は、とても鋭利な切り口です。

自己処理されたムダ毛は、毛先がそんな断面図のまま、皮膚表面から押し出されるように上に伸びていくため、触れるとチクチク感を感じてしまうことになります。

 

VIO脱毛ならでは

・毛周期に合わせて繰り返す自己処理

ムダ毛は目に見えて生えているムダ毛がすべてではないため、毛周期に合わせての施術が必要となります。

施術前に自己処理したムダ毛が、1回の施術で脱毛が完了するとは言い切れないため、繰り返しVIO脱毛の施術を受けることになるのです。

 

それに合わせて同じように自己処理も必要となることから、チクチクを感じる機会は、脱毛の効果が現れるまで続くことになります。

 

・元々毛が太い

VIOラインは元から、太くて黒い毛が生えてくる傾向にある部位です。

ただでさえ太くてしっかりした毛を、脱毛に合わせて自己処理することになりますが、脱毛しきれなかったムダ毛は、断面図が変化したまま伸びてきてしまいます。

 

そのため、VIO脱毛中や脱毛後に生えてくるムダ毛は、チクチク感をさらに強く感じてしまうのです。

 

・肌が敏感

VIO脱毛でチクチクを感じてしまう理由は、自己処理だけではありません。

施術を受けた肌は、少なからずともダメージを受け、一時的にバリアー機能を失った状態に陥ります。

すぐに回復することがほとんどですが、施術直後は特に肌が敏感になっているため、わずかな刺激でもチクチクを感じてしまうのです。

 

チクチクを感じる時の対策

保湿

チクチクを感じるのは仕方ないとわかっていても、できることなら少しでもその不快感を軽減させたいと思いますよね。

脱毛後の対策として、下記のようなことに気を付けると、あのチクチク感を減らすことができます。

 

保湿

脱毛の施術を受けると、どうしても肌表面の水分が失われ肌は乾燥してしまいます。

肌が乾燥してしまうと、肌トラブルの原因になるだけでなく、このようなチクチク感やかゆみの原因にもなるものです。

 

乾燥するということは、肌を守るバリアー機能も失っていることになるため、意識して保湿することを心がけることが何よりの対策となります。

保湿して肌を潤わせることは、毛も柔らかくする効果があり、チクチク感の緩和につながります。

 

通気性のある下着

肌が敏感な状態にあれば、下着との摩擦にも敏感に反応し、チクチク感を感じやすくなってしまいます。

脱毛後は肌を清潔に保つためにも、汗をかいたり蒸れてしまうことを避けなくてはいけません。

 

締め付けの強い下着ではなく、できるだけ通気性のある下着を身に着けることでも、チクチク感を軽減させることができます。

 

まとめ

脱毛の施術を受けてせっかくムダ毛を処理したのに、チクチク感のような不快感を感じてしまうと、がっかりしてしまいますよね。

せっかくきれいな肌を手に入れるために、施術の痛みや不安を乗り越えたのにと考えると、がっかりする気持ちは強くなるでしょう。

 

ですが、脱毛後に感じるチクチク感は、脱毛が完全に終わるまでの期間限定の症状です。

不快感を感じるのも、きれいになるための通過点だと捉えながら、少しでも軽減できる対策を取れば、チクチク感を感じる時期は、意外と早く過ぎ去ってくれます。

 

ビー・エスコートでは、国内最新機器の光脱毛を使用しております。お痛みもほぼなく、一部分ごとの照射範囲が広いため、効率よく脱毛することが可能です。また、ローン契約が高くないため、幅広い年齢層の方にご利用いただいております。

少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。