着物を着る際におすすめの脱毛

女性にとって着物はこのうえない正装であり、美しく着こなすことに憧れを抱く人はたくさんいるでしょう。

着物は、古くから伝わる日本古来の女性の正装であり、日本の文化を代表する衣装でもあります。

そんな着物を美しく着こなすには、いろいろな条件があり、それなりにコツも必要となってくるものです。

 

その条件の中の1つでもあるのが、ムダ毛の処理です。

普段着なれない着物を着ると、意外なところがあらわになり、慌ててしまうこともあるものです。

では、着物を美しく着こなすためには、どんな部位のムダ毛に気をつけなくてはいけないでしょうか。

着物を着るために、必要となってくる脱毛とはどんな脱毛なのか、考えてみましょう。

 

着物を着る際に気になる部位とは

着物女性

着物は遠い昔、女性にとっては日常的に着用する衣装でした。

ですが現在では、着物を着て従事するような仕事に就いている場合を除けば、頻繁に着る機会がある衣装ではありません。

 

成人式や結婚式などのお祝いの席や、式典などの正装時、もしくはお葬式などのように、着用する機会が限られています。

ですが、日常的に着るものではないからこそ、着た時には、美しく完璧に着こなしたいと思うものです。

 

また、着物ではなくとも、夏になると簡易的な着物として登場するのが浴衣です。

浴衣は夏の風物詩ともいえる装いで、着物に比べると簡単に着付けができるうえに、着物の美しさをそのまま残しているものです。

 

夏になると、浴衣を着る女性が急増することからも、最近では着物よりも浴衣を着る機会の方が多いといえるかもしれません。

そんな着物や浴衣を着ると、普段の服装ではあまり露出することのない部位が、露わになります。

 

 

それは、うなじと背中の上部です。

 

髪の毛が長い人は特に、着物を着る際には髪を結わえるヘアスタイルが多いので、うなじが露わになります。

また着物は、うなじから背中の上部までが大きく開いた状態で着用するものです。

そのため、うなじだけでなく背中の一部も露わになります。

 

うなじの脱毛

そんなうなじは、着物が美しく着こなせているかどうかの判断材料の1つにもあげられるものでしょう。

着物は、うなじを美しく見せることができるかどうかで、その印象も大きく変わってくるものです。

着物自身の美しさもさることながら、うなじが美しい女性が着物を着ている姿は、さらにその美しさを増します。

 

そうなると必然的に、着物を着用する際は、うなじもきれいな状態にしてから着ることが必要不可欠となってくるでしょう。

うなじという部位は、本来たくさん毛が生えてくる部位ではありませんが、どんな人でも産毛は生えているものです。

 

ですが、元々毛深い体質だったりすると、うなじ部分でも、割と濃い産毛が生えてきてしまったりします。

そうなると、美しい着物姿に花を添えるはずのうなじに、濃い毛が生えているのを目にしてしまうと、せっかくの着物姿も台無しになってしまいます。

 

また、近年の女性の流行の髪型を思い返してみても、「おだんご」と呼ばれる髪型や、髪の毛をアップにするスタイルがとても流行しているものです。

昨今の女性たちは、着物を着るときに限らず、うなじが露わになる機会が多いということになるのです。

 

そのような状況を考えても、うなじの脱毛をすることは、大きな価値があることだといえるでしょう。

 

背中の脱毛

背中は、日常生活のファッションの範囲では、露出する機会がほとんどない部位です。

ですが、着物や浴衣を着た際は、うなじからつながって背中の上部が一部見えることになります。

背中は自分ではなかなか見る機会もない部位であることから、その全貌を確認するのは難しいでしょう。

 

また、手が届く範囲も限られてしまっている部位です。

にもかかわらず、背中は意外と汗をたくさんかく部位でもあり、皮脂の分泌が多い部位なのです。

皮脂の分泌が多い割には、手や目が届かないことでお手入れが行き届きません。

 

そのせいもあって、背中は肌トラブルをよくおこしている皮膚でもあるのです。

そんなトラブルに気づくことも遅れることから、知らず知らずのうちに悪化してしまったりもします。

届く範囲で触ってみると、ザラッとしていたり、ブツブツができていたりと、何かとトラブルを抱えていたりします。

 

そんな状態で着物を着てしまうと、せっかくの着物も台無しです。

まずは、肌トラブルを未然に防ぐことが第1条件ですが、そのためにはやはり脱毛が必要となってくるでしょう。

脱毛することで、皮脂が過剰に分泌されることを防ぎ、肌がきれいな状態を保てるようにもなるのです。

 

肌がきれいな状態を保てれば、肌トラブルも当然回避することができます。

それらのことを考慮しても、背中を脱毛するメリットは、着物を着用する目的以外にもあるのです。

 

うなじと背中の脱毛方法

うなじと背中を脱毛するのに、自己処理でするのは、とても困難なことです。

ちゃんと見えないだけでなく、手が思うように届かない部位でもあるからです。

リスクを冒しながら無理に自分で処理するよりは、第3者である専門家にお願いするのが賢明でしょう。

 

気になる毛の処理の仕方とは

美容室

①美容院

着物の着付けは、自分でできない場合、美容院などにお願いすることがほとんどです。

そんなことからも、美容院ではうなじや背中上部の手入れもしてくれるものです。

ですが、脱毛ではなく、剃毛といった手入れがほとんどです。

 

着物を着る際の一時的なものとしてとらえているので、剃毛のみで終わります。

また、着物の着付けと一緒にうなじや背中の手入れを希望する場合は、お願いしやすいものですが、剃毛だけをお願いするとなると、少し抵抗を感じる場合もあるかもしれません。

剃毛だけのサービスがあるかどうかの確認も必要です。

 

②医療機関やエステサロン

うなじや背中の手入れを本格的にしたいと考えれば、間違いなく美容皮膚科や医療クリニック、エステサロンといったプロにお願いする方が確実です。

ひとまず、着物を着る際や浴衣を着るシーズンだけ脱毛したいと考えるなら、光脱毛をするエステサロンでお願いしても、充分きれいに脱毛してもらえます。

 

長い目で見て、美しいうなじや背中でいたいと考えるなら、永久脱毛を施術できる医療クリニックで脱毛してもらうという選択がいいでしょう。

 

気になるうなじと背中の脱毛ポイント

うなじ

うなじや背中の上部を、医療クリニックやエステサロンで脱毛する際のポイントを、いくつか挙げてみましょう。

 

①脱毛対象部位の確認

エステサロンによっては、うなじを後れ毛とみなし、脱毛する対象部位としていない場合もあります。

お願いする場合は、うなじも脱毛の対象部位となっているか事前に確認が必要です。

 

②脱毛の範囲を明確に

また多くのエステサロンで、うなじと背中はそれぞれ別の脱毛部位としてわかれています。

そのため、うなじだけの脱毛にするのか、背中までお願いするのか事前に決めておかなくてはいけません。

背中の、特に上部は、濃い毛ではなくても必ず産毛が生えているものです。

 

うなじだけの脱毛で終わってしまうと、きれいになったうなじと背中上部の境界線ができてしまい、逆に背中の産毛が際立ってしまいかねません。

うなじを脱毛したなら、セットで背中の上部も脱毛する方が、間違いなくきれいな仕上がりとなるでしょう。

 

ビー・エスコートでは、一部分ごとの照射範囲が広く、確実に効率よく施術を行っております。また、お痛みもほぼない国内最新機器の光脱毛を使用しているため、安心して脱毛をすることができます。少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談等ありましたら、ビー・エスコートまでお越しください。