老後のために介護脱毛をするなら早めの行動がおすすめ

脱毛というと、若い女性がおしゃれのためにすることというイメージがあります。

しかし、近年では、30代以降の方に介護脱毛という考え方が広まってきており、中高年でも脱毛の施術を受けに行く人が増えています。

 

この文章では介護脱毛とは何だろう?と思った方のためにメリットや注意点について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

介護脱毛とは?範囲はどこまで?

介護

介護脱毛は、年をとってから自分が介護される側になった時に家族や介護者の方の負担を減らすために、老後の準備としてvioやワキ毛を脱毛しておくことです。

 

介護脱毛と聞くと介護施設に入るような年齢になってから利用するものなのかと考える人もいるかもしれませんが、そうではなく、まだ若い30~50代位の方が老後のことを考えてvioなどを脱毛しておくことを介護脱毛と呼んでいます。

 

介護脱毛のメリット

介護脱毛を利用することで得られるメリットには、vioの毛を無くしておくと将来介護してもらう時に排せつ介助の負担を減らすことができるということが挙げられます。

介護を受けなければならない状態になり、おむつを着用しての生活になると介護してくれる人におむつの交換をしてもらわなければなりません。

 

その時にアンダーヘアが長いままだと、排せつ物が毛に付いてしまい、拭き取るのが難しくなるという問題が出てきます。

 

そこで老後のことを考えて若い時に介護脱毛をしておくと、アンダーヘアがすっきりとした状態になっているので、拭き取りが多少楽になるなど介護する側の負担が減ります。

 

おむつを取り替えてもらう生活は介護を受ける側にとっても負担が大きいですが、介護脱毛でアンダーヘアをなくしておくことで雑菌の繁殖などが抑えられ、ニオイがきつくなったり陰部に炎症が起こるなどの不快な状態になるのを防ぐことも期待できるメリットがあります。

 

また、介護する方の手間が減らせて陰部の拭き取りにかかる時間が短縮できることは、介護される方にも恥ずかしさや申し訳なさを感じる時間が減るというメリットがあるのも良い点です。

 

介護脱毛を受けるときの注意点

介護

老後のために介護脱毛をしておきたいと考えたら、なるべく早めに行動した方が良いでしょう。

それは、年をとってアンダーヘアが白髪になってしまうとレーザー脱毛では脱毛の効果を出せなくなるからです。

 

医療クリニックや脱毛サロンで使っている脱毛機は、毛に含まれているメラニンという黒い色素にレーザーなどを反応させて脱毛効果を引き出しています。

そのため、介護脱毛を考えている人は、アンダーヘアがまだ黒い年齢の内に脱毛の利用を始めないといけないという注意点があります。

 

アンダーヘアがいつ白髪になるかは人によって差があり、人によっては20代などでも白髪が出始めて増えていくこともあるため、介護脱毛を利用するのは早い内がおすすめです。

 

介護脱毛の口コミ

介護脱毛を実際に利用した人の口コミを探してみると、親の介護を経験して排せつの介助が大変だったため、自分が介護される側になった時のことを考えて介護脱毛を受けようと決めたという人がいます。

 

それから、将来に備えて介護脱毛を受けたところ、デリケートゾーンによく起こっていたかゆみがあまり起こらなくなったり、嫌なニオイが軽減されて現在の生活も楽になったという口コミも見つかります。

 

介護脱毛といっても通常の脱毛と同じようにvioやワキ毛をキレイに整えることなので、将来への安心感が得られたことに加えてムダ毛がキレイになったことに満足する人も多いようです。

 

介護脱毛の費用は?保険は効く?

脱毛

介護脱毛と呼ばれていますが、脱毛の施術は自費診療で行われるため残念ながら保険は適用されません。

 

介護脱毛の費用は利用する医療クリニックや脱毛サロンによって違うので、ご自身が通いやすいエリアにある施設の中から、リーズナブルに受けられる所を探してみるのが良いでしょう。

 

効果の高いレーザー脱毛が受けられる医療脱毛のvio脱毛セット5回コースは約10万円でで受けることができます。

 

介護脱毛は医療クリニック・サロンどっちがおすすめ?

介護脱毛を医療クリニックと脱毛サロンのどちらで受けるのが良いのかについては、脱毛をなるべく早く完了させたいと思っている場合は医療クリニックの方がおすすめできます。

 

それは、一般的に医療クリニックでは脱毛サロンでの施術よりも効果があらわれるのが早いレーザー脱毛を提供しているからです。

 

アンダーヘアに白髪が出てきて早く介護脱毛を受けなければとあせっている人も、医療クリニックなら比較的短い期間で脱毛を完了させられるため、安心できます。

 

その他に、vioというデリケートな部分への施術なので、衛生管理がしっかりしており、肌トラブルが起こってしまった時にも誠実な対応が期待できる医療クリニックの利用は万人におすすめできると言えます。

 

まとめ

近年脱毛は美容のためだけでなく、老後に向けた介護のためとしても注目を集め始めています。

脱毛は基本的に白髪には効果を発揮できないため、これから受けるであろう介護に恥ずかしさを感じている方は、ぜひこの機会に一度介護脱毛をお考えください。