胸の脱毛はどうしたらいい?

胸や乳輪周りのムダ毛となると、恥ずかしくてなかなか人には相談できないと感じる人が多く、こんな部分に毛が生えているのは、自分だけ?乳輪周りの毛を抜いていたら、しっかりとした毛が生えてくるようになってしまったと悩んでいる人も少なくありません。

実は、乳輪周りの毛は太く、濃く目立っていて、気になっている人は多く、決して珍しいことではないのです。思春期や妊娠中になるとホルモンバランスの乱れが原因で、急に胸や乳輪周りのムダ毛が生えてくることもあります。そこで今日は胸の脱毛についてお話ししていきます。

胸のムダ毛の悩み

悩む女性

普段は人目につかない場所なので、気になりつつもなかなかお手入れすることがないのが胸のムダ毛。胸や乳輪周りに太いムダ毛が生えていることは決して珍しいことではなく、思春期や、妊娠中になるとホルモンバランスの乱れなどが原因で急に胸や乳輪周りのムダ毛が生えてくることもあります。

あまり人に見られる機会がないので処理をしていないという人も多いのですが、実は、胸のムダ毛で悩んでいる人は多くいます。他人には相談しづらい部位なので、自分で処理しまいがちですが、胸は女性の体で特に皮膚が薄くデリケートな場所です。

カミソリなどで頻繁に処理すると肌が外部の刺激に反応し、メラニン色素が増殖することで色素沈着を起こしてしまう可能性があります。自分で処理するよりも、プロの手でお手入れしてもらうのがおススメです。

 

胸脱毛の時の注意点

悩む女性

胸脱毛の範囲の分け方は、サロン・クリニックにより多少異なりますが、胸脱毛の範囲は一般的には鎖骨の下からアンダーバストまでになります。鎖骨より上にはホルモンを左右する甲状腺があるため照射が出来ません。

胸脱毛をおこなう時の注意点ですが、光脱毛の場合黒いメラニン色素に反応する光を使用しますので、バストトップを含む乳輪は、色素が濃く照射の光に強く反応してしまうため、火傷する可能性がありますので、乳輪自体には光を当てることができません。

胸脱毛を行う際は必ず、乳輪にテーピングやニプレスをして、光が当たらないようにしています。乳輪の毛をよくみると、乳輪の外側に生えているものと、乳輪そのものから生えている毛があります。乳輪まわりの脱毛は、色の付いていない部分だけがお手入れ可能です。色の付いている部分は粘膜ですので、その部分に生えている毛はお手入れ出来ません。

まず、施術する前に、胸全体を脱毛するのか、乳輪周りのみを脱毛するのか、他の部位も合わせて脱毛するのか、どのように脱毛するのかを決めてからがいいでしょう。

胸脱毛は痛みが少ない箇所です。ただ個人差はあるため、乳輪周りなど少し毛が濃くなっている部分は少しチクっとした痛みを感じる方もいますが、一般的に痛みをほとんど感じないという意見が多いです。バストは太ももなどに比べると非常に脂肪が多く柔らかいのでバストの大きい方の場合、照射しづらいことがありますのでバストを持ち上げながら施術することもあります。

 

胸脱毛のメリットとデメリット

胸

メリット

・胸元が開いた服を着ても清潔感が高まります。肌が綺麗だと、周囲からの評価も良くなり自信にも繋がります。

・ニキビ予防や臭い対策ができます。胸は常にブラジャーで覆われているため蒸れやすい部位です。乳輪周りにはアポクリン腺が分布しているので、雑菌が繁殖して臭いを発してしまうことがあります。胸の産毛がなくなると蒸れにくくなり、胸ニキビの予防にもなります。

・美肌効果が高く、肌のきめが整います。光脱毛の光の作用やアフターケアで美肌効果が期待できるため、きめの整ったきれいな肌に仕上げられます。あまり、露出する部位ではありませんが、女性なら、常に誰かに見られなくてもムダ毛がなくきれいに整えておきたいものですよね。女性の胸元の皮膚は薄くデリケートなため、肌への負担が少ないムダ毛処理ができます。

・自己処理の必要がなくなります。胸と乳輪周りはふくらみがあるので自己処理するのも大変です。胸元のムダ毛を自己処理するのにカミソリで剃る人も多いと思いますが、胸元の皮膚は薄く非常にデリケートなため、肌を傷つける可能性があります。サロンで胸や乳輪の脱毛を行えば、肌への負担が減ります。

 

デメリット

・胸だけを脱毛すると、ムダ毛が少なくなった分、肌本来の色が引き立ち、肌が1トーン明るくなったと感じる人が多いです。そのため、首やお腹との境目が気になることがあります。産毛までしっかり脱毛したい人は、全身脱毛するのがおすすめです。

胸だけを脱毛したい場合や、乳輪周りの太い毛のみが気になる場合は、胸全体ではなく、乳輪周りのみの脱毛がおすすめです。産毛までしっかり脱毛せず、留めておいたほうが見た目もきれいに仕上がります。

・効果が出るのに時間がかかる場合があります。光脱毛は、短期間でムダ毛をなくすことができないのがデメリットです。脱毛部位によって脱毛効果が実感できるまでの回数にも違いがあります。個人差もありますので、人それぞれになってしまいますが、効果が出るのに時間がかかる場合があります。

胸元に生えるムダ毛はワキ毛のように太くて濃いムダ毛ではなく、色の薄い産毛の場合が多いです。光脱毛は色の黒いムダ毛に反応しやすいため、産毛の脱毛には時間がかかる可能性があります。胸のムダ毛は、産毛に近いので、光脱毛の光が反応しづらく、回数は多くなります。

一般的には、6~12回前後と言われていますが、実際に脱毛の効果を感じ始めるのは6回目あたりからが多く、12回前後、施術を繰り返していくと自己処理がいらないレベルになってくるでしょう。

 

まとめ

まず、胸全体を脱毛するのか、乳輪周りのみを脱毛するのかを決めましょう。ただ、これから脱毛を始めるのであれば、思い切って全身脱毛を考えていくことをおすすめします。

部分脱毛で胸元を脱毛しようとすると胸元・乳輪周り・胸センターなど2~3部位にパーツ分けされている場合が多く、その分費用もかかりますし、先ほど述べた様な首やお腹との境目の問題が起こってしまう可能性が高く、後からどんどん他の部位を追加していく人も少なくありません。

部分脱毛から全身脱毛に変えると費用も時間も無駄にかかってしまいます。これをふまえても、これから脱毛を始めるのであれば全身脱毛も検討していくのがいいでしょう。繊細でデリケートな部分だからこそ、プロによる施術を受けたほうが安心です。

ビー・エスコートでは、一部位ごとの照射範囲が他社よりも広いため、低価格で効率よく脱毛することができます。全国展開している美容サロンなので、脱毛のことでお悩みの際は、ぜひお近くのビー・エスコートまでお越しください。